宗派の意味や特徴とは?わからない場合の対策も徹底解説!
雑学

作成日:2022年09月20日  更新日:2022年09月30日

宗派の意味や特徴とは?わからない場合の対策も徹底解説!

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

葬儀やお墓参りでは、宗派に沿った作法やマナーに従う必要があります。しかし、日常の中で意識することは少ないため、自分の家の宗派が何かわからない方も多いのではないでしょうか。

この記事では宗派の意味や特徴について解説しつつ、自分の家の宗派を特定する方法を紹介します。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
宗派とはどういう意味?
仏教で生まれた宗派の派生
主な宗派別の特徴とは?
葬儀で自分の宗派がわからない場合の対策は?
まとめ

宗派とはどういう意味?

宗派とは、同一宗教の中での分派のことです。教義や信仰対象による違いや歴史的な経緯を経て生まれます。もともと仏教はインド発祥で、ブッダが開いたものです。そこから中国や朝鮮半島へと経由し、日本に伝わってきました。その過程でさまざまな宗派が生まれたのです。

仏教で生まれた宗派の派生

宗派は仏教から生まれたものですが、どのような歴史を経て生まれたのか知らない方も多いでしょう。ここでは、日本に仏教が広まった経緯や宗派の派生について解説します。

宗派が生まれることになった歴史

仏教が日本へ伝わる以前は、民族宗教である「神道」を主としていました。そこに仏教を広めたい蘇我氏と、神道を守護する物部氏との間で争いが起きました。この当時の政局を二分していた争いのことを「崇仏論争」と呼びます。

崇仏論争に勝利したのは蘇我氏で、次第に仏教が広められ、宗派が派生していき現在にいたります。

仏教から生まれた宗派は13宗56派

日本の伝統仏教には、13宗56派が存在します。これは1940年に「宗教団体法」が施行される以前の宗派を指しています。もともと鎌倉時代初期までに天台宗や真言宗といった8宗派がありました。時代を経て分派が生まれ、13宗56派として公認されるようになったのです。

あわせて読みたい 日本には宗教・宗派がたくさん!宗派の種類ごとの違いについて徹底解説! 宗教には、仏教をはじめとしてたくさんの種類があります。宗教はそれぞれの教義によって宗派が分かれているので、とても複雑な… 続きを見る

主な宗派別の特徴とは?

日常生活で自分の家の宗派を意識する機会はあまりないでしょうが、お葬式やお墓参りでは自分の家の宗派を知っておかなくてはいけません。ここでは日本の代表的な宗派とその特徴を紹介します。

天台宗

天台宗は平安時代に最澄が日本に広めた宗派です。誰でも仏になれるという教えは、民衆の心のよりどころとなっています。天台宗のお経は「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」、本山は「比叡山延暦寺」で、ご本尊は「阿弥陀如来(釈迦如来、薬師如来)」です。

真言宗

真言宗は平安時代に弘法大師空海が開いた宗派の1つです。真言宗の教えは「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」で、仏と同じように修行すれば、誰でもすぐに仏になれるという意味があります。

お経は「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」、本山は「高野山派(金剛峯寺)」「智山派(智積院)」「豊山派(長谷寺)」など、ご本尊は「大日如来」です。

あわせて読みたい 真言宗の般若心経を解説。真言宗の葬儀についても紹介 いざというときに備えて、葬儀に関する知識を身につけておきたいという方もいるのではないでしょうか。般若心経は多くの仏教の… 続きを見る

浄土宗

浄土宗は法然が開いた仏教です。日本人に馴染み深い「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と唱えることで、極楽浄土へいけるという教えを説いています。お経は「南無阿弥陀仏」、本山は「知恩院」、ご本尊は「阿弥陀如来」です。

あわせて読みたい 浄土宗の葬儀で読まれるお経はほかと違う?葬儀の流れについても解説 お経には分かっているだけでも8,400ほどの種類があります。故人が信仰していた宗教・宗派によって、葬儀のときに読まれるお経… 続きを見る

浄土真宗

浄土真宗は、浄土宗を開いた法然の弟子である親鸞が開いた宗派です。浄土真宗には、西の「本願寺派」、東の「真宗大谷派」の2つの勢力に分かれています。

お経は「南無阿弥陀仏」、本山は「東本願寺(真宗大谷派)」「西本願寺(本願寺派)」、ご本尊は「阿弥陀如来」です。

あわせて読みたい 浄土真宗で般若心経を唱えない真の理由とは?各宗派の読経方法も解説 般若心経といえば、お経のなかでも最もポピュラーだといえるでしょう。仏式の葬儀で唱えられることも多いので、いつもと違う… 続きを見る

日蓮宗

日蓮宗は、日蓮(日蓮聖人)が開いた宗派です。大地震や噴火などの災害で苦しむ人々を、仏教の教えで救おうと開かれました。

お経は「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」、本山は「身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)」、ご本尊は「曼荼羅(まんだら)」です。

臨済宗

臨済宗は日本三大禅宗の1つで、中国から日本へ伝えられました。坐禅によって悟りを得る自力こそが浄土へつながるという教えを説いています。

お経は「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」、本山は「妙心寺」「南禅寺」「建仁寺」「建長寺」「円覚寺」などで、ご本尊は「釈迦牟尼仏」です。

曹洞宗

曹洞宗は臨済宗と同様に日本三大禅宗の1つで、道元禅師によって広められました。曹洞宗は坐禅を重んじており、食事や入浴といった日常生活の行為は坐禅と同じ価値であるとしています。

曹洞宗のお経は「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」、本山は「永平寺」「総持寺」、ご本尊は「釈迦牟尼仏」です。

葬儀で自分の宗派がわからない場合の対策は?

宗派によって儀式の流れや作法、マナーが異なるため、自分の宗派が何か知っておくことが大切です。しかし、自分の家の宗派がわからない方も多いでしょう。ここでは、宗派がわからない場合の対策を3つ紹介します。

親族に確認する

最も手っ取り早い方法は親族に確認することです。両親が亡くなっている場合は、両親の兄弟姉妹に確認してみましょう。

特に年代が上の人ほど宗派を知っている可能性が高いといえます。親戚とともにお墓参りに行く家庭であれば、その親戚をたどって確認するとよいでしょう。

仏壇やお墓を確認する

仏壇やお墓を確認することで宗派を特定することも可能です。親戚に宗派を聞きにくい場合は、実家や祖父母の家など、仏壇を置いている家を訪問した際に確認してみてください。仏壇の掛け軸を見て、その絵柄の特徴から宗派を絞れるでしょう。

本家の宗派に合わせる

どうしても宗派がわからない場合は、本家の宗派に合わせるのがおすすめです。苗字を継いでいる父方あるいは母方の家の宗派を受け継ぐのは自然でしょう。

また信仰の自由がある日本では、自分の好きな宗派を選ぶことも可能です。特にこだわりがなければ、本家の宗派に合わせるとよいでしょう。

まとめ

日本にはさまざまな宗派があります。自分の家の宗派を知ることは、葬儀やお墓参りなどでは必須であるため、きちんと確認しておきましょう。

葬儀に関する疑問や悩みがあれば小さなお葬式へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフが対応しています。親戚に相談しにくいお悩みも、ぜひお気軽にご相談ください。

 監修 
小さなお葬式アイコン
小さなお葬式
小さなお葬式はお葬式からお墓のことまで、従来では不明瞭だった価格を明確にしました。日本全国で利用できる、高品質かつ低価格の葬儀サービスを運営しています。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事