葬儀の準備

作成日:2014年07月16日  更新日:2019年09月17日

密葬とは?知っておきたい葬儀の流れと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
密葬とは?知っておきたい葬儀の流れと注意点

この記事は小さなお葬式が書いています

著名人の訃報のニュースで、密葬(みっそう)という言葉を聞いたことはありませんか?

密葬とは、親しい間柄の方のみで行う小規模な葬儀のことです。ニュースでは「近親者のみで密葬を行った」などと報じられています。著名人に限らず、一般の方でも「密葬」を選ぶ方が増えてきています。

この記事では、密葬で行う葬儀の流れや費用、本葬についてと密葬の注意点をご紹介します。

小さなお葬式

【もくじ】
密葬で行う葬儀の流れ
密葬の後に行う「本葬」とは
密葬を行う場合の注意点
密葬を行うなら

密葬で行う葬儀の流れ

密葬とは、親しい方を中心に行う葬儀であり、ほとんど参列者を招きません。そのため一般的な葬儀と比べると、葬儀内容や費用も違ってきます。

ここでは、密葬を行う場合の一般的な式の流れを、「家族葬」「火葬式・直葬(ちょくそう)」と呼ばれる2つの葬儀形式を参考にしてご紹介します。

あわせて読みたい 訃報の連絡方法と伝える内容について詳しく解説 身内が逝去・亡くなった場合、訃報(ふほう)連絡はどのようにすればよいのでしょうか。亡くなった直後に逝去の一報を伝える際は、相手のことを考え、慎重に... 続きを見る

「家族葬」の形式で密葬を行う場合

家族葬は、ごく一般的な形式の葬儀を、家族や親戚、親しい友人・知人を中心に行う葬儀形式です。

家族葬の流れは通常の葬儀と同じで、亡くなった場所から自宅や安置専用施設までご遺体を搬送し、通夜式当日まで安置をします。その後、納棺、通夜式と続き、翌日に葬儀・告別式と火葬を行います。

家族葬の流れ

「火葬式・直葬」の形式で密葬を行う場合

火葬式や直葬は、通夜式と告別式といった儀式を省き、火葬のみを行う葬儀形式です。ごく親しい親族のみでお別れをします。

通夜式や告別式を行わないため、必要となる物品やサービスが少なく、一般的な葬儀よりも大幅に費用を抑えることができます。

火葬・直葬の流れ

密葬の後に行う「本葬」とは

本葬(ほんそう)は、密葬を終えた後日に、一般の参列者向けに行う葬儀です。社葬や団体葬などで参列者が多く、遺族が故人との時間を十分に取れない場合などに行われます。参列が大規模にならない一般の方の葬儀では、本葬はあまり行われません。

本葬の内容には決まりがなく、通常の告別式のような形で行われることもあれば、お別れ会や偲ぶ会として自由な形式で開かれることもあります。著名人の葬儀で、ファンの長い列ができ献花をしている様子が見られますが、それも本葬のひとつです。

あわせて読みたい お葬式とは別の「お別れ会」とは?主な流れやマナーについて詳しく解説 お葬式は、大切な人ときちんとお別れをする場。その場をどのような形にするかの選択肢は、近年広がりを見せています。その中のひとつとして行われて... 続きを見る

密葬を行う場合の注意点

密葬を行う場合、「本葬」を行う場合と行わない場合によって準備する内容が変わります。密葬を行うのであれば注意しておきたいことをご紹介します。

密葬を行うことは周囲に伝わらないようにする

密葬は遺族をはじめとした親しい関係の方のみで行うため、本葬へ参列してもらう予定の方に伝わってしまうと、密葬中に対応に追われてしまうことになります。なるべく周囲へ伝わらないようにする必要があるでしょう。

親族など近い関係の人から密葬への理解を得る

密葬は火葬までを事前に行うため、本葬で参列する方は故人と対面する機会がありません。そのため、本葬の有無に関わらず、近い関係者には密葬を予定していることを相談のうえ決めるようにしましょう。

本葬を行わない場合、葬儀後の弔問対応が必要に

本葬を行わない場合、後で訃報(ふほう)を知った方が、自宅へ弔問に訪れることがあります。複数の方が日時別々に弔問されるので、香典返しの用意など、その都度対応する必要がでてきます。 友人や知人には、家族のみで葬儀を終えたことと、弔問は辞退する旨を伝えておきましょう。

あわせて読みたい 家族葬なら通夜なしで執り行える!通夜をしない家族葬の流れとメリット・デメリットを詳しく解説 家族葬なら、お通夜なしで執り行うこともできます。この記事では、家族葬でお通夜をしなくて良い理由、お通夜をしない家族葬のメリットとデメリット、式の... 続きを見る

密葬を行うなら

「葬儀にはまだまだ縁がない」とお考えの方も、まずは葬儀の情報を集めることから始めてみませんか?

「小さなお葬式」は、密葬を行うことができる「家族葬」「火葬式・直葬」の葬儀プランをご用意しております。葬儀に必要な物品・サービスをプラン料金に含んでいるため、安心してご依頼いただけます。ここでは、小さなお葬式の葬儀プランの一例をご紹介します。

■「小さな家族葬」プラン
一般的な葬儀の流れと同じく、通夜式を行った翌日に告別式・火葬を行うプランです。ご家族を中心に執り行います。
小さなお葬式の家族葬

■「小さな一日葬」プラン
通夜式をせず、告別式と火葬を1日で行うプランです。
小さなお葬式の一日葬

■「小さなお別れ葬」プラン
仏具などを省き、できる限り費用を抑えたプランです。無宗教のためお坊さんをお呼びする予定のない方に向いています。
小さなお葬式のお別れ葬

「小さなお葬式」は全国4,000カ所以上の葬儀場と提携しておりますので、お住まいの近くでご希望の日程に合わせてご葬儀を行っていただけます。

まずはお気軽に「小さなお葬式」の無料資料をご請求ください。資料の送付方法は、メール・郵送からお選びいただけます。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.6/5
評価数(24)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引