法事・法要

作成日:2020年02月14日  更新日:2020年02月14日

13回忌の法事の服装は略喪服がマナー!女性と男性別に細かく紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
13回忌の法事の服装は略喪服がマナー!女性と男性別に細かく紹介

この記事は小さなお葬式が書いています

13回忌は亡くなってから10年以上の年月が経過しているため、親しい身内だけで行われる場合も少なくありません。服装も、略喪服や平服でよいとされています。葬儀や1周忌に比べると、マナーが厳しくありません。しかし、どのような服装でもよいわけではなく、守るべきマナーがあることも事実です。

いざ13回忌に参加しようとしたとき、どのような服装で行ったらよいかわからない人もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、13回忌の法事の服装で守りたいマナーについて、女性と男性に分けて詳しく解説します。この記事を参考に、適切な服装で13回忌を迎えましょう。

【もくじ】
13回忌の女性の服装マナー
13回忌の女性の服装の注意点
13回忌の男性の服装マナー
子どもの13回忌の服装マナー
喪主の13回忌の服装マナー
よくある質問
まとめ

13回忌の女性の服装マナー

13回忌は葬儀などと比べて決まりごとが厳しくはないものの、どのような服装でも構わないというわけではありません。何を着るかがは悩みどころの方もいるでしょう。女性が13回忌の服装で意識する点は、それほど難しくありません。ここでは13回忌の女性の服装マナーについて、押さえておきたいポイントを詳しく解説します。

平服や略喪服を着る

13回忌の服装は、基本的に平服や略喪服です。平服というと、カジュアルな普段着でもよいと考える方もいるかもしれません。しかし平服や略喪服の着用は、「喪服ほどかしこまった服装を着る必要がない」という意味です。TPOをわきまえた服を選ぶ必要があります。

具体的には、暗めの色合いのスーツやワンピース、アンサンブルなどがおすすめです。明るく派手な色のものは避けましょう。

露出は少なく色も地味な服装にする

ダークカラーであれば何でもよいというわけでもありません。露出はできるだけ少なくしましょう。ノースリーブやミニスカートは適切ではありません。

柄物でも問題ありません。シンプルでダークカラーであれば、チェックや縞模様なども着用できます。ただし派手なものは好まれませんので、目立たない小さい柄や地味なものにしましょう。

13回忌であればパンツスーツでも良い

13回忌の場合は、パンツスーツでも問題ありません。黒のパンツスーツは略喪服として着用できる洋服です。パンツスーツは葬儀では好ましくないとされる地域もありますが、13回忌になればマナー違反になりません。

特に寒い時期は、パンツの下にストッキングなどを履いて防寒できるため重宝します。ただし、パンツスーツでも光沢がありすぎるものや、目立つ派手な柄が入っているものなどは避けましょう。

ストッキングは黒

ストッキングは黒かダークグレーのものを着用しましょう。ストッキングの厚さは、厚すぎず薄すぎない30デニール程度のものを選びます。厚すぎるものはカジュアルに見えるため、少し足が透けるくらいのものが望ましいとされています。

素足はマナー違反です。スカートの場合は、ストッキングやタイツを着用します。ベージュのストッキングも明るい印象を与えてしまうため好ましくありません。

靴のマナー

靴は、基本的には黒のパンプスがよいでしょう。濃紺やグレーでも構いません。光沢感のある靴やつま先が出るもの、装飾が多すぎるものは避けます。ヒールの高さは3センチメートル~5センチメートル程度、先がとがっていないものを選びます。スニーカーやサンダル・ブーツはカジュアルすぎるため、色が黒であったとしても好ましくありません。

あわせて読みたい 葬儀で女性が履くのはどんな靴?パンプス選びの注意点とマナーについて詳しく解説 一般的に葬儀ではフォーマルな服装が求められます。「足元を見る」という言葉があるように、靴は服以上に全体の印象を左右させるアイテムです。もちろん高級な靴を履いていれば良い… 続きを見る

妊婦の場合は暗めのワンピースを着る

妊婦の方が13回忌に出席する場合は、ワンピースがよいでしょう。ダークカラーのワンピースは略喪服となります。法事や会食で座っていても苦しくないように、お腹まわりのゆったりしたものがおすすめです。ただし、光沢感や派手な柄のあるワンピースは避けましょう。

妊婦用のタイツやストッキングも売っています。こちらも黒やダークカラーのものを準備しておきましょう。

13回忌の女性の服装の注意点

ここまでに紹介してきた服や靴以外にも、13回忌の服装には注意点があります。それほど厳しいルールではありませんが、知っておかなければ失礼にあたる場合も考えられます。アクセサリーやバッグ・コートなど、13回忌における女性の服装の注意点を見ていきましょう。

派手なアクセサリーはNG

派手なアクセサリーは、故人を供養する場では適切ではありません。光沢感のあるものや宝石などは、特に避けましょう。アクセサリー自体はつけても問題ないものもありますが、「基本的につけない」と考えるほうがよいでしょう。

つけても問題がないものの例としては、結婚指輪や真珠の一連ネックレスなどがあります。これらはお通夜や葬儀などでも使用可能です。揺れるタイプでなければ、パール1個のピアスやイヤリングも問題ありません。

ネイルも派手なら落とす

ネイルそのものは、13回忌であれば必ずしも不適切というわけではありません。肌に近い色であれば、とがめられることはほとんどないでしょう。ただし、赤やラメ入りなど派手な場合は、落とすのが適切です。13回忌の日程は突然決まるものではないので、「時間がなくて落とせなかった」という言い訳はできません。

どうしても落とすのが難しい場合は、手袋で隠すという選択肢もあります。黒いレースの手袋など、法事に適した手袋を着用しましょう。ただし、会食がある場合は、手袋を取る必要が出てきます。できるだけ派手なネイルは落として参加するのがよいでしょう。

コートやバッグも注意が必要

コートやバッグの選び方にも注意点があります。ひとつ目は、装飾がなく落ち着いたカラーのものを選ぶということです。次に、革や毛皮など殺生を連想させるものは避けなければなりません。殺生とは生き物を殺すことで、仏教では大きな罪になります。

本物の革や毛皮の製品だけでなく、フェイクファーのコートや爬虫類柄のバッグなど殺生のイメージにつながるものも避けることが基本です。

13回忌の男性の服装マナー

13回忌に出席する男性の服装は、女性ほど細かい決まりはありません。しかし、13回忌に出席する機会はそれほど多いものではなく、どのような服装で行けばよいのか悩む方もいるでしょう。男性が13回忌に出席する際に、注意したい服装のマナーについて解説します。

平服や略喪服を着る

男性も、13回忌では平服や略喪服の着用が基本です。黒や濃紺、グレーなどのスーツに白色のワイシャツという組み合わせが一般的です。スーツは明るい色味のものは避け、ダークカラーで光沢のない素材を選びましょう。原則として、無地のスーツです。柄物はできるだけ避けるのがマナーです。

喪服である必要はありませんが、カジュアルなものは好まれません。TPOをわきまえたものを選びましょう。

靴やネクタイのマナー

靴やネクタイもスーツと同様にカジュアルなものは避けましょう。靴は黒の革靴で光る金具などがついていないものを履きます。エナメルなど光沢感のあるものはやめましょう。

喪服と違い、略喪服のネクタイは黒色でなくても構いません。ただし、柄物や明るめの色は避け、ダークカラーのネクタイにしましょう。ただし、ネクタイは黒色が一般的な地域や親族もあります。迷ったら、黒いネクタイをしていくと安心です。

ベルトやハンカチなどの小物も黒色に合わせておくとベターです。黒色以外の場合は、光沢や派手な柄は避けて、落ち着いたものにしましょう。

革製のコートは避ける

コートには会場入りする前に脱いでしまうので、特に決まりはありません。明らかに派手なものでなければ、そこまで気にする必要はないでしょう。

ただし、革製のコートやジャンパーは、生き物の死を連想させるため避けましょう。フェイクファーやフェイクレザーも同様です。カバンや小物も殺生のイメージにつながるものは持たないようにします。

あわせて読みたい 法事の服装が気になる男性へ!全身のコーディネートから服装の選び方まで詳しく解説 法事のときは何を着ていけばよいかと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。法事にも、初七日や四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と多くの種類があり、それぞれに適した服装があり… 続きを見る

子どもの13回忌の服装マナー

子どもが13回忌に参加する場合は、制服を着用するのが無難でおすすめです。幼い子どもや制服がない学校に通っている場合は、大人の場合と同じように考えましょう。男の子の場合は、ダークカラーのブレザーにズボンに白色のシャツを着ます。女の子であれば、紺色などワンピースやスカートに、シャツは白色がよいでしょう。

しかし、ベビー服には黒や紺などのダークカラーのものは多くありません。準備できない場合は、ベージュなどの薄い色などであれば許容範囲です。派手な色やキャラクターつきの洋服は避けたほうが安心でしょう。

喪主の13回忌の服装マナー

「自分が喪主である場合はどうしたらよいか不安」という方もいるでしょう。喪主であっても、基本的にはほかの参加者と同じように平服や略喪服で問題ありません。ここまでご紹介してきたポイントを押さえて、服装を選びましょう。

ただし、地域や親族によっては喪服のほうが好ましいとされる場合があります。不安な場合は、親戚や家族にあらかじめ確認しておきましょう。

よくある質問

Q:そもそも13回忌って?

A:13回忌とは、故人が亡くなった年を含めて13年目、亡くなってから満12年で行う法事です。法事は1周忌・3回忌・7回忌・13回忌と続いていきます。13回忌は亡くなってから10年以上が経っているため、ごく身近な親族のみで行われることも少なくありません。

▶ 参考:年回忌法要と法事の流れ|施主になる前に理解しておこう


Q:略喪服と喪服の違いは?

A:略喪服は、喪服に準ずる服装という意味です。正式な喪服ではなく、黒や濃紺などダークカラーであれば、スーツやワンピースなどが略喪服として利用できます。3回忌以降の法事から着用して問題ないとされています。

喪服には正喪服と、準喪服があります。正喪服は、一般的に喪主など主催者側が葬儀から1周忌までに着用する喪服です。遺族より格式が高くなってしまう心配があるので、葬儀でも一般の参列者はほとんど着ません。

ただし、近年は正喪服を持っている人が少なくなっているため、遺族でも葬儀で着用しなくても構わないという考え方が増えています。正喪服に対して、準喪服は現在ではもっとも一般的な喪服です。遺族を含めて、多くの方が通夜や葬儀の際に着ています。「準」という名前が入っていますが、正式な喪服の一種です。


Q:夏もストッキングを着用するの?

A:暑い夏場は、ストッキングなどを着用せず涼しくいたいと考えるかもしれません。しかし、13回忌以降の夏であっても、ストッキングは着用します。色は夏でも黒かダークグレーが原則です。ベージュなど明るい色は使えません。素足は大きなマナー違反となってしまうので、注意しましょう。


Q:冬のストッキングは厚手ではダメ?

A:寒い冬でも、厚手のストッキングはカジュアルな印象を与えてしまいます。基本的に、着用できないと考えておきましょう。30デニール以下の少し透けるくらいのタイツが適しています。「足の寒さがどうしても気になる」という場合には、長めのロングスカートやパンツスーツなどで対応することをおすすめします。


Q:寒いときのブーツもダメ?

A:寒い時期でも、ブーツの着用はやめましょう。ただし、会場までは履いていけます。寒かったり雪が積もっていたりする場合は、黒のパンプスなどを持って行き、会場の手前でブーツから履き替えましょう。そのままブーツを履いて13回忌には参加しないようにします。


Q:真珠のネックレスなら何でもいい?

A:真珠のネックレスは、13回忌に使用できます。とはいえ、真珠のネックレスであれば何でも認められるわけではありません。真珠のネックレスは、一連のものを選ぶようにしましょう。二連以上のネックレスは「不幸が重なる」というイメージにつながるため避けます。


まとめ

13回忌の服装について、男女それぞれについてご紹介しました。13回忌は略喪服でよいため、ダークカラーのスーツやワンピース、アンサンブルなどを着用できます。カジュアルすぎず、黒や濃紺などの色合いのものを身につけると考えておくとよいでしょう。派手でなければ、少々柄が入っていても問題ありません。

小さなお葬式では、13回忌も含めて法事の手配も扱っています。法事についてわからないことがありましたら、小さなお葬式にお気軽にご相談ください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引