終活

作成日:2020年01月28日  更新日:2020年01月28日

これから終活ノートを書こうとしている方へ!終活ノートのおすすめの選び方と書き方について

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
これから終活ノートを書こうとしている方へ!終活ノートのおすすめの選び方と書き方について

この記事は小さなお葬式が書いています

人生の最期が近づいてくると、相続や遺品整理などの身辺整理をどうするかを考えることがあります。遺される家族に何らかの思いを伝えたいこともあるでしょう。

そんなときにおすすめなのが「終活ノート」です。しかし、就活ノートとは、どのようなものなのか分からないという方もいるのではないでしょうか。この記事では終活ノートの使い方終活ノートを準備する際に覚えておきたい情報を紹介します。

終活ノートを準備しようと考えている方は使用方法や選び方が分かります。ぜひ、参考にしてください。

【もくじ】
終活ノートとは
終活ノートのおすすめの書き方
終活ノートを購入する際に参考になる情報
終活ノートのおすすめの選び方
よくある質問
まとめ

終活ノートとは

終活ノートとは、エンディングノートとも呼ばれており、人生の最期を迎えた際に備えて葬儀や相続のことを決め、遺される家族に自分の思いを伝えるために準備されるものです。ほかにも、これまでの人生を振り返ったり、残った時間でやり残したことに着手したりするためにも役立てることができます。

介護や病気にかかった際の治療方針などについても細かく記載しておけば、自分の意思を伝えられない状況に陥った際にも役立つでしょう。終活ノートを作成するメリットは多いため、早めに準備することをおすすめします。

終活ノートのおすすめの書き方

終活ノートには、どのようなことを書けばいいのかについてみていきましょう。終活ノートについて、考えている方や興味がある方は、ここからチェックするのがおすすめです。

どのようなことを書いて残すのかをしっかり理解して、自分自身にも遺された家族にも役立つ終活ノートを作りましょう。

終活ノートに記載されている項目を把握

市販されている終活ノートやWebサイトからダウンロードした終活ノートを利用する場合は、その終活ノートに記載されている項目をひととおりチェックすることが大切です。

基本的に個人情報や資産に関する情報、家族へのメッセージなどを記載する欄が用意されていますが、終活ノートによって細かい部分が異なるので確認してみましょう。ひととおり内容をチェックすることによって、どのようなことを書けばいいのかがおのずと見えてきます。

書けるところから積極的に埋める

終活ノートをチェックしていると、すぐに埋められそうな項目を発見できるでしょう。書けそうなところを見つけたら積極的に埋めていくことが大切です。

無理にすべてを一気に埋めようとするとなかなか進まないので、書けそうなところを見つけ次第書いていくという方法をおすすめします。項目を徐々に埋めていけば、いずれ完成するでしょう。

終活ノートへの記入がすべて完了したら1度読み返し、書きたいことがしっかり書かれているかを確認して問題がなければ完成です。

自分の気持ちをハッキリさせる

終活ノートの作成には、自分の気持ちや家族に対する思いなどの精神的な面を記入することも大切です。終活ノートを作成する際は自分の思いや伝えたいことをしっかりと整理しておきましょう。

気持ちの整理ができれば、終活ノートに書くこともある程度決まるので、項目を埋めやすくなります。普段は伝えにくいと感じている気持ちも、終活ノートを通して家族に伝えることができるでしょう。

参考になる終活ノートをチェックする

大型書店や文具店では、さまざまな終活ノートを販売しています。販売されている終活ノートをチェックすると、それぞれの特徴が理解できるでしょう。

販売されている終活ノートにはそれぞれ工夫が施されています。細部までチェックすれば、自分に最適な1冊を発見できるかもしれません。終活ノートとはどのようなものかよくわからない場合は、販売されている終活ノートをひととおりチェックするのがおすすめです。

自分の資産などを整理する

終活ノートには、相続に関する事柄を記載するページがあります。実際に相続する場面で遺された家族が困らないように、自分の資産については正確に記載しましょう。

預貯金や株式、不動産などはもちろん、相続対象になる負債などについても記載しておくのがおすすめです。さらに、自分にかかっている生命保険の内容と保険金受取人、暗号資産のウォレットとそのログイン方法についても記載しておくとよいでしょう。

終活ノートを書く際には、自分が保有している資産を1度洗い出して、相続時にトラブルにならないようにすることをおすすめします。

何が心配かを想像する

介護や延命治療に関する問題など、自分が心配だと思っていることも終活ノートに書いておきましょう。終末期になると、自分の意志を自分の言葉で伝えられない状況も考えられます。

自分の意志がハッキリしているうちに終活ノートという形で心配事をしっかり記載しておくと安心できます。葬儀に関する希望や埋葬する墓地に関する情報、訃報を忘れずに伝えてほしい人の連絡先なども記載するとよいでしょう。

終活ノートを購入する際に参考になる情報

終活ノートにどのようなことを記載するのかを考えた上で書店などに行っても、さまざまなものが並んでいるのでどれを選べばいいのか迷ってしまうことがあるかもしれません。ここでは、終活ノートを購入する際に集めたい情報をどのように得るのかを詳しく紹介します。

レビュー

気になる終活ノートを見つけた場合、通販サイトで購入した人のレビューをチェックするとよいでしょう。レビューには、購入した人の生の声が集まるため、参考になる情報が数多く集まっています。

終活ノートの特徴がレビューに記載されていることもあるため、細部までチェックするのがおすすめです。

葬儀業者のコラム

葬儀業者のサイトでは、終活ノートに関連したコラムが多く掲載しています。このようなコラムをチェックすると、終活ノートを準備するのに役立つさまざまな情報を入手できるでしょう。

選び方だけでなく、詳しい書き方や注意点なども掲載されているので、自分に合った使いやすい終活ノートを準備できます。

小さなお葬式では、無料資料請求された方、全員に葬儀の参考になる資料と終活ノートをプレゼントしています。不安に思うことが多い方、専門家のアドバイスを必要としている方は、ぜひ小さなお葬式にご相談ください。

身近に終活を行っている方からの情報

親戚や家族、知り合いの中で、すでに終活を行っている人がいるかもしれません。すでに終活を行っている人からの情報は実体験に基づいているため、おおいに役立つでしょう。

終活を行っている人同士で、情報を共有しながら終活ノートを準備すれば、よりクオリティの高い終活ノートが作成できるでしょう。

ほかにも、家族が終活ノートを準備していたために助かった経験をした人が身近にいるかもしれません。そのような人からの情報も役立つため、積極的に情報交換を行うことをおすすめします。

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋には、さまざまな質問とそれに対する回答が集まっていて、中には終活ノートに関係するものも多く見られます。Yahoo!知恵袋のサイトで終活ノートというワードで検索し、役立つ情報を探すのもひとつの方法でしょう。

終活ノートに関する疑問が、なかなか解決できない場合は、Yahoo!知恵袋を参考にするのもおすすめです。

終活ノートのおすすめの選び方

終活ノートの書き方や役立つ情報収集の方法をチェックしたら、次は実際に終活ノートを選んで作成する段階です。

終活ノートを選ぶ際のポイントを紹介するので、自分に合ったものを選んで納得できるものを作成しましょう。終活ノートを選ぶ際のチェックポイントは以下のとおりです。

資料請求でもらえる無料の終活ノート

葬儀業者に資料請求した場合に、資料だけでなく終活ノートが無料でもらえることがあります。無料の終活ノートでも基本的なポイントは網羅されているので問題なく使用できます。

とりあえず終活ノートを準備したいと思っている方は、資料請求でもらえる終活ノートを使用してみるのもよいでしょう。

小さなお葬式でも資料請求していただいた方に終活ノートをプレゼントしています。ぜひ、ご利用ください。

無料でダウンロードできる終活ノート

終活ノートを無料でダウンロードできるサイトもいくつか存在しています。WordやExcelファイルで用意されていて直接入力できるものもあるため、手軽に作成したい人におすすめです。クオリティの高いものも存在しているので、自分に最適なものを選びましょう。

通販サイトで人気の終活ノート

Amazonや楽天などの通販サイトでも終活ノートが販売されています。通販サイトは、書店や文具店で選ぶ場合に比べて、さまざまなものを比較検討しやすいので積極的に利用しましょう。

掲載されているレビューをあわせて参考にすることによって、使いやすい1冊を見つけられるかもしれません。通販サイトは、終活ノート探しに役立つため、忘れずにチェックすることをおすすめします。

あわせて読みたい エンディングノート選びに悩んでいる方へ!自分に合った1冊を手に入れるおすすめの選び方 最近は、家族や自身のことについて気軽に書けるエンディングノート作成を始める人が増えています。しかし、「エンディングノートを書きたいけど選び方が分からない」と悩んでいる方… 続きを見る

自分に合った終活ノート

終活ノートにはそれぞれに特徴があるため、どれが自分に合っているのかは人によって異なります。したがって、さまざまな終活ノートを比較検討して選ぶことが大切といえるでしょう。

自分が何を求めるのかをハッキリさせ、それを満たせる終活ノートを選ぶことをおすすめします。

専門家に相談

どうしても、終活ノートの選び方が分からない場合や終活ノートを購入したもののうまく書けない場合は、専門家に相談することをおすすめします。終活ノートに書いておきたいことや専門家の視点で記載しておくとよいことなど、詳しくアドバイスしてくれるため、疑問点を解決できるでしょう。

小さなお葬式では、終活をするにあたって疑問を抱くポイントを丁寧にアドバイスしています。もし、終活で迷っている場合はぜひご相談ください。

よくある質問

Q:終活ノートのほかに用意しておいたほうがよいものは何?

A:終活ノートで自分の意思や希望、家族へのメッセージを伝えることも大切ですが、遺言状などを準備しておくとよいでしょう。

ほかにも、遺される家族に向けたメッセージ映像や手紙などを準備しておくこともあります。終活ノートの準備と並行して、家族へのメッセージの用意や遺品の整理などを行うことをおすすめします。


Q:20代で終活は早いの?

A:病気や事故、自然災害などの予期せぬ出来事に巻き込まれる可能性は誰にでもあります。そのため、早いうちから終活ノートを準備しておくのもよいでしょう。

特に資産を多く保有している場合などは、早いうちから準備しておいても損はないといえます。歳を重ねるにつれて、自分の気持ちや終活ノートに書く事柄も変わってくる場合もあるため、定期的に見直しながら準備しましょう。

▶参考:エンディングノートを20代から書くべき?若いうちに終活を行う意義とは


Q:身内と断絶状態で遺産を渡したくないけどどうすればよいの?

A:特定の相手に遺産を渡したくない場合、終活ノートに書くだけでは不十分です。法的拘束力をもつ遺言状を準備し、相続に関連する事柄を明記しておきましょう。

手続きをスムーズに進めるためにも、遺言状は「公正証書遺言」で作成することをおすすめします。

▶参考:遺言の種類や法的効力とは?無効にならないための作成方法にも注意!


Q:終活ノートを家族に渡したけど家族は大した反応を見せない場合はどうすればよいの?

A:終活ノートに対する反応は人それぞれです。また、現時点では大した反応を見せない場合でも、時間の経過とともに気持ちが変わることもありえます。

人によって感じ方は異なるので、すぐに反応がないからといってガッカリする必要はないでしょう。いざというときに役立つものなので、しっかり保管しておくことをおすすめします。


Q:家族が終活セミナーに参加するけどどうすればよいの?

A:終活セミナーは盛んに行われているため、家族が参加したいというかもしれません。終活セミナーでは、葬儀や墓地に関することから葬儀、相続のことまで幅広いアドバイスを受けられます。

終活に興味がある場合は、セミナーに参加するのもおすすめです。今まで知らなかった情報を知れる機会でもあるので、参加してみるのはいかがでしょうか。


Q:生前にお墓を購入しようかどうか迷っているけどどうすればよいの?

A:生前にお墓を準備したいと考えている場合、家族や墓地分譲業者としっかり話し合って決めることが大切です。民営墓地と公営墓地の選び方やどのようなお墓を建てるのかなど、細かいポイントを話し合いながら決めましょう。

きちんと相談しないとトラブルに発展することもあるため、性急に決めないことをおすすめします。


まとめ

人生の最期に備える「終活ノート」について詳しくみていきました。終活ノートというワードは聞いたことがあっても、実際にどのようなものなのか分からなかったという方もいるかもしれません。

終活ノートの書き方や選び方、注意点などを詳しく紹介したので、終活ノートの準備を考えている方は参考にしてみることをおすすめします。終活ノートは気軽に作れ、気持ちが変わったら作り直せるものなので、思い立ったら作ってみましょう。

もし、終活や葬儀に関して疑問点があって解決できない場合は、小さなお葬式にご相談ください。資料請求していただいた方に、もれなく終活ノートをプレゼントしています。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引