男性が葬式に参列する際の服装は?喪服以外のアイテムの選び方も紹介
葬儀マナー[参列者]

作成日:2021年10月12日  更新日:2021年10月13日

男性が葬式に参列する際の服装は?喪服以外のアイテムの選び方も紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

葬式や通夜にあまり参列したことない男性の方のなかには、どのような服装で参列すればよいのか、どのような点に注意が必要なのかなど、迷っている方もいることでしょう。

本記事では、男性が葬式に参列する際の服装について紹介します。また服装以外の注意点やアイテムの選び方なども紹介しますので、いざというときの参考にしてみてください。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
葬式に参列する際の男性の服装
通夜に参列する際の男性の服装
服装以外のアイテムの選び方
服装以外の注意点
男性の葬式におけるアクセサリーの着用について
まとめ

葬式に参列する際の男性の服装

男性が葬式に参列する際、スーツを着ているイメージがあるかもしれません。男性が葬式に参列する際には、ブラックスーツを着るのがマナーです。

ブラックスーツとは

ブラックスーツとは冠婚葬祭の場で着る礼服のことであり、会社員が出社時に着用するビジネススーツとは違います。黒色のビジネススーツでよいというわけではありませんので、その点は注意が必要です。

「ビジネススーツの黒色と礼服であるブラックスーツでは、特に違いはないのではないか」と感じる方もいるかもしれませんが、両者にはさまざまな違いがあります。

ブラックスーツと礼服の違い

一つ目は色の違いです。礼服であるブラックスーツはツヤや光沢が出ない黒色をしています。一方で、ビジネススーツはグレーがかった薄い黒色なのが特徴です。そのため、見る人が見れば、ブラックスーツかビジネススーツかが判別できます。

二つ目はシルエットの違いです。礼服であるブラックスーツはゆったりとしたものが多いですが、ビジネススーツは細身に作られたものが多くなっています。

礼服であるブラックスーツはなかなか着る機会がありません。一年に一回着るか着ないかといった方が多いため、体型が多少変わったとしても着れるよう、ゆったりとしたサイズで作られています。対して、ビジネススーツは毎日着ることが多いため、細身で体型に合うように作られているのです。

あわせて読みたい 葬儀にスーツで出席するのはあり?葬儀マナーやレンタル時にも覚えておくべきポイントをご紹介 人生で葬儀に参列する機会はそう多くはありません。急に連絡があった際に礼服を持っていなければ数日で用意するのが難しい… 続きを見る

通夜に参列する際の男性の服装

男性が葬式に参列する際の服装はブラックスーツが適していますが、通夜に参列する際には、ブラックスーツは適していません。

通夜ではビジネススーツで参列するのがマナーとされているのです。葬式とはまったく違うため戸惑う方もいるかと思いますが、混同しないように注意しましょう。

通夜にビジネススーツが適している理由

では、なぜ通夜ではビジネススーツが適しているといわれているのでしょうか。それは、ブラックスーツのような礼服で参列すると、不幸を予想していたという意味合いで取られてしまうからです。

基本的に通夜は亡くなった翌日に行われます。そのため急遽参列となることが多く、礼服で参列すると、事前に不幸に備えて準備をしていたのではないかという印象を与えてしまうのです。

もちろん、ビジネススーツが適しているといってもどの色でも問題ないというわけではありません。紺やグレーなどの暗めの色のスーツを選ぶのがマナーです。

ブラックスーツでも大丈夫な場合

ただ、礼服であるブラックスーツを着て通夜に参列しても問題ないケースもあります。それは、亡くなって数日後に通夜が行われるケースです。事情があって、亡くなってから通夜が行われるまでに日にちが空く場合には、礼服で参列しても問題ないとされています。なぜなら、事前に準備できる日にちがあるからです。

通夜に参列する際にビジネススーツが適しているとされている理由は、礼服を準備していたという印象を与えないためです。ただ、亡くなってから通夜が行われるまで日にちが空く場合、礼服を準備できる期間ができることになります。そのため、礼服でも問題ありません。

服装以外のアイテムの選び方

葬式に参列する際、服装以外のアイテムの選び方にも注意が必要です。ここからは服装以外のアイテムの選び方について紹介します。今まで気にしていなかった点に関しては、これを機に注意するようにしましょう。

ハンカチ

ハンカチは白か黒のものを選びましょう。故人が死装束をまとっていること、日本古来より神聖な儀式では白い衣装が用いられてきたことから、白色のハンカチを持参することが適しているとされてきました。ただ、近年は喪服の色に合わせた黒色のハンカチも許容されてきています。

赤や緑、ピンクといった派手な色のハンカチは避けたほうが賢明です。どうしても白や黒のハンカチがない場合には、袱紗の色のようなグレーや水色のものを選ぶようにしましょう。

デザインに関しては無地のものを選ぶのが基本です。派手なものでなければ、レースがあしらわれたものや刺繍が施されているものでも問題ありません。ただ、ラメやストーンなどの光る装飾が付いているものは避けるようにしましょう。

ベルト

ベルトも黒のものを選ぶのが基本です。ツヤのないマットな黒のベルトを選ぶようにしましょう。紺やグレーのベルトでも問題ないように感じますが、喪服の黒とベルトの色の差が目立つため、黒のベルトを選んだほうがよいです。

デザインは無地のもので、素材は本革か合皮のものが適しています。動物の皮を使用したものは殺生をイメージさせるため、葬式には適していないとされているのです。ただ、ベルトや靴に使用されている皮革素材は問題ないとされています。

加えて、バックルにも注意が必要です。金色のバックルや派手なデザインのバックルは避けましょう。シルバーのバックルは問題ありません。なかでもバックルが黒の皮でカバーされているベルトが適しているとされています。

あわせて読みたい お葬式におけるベルトの選び方について詳しく解説!マナーを知り安心して参列しよう お葬式では、喪服だけでなくベルトなどの小物に関しても細かいマナーがあります。マナーが守れていないものを選ぶと、印象が… 続きを見る

雨が降っている日には、傘を持って参列することになります。傘に関しても派手な色や柄のものは避けるようにしましょう。無地のデザインで、黒や紺のものを選ぶのが適しています。またビニール傘でも問題ありません。

服装以外の注意点

服装以外にも注意すべき点がいくつかあります。ここでは服装以外の注意点を紹介します。

髪型

葬式は故人を弔うための儀式です。そのため、清潔感を感じさせる髪型が理想的だといえます。髪を派手な色にしている方は、できれば落ち着いた色に戻しましょう。ただし、黒に染め直すのも大変なので、髪色を一時的に変えることができるスプレーを使用して黒に戻すのもおすすめの方法です。

また髪の色だけでなく、長さにも注意が必要となります。ミディアムヘアやロングヘアの男性は前髪が顔にかかりすぎないこと、おじぎした際に髪が前に流れてこないようにすることなどに気をつけましょう。

カットするのが理想的ではありますが、カットしたくない、カットする時間がないという方は、ゴムで結んだり、ピンで留めたりといった対応が必要です。ゴムで結ぶ際は、黒のゴムを選ぶようにしましょう。

加えて、ワックスやジェルの量にも注意が必要です。普段の生活では、ワックスで毛先を遊ばせることは問題ありませんが、葬式の場ではマナー違反となります。またすっきりとした短髪の髪型であっても、ジェルで必要以上にテカテカしていては相手によい印象を与えません。

ワックスやジェルを使用する際は、必要以上に付けすぎず、髪のはねや膨らみを抑える程度にしておきましょう。またワックスやジェルは、商品によっては匂いがきついものがあります。あまりに匂いがきつすぎると、周りの方を不快にさせてしまう可能性があるため、無香料のものを選ぶのがおすすめです。

あわせて読みたい お葬式でのふさわしい髪型と身だしなみのマナーについて詳しく解説 お葬式に参列するとなった際に、どのような髪型が適しているのでしょうか。失礼があってはならない場ですから、「良い髪型」と… 続きを見る

髪型と同様に、髭もあるかないかで相手に与える印象が変わってきます。髭は必ず剃らないといけないというルールはありませんが、特にこだわりがなければ剃っておいたほうがよいでしょう。

大切なのは周りからどう見えるかを想像することです。自分では整えているつもりでも、周りの方が不潔だと感じていることもあります。特に髭が極端に長い場合や、あご全体が髭で覆われている場合などは、不潔だと感じられやすいです。

自分がどう感じているかではなく、周りからどう見られているのかを意識するようにしましょう。

男性の葬式におけるアクセサリーの着用について

葬式では結婚指輪以外のアクセサリーを付けないのが一般的です。ネクタイピンも付けないようにします。ここでは、例外として着用してもよいアクセサリーを紹介します。

シンプルな時計

時計は付けても問題ありません。葬式の最中にスマートフォンを出して時間を確認するのは失礼にあたります。時間はスマートフォンではなく、時計で確認するようにしましょう。

もちろん、どのような時計でもよいというわけではありません。派手な色の時計や文字盤が大きすぎる時計などは避けて、シンプルな時計を選びましょう。具体的には、文字盤の色が白か黒の時計がおすすめです。どちらかといえば、シャツの色に合わせた白の文字盤の時計を選ぶのが好ましいでしょう。

時計のベルト素材に注意

また、時計のベルトの素材にも注意する必要があります。基本的には黒の革製のものを選ぶとよいでしょう。黒の革製のものがおすすめな理由は、黒以外の革製のベルトは殺生をイメージさせるからです。葬式の場において、殺生をイメージさせるのはもちろんよくありません。また、金色のような華やかな色もふさわしくありませんので注意しておきましょう。

その他デザインにおいては、機能性が高いクロノグラフは適していませんので注意しておきましょう。

あわせて読みたい 通夜で時計を付けても問題ない?マナーを守った時計やアクセサリーの選び方 通夜ではさまざまなマナーがあるため、身だしなみにも気を遣います。普段何気なく身に付けている時計も例外ではありません… 続きを見る

まとめ

男性が葬式に参列する際の服装としては、ブラックスーツを着るのが一般的です。一方、通夜に参列する際はブラックスーツではなく、ビジネススーツを着るのがマナーとされています。ブラックスーツで通夜に参列すると、事前に不幸を予想していたのではないかという印象を与えてしまうからです。

また、スーツ以外にもベルトやハンカチなどのアイテムの選び方にも注意する必要があります。髪型や髭なども整えておくことが大切です。このような葬式に参列する際のマナーに関してお困りのことがありましたら、小さなお葬式にぜひご相談ください。専門知識を持ったスタッフが、お客様の疑問を解消するためのお手伝いをさせていただきます。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事