故人の銀行口座の死亡手続きに必要なことは?必要書類や預金相続の手順を紹介

故人の銀行口座の死亡手続きに必要なことは?必要書類や預金相続の手順を紹介

更新: 公開:
葬儀・葬式 > 死亡後に必要な手続き

銀行口座をもっている人が亡くなった後、銀行が勝手に死亡手続きをしてくれるのではないかと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、故人の銀行口座について必要な手続きについてご紹介します。この記事を読むことで、故人の銀行口座に対して行う手続きの方法がわかります。また、あわせて、預金相続をするための必要書類や手順についても解説をしていますので、ぜひ参考にしてください。

●お急ぎの方へ
家族の急なご危篤・ご逝去により、記事をじっくり読む時間がない方は、小さなお葬式へ電話でのご相談がおすすめです。【0120-215-618】へお電話ください。

こんな人におすすめ

銀行口座の相続手続きの流れを知りたい方

凍結された口座から預金を引き出す方法を知りたい方

相続した銀行口座に関する注意点を知りたい方

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント小さなお葬式LINE公式アカウント

まとめ

銀行は口座名義人が亡くなったことを知ると、その口座を凍結して預金を保護します。ただし民法の相続税法が改正されたことにより、一定額までなら相続人は凍結された口座からお金を引き出すことが可能です。そのため、遺産争いのトラブルにならないように話し合いをしてから、相続人は故人の預金を使うようにしましょう。

故人の預金口座から相続人が遺産を相続するためには、遺言書、除籍謄本、故人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、そして印鑑証明書が必要になります。相続の手続き自体は簡単ですが、一般的に払戻しまで2か月程度の期間が必要です。銀行口座の凍結は経済的な問題に、遺産相続は相続人同士のトラブルに発展することもあります。

小さなお葬式では、故人様のお荷物の整理、お部屋の片づけや掃除などを行う「遺品整理」サービスをご用意しています。お見積りは完全無料で、料金にご納得いただけた場合のみのご依頼なので安心です。急いで片づけなければいけない、見積りや作業に立ち合えない、予算に余裕が無いなどのご相談も可能です。

よくある質問

よくある質問
  • 故人の銀行口座の死亡手続きをしないとどうなるの?

  • 銀行口座の相続手続きに必要な書類は?

  • 銀行口座の相続手続きはどんな流れで行われるの?

  • 銀行への連絡は必要?

  • 故人から相続した銀行口座に関する注意事項は?

  • 役所から銀行に死亡の連絡はされるの?

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line