遺族マナー

作成日:2020年02月06日  更新日:2020年02月06日

浄土真宗における戒名のつけ方が気になる方へ!概要から相場まで

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
浄土真宗における戒名のつけ方が気になる方へ!概要から相場まで

この記事は小さなお葬式が書いています

人が亡くなったときには戒名をつけることが多いということはご存じの方も多いでしょう。しかし、戒名がどのようなもので、どのような方法をとればよいのかは分からないという方もいるのではないでしょうか。

戒名が必要な場面に立ち会うことはそれほど多いことではありません。そのため、よく分からないままに家族の戒名をいただいた経験がある方もいるでしょう。

この記事では浄土真宗における戒名のつけ方について、概要から相場までご紹介します。基本的な知識を得られれば、大切な人に納得のいく戒名をいただくことができるでしょう。

【もくじ】
浄土真宗は「戒名」ではなく「法名」
浄土真宗で用いられる釋について
浄土真宗で戒名を授かる方法
浄土真宗における戒名の相場
浄土真宗における戒名のつけ方
よくある質問
まとめ

浄土真宗は「戒名」ではなく「法名」

仏門に入り仏弟子になると、その証として名前が与えられます。その名前のことを多くの仏教宗派では「戒名」、日蓮宗では「法号」、浄土真宗では「法名」と呼ぶので覚えておきましょう。

浄土真宗は阿弥陀如来による万人救済が唱えられた絶対他力の教えであり、仏の力によってのみ救済がなされるという考え方が特徴です。信徒は仏を信じて往生することで成仏できるという教えなので、信徒ができることは仏を信じることのみといえるでしょう。

この阿弥陀如来の力のことを浄土真宗では「法」と呼び、阿弥陀如来からいただく名前のことを「法名」と呼びます。ほかの宗派で使われている「戒」という言葉は、修行などによる自己研鑽を表しているため浄土真宗では使いません。

浄土真宗で用いられる釋について

釋は「しゃく」と読み、「釈」の旧字です。法名の上に使われる文字なので、読み方とあわせて知っておくとよいでしょう。釋にはお釈迦様の弟子という意味があり、法名につけることで、お釈迦様の弟子(仏弟子)になったということになるのです。

男性は「釋○○」、女性は「釋尼○○」と使い分ける宗派もありますが、男女で区別せず、女性でも「釋○○」を使うことも増えています。〇〇に入る文字は生前の名前などから文字を取って2文字にするのが一般的です。

浄土真宗で戒名を授かる方法

戒名や法名は亡くなってから授かるものだというイメージをもつ方も多いかもしれません。しかし、本来は仏弟子になったことを表すものなので、生前に受けるものです。

浄土真宗では仏弟子になったら、「帰敬式(ききょうしき)」で僧侶から法名を授かります。お釈迦様の弟子として、阿弥陀仏に対し浄土真宗の教えに則って生きていくことを誓うのが帰敬式です。

本山や全国の別院、お手次ぎ寺で行われるので、希望する場合は問い合わせてみましょう。帰敬式を受式せずに亡くなった場合は、葬儀の際などに住職から授かります。

浄土真宗における戒名の相場

浄土真宗の宗派は大谷派、本願寺派、興正派、木辺派など細かくわかれており、流儀も少しずつ異なります。ほとんどの宗派で生前に法名を受ける際は帰敬式を受式することに変わりはありませんが、その料金は異なる部分もあるので確認しましょう。ここでは代表的な宗派をご紹介します。

浄土真宗大谷派

大谷派は東本願寺を本山とし、本願寺派に次ぐ規模をもちます。徳川家康が浄土真宗の力を抑えることを目的に本願寺を分裂したことで新しく生まれました。

帰敬式の料金は、21歳以上は1万円、20歳以下は5,000円です。葬儀の際に法名をいただく場合は、葬儀の間に必然的につくものだと考えるため法名料としての料金は取らないことが多いでしょう。葬儀全体の料金としては、一般的に通夜から初七日法要までで20万円~30万円といわれます。

浄土真宗本願寺派

浄土真宗の主要宗派のひとつで、西本願寺を本山としています。信徒は780万人以上、寺院の数は1万を超え、どちらも浄土真宗のなかで最大です。

帰敬式の料金は、成人が1万円、未成年は5,000円を準備しましょう。生前に法名を受けなかった場合、臨終勤行で授かります。臨終勤行とは通夜で行われる読経です。臨終勤行を行わなかった場合は出棺までに授かるようにしましょう。葬儀の際に渡すお布施に、読経や法名の授けなどに対するお礼の意味合いが込められているとされています。

浄土真宗興正派

浄土真宗の一派である興正派は、親鸞を宗祖とし、京都の興正寺が本山です。あまりなじみのない方もいるかもしれませんが、3万人を超える信徒がいます。興正派の法要などで唱えられる経典は浄土三部経と呼ばれる、阿弥陀仏の願いや浄土世界を説いた3つです。

帰敬式の料金は年齢問わず1万円になります。生前に法名を受けなかった場合は通夜から葬儀を行うなかで授かることが可能です。法名の料金として数十万円かかるようなことはないでしょう。

浄土真宗木辺派

浄土真宗木辺派は滋賀県野洲市にある錦織寺を本山とする浄土真宗の一派です。寺の数は200ほどですが歴史は古く、858年までさかのぼります。

興正派同様、帰敬式の料金は年齢問わず1万円です。生前に法名を受けなかった場合は、本願寺派と同じように臨終勤行でいただくことができます。

浄土真宗における戒名のつけ方

浄土真宗以外の仏教宗派では戒名に信士・信女・居士・大姉のような位号をつけますが、それらは修行の経歴や社会への貢献、年齢などを表すもののため、浄土真宗では用いません。では浄土真宗の法名はどのようにつけられるのでしょうか。

戒名の文字数

浄土真宗の法名というと「釋〇〇」というものを目にすることが多いでしょう。これを見ると法名は3文字と思うかもしれませんが、正しくは〇〇にあたる2文字が法名です。この2文字が個人を示す固有のものとなり、生前の名前からとったり、信条などに由来するものをつけたりします。

法名の上に必ずついている「釋」は前述したとおり、仏弟子であることを意味するものなので法名ではありません。

戒名の構成

法名は基本的に「釋+法名(2文字)」という構成になります。他の仏教宗派に比べると短いと感じるかもしれませんが、浄土真宗の宗祖とされる親鸞でも、法名は釋親鸞です。

本山に一定額を進納した方やお寺に勤め貢献した方には「院号」と呼ばれる称号を授与されることがあります。その場合の構成は、釋の上に院号をつけ「院号(3文字)+釋+法名(2文字)」です。

男女の違い、子どもの場合

男性には「釋」、女性には「釋尼」と使い分ける場合があります。かつてはこのように使い分けるのが一般的でした。しかし最近では男女平等などの観点から、女性でも「釋」のみを使うことが増えています

宗派によって考え方が異なるので、気になる場合は聞いてみましょう。本願寺派では正式に男女ともに「釋」を使うよう通達がされています。

また戒名では位号を年齢によって使い分けますが、法名では大人も子どもも「釋」や「釋尼」を使うことも覚えておきましょう。

よくある質問

Q:戒名に使う漢字を希望することはできるの?

A:法名に使う漢字を希望することはできますが、相応しい漢字や逆に相応しくない漢字もあるので注意しましょう。

経典など仏教でよく使われる文字や、意味や響きのよい文字はよく使われます。たとえば、男性では「壮」「雄」など、女性であれば「妙」「貞」などです。

避けたほうがよいものとしては、「鸞」や「如」などの仏教において意義の大きな字や、「犬」や「豚」などの家畜を示す字が挙げられます。


Q:戒名をつけないとお経を読んでもらえないの?

A:法名をつけなくてもお経は読んでもらえます。しかしお墓がありお世話になるお寺が決まっている場合は、法名があったほうがスムーズです。

何かの理由でつけたくない場合は、葬儀社に相談してみましょう。お経を読んでくれる僧侶を手配してくれるサービスを提供している葬儀社もあります。


Q:戒名に100万かかるって本当なの?

A:法名を帰敬式で受ける場合の料金は、すでに説明したとおり基本的に5,000円~1万円です。しかし、本山に進納することで院号を受ける場合は、宗派などによって一定額以上のお布施が必要になります。代々院号をつける家庭や、これまでのお寺との付き合いなどによっては100万円かかる場合もあるかもしれません。


Q:浄土真宗と浄土宗の戒名はどうして違うの?

A:浄土真宗では法名と呼ばれるものが、浄土宗では戒名と呼ばれます。どちらも仏弟子になった際に授かる名前ですが、それぞれの教えが異なるため呼び方も変わるのです。

浄土宗で仏弟子になるということは戒律を守る誓いを立てたということになります。そのときに与えられるのが戒名です。

一方、浄土真宗では「戒(かい)」を守ることは難しく、仏の力(法)によって救われると考えます。その仏からいただく名前を法名と呼ぶのです。


Q:浄土真宗では戒名以外に使わない言葉はあるの?

A:浄土真宗の場合、香典の表書きは「御仏前」や「御香典」を使うのが一般的であり、「御霊前」は使いません

四十九日まではまだ仏になっていないと考える多くの宗派では「御霊前」を使いますが、浄土真宗では亡くなった方はすぐに極楽浄土で成仏すると考えるためです。


Q:浄土真宗に改宗したいけどどうすればよいの?

A:改宗は可能です。浄土真宗に改宗を希望する場合は、浄土真宗のお寺に相談してみましょう。ただし一言で浄土真宗といっても宗派がいくつもあり、その考え方や教えなどには違いがあるので注意が必要です。

改宗自体は個人の考えひとつでできることですが、葬儀やお墓などにも関わることなので、家族などともよく相談したうえで行ったほうがよいでしょう。


Q:浄土真宗では位牌を作るの?

A:多くの仏教宗派において「位牌」は四十九日の忌明けまでに用意して、仏壇などで供養するのが一般的です。しかし浄土真宗のほとんどの宗派では位牌の必要はありません。亡くなるとすぐに成仏するため、供養の必要がないと考えるからです。何かないとお参りしにくいという場合は、法名軸や過去帳がすすめられています。

▶ 参考:過去帳とは?浄土真宗の過去帳の書き方と購入前に知っておきたいこと


まとめ

浄土真宗における戒名、法名についてご紹介してきました。戒名は知っているが、法名は初めて聞いたという方もいたのではないでしょうか。浄土真宗にはほかにも独自の流儀もあります。

日本の葬儀は仏式で行う方が多く、基本的なことは理解していると思われている方も多いでしょう。しかし今回ご紹介した浄土真宗のように、宗派によって細かい違いは意外と多いものです。葬儀や法要などで分からないことがあれば、ぜひ小さなお葬式へご相談ください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引