終活

作成日:2019年08月27日  更新日:2019年09月13日

エンディングノートは本屋で売られている?購入できる場所を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンディングノートは本屋で売られている?購入できる場所を徹底解説

この記事は小さなお葬式が書いています

エンディングノートはあなたが亡くなったときに、家族が葬儀やお墓の手続きをスムーズに進めるために活躍します。しかしいざ購入するとなると「本屋で売っているのだろうか」「どこで買えるのだろうか」と思う方もいるのではないでしょうか。

エンディングノートは本屋で売っているのはもちろん、ネット通販や一般社団法人でも取り扱っています。有料で購入する以外にも方法があり、実は無料で手に入れることもできます。

そこでこの記事では、エンディングノートは本屋で購入できることを解説した上で、本屋以外での販売場所や無料で手に入れる方法についてご紹介します。

小さなお葬式

【もくじ】
エンディングノートは本屋で購入できる?
本屋以外でエンディングノートを購入できる場所
エンディングノートはいくらで購入できる?
市販品を購入する以外のエンディングノートの入手方法
無料配布は小さなお葬式がお得!
まとめ

エンディングノートは本屋で購入できる?

エンディングノートは大型書店の「相続」に関連するコーナーに置いてあります。本屋では複数の種類のエンディングノートを置いているだけでなく、エンディングノートの書き方に関する書籍も取り扱っています。

具体的な店名を挙げると「有隣堂」や「ジュンク堂書店」が有名です。有隣堂は専門書も多く取り扱っている大型書店で、神奈川県を中心に約40店舗を展開しています。ジュンク堂書店は店舗に行かなくても自宅のパソコンやスマホから本の在庫を確認できるのが特徴です。系列店を含めると全国に約200店舗を展開しています。

一口にエンディングノートといっても人によって書きたい内容は違うでしょう。実店舗だと手に取って内容を確認できるため安心です。

あわせて読みたい おしゃれなエンディングノート5選!おすすめアイテムから選ぶときポイントなどをご紹介 エンディングノートとは、人生の最後を見据えながら死に備えて自身の希望を書き留めておくノートのことです。もしも何かあったときのために財産や葬儀についてまとめ、書いておきたいという… 続きを見る

本屋以外でエンディングノートを購入できる場所

エンディングノートは書籍と分類されて本屋に置かれることもあれば、ノートとして文具店に置いてあることもあります。そのほかにもインターネットサイトや一般社団法人、スマホアプリでも購入が可能です。

購入する場所によって価格や内容が違うため、ご自身の好みに合わせて最適な購入場所を選びましょう。ここでは本屋以外でエンディングノートを購入できる場所をご紹介します。

文具店

本屋のほかには「東急ハンズ」や「ロフト」といった大型文具店でも購入できます。ロフトは全国に100店舗以上、東急ハンズは系列のハンズビー20店舗を含めると70店舗以上を展開しています。基本的にどちらの店舗も交通の利便性の高い場所にあり、仕事帰りや買い物のついでに気軽に立ち寄りやすいのが魅力です。

文具店の場合はステーショナリー(文具)コーナーにエンディングノートを置いています。生活雑貨やインテリア、コスメも置いているためフロアが広く、人によっては見つけるのが大変かもしれません。迷ったときはスタッフに聞いてみましょう。

ネット通販

インターネットの通販サイトでもエンディングノートを購入できます。「楽天市場」や「Amazon」、「Yahoo! ショッピング」でも取り扱っています。各サイトの検索画面ではメーカーや価格を絞って商品を選ぶことができます。

ネット通販は本屋と違い、手に取って中身を確認できません。しかし24時間年中無休で購入できて、自宅から出なくても買い物が完結するというメリットがあります。忙しくて店舗に行けないという方もネット通販ならちょっとした空き時間に購入できます。

一般社団法人

エンディングノートを販売している一般社団法人があり、各協会のホームページで概要の案内や販売を行っています。社団法人で購入するメリットは、ご自身が特に書き残したい内容に特化したエンディングノートが手に入ることです。

たとえば「遺品整理士認定協会」という社団法人は、遺品整理業務に携わるプロの養成を目的とした団体です。遺品整理について詳細な内容を書き残したい方には特におすすめします。ほかにも「相続対策プランナー協会」という社団法人では、相続に関する項目を中心としたエンディングノートを購入できます。

スマホアプリ

自宅以外でも手軽にエンディングノートを書きたい方はスマホアプリを購入するのもおすすめです。iPhoneの方はApp Storeから、Androidの方はGoogle Playから購入できます。もしくは検索エンジンで「エンディングノート アプリ」と検索しても見つかります。

種類が多いため、レビューや掲載しているスクリーンショットを見比べて使いやすそうなアプリを選びましょう。アプリの注意点はスマホでパスコードロックを設定していると、ほかの人が内容を確認できないということです。家族との共有設定をしておく、パスワードをわかるように書き記しておくといった対策も考えましょう。

あわせて読みたい 終活エンディングノートおすめアプリ9選!基本知識からメリット・デメリットをご紹介 終活やエンディングノートに興味があっても、ノートを買って書き始めることは敷居が高く感じてしまう方もいるのではないでしょうか。「もっと手軽に始められたら」と思う方におすすめなのが… 続きを見る

エンディングノートはいくらで購入できる?

エンディングノートの価格の幅は広く、安いものだと数百円程度ですが、高いものだと数万円のノートもあります。紙のノートにするか、アプリやパソコンソフトを使用した電子データにするかによっても価格が違います。

紙のエンディングノートだと多くは数百~2,000円程度です。カバーに本革を使用しているノートや鍵をかけられる高級なノートだと数万円することもあります。

アプリの場合は購入時に数百円の料金を支払うタイプと、アプリ自体は無料で使用者の死亡後に数万円のデータ開示料金を支払うタイプがあります。パソコンソフトの場合はおおよそ数千~5,000円程度です。

市販品を購入する以外のエンディングノートの入手方法

エンディングノートは無料でも入手できます。1つ目の方法は自作、2つ目は無料配布、3つ目は無料アプリのダウンロードです。「無料だとクオリティが心配」と思う方もいるかもしれませんが、無料でも市販品と比べて見劣りしない高品質のエンディングノートが数多くあります。ここでは市販品を購入する以外の入手方法について解説します。

自作

エンディングノートは自作しても構いません。「こう書かなければならない」という決まりはなく、書きたい内容も人によって違います。市販品に好みのノートが見つからない場合やできるだけお金をかけたくない場合は、普通のノートをエンディングノートとして使用してもよいでしょう。

新しくノートを購入するほか、自宅にあるノートも使うこともできます。ノートの大きさも決まっていないため、大きくても小さくても問題ありません。自作のメリットは自分で好きな項目を設定できることです。ただし、わかりやすく項目を分けておかないと、ほかの人が読んだときに伝わりにくくなってしまうので注意しましょう。

あわせて読みたい エンディングノートは自作できる?作り方や注意点について詳しく解説 エンディングノートとは、もしものことに備えて自分の希望を記入しておくノートのことです。自分の希望を叶えるためだけでなく遺された家族が慌てることなく対応できるという利点もあるので… 続きを見る

無料配布

無料配布のエンディングノートを手に入れるという方法もあります。有料で購入するのは気が引けるが、自分で一から項目を考えるのは大変だという方におすすめです。終活セミナーに参加するともらえたり、自治体によっては市役所で配布していたりします。

エンディングノートを無料配布している葬儀会社もあります。公式ホームページからデータをダウンロードして印刷するか、資料請求して自宅に郵送してもらいます。基本的に葬儀会社から営業電話がかかってくることはなく、安心して利用できます。

多くの葬儀会社では必要事項を入力するだけで簡単に申し込めます。入力が苦手な方や、少し面倒だと感じる方は電話で請求することも可能です。

無料アプリのダウンロード

エンディングノートのアプリの中には、無料でダウンロードできるものもあります。検索の際に「エンディングノート アプリ 無料」と入力してみましょう。無料でもクオリティが高く、文章だけでなく動画や写真を一緒に保存できるものもあります。

無料であれば気になるアプリを何個かタウンロードして試してみることも可能です。実際に書いてみて自分に合わないと感じたら簡単に削除できるので、手軽に始められます。間違えても書き直しがすぐにできるのもアプリのメリットです。

ただし、急にサービスが終了することやスマートフォンの故障でアプリが見られなくなることもあります。紙に印刷しておくか、日ごろからデータのバックアップを取っておくと安心です。

無料配布は小さなお葬式がお得!

購入するよりも無料で入手するほうがいいと思った方には、「小さなお葬式」のエンディングノートのご利用をおすすめします。項目が豊富で市販品と比べても遜色ありません。個人情報や資産のほか、相続関係図や納骨についても記入していただけます。すべて埋める必要はなく、必要な項目だけ選んで書いていただいても大丈夫です。

小さなお葬式の公式ホームページから住所や名前をご入力いただき資料請求していただくと、3日以内にエンディングノートとお葬式に関する資料をお届けします。もちろんお電話での資料請求も可能です。

さらに資料請求をしていただくと葬儀費用が最大1万円割引になるお得なクーポンをプレゼントしております。ご自宅にはお葬式資料とわからない封筒でお届けするため、ご家族に秘密でエンディングノートを書き始めたい方も安心です。
(参考:『小さなお葬式』/ https://www.osohshiki.jp/campaign/endingnote/)

まとめ

エンディングノートは大型書店で購入できるほか、文具店や一般社団法人でも取り扱っています。ネット通販やスマホアプリを使えば時間や場所を問わず購入できます。それ以外にも、自作や無料配布、アプリを活用する方法もあります。

無料でエンディングノートを入手したいとお考えの方は、お葬式に関する資料や割引クーポンがもらえる「小さなお葬式」へお気軽にご相談ください。お葬式に関して何か疑問に思うことがあれば、知識豊富な専門スタッフが24時間365日お電話を受け付けております。

エンディングノートの書き方を詳しく知りたい人はこちら!
エンディングノートの書き方まとめ【無料プレゼントもあります】


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引