法事の装いにふさわしいアクセサリーとは?黒真珠は何歳から?
法事・法要

作成日:2021年06月17日  更新日:2021年07月15日

法事の装いにふさわしいアクセサリーとは?黒真珠は何歳から?

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

法事や葬儀に参列する際には、髪型から足の先までふさわしい装いというものがあります。しかし、何に何を合わせるべきかといった服飾雑貨の細かいマナーについて把握している方は少ないのではないでしょうか。

特にアクセサリーは手持ちのもので使えるものがあるかと悩んだことがある方も多いかもしれません。

そこで本記事では、法事の際に身に着けるアクセサリーについて解説します。特にフォーマルな装いに合わせるアクセサリーの代表格である真珠について、さまざまな視点で考えてみましょう。最近、法事などでもよく見かけるようになった黒真珠についても詳しく解説します。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
法事や葬儀の装いにアクセサリーはOK?
真珠のアクセサリーの選び方
法事や葬儀に黒真珠を着けてもOK?
【法事にふさわしい】真珠の種類
法事の装いマナー
まとめ

法事や葬儀の装いにアクセサリーはOK?

法事に参列するとなったときは、準喪服を着用するのがマナーです。男性は黒いネクタイを締めていくので、女性もアクセサリーを身に着けるべきかと考えることもあるでしょう。ここでは、弔事の装い別にアクセサリーについて説明します。

和装にアクセサリーはNG

和装で法事に参列する場合、結婚指輪以外のアクセサリーは着用しないのがマナーです。

多くの場合、弔事で和装を選択するのは遺族側です。参列者として法事に出る場合には、和装は避けたほうが無難といえるでしょう。遺族の装いより格上になってしまうことを避けるためです。

洋装は主張しすぎない真珠のネックレスを

洋装の場合であっても、法事や葬儀にアクセサリーを身に着けるのはマナー違反だという意見もありますが、洋装では真珠であればOKという見解が一般的です。

さまざまなアクセサリーの中でも、真珠は控えめな印象であり、悲しみの象徴として捉えられています。真珠であれば、マナー違反にならず、遺族へのお悔みや悲しみの気持ちを表す象徴として弔事にふさわしいアクセサリーといえるでしょう。

真珠のアクセサリーの選び方

真珠は数あるアクセサリーの中で法事のために選べるものですが、選ぶときにはデザインに注意する必要があります。弔事にも使えるものを選ぶポイントは「控えめ」であるかです。ここで、真珠のアクセサリーを選ぶ際に注意すべきことを確認しましょう。

真珠のネックレスは1連のみ

真珠のネックレスを身に着けるときに注意したいのは、不幸を連想させないようにすることです。法事や葬儀の場では真珠のネックレスは1連のみショートタイプのネックレスにしましょう。

ネックレスを2連以上にすると不幸が重なるといわれており、ロングタイプのネックレスにすると悲しみが長引くといわれています。

なるべく控えめなデザインで

法事や葬儀の場で派手な真珠のアクセサリーを合わせるのはNGです。特にチェーンがシルバーやゴールドになっていたり、一粒が大きなものだったりすると華美な印象を強くしてしまいます。

真珠のピアスやイヤリングを着けるときも、揺れずに固定されているデザイン目立ちにくい金具のものを選びましょう。法事や葬儀の際は、とにかく控えめなデザインを心がけないとマナー違反になってしまうので注意が必要です。

真珠の粒の大きさは?

真珠は粒のサイズがまちまちです。弔事の装いにふさわしいネックレスの粒の大きさは7ミリ~8ミリといわれています。身に着ける人の体格にもよりますが、9ミリを超えるサイズはなるべく選ばないようにしましょう。

また、粒の形は球形(丸形)を選びます。ライス型やバロック型は弔事には着けて行けません。イヤリングやピアスも同様と考えておきましょう。

法事や葬儀に黒真珠を着けてもOK?

真珠は慶弔のフォーマルな場で着用できるアクセサリーとして重宝しますが、色だけでもいくつかの種類があり、どの色がどのシーンで使えるのかを理解しておく必要があります。特に最近注目度の高い黒真珠について、弔事の装いの視点から確認してみましょう。

真珠はどの色なら弔事で使える?

真珠の色には主なものでも白、黒、グレー、ピンク、マルチカラーなどがあります。白は慶弔選ばず使える色として認識されていますが、その他の色の中では着用していくシーンを選ぶものがあることに注意しましょう。

代表的な色の中で弔事に用いるものとしてNGなのはピンクとマルチカラーです。その他の色は慶弔選ばず着用できます。ただし、黒真珠の中にはピーコックカラーといって光の加減で色味が変わるものがあり、この中でもグリーンが強く出るものは場合によっては控えたほうがよいでしょう。

黒真珠は何歳から?

黒真珠の魅力は、上品で落ち着いた雰囲気を演出できることです。よって、法事の装いにも黒真珠はぴったりといえるでしょう。

しかし、黒い服装に黒を合わせることから落ち着きすぎるきらいがあります。20代では地味すぎる印象を与えてしまうかもしれません。着用するなら40代前後を目安にするとよいでしょう。

弔事にふさわしい黒真珠の選び方

白い真珠の場合、黒の装いに着用すると目立つため、粒の大きさは7ミリ~8ミリがふさわしいといわれています。一方、黒真珠の粒の大きさは少し大きめの10ミリ程度のサイズでもよいでしょう。

【法事にふさわしい】真珠の種類

法事や葬儀の場にふさわしい真珠にはたくさんの種類があります。白真珠や黒真珠という色のくくり以外にも、種類によってさまざまな特徴あるので、選ぶときに悩んでしまうかもしれません。ここでは、選ぶ前に知っておきたい真珠の種類について確認しましょう。

アコヤ真珠

アコヤ真珠とはアコヤ貝から採れる真珠であり、日本では和珠と呼ばれています。他の真珠と比べて丸くなることが多く、形の良い真珠が出回っていることが多いのが特徴です。

アコヤ真珠の中で特に品質が高い真珠は「花珠」と呼ばれ、最高級真珠のひとつとして名を連ねています。

南洋白蝶真珠

南洋白蝶真珠はオーストラリア海域やインドネシア、フィリピン海域で採れる白蝶貝から採れる真珠で、かなり大きな真珠が採れるのが特徴です。その大きさは直径で19㎝以上になります。

地域によって色味が違うのも特徴です。オーストラリア海域では青みがかったシルバーリップ、フィリピン海域では黄色や金色のゴールドリップが採れるといわれています。

タヒチ黒蝶真珠

タヒチ黒蝶真珠はタヒチ周辺で採れる真珠で、黒蝶貝から採れます。黒、緑、赤、グレーといったさまざまな色みを持っており、中でも深い緑に赤みが反射するピーコックグリーンは人気の色です。

淡水真珠

淡水真珠は淡水で養殖されている貝から採れる真珠で、楕円形が多いのが特徴です。養殖技術が向上したことによって真円の真珠も採れるようになっているので、市場価値が高まっています。

マベ真珠

マベ貝は、日本では奄美大島以南に生息し、マベ真珠は主に奄美大島で養殖されているマベ貝から採れます。他の真珠にはない独特な虹色の光沢を放っているのが最大の特徴で、知る人ぞ知る人気の真珠です。

法事の装いマナー

法事に参列する際の装いにもマナーがあります。ここでは、法事の装い全般のマナーを確認しておきましょう。法事への参列で考えられる「平服」の装いについても紹介します。

弔事の装いは3種類に分けられる

弔事に着用する喪服には、正喪服、準喪服、略喪服の3種類があります。正喪服喪主や近親者が葬儀で着用する服装ですが、近年ではそうした立場であっても着用している姿はあまり見られません。準喪服は葬儀でも法事でも多くの立場の人が着用する、もっともオーソドックスな「喪服」です。

略喪服は、ブラック系、グレー系、紺などのワンピースなど、いわゆる「平服」です。急な弔問やお通夜、法事で着用することがあります。

あわせて読みたい 法事・法要の服装はどう決まる?男女別・関係性別に適切な服装を紹介! 法事に出席する際のふさわしい服装についてご紹介します。服装以外にも、法事に出席する際のマナーもお伝えしますので、参考にしてみてください… 続きを見る

平服の場合アクセサリーはどうする?

法事に招かれた際「平服でお越しください」と案内があれば、略喪服で参列してもよいでしょう。略喪服の場合は、アクセサリーは真珠としておくことが無難です。

黒真珠を合わせてもよいでしょう。

あわせて読みたい 法事の案内状に「平服でお越しください」とあったら|法事の服装マナーを徹底解説します 法事の案内状に「平服でお越しください」と記載があり、「どのような服装で行けば良いのだろう」と、悩んでしまった経験が… 続きを見る

法事にも数珠は持参する

基本的に数珠は持参したほうがよいでしょう。数珠は故人に敬意を払うためのアイテムとして必要になります。マナーとして持っていくのはもちろん、葬儀に限らず法要やお彼岸、お盆やお墓参りなどさまざまな場面で必要になるので、まだ持っていないという人は早めに購入しておきましょう。

数珠の中には真珠を連ねたものもあります。アクセサリーとは違い、数珠であればさまざまな色みの真珠を選べるため、好きな色から選びやすいでしょう。

あわせて読みたい 法事には数珠が必要!数珠の持ち方やマナー、選び方を徹底解説 法事の際は、弔意を示すために正しい身だしなみで参列するのがマナーです。身だしなみを整えるにあたり、数珠も用意したほうがよいのかと悩む方も… 続きを見る

まとめ

法事の場で身に着けるアクセサリーは真珠を選ぶのが一般的です。最近では黒真珠の人気が高まり、法事でも身に着ける人が増えてきました。幅広い年齢層に指示されているのは白真珠ですが、年齢を重ねていく中で黒真珠を選択肢のひとつに加えてもよいでしょう。

法事の装いにはルールがないため、自分の置かれたケースではどのようにすればよいのか迷うこともあるかもしれません。そうしたときは小さなお葬式にご相談ください。専門スタッフが24時間365日いつでも対応しておりますので、ケースに合わせたアドバイスをいたします。

また、法事を執り行うときの困りごとについては「てらくる」のご利用をご検討ください。てらくるは分かりやすいお布施の金額設定など、安心して利用できる法事・法要の寺院手配サービスです。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事