「どの宗派でも位牌は好みの種類を選んでよい」は本当に正しいか
供養

作成日:2019年12月02日  更新日:2022年08月12日

「どの宗派でも位牌は好みの種類を選んでよい」は本当に正しいか

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

位牌を手配することになったが、どの種類を選べばよいかがわからないという方もいるのではないでしょうか。位牌の種類は宗派によって決まっているのかを知っていれば、位牌の手配がスムーズに進むため四十九日までに間に合わせることができます。

そこでこの記事では位牌の選び方に宗派は関係するのかをご紹介します。位牌を選ぶときの注意点や位牌の種類についてもお教えしますので、これから位牌を作ることを考えている方は参考にされてはいかがでしょうか。

小さなお仏壇

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
「宗派によって位牌が違う」といわれるのは位牌の種類ではなく『戒名』の違い
宗派による位牌の種類に限定はないがサイズ選定には気を付けよう
宗派を問わない位牌作成の流れ
位牌の種類とデザインにはどのようなものがあるか
まとめ

「宗派によって位牌が違う」といわれるのは位牌の種類ではなく『戒名』の違い

宗派によって異なるのは位牌の種類ではなく、位牌にかかれる戒名です。浄土真宗・浄土宗・時宗・真言宗・法華宗・日蓮宗・天台宗・曹洞宗・臨済宗の戒名の書き方をご紹介します。

・浄土真宗:○○院釋○○(男性)/○○院釋尼○○(女性)
・浄土宗と時宗:○○院○誉○○居士 or 信士(男性)/○○院○誉○○大姉 or 信女(女性)
・真言宗:「ア」の梵字○○院○○居士位 or 信士(男性)/「ア」の梵字○○院○○大姉位 or 信女(女性)
・法華宗と日蓮宗:○○院○○日○○居士 or 信士(男性)/○○院○○日○○大姉 or 信女(女性)
・天台宗と曹洞宗と臨済宗:○○院○○居士 or 信士(男性)/○○院○○大姉 or 信女(女性)


宗派によって戒名の文字と文字の書体が異なり、梵字を使用する宗派もあります。戒名は遺族が書くものではなく、僧侶が書くものであるためすべてを覚えておく必要はありません。知識として自身の宗派の戒名の文字を覚えておくとよいでしょう。

宗派による位牌の種類に限定はないがサイズ選定には気を付けよう

位牌にはさまざまな種類がありますが、サイズも種類によって変わります。どの種類の位牌を選んでもよいのですが、サイズの選定に注意しておきましょう。ここでは位牌についての詳しい解説、なぜサイズに注意すべきなのかをご紹介します。

位牌は故人の宿代である

位牌は故人の依代となるものです。四十九日までの期間、故人の宿となる場所でもあるため位牌の種類選びは故人のことを考えながら行うことをおすすめします。家族で話し合い、より故人が好みそうなデザインのものを選びましょう。

浄土真宗の方はお寺と相談を

浄土真宗は亡くなってすぐ、故人の魂はあの世に行く即成仏の考えです。故人が現世に留まることがないため、位牌を作らないことが多くなっています。位牌を作りたい場合はお寺に相談してみるのもおすすめです。

位牌の置き場所と位牌のサイズ

自宅に仏壇がある場合、仏壇上段にはご本尊があるため位牌は中段に置きます。中段の右から目上の人の位牌を置いていきましょう。仏壇がない場合の設置場所は自由となっています。故人に失礼にならないよう、バランスよく配置しておきましょう。

位牌のサイズは7.5~24センチと幅広く、どのサイズを選べばよいかがわからないという方もいるでしょう。仏壇の大きさに合わせ、ご本尊を遮らないサイズのものを選ぶことをおすすめします。

ご先祖の位牌と新しい位牌のサイズ

すでにご先祖様の位牌がある場合は同じ大きさ、または小さめのものを選びます。ご先祖様の位牌より大きいものを選ぶとご先祖様に失礼になるため、念のため位牌のサイズを測っておくとよいでしょう。

ご先祖様の位牌がなければ故人らしい大きさのものを選びます。身長が高くがっしりとした方であれば大きめのサイズを、小柄な方であれば小さめのサイズを手配することをおすすめします。

宗派を問わない位牌作成の流れ

位牌の文字や書体は宗派によって異なりますが、位牌作成の流れは宗派を問いません。すべての宗派に共通する事項であるため、流れを知っておくことで位牌の手配が遅れずに済みます。ここでは位牌の作成前から位牌受け取り後までの流れについて解説していきます。

仏壇サイズ、現在ある位牌のサイズをチェックする

位牌を手配する前に、まずは仏壇のサイズや現在ある位牌のサイズをチェックしておきましょう。仏壇を新たに用意するのであればどのくらいの大きさの仏壇であれば配置できるかを確認しておきます。

位牌のサイズは寸(○号)で表記されており、1寸で約3センチとなっています。2.5~8寸まであるため、仏壇の大きさや現在ある位牌のサイズを確認してからサイズを決めることが大切です。位牌のサイズは札の大きさのみ表記されている場合もあります。思っていたより大きかったということもあるため、全体のサイズを確認してから手配しましょう。

位牌と一緒に仏壇を用意するのであれば小さなお葬式にご相談ください。位牌と仏壇をセットでご購入いただけるため、手間なくどちらも揃えることができます。

戒名を確認する

手配の前に、仮位牌に書かれている戒名を確認しておきましょう。位牌には仮位牌と本位牌があり、仮位牌は本位牌が作成されるまでの位牌となっています。仮位牌は大小1つずつ用意されることが多く、大きいものは仏壇に、小さいものはお墓に祀られます。

仮位牌には戒名のほか、俗名・享年・亡くなった日付が記入されています。本位牌の手配には戒名が必要となるため、手配時に戒名を伝えておきましょう。仮位牌の写真を撮っておけば、いつでも戒名を確認できます。

位牌の種類を選び発注し、位牌を受け取る

サイズが決まり、戒名を確認したら種類を選びます。位牌はお寺に用意してもらうことも可能ですが、いくつかの種類の中から故人が好みそうなものを選びたい場合はインターネットで検索するのもおすすめです。

インターネットではさまざまな種類の位牌を見られますし、値段も手ごろです。位牌の種類が決まったら手配し、受取日に位牌を受け取ります。

小さなお仏壇

開眼供養をし、仏壇にお供えする

位牌と一緒に仏壇を手配したのであれば、開眼供養を行います。開眼供養とは僧侶に読経をしてもらい、仏壇の御本尊と位牌の目を開く儀式です。これによってご本尊と位牌に魂が宿るため、毎日手を合わせて供養することができます。

開眼供養が終わった後は仏壇にお供え物を置きましょう。ろうそくと線香を置き、故人が好んでいた食べ物を用意します。故人が好きだったものであれば何でもよいとされていますが、肉や魚、臭いが強いものはお供え物として不向きであるといわれています。

位牌の種類とデザインにはどのようなものがあるか

位牌にはどんなデザインがあるかが知りたいという方もいるのではないでしょうか。故人の好みを熟知しているのであれば故人にピッタリの種類を選ぶことができるため、故人が満足できる依代を用意することが可能です。ここでは3つの種類と4つのデザインについて解説していきます。

【位牌の種類①】1人に1つの「札位牌」

札位牌は1つの位牌に1人の戒名が書かれているものです。サイズは仏壇の大きさに合ったものを選ぶことが大切ですが、ご本尊より大きいサイズのものを選ばないよう注意しておきましょう。

1人につき1基の札位牌が一般的ですが、夫婦の場合やご先祖の位牌とまとめたい場合は種類が異なります。次の項目でそれぞれに適した種類をご紹介します。

【位牌の種類②】夫婦の名前を1つの位牌に記した「連名位牌」

連名位牌は夫婦2人の名前を1つの位牌に書くものです。夫か妻のどちらかが亡くなったのであれば札位牌を手配します。その後夫か妻が亡くなったときに夫婦2人の名前を記した連名位牌に作り替えることになります。

連名位牌は夫婦どちらも亡くなってから手配するものです。どちらかが先に亡くなったときに片側を空けて作ると、「片側の死を待っている」という意味合いになり、縁起が悪いとされています。故人が希望していたとしてもまずは札位牌を用意することをおすすめします。

【位牌の種類③】ご先祖の位牌をまとめた「繰り出し位牌」

先祖代々の位牌がある場合は繰り出し位牌をおすすめします。繰り出し位牌には黒札が1枚と白木の札板が6~10枚付属しています。黒札には○家先祖代々、白木の札板にご先祖の戒名を記入します。

先祖代々の位牌があり、仏壇に収まらなくなったときに繰り出し位牌を手配しましょう。札板への記入はお寺に行って僧侶にお願いしてもよいですが、自分自身で先祖代々の戒名を記入してもよいとされています。

【位牌のデザイン①】黒地に金文字の「塗り位牌」

漆黒をベースとし、金の縁や装飾が施されている塗位牌 葵角切」という名の位牌です。台座には江戸時代から伝わるデザインが採用されており、洗練された美しさを演出することができます。黒と金のコントラストによって威厳さ・気高さ・高級感のある雰囲気となっています。

生前厳格だった方に最適なデザインとなっていますが、上品さや高級感もあるため女性のお位牌としてもおすすめします。サイズは3.5~5寸まで展開されており、価格は21,800円(税込23,980円)です。

【位牌のデザイン②】透明感が美しい「唐木位牌」

唐木位牌 黒檀 角丸」は定番のカラーでありながらも、高級感のある佇まいを演出する位牌です。「塗位牌 葵角切」は黒と金の美しいコントラストが特徴でしたが、こちらは黒で統一されています。

台座や足回りに繊細な彫刻を施し、足部分は丸みをつけて柔らかな雰囲気を演出しています。男女問わず穏やかな方によく似合うお位牌です。サイズは3.5~5寸まで展開されており、価格は21,800円(税込23,980円)となっています。

【位牌のデザイン③】木目を生かした個性ある「天然木位牌」

モダン位牌 柊」は高級木材を使用した個性的な位牌です。高級家具にも採用されているウォールナット材を使っていることから、スタンダードなものとは一風変わった雰囲気を演出します。

木目をそのまま活かした美しい色合いに戒名が金文字で記されます。自然を好んでいた方や、個性的なものを愛用していた方に喜ばれるでしょう。サイズは3.5寸のみの展開、価格は21,800円(税込23,980円)です。

【位牌のデザイン④】最近人気のモダンな「デザイン位牌」

仏壇なしでチェストなどの上にお位牌を飾りたいという方はデザイン位牌を選んでみてはいかがでしょうか。「くつろぎの位牌」は最近人気を集めているデザイン位牌で、通常のものとはフォルムが大きく異なります。

素材には天然木を採用しており、札の下には大きめの丸い台座が付属しています。札は故人様、台座は故人様が座る椅子に見立てており、故人様がゆっくりと座ってくつろげる姿をイメージしています。全長14.5センチ、価格は13,800円(税込15,180円)です。

まとめ

位牌に記入する戒名の書き方や書体は宗派によって異なります。僧侶が記載するものなので細かく覚えておく必要はありませんが、豆知識として頭の隅に入れておきましょう。位牌の種類やデザインは故人様のことを考えながら、ご家族で話し合って決めることをおすすめします。

仏壇も一緒に用意しなければならない場合は、四十九日までに間に合わない可能性もあるでしょう。亡くなってから四十九日までの間は慌ただしくなるため、もし手配の余裕がないと感じたら小さなお葬式にご相談ください。位牌についてのご相談も、仏壇と位牌のセット購入も承っております。

小さなお仏壇

小さなお葬式LINE公式アカウント
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事