葬式のバッグにおけるマナーとは?選び方も解説
葬儀マナー[参列者]

作成日:2021年10月22日  更新日:2021年10月25日

葬式のバッグにおけるマナーとは?選び方も解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

葬式に参列するときは、喪服や靴と同じくバッグにも気を配る必要があります。喪服は前もって準備していたのに、バッグのことを忘れていたというケースも少なくありません。特に、葬式は急なことも多く、慌てて用意するとマナー違反になることもあるでしょう。

この記事では、葬式に使うバッグの基本からマナー、選び方を解説します。いざという時に困らないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
葬式に使うバッグの基本
葬式に使うバッグのサイズ
葬式に必要な持ち物
葬式のバッグを選ぶポイント
まとめ

葬式に使うバッグの基本

基本的に、葬式で使うバッグは黒色のものを選びましょう。単に黒いバッグではなく、ツヤのないマットな素材を選ぶことも大切なポイントです。そのため、エナメル素材のバッグは避けた方が無難でしょう。

そのほかにも、葬式に使うバッグを選ぶ際に押さえておきたいポイントがありますので、一つずつ紹介します。

殺生を連想させるものは避ける

葬式に持っていくバッグは、殺生を連想させる革製のものを避けた方が無難です。例えば、毛皮のバッグや爬虫類の皮が素材として使われているものは適していません。特に、バッグの内側にファーやヒョウ柄などの布が使われている場合があるので、よくチェックしてから選ぶようにしましょう。

とはいえ、最近は丈夫な素材ということから、革製品を選ぶケースも増えてきました。革製のバッグを使う場合は、シンプルで控えめなタイプのカバンを選ぶことをおすすめします。

光る素材が使われていないもの

黒いカバンを選んだとしても、ビーズや金具など光る素材が使われているケースもあります。しかし、光る素材はお祝いする意味もあることから、葬式に使うのはふさわしくありません。できれば、ジョイントに使われている金具も光に反射するものは避けた方が無難でしょう。留め具部分のマグネットも見逃しがちですが、光る素材が使用されているタイプが多いので要注意です。

例えば、金具が黒やグレーなど目立たない色に着色されているものだと、配慮が行き届いている印象があり、葬式にも使いやすいでしょう。また、ファスナーや底鋲など、バッグの構造上必要とされるパーツなら金具でも問題ありません。しかし、あまりに目立つものは避けることをおすすめします。

あわせて読みたい 葬儀や法事に適した靴とは?喪服の身だしなみマナーを足元から徹底解説 葬儀や法事といったフォーマルな場では、マナーを守った身だしなみが求められます。喪服の着用に加えて、喪服に合った靴も用意… 続きを見る

ロゴが目立たないもの

黒いバッグで、金具も目立たないものを選んだとしても、ブランドのロゴが大きく入ったバッグは葬式においてふさわしくありません。葬式に使うバッグは、主張をしないシンプルなものがベストです。

ロゴだけではなく、模様が大胆にあしらわれたものやレースが使われたものなども避けるようにしましょう。

男性のバッグについて

葬式や結婚式などフォーマルな場面において、男性はバッグを持たないことが多いです。一般的に男性はスーツを着ることが多く、ポケットがたくさん付いているため、必要なアイテムはポケットがあれば十分収められることが理由の一つです。とはいえ、ポケットにものを入れすぎて一杯になっているのはあまりスマートではありません。

また、男性も身だしなみに必要なアイテムを持ち歩くこともあるでしょう。そういった場合は、男性でもバッグを持って葬式に参列しても問題ありません。そこでおすすめなのがクラッチバッグです。黒いマット素材のシンプルなタイプを選ぶと、葬式でもマナー違反にならずに使えます。

学生のバッグについて

基本的に、学生の場合は通学時に使用している学校のバッグで問題ありません。ただし、通学用のバッグが派手なデザインだったり、あまりにも大きすぎたりするときは手提げバッグを代わりに使うことをおすすめします。

ただし、手提げバッグも葬式に見合ったシンプルなデザインを選ぶことが大切です。色合いは、黒か紺といった目立たないものを選ぶようにしましょう。手荷物がなければ、バッグを持っていかないというのも一つの手段です。

葬式に使うバッグのサイズ

女性が使うバッグのうち、葬式におすすめなのはハンドバッグです。できれば腕にかけられるタイプの方が便利でしょう。一方、肩からかけるショルダーバッグやトートバッグなどはカジュアルなイメージがあるため、葬式には不向きです。

仕事や出先から急遽参列することになった場合、葬式にふさわしくないバッグは車に置いておくか受付に預けるようにして、会場には持ち込まないように心がけましょう。

大きすぎないサイズ

葬式に使うバッグは、小さめのサイズを選ぶのが基本です。一昔前は、非常に小ぶりなサイズが主流でしたが、昨今はスマートフォンの普及もあり開口部が大きいバッグも増えてきました。

ただし、葬式にあまりたくさんの小物を持ち歩くのはスマートではありません。特に、開口部が広いと中身が丸見えになってしまうこともあるので注意が必要です。

また、長財布を使っている場合、葬式用のバッグには入らないこともあります。こうした場合、バッグを財布に合わすのではなく、小さめの財布に入れ替えるようにするとよいでしょう。

入りきらないときはサブバッグを

葬式に参列する人の中には、参列できなかった知人からの預かりものを持っていくケースもあります。また、近しい関係にある人は葬式の手伝いをすることもあるでしょう。そのほか、お子様と一緒に参列する場合は、何かと荷物が必要になるものです。

しかし、葬式用のバッグは小ぶりなものが多く、たくさんの荷物を入れることができません。そのため、どうしても荷物が多くなるときはサブバッグを用意しておくと便利です。

サブバッグの場合はトートタイプでも問題ありません。メインとなるバッグと同じように、黒い素材を選ぶことが大切です。また、あまり大きなサイズはふさわしくないため、A4サイズの長方形タイプまでに収めることをおすすめします。

葬式に必要な持ち物

葬式にふさわしいバッグを選んだら、中身のことも意識しておく必要があります。いくらバッグの中に入っていたとしても、不意に中身が見えてしまうことも否めません。また、スマートフォンや財布などをバッグから取り出すシーンもあるでしょう。

さらに、一般の弔問客と親族とでは必要となる持ち物も異なります。続いては、葬式の基本的な持ち物について、それぞれの立場から見ていきましょう。

一般の弔問客としての参列

知人や友人という立場で一般の弔問をする場合は、次に挙げる持ち物で十分です。

・香典
・数珠
・財布
・スマホ
・ハンカチ

ただし、財布やスマホケース、ハンカチは派手ではないものを選ぶ必要があります。例えば、ハンカチは白か黒が無難です。スマホケースを派手なタイプにしている場合は、葬式の間だけ外すことをおすすめします。

香典については、袱紗に包んで用意するようにしましょう。葬式で使用する袱紗は、慶事用のタイプとは異なります。紺色や黒、紫といった弔事用のシンプルなタイプを選ぶ必要があります。

また、天候によっては、折り畳み傘や日傘、防寒具などが必要となるでしょう。その場合、サブバッグを用意して収めておくとスマートです。

あわせて読みたい 男性が葬式に参列する際の服装は?喪服以外のアイテムの選び方も紹介 葬式や通夜にあまり参列したことない男性の方のなかには、どのような服装で参列すればよいのか、どのような点に注意が必要… 続きを見る

親族としての参列

一般の弔問客とは異なり、親族の場合は長時間滞在するケースが多く見られます。また、葬式を手伝うことも考えられるでしょう。そのため、一般弔問客と同じく基本的なアイテムに加えて、エプロンや着替え、スマホの充電器なども用意しておくと安心です。これらのアイテムは、サブバッグに入れておくようにしましょう。

葬式のバッグを選ぶポイント

葬式のバッグを選ぶ上で大切なポイントは、素材や色をマナーに沿ったものにすることです。最近は、葬式用のバッグもバリエーションが増えているため、服装に合わせて選ぶことができるでしょう。

その場合も、シンプルなタイプを選ぶように心がけることが必要です。また、次に挙げるポイントも葬式のバッグを選ぶ上で欠かせません。一つずつ紹介します。

底鋲つきのバッグがおすすめ

葬式用のハンドバッグには、底鋲がついているタイプがあります。葬式に参列する場合、バッグは床や椅子におくのが一般的です。特に、床におくことになった場合、底鋲がついていないバッグだとすぐに傷が入り傷んでしまう可能性があります。そのため、底鋲がついたタイプを選ぶと、傷や汚れを心配することなく葬式でも使うことができます。

長く使えるもの

人生において、葬式に参列するケースは一度きりとは限りません。多くの人が幾度かの葬式に参列することになるでしょう。とはいえ、葬式は一年のうちにたくさんあるわけではありません。

ほとんどの期間は喪服と合わせて保管しておくことになるでしょう。そのため、保管している間に、型崩れをしたり劣化したりしてしまわないような丈夫な作りのバッグを用意しておくと安心です。

また、季節に左右されず、流行を追わないようなシンプルなデザインのバッグを選んでおくと、どんな時でも使いやすく重宝します。葬式に限らず、お祝い事にも使える慶弔両用タイプのバッグもあるので、うまく活用するとよいでしょう。

まとめ

葬式におけるバッグには、さまざまなマナーがあります。マナーを守って参列することで、誰もが不快な思いをすることなく葬式に臨めるでしょう。地域によってマナーが異なるケースや、親族間でのルールがあるケースも考えられるので、わからない時は親族や葬儀社に確認することをおすすめします。

また、葬式のバッグや持ち物などについての疑問や不安などがある場合は、小さなお葬式にご相談ください。専門知識豊かなスタッフが的確にアドバイスいたします。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事