喪主・遺族のマナー

お食事について

葬儀・葬式の終了後、参列者やお坊さんや神職と共にお食事をいただきます。よほどの事がない限り箸をつけなければなりません。
家族葬や密葬では、「お食事をしない」もしくは「親族だけの外食」で済まされる場合が殆どです。
お葬式でお食事を出される場合はお坊さん・神職や参列者に、場所は家なのか外食なのかを事前に知らせておく必要があります。

通夜振る舞い(お清め)

お食事

通夜の弔問客に酒食のもてなしをすることを通夜振る舞い(お清め)といいます。
この席に用意するものはお酒、ビール、ジュースなどの飲物と煮物、天ぷら、巻寿司などの精進料理が中心でしたが、最近ではそれほどこだわってはいないようです。
通夜振る舞いの食事の時間は、だいたい1時間程度で、適当な潮時だと思ったら、喪主か世話役がお開きの挨拶をします。
喪主や遺族は、帰って行く弔問客を見送ることはしません。僧侶が出席する場合は、僧侶を一番上座に案内します。
遺族・親族は末席に座ります。逆に、僧侶が出席できない場合は、葬儀の時間を確認してお布施とは別に「お膳料」と、交通費として「御車代」を渡します。
寺院で通夜を行う場合は、僧侶へのもてなしは必要ありません。

精進落とし

遺骨迎えの後に僧侶を始め、葬儀・葬式でお世話になった人たちを慰労するために精進落としをします。
人が亡くなった後、七日ごとに法要を営み、「七七忌」までの間は「忌日」とされ、その間遺族は肉や魚などを断ち精進料理で過ごし、四十九日の忌明けとともに普段の食事に戻ります。
この時、酒宴を設けて親類縁者などにふるまう風習がありました。
それが精進落としの本来の意味です。

法事・法要のお食事(お斎)

年忌法要などの仏事が終わった後にいただく食事をお斎(おとき)と言います。
精進料理が中心でしたが、最近ではそれほどこだわってはいないようです。

葬儀・法要のマナーのトップへ

24時間365日対応 専門スタッフがお客様の疑問にお答えします

コールスタッフ総勢60名!
なんでもご相談ください

お客様サポート専用ダイヤル

0120-801-1520120-567-327 通話
無料
24時間
365日対応

NHKの他、数々のメディアに紹介されています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本NHK

海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ!フジテレビ

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋よみうりテレビ

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

報道ステーションSUNDAYテレビ朝日NスタTBSNEWSアンサーテレビ東京

その他のメディア掲載実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞

雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済

WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

テレビCM放映中! 葉加瀬太郎×小さなお葬式 書き下ろしテーマ曲 「レクイエム」

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引