葬儀の準備

作成日:2020年06月25日  更新日:2020年06月25日

新聞のお悔やみ欄(死亡記事)とは?掲載方法やリスクを詳しく解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
新聞のお悔やみ欄(死亡記事)とは?掲載方法やリスクを詳しく解説

親族が亡くなった事実を伝えるための方法として、「お悔やみ欄(死亡記事)」への掲載が挙げられます。毎日新聞を読む方にとってはなじみ深い項目ですが、実際に掲載する際の方法を知らない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、死亡記事に関する基礎知識と掲載方法を詳しく解説します。期待できるメリットや覚えておきたいリスクも理解すると、適切な選択肢を見極めるために役立つでしょう。最終的な決断は親族に委ねられますが、迷う場合は葬儀社に相談するのもおすすめです。

【もくじ】
新聞のお悔やみ欄(死亡記事)とは?
お悔やみ欄(死亡記事)を掲載する方法は?
お悔やみ欄(死亡記事)を掲載するメリット
お悔やみ欄(死亡記事)を掲載するリスク
まとめ

新聞のお悔やみ欄(死亡記事)とは?

特定の人物が亡くなった事実を、広い範囲に知らせるために「死亡記事」が活用されます。お悔やみ欄ともいわれていますが、全国紙・地方紙を問わずほとんどの新聞で掲載が可能です。まずは死亡記事の具体的な目的や、掲載料に関する知識を深めましょう。混在されやすい「死亡広告」との相違点もあわせて解説します。

訃報を知らせる新聞の欄のこと

なんらかの理由で亡くなったとき、地域内に住む方へ向けて死亡の事実を知らせる方法のひとつが「死亡記事」です。新聞上に定められたスペースを用いて、亡くなった方の名前や葬儀関係の情報が記載されます。具体的な内容は以下です。

・亡くなった方の名前や年齢
・逝去日
・死因
・葬儀や告別式の日程
・喪主の名前

掲載の条件は、新聞社や地域によって異なります。全ての依頼に対応できるものではなく、掲載されないケースがある点も理解しておきましょう。

掲載料は無料

死亡記事の場合、掲載のために費用を求められることは原則ありません。詳細の内容や掲載可否は新聞社が決定するものであり、掲載スペースそのものが新聞社に与えられているためです。無制限に記載できるわけではないため、優先順位が設けられる仕組みであると考えましょう。

具体的な例を挙げると、大企業の社長やスポーツ界の著名人などが掲載されるケースも見られます。規模が小さいエリアでの地域新聞であれば、一般家庭でも積極的に掲載が認められるかもしれません。

お悔やみ欄と死亡広告は違う?

無料で掲載が可能な死亡記事に対し、「死亡広告」は料金が発生するため注意が必要です。新聞社の判断ではなく、遺族の希望によって掲載可否や詳細内容を決めます。企業商品やサービスの広告欄をイメージすると分かりやすくなるでしょう。

新聞社に支払う費用は、文字数やスペースの大きさによって変動します。「掲載されるかどうか分からない」といった状況がなんらかの影響を与える場合は、全ての依頼が反映される死亡広告の活用がおすすめです。

あわせて読みたい 新聞の訃報欄|死亡広告について詳しく解説 死亡広告は、新聞に有料で掲載できる訃報告知のことです。大勢に向け、葬儀の予定を知らせる場合や葬儀後の告知を行う場合には有効な手段と言えますが、依頼する際には… 続きを見る

お悔やみ欄(死亡記事)を掲載する方法は?

死亡記事は、自動的に掲載が決定されるものではありません。新聞社に連絡したり、葬儀社に相談したりといった過程が重要となります。場合によっては新聞社から連絡がくるケースもあるため、どのような流れで掲載まで進むのか把握しておきましょう。3つのパターンに分けて、ひとつずつ詳しい仕組みを解説します。

直接新聞社に連絡する

死亡記事として反映したい新聞社が決定している場合は、直接連絡して掲載を依頼しましょう。以下のように、内容を詳しく伝えられると安心です。

・亡くなった事実のみを掲載してほしい
・死因など詳しい情報は省略してほしい
・葬儀の日程・場所を伝えたい
・家族葬のため参列を希望しない

ただし、想像通りに掲載されない可能性も考慮しなければなりません。死亡記事で周囲全体に伝わるものでもないため、別の方法も検討しながら連絡しましょう。

葬儀社が新聞社に連絡する

地方新聞の場合、特定エリアに住んでいる方の訃報を掲載する習慣が根付いていることもあります。このようなケースでは、遺族が連絡しなくとも葬儀社から手配してくれるかもしれません。特に希望の新聞社がないのであれば、葬儀社に任せて掲載までサポートしてもらうと良いでしょう。

他の方法と同様、全ての情報が記事に反映されるわけではありません。葬儀社が適切な手続きを行った場合でも、新聞社の判断で掲載に至らない可能性もあります。

新聞社から連絡がくることも

著名な人物が亡くなったときには、新聞社から直接掲載に関する相談が入る可能性も認識しておきましょう。死亡届を提出することで、新聞社が亡くなった事実を確認できるためです。掲載には遺族の承諾が必要となるため、掲載可否を判断するために必要な過程ともいえます。

「名前だけでも載せたくない」といった場合には、掲載自体の拒否も可能です。遺族の意思に反して掲載されるものではないため、安心して希望を伝えましょう。

お悔やみ欄(死亡記事)を掲載するメリット

日頃から新聞を読んでいる方にとって、死亡記事はメリットを得やすい掲載方法です。報告したい相手の連絡先が分からなくとも、亡くなった旨を間接的に伝えられます。葬儀後の掲載も可能なため、相手を安心させる結果にもつながるでしょう。死亡記事によって期待できる効果やメリットを2つご紹介します。

連絡がとれない方にも情報が届く

対象を限定せず、不特定多数の読者に向けて知らせられるのが死亡記事の特徴です。「故人の学生時代に親しかった友人に伝えたい」といったとき、継続的な付き合いがなければ連絡先が分からないこともあるでしょう。死亡記事であれば、連絡手段がなくても新聞を介して報告できます。

葬儀の場所や日時が掲載できると、死亡通知を作成する手間が省けるかもしれません。基本的には友人・知人にも通知しますが、死亡記事を利用することで送付先を絞りやすくなります。故人の関係者情報を調べたり、葬儀までに多くの通知書を作成したりする手間が省ける点もメリットです。

無事に葬儀が終了したことを伝えられる

参列してもらうためだけでなく、葬儀後に事後報告として掲載する方法もあります。「滞りなく、無事に終えました」という報告ができるため、家族葬を予定している方にとって魅力的な効果といえるでしょう。

掲載内容によっては、菩提寺に関する情報を反映できる場合があります。お墓の場所を明確に伝えると、焼香などを目的に立ち寄ってくれる方もいるでしょう。

参列できなかった方は、死亡記事を見ることで安心感を得られるかもしれません。喪主に直接確認するのは気を遣うこともあるため、手に取って確認できる新聞であれば相手の負担も軽減できるでしょう。

お悔やみ欄(死亡記事)を掲載するリスク

新聞が登場した当初から掲載されている死亡記事ですが、少なからずリスクがある点も理解しなければなりません。個人情報を読者に公開する仕組みになっているためです。具体的な住所を記載することで、重大なトラブルに発展する可能性もあります。掲載によって悪い影響を受けないよう、2つのリスクをしっかり認識しておきましょう。

個人情報が公開される

死亡記事の掲載を依頼する上で理解しておきたいのは、「故人や遺族に関する個人情報が公開される」という点です。掲載内容は希望できますが、本名や住所を反映するケースも見られます。喪主の名前を掲載することによって、葬儀に関係のない勧誘を受ける結果になるかもしれません。

中には詐欺と思われるような業者も存在します。信頼性を見極められる方であれば安心ですが、不安に感じる場合は掲載内容を検討した方が良いでしょう。

住所を明記しなければ、訪問による勧誘も避けやすくなります。自分以外の家族にも影響を及ぼすリスクがあるため、個人情報の開示は慎重に決める意識が大切です。

留守になる時間帯を把握されてしまう

葬儀前に死亡記事を掲載する場合は「いつ、どこで葬儀を営むか」が明確化されます。参列を希望する方にとっては有益な情報ですが、セキュリティ面のリスクを高める要素でもあるといえるでしょう。自宅を不在にする日時が分かることで、空き巣被害のきっかけになるかもしれません。

万が一の事態を想定し、厳重なセキュリティ対策を施しておくのもおすすめです。不安を解消してから葬儀に移れるよう、事前の準備を重視しましょう。死亡記事に対し、「誰が読んでいるか分からない」というデメリットを理解することが大切です。

まとめ

親族が亡くなった場合、新聞社が掲載する「死亡記事」を活用することで関係者に通知できます。希望者全てが認められるものではないため、別の通知手段も考慮しながら掲載方法を実践してみましょう。

場合によっては新聞社から掲載を促されることもありますが、最終的に尊重されるのは遺族の意思です。「掲載したいがリスクも心配……」という場合は、葬儀社に相談すると適した選択肢を見極められるでしょう。相談先を探している方は「小さなお葬式」までお問い合わせください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事