葬儀後

作成日:2019年12月03日  更新日:2019年12月03日

喪中とは?喪中はがきの書き方や年賀状を受け取った時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
喪中とは?喪中はがきの書き方や年賀状を受け取った時の対処法

この記事は小さなお葬式が書いています

ご家族が亡くなった場合には、喪中はがきや受け取った年賀状への対応が必要になりますが、どのように対処すればよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

喪中はがきが必要なタイミングは限られているため、どのように書けばよいのか、またいつ送付すればよいのかなど基本的なことを知らない方もいるでしょう。

そこでこの記事では、喪中はがきに関する一般的な知識から、喪中はがきの書き方、年賀状を受け取ったときの対処法についてご紹介します。喪中はがきについて基本を押さえておきましょう。

小さなお葬式

【もくじ】
喪中とは?何親等までが範囲になる?
喪中はがきの正式名称は「年賀欠礼状」
一般的な喪中はがきの書き方
喪中に年賀状を受け取ったらどうする?
よくある質問
まとめ

喪中とは?何親等までが範囲になる?

家族など身内が亡くなって喪に服している期間のことを喪中といいます。では、喪中とは本来どのような意味の言葉なのでしょうか。また、誰が亡くなったときに喪に服すことが必要になるのでしょうか。

ここでは、喪中の起源や喪に服す期間など、喪中について詳しく見ていきましょう。

喪中の起源

自身の家族や身内などの近親者が亡くなった際に、喪に服すことを喪中といいます。喪に服すとは、故人の死を悼んでお祝い事を避けるなど、身を慎んで過ごすことです。

喪に服すという慣習は、神道の「穢れ」という考えかたにもとづいています。死は穢れの一種と考えられ、身内に死者が出た場合はその穢れをほかの方に広めないように、一定の期間行動を慎むようになったことが今も慣習として残っているといわれています。

喪中の範囲

一般的に喪中の範囲は2親等までとされています。また3親等以上になると、喪に服す必要はないともいわれています。

配偶者が亡くなったときや、通常は自分や配偶者の父母、子供などの1親等の方が亡くなったときには喪に服す必要があります。また自分や配偶者の兄弟・姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母や孫などの2親等の方が亡くなった場合も、基本的には喪に服す必要があると覚えておきましょう。

ただし最近では、同居していた祖父母が亡くなった場合は喪に服すが、別居していた場合は喪中としないといったように、同居や別居の関係性から喪に服すかどうかを変える場合も多くなっています。

あわせて読みたい 喪中の範囲は2親等まで│喪中となる続柄と控えるべき行事について詳しく解説 親族が亡くなった時、どこまでの続柄なら喪中として考えるべきか、その判断はなかなか難しいものです。喪中の際には控えるべきこともありますので、その範囲については知っておくと… 続きを見る

喪中の期間

喪中とは身内などの近親者が亡くなったあと、故人を悼んで喪に服している期間のことをいいます。

喪中の期間は、故人との関係によっても異なります。配偶者や父母などの1親等の場合は1年ほど、同じ1親等でも子供の場合は3か月~1年程度とされています。兄弟姉妹や祖父母になるとさらに短くなり、3か月~6か月程度が一般的です。

また親等だけではなく、生前の縁の深さによっても喪中の期間は変わります。近年は同居していたかどうかを重視する方も増え、同居していた場合は親等に関わらず1年ほど喪に服すこともあります。

喪中はがきの正式名称は「年賀欠礼状」

家族が亡くなった翌年の新年は、喪中はがきを年賀状の代わりに送ります。喪中はがきを送る意味は、相手に年賀の挨拶を欠礼することを知らせるためです。そのため、喪中はがきの正式名称は「年賀欠礼状」といいます。

喪中はがきはどのような意味を持ち、いつごろ相手に送るものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

喪中はがきとは

一般的には「喪中はがき」と呼ばれていますが、正式には「年賀欠礼状」といいます。喪中はがきというと、自分が喪中であることや家族や近親者に不幸があったことを伝える訃報の代わりと捉えている方もいるかもしれません。

喪中はがきは、新年の挨拶を欠礼することを詫びるための挨拶状です。「今年は喪中のため、年賀のご挨拶を控えさせていただきます」という意味で送る挨拶状の一種であり、近親者が亡くなったことを知らせる訃報の代わりではないのです。

喪中はがきを出す時期

喪中はがきは年賀を欠礼することを伝える挨拶状になるため、本来は年内に相手に届けば問題ありません。

ただし喪中はがきを受け取った方は、一般的には差出人への年賀状の送付を控えることがマナーです。そのため先方が年賀状の用意を始める前に届くように、11月中もしくは12月初旬には先方に届くように準備しましょう。

12月中に不幸があった場合などは、急いで喪中はがきを送付しても、相手に届いたときには年末やお正月を過ぎてしまうこともあります。その場合は、喪中はがきを出さずに松の内(1月7日まで)のあとに「寒中見舞い」を送るとよいでしょう。

一般的な喪中はがきの書き方

喪中はがきを作成しなければならないが、書き方を詳しく知らないという方もいるでしょう。ここでは、年賀を欠礼するための挨拶の言葉や、喪中はがきで相手に伝えておきたい内容について解説します。喪中はがきの書き方から年賀状が送られてきた際の対応についても見ていきましょう。

挨拶文

まず喪中はがきの文頭には、「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」といった意味の挨拶文を入れましょう。

喪中はがきは、喪中のため新年の挨拶を遠慮することを伝える挨拶状です。時候の挨拶はなくて構いませんが、あってもとくに問題はありません。その場合、年賀は使わずに年始や年頭、新年などを使用するとよいでしょう。

また、喪中はがきでは頭語(拝啓など)や結語(敬具など)などの前文を省略します。弔事に関わる手紙では、頭語や結語などは省略して主文のみ記すことになっています。喪中はがきも、主文から書き始めましょう。

いつ、誰が、何歳で亡くなったか

続いて、「いつ、誰が、何歳で亡くなったか」を記します。故人の名前はフルネームで記すか、同じ名字の場合は名前のみ記します。そして、故人との続柄も忘れずに記しましょう。亡くなった方が複数いる場合には、1枚の喪中はがきで同時に記載しても問題ありません。

亡くなった日付は、「令和○年○月」や「本年○月」などのように、年月までを記します。また、故人の年齢は数え年を使います。ただし最近では、満年齢での記載も多くなっているようです。

生前のお礼や挨拶

喪中はがきの主文では、年賀を欠礼することを詫びる挨拶と、いつ、誰が、何歳で亡くなったかを記します。

末文ではこれまでの感謝の気持ちや今後の変わりないお付き合いをお願いする、あるいは相手方がよい年を迎えられるように祈念する言葉や、無事を祈る言葉を添えて締めくくるとよいでしょう。

なお、家族の近況の報告などは喪中はがきには書かないようにします。相手に結婚や出産、引越などを知らせたい場合は、喪中はがきとは別に手紙を出すことが一般的です。

喪中に年賀状を受け取ったらどうする?

喪中の期間であっても、相手に喪中であることが伝わっていなかったり、または伝えることを忘れていたりする場合は、年賀状が届いてしまうこともあります。

喪中に年賀状を受け取った場合は、どのように対応すればよいのでしょうか。年賀状が届いた際の返礼の仕方について見ていきましょう。

喪中でも年賀状の受け取りはOK

相手方が喪中であることを知らなかった場合に、年賀状が届いてしまうことがあります。たとえば、12月中に身内に不幸があり喪中はがきの送付が間に合わなかった時や、喪中はがきを送付していない方から届くことなどが考えられます。

喪中はがきは、喪中はがきの差出人が年始の挨拶を欠礼することを相手に知らせるものなので、年賀状を受け取る分には問題ありません。

年賀状を受け取った場合は慌てて喪中はがきを用意するのではなく、松の内が明けてから立春までの間に、連絡が遅れたお詫びを「寒中見舞い」として送りましょう。故人宛てに年賀状が届いた場合は、代わりに家族が送りましょう。

年賀状の返事は「寒中見舞い」で出す

受け取った年賀状の返事は、1月8日以降に「寒中見舞い」として送ります。元旦から1月7日までの間は松の内といい、正月を祝う期間になるため、この期間に送ることは避けたほうがよいとされています。寒中見舞いには文面で「お知らせせずに申し訳ありません」と、一言添えましょう。

もともと寒中見舞いは暑中見舞いと同じような季節の挨拶状でしたが、最近は松の内までに出せなかった年賀状の返礼に使われることが増えました。喪中にもらった年賀状への返事だけでなく喪中はがきへの返事として、また喪中と知らずに年賀状を出したときのお詫びとして、寒中見舞いを送ることもよいでしょう。

寒中見舞いの文例

では、実際に寒中見舞いを送る場合の文例を2つほど見てみましょう。

例1)

寒中お見舞い申し上げます
向寒の折 皆様にはお変わりございませんでしょうか
喪中のため年頭のご挨拶を差し控えさせて頂きました
旧年中に賜りましたご支援に深く感謝致しますとともに
本年も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い申し上げます


例2)

この度は年頭の御祝詞を頂戴し、誠に有り難うございます
皆様におかれましては、本年も良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます
昨年○月、父(または母など)○○が永眠いたしましたので、年賀状を差し控えさせていただきました
お知らせせずにおりましたこと、申し訳ございません
本年も、変わらぬ交誼のほどお願い申し上げます


よくある質問

亡くなった時期に関係なく喪中はがきは送るべき?

亡くなった時期がその年の始めでも、反対に年の終わりでも、喪中はがきは年始の挨拶を欠礼することを伝えるために送るものです。そのため、亡くなった時期に関係なく喪中はがきは送るほうがよいでしょう。

ただし、年末など喪中はがきを送ることが間に合わない場合は、慌てずに年が明けてから寒中見舞いを送りましょう。

葬儀に参列した人にも喪中はがきは送る?

葬儀に参列した方にも、喪中はがきは送るほうがよいでしょう。喪中はがきは訃報を知らせるための手紙ではありません。あくまで、b>年始の挨拶を欠礼することを詫びるために送る挨拶状です。

そのため、参列した方にも喪中はがきを送ることがマナーといえます。これまでの感謝の気持ちと、今後の変わりないおつき合いをお願いする意味もこめて、喪中はがきを送りましょう。

喪中はがきはどんなデザインでもいい?

胡蝶蘭や蓮・桔梗・菊などの花をあしらったデザインが、一般的には多いようです。故人の好んだ花、またはその人柄を表すような花を選ぶとよいでしょう。

そのほかにも、現代風でおしゃれなデザインの喪中はがきや、故人の趣味・嗜好をモチーフにした喪中はがきなどもあります。なかには親しい人向けに、故人の写真が入れられるものもあります。

喪中はがきを貰ったら年賀状はどうする?

喪中はがきをもらった相手には、年賀状を送ることは控えましょう。その場合、1月7日以降に寒中見舞いや年始状を送ります。

喪中はがきは年賀を欠礼する挨拶であるため、返信しなくても失礼にはあたりません。その方との関係性の度合いによって、返信をするかどうかを決めましょう。

年賀状を投函したあとに喪中はがきが届いたら、お悔やみの言葉をこめてお詫びの手紙を送りましょう。しかし喪中はがきの本来の意味は、差出人側が「年始の挨拶を遠慮する」ことです。そのため、年賀状を受け取るだけであれば問題はありません。

年始状ってなに?

喪中はがきが届いた場合、年賀状は控えることが一般的ですが、何も返事をしないことも気が引けるという方もいるかもしれません。その場合は、寒中見舞いを送ることもよいですが、年明けにすぐに挨拶をしたいなら「年始状」という選択肢もあります。

年始状は年賀状と同じように元日から松の内までに送るものですが、新年の挨拶の言葉は使いません。喪中はがきが届いた方への返礼はもちろん、喪中のときに届いた年賀状への返礼にも使えます。

喪中はがきでは句読点を使わないって本当?

喪中に限らず、儀礼的な挨拶状では句読点は使用しないことが一般的です。喪中はがきを書くときの基本的なマナーは「句読点は入れない」「行頭の1字下げはしない」「数字は漢数字で表記する」ことです。

縦書きで書くことが一般的ですが、横書きでも問題ありません。ただし、横書きになるとカジュアルな雰囲気になることは頭に入れておきましょう。

まとめ

家族が亡くなったときは、知人や友人・会社関係者などに喪中であることを知らせるための喪中はがきを送ることが一般的です。

喪中はがきは、年始の挨拶を欠礼することを詫びるために送るものです。そのため葬儀に参列した方にも送り、故人の生前のお礼や感謝の気持ちを伝えましょう。

喪中はがきを送付することは、一生のうちでも数えるほどしかないかもしれません。葬儀のことでわからないことがあれば、「小さなお葬式」へご相談ください。「小さなお葬式」では、葬儀のことだけでなく喪中はがきなどの質問にも丁寧に対応いたします。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引