葬儀の準備

作成日:2019年02月04日  更新日:2019年09月13日

家族葬なら通夜なしで執り行える!通夜をしない家族葬の流れとメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家族葬なら通夜なしで執り行える!通夜をしない家族葬の流れとメリット・デメリット

この記事は小さなお葬式が書いています

家族葬なら、お通夜なしで執り行うこともできます。

この記事では、家族葬でお通夜をしなくて良い理由、お通夜をしない家族葬のメリットとデメリット、式の流れ、および服装と香典はどうしたらいいかについて解説します。

小さなお葬式

【もくじ】
家族葬ならお通夜なしで執り行うことができる
お通夜をしない家族葬の流れ
お通夜をしない家族葬のメリット
お通夜をしない家族葬のデメリット
お通夜なしの家族葬で服装や香典はどうしたら?

家族葬ならお通夜なしで執り行うことができる

家族葬なら、お通夜なしで執り行うことができます。なぜ通夜なしでも問題ないかというと、一般の弔問客を迎えないため、お通夜と告別式を必ずしも分ける必要がなくなるからです。

家族葬とは

家族葬とは、家族や親族を中心とし、小規模に行われる葬儀の形式です。参列者の数は、30名以内程度であるのが一般的です。儀礼的な弔問がないために、家族や親族が故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごすことができ、近年では人気の葬儀スタイルとなっています。

一般の弔問客を迎えないならお通夜と告別式を分けなくてよい

家族葬は、お通夜なしで執り行うこともできます。

お通夜は元々、家族や親族などのごく親しい人たちだけが集まって、故人と最期の夜を過ごすためのものとされ、一般の弔問客を迎える告別式とは区別されていました。

近年では、お通夜にも一般の弔問客を迎えるようにはなりましたが、お通夜は家族や親族のためのもの、告別式は一般の弔問客のためのものという区別は、まだ残されているといえるでしょう。

ところで、家族葬では、一般の弔問客を迎えることは基本的にありません。したがって、家族や親族のためのお通夜と弔問客のための告別式とを区別することは、必ずしも必要とはいえません。むしろ、葬儀を1日で済ませてしまうことに多くのメリットがあることから、お通夜をせず、告別式だけでお別れをする家族葬も近年では増えています。

あわせて読みたい 参列は誰まで?家族葬に呼ぶ範囲と呼ぶ人・呼ばない人へのマナーについて詳しく解説 家族葬で葬儀を執り行う方が増えていますが、いざ行うとなると、どこまでの関係の人に参列してもらえば良いのか迷うのではないでしょうか。「家族葬」だから... 続きを見る

お通夜をしない家族葬の流れ

お通夜をしない家族葬は、特に都市部を中心に一般的になりつつあります。そのために、一日葬(ワンデーセレモニー)の名称も生まれています。

一日葬は、以下のような流れになるのが一般的です。

・お迎え
故人の臨終を連絡すると、葬儀社は、故人が亡くなった場所まで寝台車でお迎えし、自宅または専用の安置所まで搬送します。

・ご安置
法律により、ご遺体は24時間以上安置しなければならないと定められています。安置の後、ご遺体はお棺に納棺されます。

・告別式・式中初七日
ご遺体を葬儀場まで搬送し、告別式を行います。参列者は故人と最後のお別れをします。

・火葬
ご遺体を火葬場へ寝台車で搬送し、火葬します。

「小さなお葬式」では、通夜式を行わず告別式のみを行う「一日葬」のプランをご用意致しております。プラン内容や費用について、詳しくは下記のページをご覧ください。小さなお葬式の一日葬

お通夜をしない家族葬のメリット

お通夜をしない家族葬のメリットには、以下のようなものがあげられます。

遺族の精神的・体力的負担が軽減される

お通夜をする場合には、葬儀は2日にわたって行われるのに対し、お通夜なしなら葬儀を1日で行うことができます。したがって、遺族の精神的・体力的な負担が軽減されます。

葬儀の費用を抑えることができる

葬儀の際には、飲食や返礼品などの参列者へのおもてなし費用がかかります。葬儀を2日ではなく1日で行えば、費用はその分抑えることができます。

お通夜をし、翌日に告別式を行えば、遠方から参列する人はどうしても一泊しなければなりません。葬儀を1日で行えば、遠方であっても日帰りができるので、参列者の負担を軽減できます。

あわせて読みたい 家族葬の費用を安くするための3つのポイントを詳しく解説 家族葬は参列者が少ないため、葬儀費用を安く抑えられるイメージがありますが、実際に総額がいくらになるのかは意外と知られていません。依頼する葬儀社... 続きを見る

お通夜をしない家族葬のデメリット

お通夜をしない家族葬のデメリットには、以下のようなものがあげられます。

参列者の日程の都合がつかないことがある

葬儀の日程がお通夜と告別式の2日にわたって設けられている場合には、参列者はどちらかを選べばいいため、日程の都合がつけやすいといえるでしょう。したがって、葬儀が1日になる場合には、参列者の日程の都合がつかないことがあります。

葬儀社や施設によっては費用が2日分かかる場合がある

式場を借りる際、葬儀自体は1日で行われる場合でも準備を前日からしなければならないため、一般の葬儀と同様に2日にわたって借りなければならなくなることがあります。したがって、葬儀社や施設によっては、式場の費用が2日分かかることがあります。

お通夜なしの家族葬で服装や香典はどうしたら?

お通夜なしの家族葬では、服装やお香典はどうしたらいいでしょうか。

服装は礼服が望ましい

お通夜なしの家族葬は、従来の形式にとらわれずに行われる葬儀といえます。とはいえ、参列する際の服装は、やはり礼服が望ましいでしょう。平服で参列できる場合でも、男性なら黒や濃紺などのダークスーツに白いワイシャツ、女性であれば、黒やダークグレーなどのワンピースやスーツが良いでしょう。

お香典は通常通りいただいてもよい

お通夜なしの家族葬であっても、お香典は通常通りいただくことで問題はありません。しかし、辞退されるご遺族も多いです。会葬御礼品は、足を運んでいただいたお礼ですので、香典・供花辞退であっても準備しておきましょう。

あわせて読みたい 葬式での香典マナーについて詳しく解説 香典とは、亡くなった方のご霊前に供える金品のことで、現金を不祝儀用の「のし袋」に包んで遺族に渡します。もともとは、花や線香、米などを... 続きを見る
4.8/5
評価数(8)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引