お盆期間はいつから?いつまでになにを準備するべきか

お盆期間はいつから?いつまでになにを準備するべきか

「お盆」と聞いた時に、その期間がいつからいつまでなのか実はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。夏の間に迎えるお盆ですが、実はこのお盆期間は地域や宗派によって考え方が異なります。

今回の記事ではお盆の期間と、お盆にやることや準備しておくことについても具体的にご紹介していきます。また通常のお盆と新盆(初盆)の違いについても触れますので、今回初めて身内の新盆を迎える方は参考にしてみてください。

こんな人におすすめ

お盆の時期を知りたい方

「旧盆」と「新盆」の違いを知りたい方

お盆期間中のタブーを知りたい方

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

今年のお盆期間はいつ?2024年のお盆休みもあわせて紹介

お盆の期間には「旧盆」と「新盆」という2つの考え方があります。それぞれ時期が異なるのですが、これは明治時代の改暦にともなうズレであり、現在は主に地域ごとにお盆時期が違うという状態になっています。

旧盆では8月15日を基準としています。全国的にも旧盆を取っている地域が多いため、世間で言う「お盆休み」に該当するのは、大体がこの旧盆のシーズンとなっています。

一方新盆は7月15日が基準です。全国的に見るとこの新盆を取り入れている地域は20%程となっており、特に関東での割合が多く、東京都は多摩地方を除く40%以上、神奈川県は30%ほどが7月にお盆行事をおこなっています。静岡県や石川県、福島県、山形県、千葉県、埼玉県、北海道の一部地域でも、この新盆制が導入されています。

2024年お盆期間

     2024年お盆期間 盆入り 中日 盆明け
旧盆 8月13日(火)~8月16日(金) 8月13日(火) 8月14日(水) 8月16日(金)
新盆 7月13日(土)~7月16日(火) 7月13日(土) 7月14日(日) 7月16日(火)

2024年と2025年 故人はどちらに新盆を迎える?

新盆とは、「亡くなってから初めて迎えるお盆のこと」と考えることが多いですがこれは正しくありません。正確には、「忌明け(四十九日)後に初めて迎えるお盆」が新盆です。

そのため、2024年の8月に新盆を迎えるのは、2023年の6月29日以降に亡くなった人ということになります。2023年6月29日以降~2024年のお盆の期間前に亡くなった人は、すぐにお盆が訪れるものの、まだ忌明けとなっていないため新盆になりません。同じように2025年の8月に新盆を迎えるのは、2024年の6月29日以降に亡くなった人ということになります。

お盆期間はなにをする?お盆の準備と過ごし方

お盆はあの世から先祖の魂が里帰りをする時期と考えられています。戻ってくる魂と一緒に過ごすためには色々な準備が必要です。お寺で法要をしたり、お墓参りをしたり、お盆期間が終われば迎えた魂を送り出す儀式も必要です。具体的な過ごし方や用意しておくことを時系列でご紹介します。

【事前準備】お寺への法要相談

お盆期間は一年の中でもお寺が込み合う時期です。そのため、法要の相談はできるだけ早めにおこなっておきましょう。特に新盆で規模の大きな法要をおこなう場合は、親族や知人に案内状を送る必要があるため、3カ月前までには僧侶と日程調整をしておきましょう。

無事にお寺と日程調整ができたら、次は法要の場所や食事の準備を進めます。新盆の法要は、お寺や自宅、斎場でおこなうことが多いです。場所の確保と同時に、法要後の会食の場所や仕出し弁当の予約もしておきましょう。
初盆法要のお坊さん手配初盆法要のお坊さん手配

【盆前準備】お墓の掃除とお供えもの

先祖の霊を気持ちよく迎えるために、お盆に入る前にお墓の掃除をしておきます。雑草を抜いたり、ゴミを取り除いたりして墓石や各種設備の汚れを落としておきます。花立は水垢がつきやすいので丁寧に掃除しておきましょう。

ただし屋外にあるお墓の場合、あまり早いうちに掃除をするとお盆までにまた汚れてしまう可能性があります。一週間から10日前頃に掃除をしておくのが良いでしょう。

また、お盆に使うお供え物の準備も忘れてはいけません。供養のためのお花、線香、蝋燭をはじめとして、先祖の霊が行き来するための精霊馬(ナスとキュウリの牛・馬)、迎え団子や送り団子などが一般的です。その他にも、故人が好きだった食べものやそうめんなどをそろえておくことが多くなっています。

【盆入り】迎え火

盆入りの夕方になったら、自宅の軒先で迎え火を焚きます。迎え火にはご先祖作の霊が里帰りをするための目印という意味があり、松明やろうそく、おがらなどを燃やします。先祖の霊に「少しでも早く帰ってきてほしい」という意味を込めて、早い時間帯に迎え火を焚くことが多いです。

【盆中】法要とお墓参り

盆中は故人の法要とお墓参りをおこないます。新盆の場合は、大規模な法要をおこなうことが多いですが、回を重ねるごとに縮小されていくのが一般的です。

お寺や地域、家庭ごとの考え方により、お盆の法要はあまり派手にせず控えめという場合もあります。お墓参りに行き、僧侶を呼んで墓前で読経してもらって終わりという地域や家庭も多いようです。

【盆明け】送り火

盆明けの夕方になったら、自宅の軒先で送り火を焚きます。迎え火と同じく、松明やろうそく、おがらなどを燃やします。

ただし迎え火よりも、やや遅い時間帯を選んで焚くことが多いです。これには「少しでも長く一緒にいてもらいたいから」という意味が込められています。

お盆期間のNG行動とその理由

普段は何気なくしている行動でも、お盆の期間中はタブーとなるものがいくつかあります。具体的な内容は宗派や地域、それぞれの家庭ごとにも異なってきます。どんなことがNGになるのか見ていきましょう。

お盆に海に入ってはいけない?

お盆の時期は海に入るのは避けるべきと言われています。海水浴はもちろん、漁師の中にも海に入らないようにしている人もいるそうです。

これは、「お盆の期間は霊があの世から帰ってきているから」「海には霊が多く集まるから」という2つの考え方が混じって生まれたものです。中には、「海辺には良くない霊が集まるから」という考え方もあるため、あの世に連れていかれてしまう危険を避けるためにお盆の時期には海に入らない、という風習となっています。

ただしこういった風習だけではなく、現実的な問題からもお盆は海に入らない方が良いとされています。なぜならお盆の時期は波が高くなりやすかったり、天候が変わりやすかったりするシーズンだからです。水難事故に遭遇する危険が高くなるため、海に入る際は注意が必要になります。

お盆期間は釣りをしてはいけない?

お盆期間は海や川で釣りをするべきではないという考え方もあります。これは仏教における「不殺生戒」というルールから来るもので、端的に言えば「生き物を殺すのは禁止」ということです。

釣りをすれば魚を殺すことになりますから、お盆期間中はやらない方が良いと考えられています。このルールを破るとご先祖様の霊の怒りに触れてしまい、あの世に連れていかれてしまうという言い伝えもあります。

殺生禁止!お肉もお魚も食べてはだめ?

前述したように、お盆期間は「不殺生戒」と言われており殺生は禁止とされています。このルールに従い、かつてはお盆期間中に肉や魚、たまごなどは食べないことになっていました。生き物を殺して得た食糧は、口にしないということです。現在でも宗派によってはこの教えに従い、精進料理のみに限っているところもあります。

しかし近年ではここまで厳しくはなく、お盆の時期ならではの食品(夏野菜、果物、そうめん、白玉団子など)を食べることで代替しているケースもあります。
初盆法要のお坊さん手配初盆法要のお坊さん手配

新盆の方必見!お盆に関するQ&A

身近な人が亡くなり今年初めて新盆を迎える場合、お盆の法要やお供えものなど、体験したことがない準備がたくさんあり、混乱してしまうかもしれません。

今回はお盆関連で悩みやすいポイントについて、Q&A形式で紹介します。新盆を迎える人はもちろん、お盆に関する基礎知識を入れておきたい人もチェックしてみてください。

一般的なお盆のお膳メニューって?

お盆期間は、先祖の霊に供えるために「霊供膳」というお膳を用意します。お盆だけではなく各種法要後にも準備するもので、故人の供養という意味があります。また、お盆期間で里帰りをしている先祖の霊をおもてなしするという意味も込められています。

霊供膳の中身は、基本的に精進料理です。ご飯、汁もの、お漬物、煮物、壺ものの5点をそれぞれお椀に盛りつけて捧げます。配置は宗派によっても異なります。

肉や魚、たまごはなるべく使用しないのが基本ルールです。ただしそこはあくまで基本であり、近年は故人の好きだった食べ物を用意するケースが増えています。

お盆期間に葬儀はあるの?

たとえお盆期間であったとしても、葬儀をすることは可能です。世間の多くの機関や施設では「お盆休み」がありますが、火葬場や斎場などはお盆期間も稼働しています。仏教の教え上も、お盆期間に葬儀をしてはいけないというルールはありません。

ただ、お盆期間のお寺の多忙さがネックになってしまうことはあるかもしれません。ここまでで紹介したように、お盆期間は法要や説法のため、僧侶とお寺関係者は非常に忙しくなります。そのため、葬儀をするにも読経をする僧侶の都合がつかない、斎場に空きがないというパターンは少なくありません。

場合によっては、葬儀の時期をズラしてほしいとお願いされることもあります。

お盆期間の提灯はずっとつけておかないといけないの?

お盆期間は、自宅の軒先や仏壇の側に、「盆提灯」を飾ります。盆提灯を灯しておくことで先祖の霊の目印になるからです。古くは「迎え提灯」として、お墓まで霊を迎えいくために持ち歩いたものでもあります。

盆提灯を灯すのは盆入りの夕方からです。基本的にお盆期間中は夕方から夜まで灯しておくと考えましょう。法要などをおこなう日であれば、日中から灯しておいても構いません。

そして、夜中は消灯させます。近年は電気のものが増えましたが、就寝中にろうそくを灯しておくのは危なく、費用面でも負担があったからと考えられています。ただし、地域や家庭ごとの風習によっては夜間も点灯し続けることがあるため、前もって確認しておくと良いでしょう。

月遅れ盆、盂蘭盆ってなに?

「月遅れ盆」とは、8月15日前後でおこなう旧盆のことです。古い暦では7月におこなっていたお盆を、改暦によって数字上は一か月遅らせたことで「月遅れ」と呼ばれるようになりました。

「盂蘭盆」とは、お盆のことです。正しくは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」であり、サンスクリット語の「ウランバナ」から来ているという説が有力です。

お盆自体の正確な始まりは、実は明らかになっていません。様々な伝説や言い伝えが残されていますが、日本においては少なくとも8世紀ごろには、毎年夏になると亡くなった人の魂を供養するための仏事をおこなっていたという記録があります。

お盆期間中、仏壇はどうするの?

お盆期間中は、仏壇とは別に「精霊棚」を作り、お供えものや線香を捧げておくことが多いです。真菰のゴザを敷いて、仏壇から取り出した位牌や仏具を並べます。お供えものや線香、水や御膳も精霊棚に捧げるのが一般的です。

だからといってお盆期間中の仏壇を遠ざけたり、扉を閉めたりする必要はありません。
位牌こそ中に入っていませんが、先祖との距離が近くなるお盆期間だからこそ開け放っておくという風習の地域もあります。

9月にお盆をする場合もある

沖縄の一部地域では、9月にお盆をおこなうこともあります。ただし、毎年9月に固定しておこなっているというわけではありません旧暦の7月15日を基準にしてお盆の日程を調整するため、毎年お盆の日程が変わるのです。

年によっては9月初旬にお盆日程がズレこんでしまうこともあるというわけです。

宗教によるお盆の違い 仏教と神道のお盆

宗教や宗派によっても、お盆の内容は違います。仏教の中でも特徴的なのは浄土真宗で、迎え火や精霊棚の用意はしません。これはお盆に先祖の霊が帰ってくるという考え方がないためです。浄土真宗では、仏壇を飾りつけ僧侶の読経や説法を聞くのが一般的です。

曹洞宗では、お墓参りだけではなく菩提寺へのお参りにも念を入れます。法要時のお布施も菩提寺への奉納金という意味が強くなります。お供えものは先祖の数だけ用意します。

神道にもお盆はあります。新盆(初盆)のことを「新盆祭」や「新御霊祭」と呼び、盛大におこないます。

お盆には地域差も大きい!

お盆の風習は地域によって大きく異なっています。前述した開催時期もそうですが、それぞれの地域ごとに行事や飾りつけ、お供えものの内容など色々な違いがありますので、いくつかご紹介します。

長崎県や熊本県では「精霊流し」という、先祖へのお供えものを海に流すお盆行事がおこなわれます。山梨県では、お供えものとして「安倍川もち」を仏前に捧げるという風習があります。青森県の津軽地方では、「法界折」という折詰弁当をお墓に供えます。

それぞれの地域ごとに習わしがあるため、迷ったり困ったりしたときには、法要の専門家に相談しておくと安心です。
初盆法要のお坊さん手配初盆法要のお坊さん手配

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

喪主を務めるのが初めてという方に役立つ情報が満載です。いざというときの事前準備にぜひご活用ください。

\こんな内容が丸わかり/
・病院から危篤の連絡がきたときの対応方法
・親族が亡くなったときにやるべきこと
・葬儀でのあいさつ文例など

喪主が必ず読む本

全員に「喪主が必ず読む本」プレゼント 無料資料請求はこちら

資料請求で葬儀が最大5万円割引

「小さなお葬式」では、お電話・WEBから資料請求をいただくことで、葬儀を割引価格で行うことができます。お客様に、安価ながらも満足できるお葬式を心を込めてお届けいたします。
小さなお葬式の家族葬小さなお葬式の家族葬
無料資料請求で割引を受ける

「小さなお葬式」で葬儀場・斎場をさがす

小さなお葬式は全国4,000ヶ所以上の葬儀場と提携しており、葬儀の規模や施設の設備などお近くの地域でご希望に応じた葬儀場をお選びいただけます。

まとめ

今回の記事では、お盆の期間や風習について詳しく解説しました。お盆期間は、旧盆か新盆かによって異なります。沖縄地方のように、9月にお盆行事をおこなう地域もあるため、前もって時期は確認しておきましょう。

またお盆を迎えるにあたって準備するべきものもたくさんあります。何を供えるのか、用意しておくのかは地域や宗派、家庭ごとに異なります。事前に確認して、後で慌てないためにも早め早めの用意がおすすめです。

法事・法要以外にも、葬儀全般に関する悩みや疑問があれば「小さなお葬式」へご相談ください。知識豊富な専門スタッフが24時間365日サポートします。
お急ぎの方はこちら小さなお葬式小さなお葬式

監修
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)

株式会社ユニクエスト社員
「小さなお葬式のコラム」の編集長。
葬儀葬式・法事法要だけでなく、終活・老後資金などFP関連の知識にも精通。
葬祭ディレクター1級の資格取得に向けて学習中。
「小さなお葬式のコラム」では、合計2000記事以上を管理。
運営会社についてはこちら

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント
小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line