法事・法要

作成日:2020年02月14日  更新日:2020年02月14日

法事の服装が気になる男性へ!全身のコーディネートから服装の選び方まで

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
法事の服装が気になる男性へ!全身のコーディネートから服装の選び方まで

この記事は小さなお葬式が書いています

法事のときは何を着ていけばよいかと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。法事にも、初七日や四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と多くの種類があり、それぞれに適した服装があります。

法事に参列する際のマナーを知らないと恥をかいてしまうこともあるでしょう。個人を悼み、しのぶ意味も込めてそのときに適した服装をすることが大切です。そこでこの記事では、男性が法事に参列するときに適している服装についてご紹介します。

【もくじ】
法事に着ていく男性の服装について
法事に着ていく男性の服装の選び方
法事に着ていく男性の服装がない場合はレンタルも選択肢のひとつ
よくある質問
まとめ

法事に着ていく男性の服装について

法事には喪服で参加する法事と平服で参加する法事があります。喪服や平服という言葉を初めて目にして、どういったものかわからないという方もいるかもしれません。ここでは法事に参列するときの男性の基本的な服装ともいえる、喪服と平服について解説します。

喪服

男性が法事のときに着用する喪服は、基本的に黒のスーツです。スーツといってもビジネススーツではなく、ブラックフォーマルスーツを指します。ビジネススーツの黒とは違い、ブラックフォーマルスーツは黒が強く高級感がある漆黒色です。黒の強さは価格によって違い、深い黒になるほど価格も上昇します。

黒が強いブラックフォーマルスーツのなかにビジネススーツで行くと、色の薄さから恥ずかしい思いをする可能性もあるでしょう。ボタンについては、ダブル、シングルのどちらでもよいので体形やデザインによって柔軟に選ぶことが可能です。

平服

平服と聞くと普段着を思い浮かべてしまいがちですが、平服は喪服でなくてもよいという意味のため普段着はあてはまりません。法事に参列するときの平服は男性であれば黒のスーツが基本です。黒に限らず紺やグレーなどの地味な色のスーツであれば問題はありませんが、ストライプやラメの入っているスーツは避けるようにしましょう。

ベストも着用してよいですが、故人をしのぶ気持ちを最優先に考えるとおしゃれ目的で着用する場合は不適切です。ネクタイも喪服のときと比べると地味な色や柄でもよいとされていますが、法事という場をわきまえたマナーのある服装を選びましょう。

シャツ

喪服の中に着用するシャツは無地の白いワイシャツが基本です。濃くても薄くても色のついているシャツは望ましくありません。また、白いワイシャツでも生地の織りで模様になっている織柄シャツは避けるようにしましょう。

刺繍が施されているシャツやストライブ柄、光沢感のある特殊生地を使用したシャツなどおしゃれを目的としているシャツも不向きです。法事に出席するときは白の無地がよいとされています。

ネクタイ

喪服着用時のネクタイは黒の無地が一番よいでしょう。平服の場合は、暗めの地味な色、柄物であれば問題はありません。喪服、平服ともにネクタイの着用は必須です。ネクタイを着用しないと軽装とみなされ、マナー違反になります。

また、結び方についても特に決まりはありません。最も基本的な結び方のプレーンノット、体形や着用するものに合わせてダブルノットやウィンザーノットなど、バランスの取れた結び方が好ましいでしょう。

法事に参列するときの靴は黒の革靴を選びます。あくまでもシンプルなデザインの靴が望ましく、金具やおしゃれを目的とするチェーンが付いている靴、エナメル素材や特殊加工されている靴は避けましょう。

正統的な印象を与える、つま先に一直線のラインが施されているストレートチップやつま先部分に穴や飾りがデザインされていないプレーントゥがおすすめです。黒でもスニーカーやローファーはカジュアルすぎるのでふさわしくありません。 靴下も黒を着用しましょう。靴を脱いでの法事もあるので、靴下にも配慮が必要です。

ヘアスタイル

男性の場合、ヘアスタイルで何かをしなければいけないというマナーはありません。しかし、最低限の清潔感を感じさせる身だしなみで参列しましょう。髪の毛をクシでとかし、前髪が長く目にかかるようであれば、ワックスや整髪スプレーなどで固めて乱れないように整えるのが望ましいスタイルです。

ロングヘアの男性は、後ろでひとつにまとめて結びましょう。法事ではお辞儀をすることが多く、その度に髪の毛が前に流れ乱れてしまいます。見た目のだらしない印象となり、何度も整えなければならないためです。

あわせて読みたい お葬式でのふさわしい髪型と身だしなみのマナーについて詳しく解説 お葬式に参列するとなった際に、どのような髪型が適しているのでしょうか。失礼があってはならない場ですから、「良い髪型」と「悪い髪型」について、知っておきたい… 続きを見る

法事に着ていく男性の服装の選び方

法事に着ていく服装は葬儀から 三回忌までと七回忌以降では異なります。回を重ねるごとに法事の規模もこじんまりしたものに変わるため、それに合わせて服装も喪服から平服へと変わるのが通常です。また、季節によっても気をつけたいことがあり注意が必要です。バッグや小物などにもマナーがあるので、ひとつひとつ見ていきましょう。

葬儀、四十九日から三回忌は喪服

葬儀では喪服を着用するのが一般的です。葬儀後に行われる初七日、四十九日、一周忌、三回忌もまだ故人が亡くなられてから時間も経っていないため、喪服を着用します。三回忌までの一定期間は死を悼み、故人をしのぶ気持ちを表す喪服で参列しましょう。

施主が三回忌から「平服でお越しください」など、平服で行う旨の案内を出すことがあります。その場合は平服で構いません。法事は施主よりも格式が高い服装をしてはいけないマナーがあります。施主が平服で行う旨の案内を出しているときは、喪服で参列するとマナー違反になってしまうので注意が必要です。

七回忌以降は平服でも

七回忌以降は故人が亡くなられてから、ある程度の時間が経過しているので平服で行うことがほとんどです。その際、施主から平服で行うと案内される場合が多いものですが、もし案内がなく確認が取れていないときは、三回忌より前に参加した服装と同様の装いをして参列するとよいでしょう。

地域によって、七回忌でも喪服を着用して行うこともあるので、施主やその親族に確認するのがおすすめです。七回忌も僧侶や住職を呼んでお経をあげてもらうので、失礼のない服装をするのが望ましいでしょう。

夏場の法事の服装で気をつけること

夏場の法事でも一般的に 長袖のシャツを着用することがマナーです。しかし、40℃と酷暑となる夏は半袖のシャツでも問題はありません。その際、肌の露出を避けるためにジャケットを着用するようにしましょう。ネクタイも省略できません。暑いからといって、ビジネススーツのようなクールビズは法事ではマナー違反となってしまいます。

会食のときにはジャケットを脱いで、半袖のシャツになっても問題はありません。そのとき、インナーが透けて見えてしまう可能性があります。インナーは白か肌色で透けても目立たない色を選びましょう。

冬場の法事の服装で気をつけること

冬場に参列するときはコートはどうすればよいかと悩む方もいるでしょう。法事のときに着用するコートは喪服や平服とのバランスを考えて、礼服コートが望ましいとされています。もし、礼服コートがない場合は黒のコートもしくはダークカラーのコートを選びましょう。革製品は殺生のイメージがあるため、葬儀や法事には向いていません。

コートを会場内で脱ぎ着するのはマナー的によくないので、建物の中に入る前に脱ぐ必要があります。自宅で行う葬儀の場合は、玄関に入る前にコートを脱ぎ喪服の装いになってから入りましょう。

あわせて読みたい 葬儀に数珠は必要ない?喪服に合わせてOKなコートとは?参列マナーについて詳しく解説 お葬式は急に声がかかり参列することになるので、普段からその様式を解っていなければ戸惑うことも多いでしょう。今回は「数珠」と「コート」に関して、実際にお葬式で必要になる… 続きを見る

バッグなど

男性の喪服や平服で着用するスーツにはポケットが複数あります。貴重品や小物は基本的にはポケットに入れてもち運ぶとスマートです。それでも荷物が収まらない場合は、カジュアルなものや光沢感があるかばんは避けて、黒色のものを選びましょう。

身だしなみのひとつのハンカチは基本的には白ですが、喪服が黒のためハンカチも黒を選んでも問題はありません。シワはアイロンをかけて伸ばして持参するのがマナーです。天候によっては持参する傘には決まりはありませんが、黒がマナー的には無難です。

地味な色合いやビニール傘でも差し支えありません。カラフルな色や柄物は好ましくないので避けるようにしましょう。

法事に着ていく男性の服装がない場合はレンタルも選択肢のひとつ

金銭的な問題や体形の変化、予期せぬ事態で法事に着ていく喪服や礼服を用意できないこともあります。何かしらの理由で、準備ができないときは喪服や礼服、スーツをレンタルするのも選択肢のひとつです。

喪服は葬儀を行っている葬儀社や貸衣装店でレンタルすることが可能です。近所にない場合は、ネットで衣装を貸し出すサービスもあります。ネットの場合、宅配で届けてくれるため、出先へ届けてもらうことも可能です。こうしたサービスを利用すれば遠方の場合、自宅から現地まで衣装をもち運ぶ手間を省くことができます。

小物だけもレンタルできるので、あると思ってふたを開けてみたら小物を紛失していた、などの急な事態にも便利なサービスです。

あわせて読みたい 喪服レンタルサービスの活用方法について詳しく解説 あまり使う機会のない喪服は、レンタルサービスを利用する方法もあります。葬儀社や貸衣装屋をはじめ、Webサイトでも喪服レンタルサービスが提供され… 続きを見る

よくある質問

Q:大学生の場合はスーツでよいの?

A:大学生はまだ学生ですが、一人前の大人と判断する人も多くいます。そのため、大学生の場合は黒のスーツで参列することが望ましいでしょう。

喪服を準備する必要はありませんが、失礼のない常識の範囲内の服装をする必要があります。数年後には社会人となるため、ひとつのきっかけとして一式そろえておくのもよいでしょう。


Q:子どもの場合の服装は?

A:子どもの場合はダークカラーの服装を用意しましょう。子ども用の喪服や黒をベースとしたフォーマルな服もありますが、必ずしも一式そろえる必要はありません。子どもは成長が早く、購入しても何度も着る機会がないので、地味なダークカラーの普段着を着用しましょう。

幼稚園や学生で制服がある場合は、制服が正式礼服です。靴下は無地の白、靴も白やグレーのスニーカー、ローファーは大人の場合マナー違反ですが、学生の場合はよいとされています。


Q:ネクタイピンやカフスをつけてもよいの?

A:ネクタイピンやカフスを付けての参加は避けましょう。ネクタイピンやカフスなどのおしゃれや着飾るための装飾品は、故人をしのぶ心には必要ありません。法事のときは地味でシンプルな服装を心がけましょう。

ネクタイは動いているとずれてしまうこともあります。どうしても必要と感じる方は、目立たない黒色の物を選ぶようにしましょう。


Q:ジーンズを履いている方がいるけどマナー的に大丈夫なの?

A:葬儀や法事に参加する場合、たとえ暗めのものだとしてもジーンズを履くことはマナー違反です。「平服でお越しください」と施主より案内をもらっても、スーツなど最低限のマナーは守らなければいけません。ジーンズはカジュアルなため、法事に参加する服装には適していません。


Q:数珠はどのようなものを用意すればよいの?

A:葬儀や法事に必要となる数珠は、一人につきひとつもつものです。色や素材に特に決まりはありません。基本的に性別や好み、価格に合わせて選ぶことができます。

しかし、正式には宗教によっては数珠の形に違いがあるものもあるので、この限りではありません。数珠の持参は義務ではないので、急な出席になった場合はなくても問題はないでしょう。


Q:法事の際にもって行く香典はいくら?

A:法事の際にもって行く香典の金額は、故人との関係性によって異なります。香典は四十九日から七回忌と法事の度に包む必要があるので、参列するときは持参するようにしましょう。

親族であれば1万円〜2万円、特に親しい方やお世話になった方は1万円〜3万円、友人・知人は5,000円〜1万円が相場です。

お経をあげてもらった後に会食がある法事に参加するときは、上記の金額に5,000円~1万円ほど上乗せした金額を包むのが一般的です。

▶ 参考:法要における香典の金額はいくら?香典袋の選び方なども解説!


まとめ

法事へ参列するときは、それぞれに適した服装をすることが大切です。故人をしのぶことが最大の目的であるため、清潔感がありシンプルで地味な装いが望ましく、おしゃれをする必要はありません。マナーをしっかり理解し、施主や僧侶、住職に失礼のない服装で参列しましょう。

服装に限らず、葬儀や法事に関する質問がありましたら、ぜひ小さなお葬式へご相談下さい。専門のスタッフが的確なアドバイス、サポートをさせていただきます。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引