葬儀費用5,000円割引 事前準備に便利な詳しい資料やエンディングノートをお届けします。資料請求はこちら 無料

日本一選ばれている葬儀ブランド

小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2019.02.08  更新日:2019.02.12

葬儀を比較する際のポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀を比較する際のポイントとは?

この記事は小さなお葬式が書いています

喪主として葬儀を執り行う際に、最も重要な仕事のひとつが、葬儀社および各葬儀社の葬儀プラン選びです。しかし、大切な方を突然亡くして頭が真っ白になっている状態では、これらの判断を行うことは容易ではありません。心身の負担を考えると、できれば事前に葬儀社・葬儀プランをある程度チェックしておくことをおすすめします。

最近ではインターネットの普及や葬儀社の増加によって、昔に比べると選択肢が増えました。その反面、情報が多すぎて、何を基準に選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、葬儀社や葬儀プランをどのようにして決めればよいのか、比較する際のポイントについてお伝えします。

【もくじ】
葬儀を比較するポイント
比較する際のチェック項目
葬儀社・葬儀プランを比較する場合の注意点

葬儀を比較するポイント

葬儀を比較する際は、以下のポイントを確認しましょう。

葬儀社

よい葬儀が行えるかどうかは、葬儀社選びが大切ですが、たくさんの葬儀社の中から、信頼できる業者を選択することは大変なことです。2002年に「矢野経済研究所」が行った調査によると、約48%の人が「二度と同じ葬儀社に依頼したくない」と回答しており、葬儀社選びの難しさを表しています。

日頃から葬儀社に関する情報を収集している人は少なく、いざというときに慌てて選ぶというケースも多いようです。時間的にも精神的にもゆとりがない状況では、どうしても失敗する可能性が大きくなります。後悔しない葬儀をするためにも、前もって葬儀社から見積もりを取り寄せておく、事前相談を利用するなど、しっかりリサーチしておきましょう。

「小さなお葬式」では、葬儀費用の見積もりや、お葬式のことがよく分かる資料、お近くでご利用いただける葬儀式場情報などをお届けいたしております。資料の送付方法は「メール・郵送」からお選びいただけます。詳しくは下記のページをご覧ください。


価格

葬儀を比較する上で、価格は重要なポイントです。お葬式と言えば「お金がかかる」というイメージがありますが、最近では大規模で豪華な葬儀だけでなく、火葬のみを行う「直葬」や通夜を省いた「一日葬」、身内だけでお見送りをする「家族葬」など、様々な葬儀プランが用意されています。予算に合わせて、希望に合ったプランを選びましょう。

また、同じサービス内容でも、葬儀社によって価格にばらつきがあります。たとえば、病院や警察から紹介される業者は、手数料が上乗せされており、高額な葬儀になりがちです。また、葬儀費用の積立を行う互助会は、実際には積立てたお金だけでは葬儀費用をすべてカバーすることができません。

葬儀にかかる費用は、ときとして残された家族に重くのしかかります。少しでも負担を軽くするために、葬儀にかかる費用が適正かどうかをしっかり見極めることが重要です。

「小さなお葬式」では、低価格でも安心のセットプランを全国でご提供いたしております。詳しくは下記のページをご覧ください。
小さなお葬式

クオリティー

葬儀は最低限のシンプルなプランを選択すれば、かなり安くあげることができます。しかし、いくら費用が安くても、肝心の葬儀のクオリティーが悪ければ元も子もありません。サービスの質やスタッフの対応が悪いと、お葬式そのものの印象が悪くなり、故人にとって一生に一度の大切な儀式が悔いの残る結果となってしまいます。料金の安さだけではなく、提供されるサービスの質もきちんとチェックしましょう。

葬儀社に言われるままに、棺や祭壇、献花、料理などの質をグレードアップすると、どんどん金額が上乗せされて、思わぬ高額の請求をされるケースがあります。価格と質のバランスがとれた葬儀プランを選択することが大切です。

比較する際のチェック項目

葬儀社・葬儀プランを比較する際に、チェックしておきたい項目をリストアップしました。参考にしてみてください。

葬儀社を比較する際のポイント

・ホームページやパンフレットでサービス内容や料金を明示している
・事前相談に、スタッフが丁寧に対応してくれる
・内訳が細かく明朗な見積書を作ってくれる
・遺族の要望にしっかり耳を傾けて、希望や条件に合うプランを提案してくれる
・専門用語もわかりやすく説明してくれる
・実績があり、評判が高い

価格を比較する際のポイント

・インターネット上の価格と実際に提示される価格に相違がない
・セットプランに必要な内容が全て含まれている
・オプションや追加項目について明確な説明がある
・不当な請求に対する保証やフォローがある

クオリティーを比較する際のポイント

・価格と内容のバランスがとれている
・スタッフの対応など、目に見えないサービスに力を入れている
・経験豊富なスタッフが親身になってサポートしてくれる

葬儀社・葬儀プランを比較する場合の注意点

満足のいく葬儀を執り行うためには、まずどんな葬儀にしたいのかを考える必要があります。それによって、選択すべき葬儀社や葬儀の内容が自ずと決まってきます。費用重視なのか、スタッフの対応重視なのか、プライオリティー(優先順位)を意識することが大切です。

インターネットなどで気に入った葬儀社や葬儀プランが見つかったら、見積もりを依頼しましょう。いくつかの葬儀社に見積もりをとる際は、「同じ条件」で依頼することがポイントです。一見すると安く感じられるプランでも、火葬場の料金や遺体の搬送料、ドライアイス代などが別料金になっていて、追加料金を加えると高額になる場合があります。

見積もりの内容やクチコミでの評判、スタッフの印象など、総合的に判断して理想に叶う葬儀を選択してください。

4.7/5
評価数(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓