葬儀の準備

作成日:2019年02月07日  更新日:2019年09月13日

後悔しない葬儀社の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
後悔しない葬儀社の選び方

この記事は小さなお葬式が書いています

喪主として葬儀を執り行うにあたって、最初に決定しなければならないのが葬儀社です。突然ご家族が亡くなると、「葬儀社が多すぎて、どこに頼めばいいのかわからない」と悩む方が多く見受けられます。

病院などで勧められた葬儀社に依頼したり、インターネットで見た目の価格だけで選んだりすると、後悔することになりかねません。そうならないためにも、よい葬儀社の選び方を知っておく必要があります。この記事では、葬儀社選びのポイントやタイミング、事前に確認しておきたいことについてご紹介します。

小さなお葬式

【もくじ】
葬儀社を選ぶ必要はあるの?
葬儀社選びのポイントは?
葬儀社を選ぶタイミングは?
葬儀社を選ぶ前に確認しておきたいこと

葬儀社を選ぶ必要はあるの?

「葬儀の内容は似たり寄ったりだから、どこの葬儀社を選んでも同じ。」そう思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、実際はそうではありません。葬儀社によっては、必要以上に豪華な葬儀を勧めたり、次々とオプションを追加したりして、思わぬ高額料金を請求されるケースがあります。

納得のいく葬儀を行うには、信頼できる葬儀社に頼むことが重要です。わけのわからないまま葬儀社を選んだことで、いつまでも悔いが残る場合も少なくありません。葬儀はやり直しがきかない、一度きりの儀式です。だからこそ、葬儀社選びは慎重に行う必要があります。

あわせて読みたい 初めての葬儀依頼で失敗しない!喪主として知っておきたい葬儀社の選び方について詳しく解説 葬儀に参列したことがあっても、葬儀を依頼する「喪主」の立場を経験したことがある方は少ないのではないでしょうか。「両親が高齢」「身近に... 続きを見る

葬儀社選びのポイントは?

よい葬儀社を選ぶポイントを大きく2つ挙げると、「費用」と「担当者の対応」です。後から振り返って「よかった」と思える葬儀にするためにも、少なくともこの2点は押さえておきましょう。

以下に、葬儀社を選ぶポイントをご紹介します。

葬儀費用が明確

葬儀を行う前に、費用項目の明細がはっきりした見積もりを提示して、料金には何が含まれて、何が含まれていないかを説明してくれる葬儀社を選ぶと安心です。反対に、見積もりを出してくれない葬儀社は避けたほうがいいでしょう。

遺族の希望をよく聞き、適切な提案をしてくれる

遺族の気持ちに寄り添い、希望に沿った提案をしてくれる担当者がいると安心です。

低予算の葬儀を希望しても丁寧に対応してくれる

残念ながら、家族葬や直葬などの低予算の葬儀を希望すると、とたんに対応が冷たくなる葬儀社も存在します。

利益の少ない葬儀であっても、親切になって対応してくれる葬儀社を選びましょう。

支払期日に余裕がある・支払方法を選ぶことができる

葬儀費用は大きな額になることが多いので、支払期日のこともよく考えておかなければなりません。料金の支払日は葬儀社によってまちまちです。できるだけ余裕を持った支払いができる葬儀社がおすすめです。

また、クレジットカード払いに対応した葬儀社もあります。カード払いを選択できれば、現金が用意できなかった場合に安心ですし、カードのポイントも貯まります。

どのような支払方法に対応しているかを確認しておきましょう。

「小さなお葬式」は、クレジットカードでのお支払いに対応いたしております。
詳しくは下記のページをご覧ください。

参考:小さなお葬式 クレジットカード払い

葬儀社を選ぶタイミングは?

医師による死亡確認がなされ、死亡診断書を受け取った時点で葬儀社へ連絡します。近年では病院で亡くなる方がほとんどですが、病院では長くご遺体を置いておけないので、自宅や施設などしかるべき安置場所へ搬送しなければなりません。病院では遺体を搬送してくれないため、葬儀社に頼むことになります。

その時点で葬儀社が決まっていなければ、病院と提携している業者を紹介してもらうことも可能です。しかし、自分で探すよりも割高な場合や、希望する葬儀を行えない場合もあり、後々不満が残る結果になりかねません。

生前から本人の希望する葬儀社と契約することも可能ですので、前もってご家族でよく話し合っておくことをおすすめします。

あわせて読みたい 生前契約で希望の葬儀を。安心して任せられる生前契約について詳しく解説 終活(しゅうかつ)という言葉も定着し、自分自身の将来や葬儀に関心を持つ方が増えています。その終活の一環として、葬儀の生前契約があります。残された... 続きを見る

葬儀社を選ぶ前に確認しておきたいこと

葬儀社を選ぶ前に、まずどのような葬儀を行いたいか決めておきましょう。葬儀の規模やスタイルによって、選ぶべき葬儀社が変わってきます。希望に合う葬儀社を選択しましょう。

宗教・宗派を確認する

葬儀は、本人が信仰していた宗教・宗派に則って行います。同じ家族でも、違う宗教を信仰していることはよくあることです。日本人の9割が仏教式の葬儀を選ぶと言われていますが、一口に仏教といってもさまざまな宗派があり、それぞれお別れの作法が異なります。故人の宗教・宗派に沿う葬儀を執り行いましょう。信仰がなければ、無宗教葬を選択することも可能です。

葬儀の規模・スタイルを決める

どのような形式の葬儀をしたいのか、どれくらい人を呼ぶのかを決めましょう。一般的な葬儀のスタイルとして、次のようなものがあります。

直葬(火葬式) ごく身近な家族のみで故人を見送る葬儀です。宗教儀式を行わず、火葬のみを行います。
一日葬 通夜を行わない葬儀です。葬儀から火葬までを一日で行います。
家族葬 家族や親族、親しい友人を中心に行う小規模な葬儀です。
一般葬 昔ながらの葬儀形式です。故人と生前ご縁のあった方を幅広く招いて、大規模に行います。

どのような葬儀を執り行うか、イメージできましたか?

事前に考えておくことで、希望に近い葬儀を行うことができます。情報収集はできるだけ早めに取りかかることをおすすめします。

「小さなお葬式」では、葬儀に必要な物品・サービスを含んだ葬儀のセットプランをご用意致しております。
全国の葬儀場をご利用いただけますので、ご希望の場所や日程で葬儀を行っていただけます。詳しくは下記のページをご覧ください。
小さなお葬式

5/5
評価数(1)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引