葬儀当日に法要を行う、繰り上げ法要って何?
葬儀の準備

作成日:2014年02月03日  更新日:2022年04月22日

葬儀当日に法要を行う、繰り上げ法要って何?

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

人が亡くなった後には葬儀が行われますが、その後も法要という形で供養が行われます。亡くなってから49日間は、仏教的に現世におらず来世も決まっていない期間とされていて、陰と陽の中間にあることから、中陰(ちゅういん)と呼ばれています。

この期間に、7日ごとに行う法要は中陰法要と呼ばれ、故人が極楽へいくために必要な法要です。しかし、この中陰法要の様式は、昔と現在とでは変わってきており、現代のライフスタイルに合わせた形式として、繰り上げ法要(くりあげほうよう)を行うことが増えています。この記事では、繰り上げ法要についてご紹介します。

お寺とお付き合いの無い方に向けて、お坊さん手配の便利なサービスもおこなっています。ぜひ参考にしてください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

【もくじ】
繰り上げ法要とは?繰り上げ法要が生まれた背景
「繰り上げ初七日」と「繰り込み初七日」について
北海道では昔から繰上げ法要が一般的
まとめ

繰り上げ法要とは?繰り上げ法要が生まれた背景

繰り上げ法要とは、本来葬儀後に7日ごとの周期で行う法要を、葬儀の当日に繰り上げて行うことをいいます。多くの場合、初七日法要を葬儀の当日に繰り上げて行います。理由としては、葬儀の場では落ち着いて話をする機会がないため、初七日の精進落としの場で四十九日までの予定を調整することができるためです。

しかし、葬儀の1週間後というのもあり、仕事などで予定を調整できない方もいます。そのため、初七日法要を繰り上げて葬儀の当日に行うようになりました。

「繰り上げ初七日」と「繰り込み初七日」について

初七日法要を繰り上げて行う場合、「繰り上げ初七日」と「繰り込み初七日」の2つがあります。繰り上げは火葬の後に行い、繰り込みは火葬の前に法要を行います。

どちらも葬儀の当日に初七日法要を行うことができますが、繰り込み初七日は火葬前に初七日法要を行う事で、火葬後の時間で精進落しを行い、その場で親族と四十九日法要までの予定の調整を行うことができます。そのため、現在は初七日法要を繰り上げて行う場合、繰り込み初七日がよく選ばれています

北海道では昔から繰上げ法要が一般的

北海道は元々開拓地であったことから、相互扶助(そうごふじょ)が根底に強く残っており、葬儀の主体が町内会であったり、訃報が新聞に掲載されたり、香典に領収書がついたりと、本州の葬儀とは異なる部分があります。

法要にも違いが見られ、北海道では昔から繰り上げ法要を行うことが一般的です。初七日だけではなく、四十九日法要も同時に済ませることもあります。なぜ繰り上げ法要が一般的に行われているのかというと、やはり開拓地であったということが大きく関係しているようです。

昔から開拓のために忙しく、7日ごとに集まるのは難しいため、中陰法要をまとめて行うという風習が広まったと言われています。

まとめ

繰り上げ法要は、今のライフスタイルに合わせて広まってきていますが、北海道では昔から慣習として行われてきたというので驚きです。

繰り上げ法要は合理的ではありますが、本来法要とは火葬後に行うものです。しかし、大切なのは法要の回数ではなく、気持ちを込めて行うということです。少しでも多くの方が集まって法要を行えるのであれば、繰り上げ法要であっても問題ないのではないでしょうか。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
4.6/5
評価数(16)
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事