お墓参りの時期とマナー
供養

作成日:2014年08月06日  更新日:2020年09月01日

お墓参りの時期とマナー

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

お墓参りは、感謝を込めて祖先の霊を供養するための大切な行事です。

現在では、お墓参りを日常的に行うことが減り、その作法や手順について分からないという方もいらっしゃると思います。祖先に対する感謝や弔意をしっかりと伝えるためにも、お墓参りの正しい知識を身につけておきましょう。

【もくじ】
お墓参りを行う時期
お墓参りで用意するもの
お墓参りの手順
お墓参りのマナー

お墓参りを行う時期

お墓参りには、いつ行わなければいけないという決まりはありません。日常的に参る人もいれば、年に1回、あるいは数年に1回という場合もあるでしょう。

現代では、進学や就職で地元を離れることも多く、お墓のある場所と居住地が遠く離れることも珍しくありません。そのため、彼岸と盆にお墓参りをするのが一般的になっています。

あわせて読みたい 2020年のお彼岸はいつ?春・秋の時期や常識について詳しく解説 毎年お彼岸の時期になると、故郷へ帰省して家族でお墓参りに訪れる方もいるでしょう。お彼岸という言葉を知っていたり使っていたりしても、時期を聞かれると答えられない方もいるのでは… 続きを見る

お墓参りで用意するもの

まずは、お墓参りをする際に、用意していくとよいものをまとめました。

用意する物 用途
ほうき 墓石周辺の掃除に使います。
軍手 草むしり等の作業をするときに着用します。
ゴミ袋 引き抜いた雑草や掃除したゴミを入れます。
バケツ 雑巾やたわしなどを洗うための水を入れておきます。
雑巾 墓石を拭いてきれいにします。
たわし 墓石についたコケや汚れを落とします。金属たわしは避けましょう。
手桶・ひしゃく 墓石に水を掛けるために使います。現地で借りられることもあります。
線香 墓前に供えます。
花・お菓子 墓前に供えます。※必要に応じて

墓石の材質によってはたわしが使えないこともあるため、スポンジや歯ブラシなども用意しておくと便利です。

お墓参りの手順

① 手を洗い清める
お墓参りをする前に、まずは手を洗い清めます。

② 手桶に水を汲んでお墓に向かう
墓石に掛けるための水を汲みます。手桶や柄杓は借りられることが多いですが、なければ用意していきましょう。

③ お墓の前で一礼し、お墓の周りや墓石を掃除する
掃除はまず墓石の周りの雑草の処理や、掃き掃除から始めます。花立てにまだ花が残っていれば取り除き、花立てをキレイに洗います。

周辺の掃除が終われば、次は墓石をキレイにします。柄杓(ひしゃく)で水をかけ、スポンジやたわしを使って汚れを落とします。細かい部分の汚れは、歯ブラシなどを使うときれいになります。

④ 線香やお供え物を供え、拝礼する
掃除が終われば、花やお菓子といったお供え物をします。このとき、花や線香はそのままでも問題ありませんが、動物に荒らされる原因になるので、お菓子などは必ず回収して帰りましょう

あわせて読みたい 墓石をきれいに保つ正しいお墓掃除のしかたを詳しく解説 お墓参りは故人を偲ぶための大切な行いで、その際にはまずお墓を掃除することになります。この記事では、正しいお墓掃除の仕方についてご紹介します。お墓の掃除... 続きを見る

お墓参りのマナー

失礼にならない服装を心がける

お墓参りの際、法要などを行うのであればそのまま喪服を着て行きますが、そうでない場合には決まった服装はありません。喪服を着る必要もなく、普段着で構わないとされています。

しかし、他にもお墓参りに来ている人はいますし、先祖に感謝や弔意を伝えるという目的があることから、あまりに華美な服装などは避けるようにしましょう。

お墓に供える花

お墓に供える花は、一般的には菊です。菊は仏花と呼ばれるもので、仏壇などに供えるに相応しい花だとされています。しかし、必ずしもこれに従わなければいけないわけではなく、故人が好きだった花を供える場合もあります。

ただし、バラなどのように棘のあるものや香りが強いものは、不向きであるとされているので注意しましょう。

祖先に日頃の感謝や弔意を伝えましょう

お墓参りは、祖先に感謝や弔意を伝える供養の手段として、また自分たちの心の整理をする手段として大切な行いです。

今回ご紹介したマナーを守り、正しい手順できちんとしたお墓参りができると良いですね。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.7/5
評価数(11)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事