参列マナー

作成日:2020年04月01日  更新日:2020年04月02日

葬儀で写真を撮ってもよいか?撮影時に気をつけたいマナーとは?

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
葬儀で写真を撮ってもよいか?撮影時に気をつけたいマナーとは?

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀に参列したとき、親しかった故人との最後の思い出を記念として残そうとして、写真の撮影をしたいと思うこともあるのではないでしょうか。スマートフォンの普及により手軽に撮影できる背景も影響しているかもしれません。しかし、葬儀中に写真を撮影するときは特に数多くのエチケットや配慮すべき点があります。

今回は葬儀中の撮影可能なタイミング撮影時に気をつけておきたいマナーなどを中心に解説します。これを読んでいただければ、遺族やほかの参列者に迷惑をかけることなく写真を撮影できるでしょう。

【もくじ】
葬儀で写真撮影をしても問題ない?
葬儀で集合写真を撮る地域もある!その目的とは?
葬儀で写真撮影する際に注意するべきマナー
葬儀の写真を残したいならプロに依頼がおすすめ
まとめ

葬儀で写真撮影をしても問題ない?

故人との最後の記念に、と考えて写真を撮影したくなる気持ちをもっている方は少なくないでしょう。しかし葬儀という特別な場ゆえに、いくつか配慮しなくてはいけないことがあります。ここで写真を葬儀中に撮影しても差し支えないのかということを確認しましょう。

基本的には問題ない

葬儀の様子や雰囲気を撮影する分には問題ないといわれています。供物や供花などの様子を撮影したり、喪主であれば参列者が誰なのかを後で確認したりするのにも写真は役立てられるでしょう。

ただし葬儀場の写真はよくても、故人の姿を撮影されることには否定的な遺族もいます。葬儀は故人を送る儀式であり、倫理観だけでなくプライバシー面でもデリケートな問題ですので、撮影する際は事前に遺族に確認しておきましょう。断られたときは撮影してはいけません。

故人との最後の思い出に撮影を希望する方も多い

遺族であっても参列者であっても、葬儀は故人との最後の対面になるため、記念や思い出のために写真撮影を希望する方が増えています。特に供花などで美しく彩られた祭壇や遺影は、親しかった故人との最後の写真として印象的なものが残せるでしょう。葬儀での写真は思い出の一枚になるだけでなく、大切な資料としても役に立ちます。

ただし葬儀場によっては撮影が禁じられている場所があるため、事前の確認が必要です。

遺族や地域の決まりに配慮することが大切

撮影に関して問題はないとはいえ、何枚も撮影し続ける様子を見て遺族が嫌な思いをしてしまうことも考えられます。また地域の風習として写真撮影自体を好まないところもあるため、注意しなくてはいけません。

世代や地域によってはしめやかで厳かな雰囲気を大切にした葬儀を行いたいと考える方も多いものです。こうしたときは写真を撮ってよいタイミングや場所を、遺族や葬儀場の人に確認するなどの配慮を心掛けたほうが無難でしょう。

葬儀で集合写真を撮る地域もある!その目的とは?

葬儀での集合写真はすべての地域で行われているはありませんが、撮影が葬儀社のセットプランに入っている地域もあるようです。葬儀の前や、告別式の後に親族だけで写真撮影する場合には、故人との最後の記念という意味合いだけでなく、のちに役立てる場面があります。次は、葬儀の中で撮られる集合写真の意味や目的について解説します。

親戚一同の記念撮影

葬儀での集合写真は、すべての場合で撮るものではありません。しかし葬儀は普段集まれない親戚が一度に集まれる機会でもあるため、親戚一同で集合写真が撮影されることもあります。久々に故人の縁者が集まったことの記念として、なにか形にして残したいと考える方は多いでしょう。

集合写真があれば、次に親戚同士が集まったときにその写真を見ながら故人への思いを語り合えます。また、葬儀後参列者が誰であったかを確認するものとして利用可能です。

葬儀社の記録

写真撮影が葬儀のプランの中に含まれていることもあります。このときは葬儀社の記録として活用される側面もあわせもっているといえるでしょう。特に多いケースとして供物や供花、祭壇の様子などを記録として残し、事例として利用される場合があります。

社葬などで大勢の参列があったり、通常よりも大きな葬儀を執り行ったりした際の集合写真は葬儀社にとっても大切な記録となります。セットプランに写真撮影が入っている場合はその使用用途どのようなところを撮影するのかといった詳細を確認するとよいでしょう。

今後の葬儀の参考

集合写真を撮って全体の様子を残しておくと、今後の葬儀の参考にもなります。どのような会場だったか、生花や花環などの飾りつけはどのようなものだったか、また参列者に誰がいたかなどを残しておく方法として写真は便利です。

もちろん撮影が禁じられている場所や柩の様子などを撮影することはいけませんが、自分や親族が執り行うときに葬儀社へイメージを伝える手段として利用できるでしょう。

葬儀で写真撮影する際に注意するべきマナー

葬儀の際、撮影の許可が下りた場合でも撮影者の好きなように撮ってよいわけではありません。葬儀という特別な場所ゆえに、遺族や参列者に対する配慮が必要です。ここでは、実際に葬儀で写真撮影をするときの注意点について解説します。

写真撮影は確認してから行う

遺族側でも参列者側でも撮影する場合は、遺族や葬儀場のスタッフに確認しておきましょう。遺族によっては写真を撮られることを好まない方もいるため、気分を害するような行為は控えなくてはいけません。

また遺族から撮影してほしいという依頼があったときも、会場のスタッフに事前に伝えておきましょう。頼まれた場合、読経の最中やお焼香のときなど撮影してはいけないタイミングや場所があることを、スタッフに聞いておくことをおすすめします。

撮影自体に夢中になって、葬儀の進行を妨げることになってはマナー違反です。しっかり周りの状況確認をしながら適切なタイミングで撮影を行うように配慮しましょう。

シャッター音はなるべく消す

スマートフォンや一眼レフのカメラなどは、シャッターを切ると音が鳴ります。静かで厳かな雰囲気の途中で音が鳴ると、音が思った以上に響いてしまい、参列者を驚かせてしまうかもしれません。そのため写真を撮るときはシャッター音を消すか、静音モードにしておきましょう。スマートフォンの場合は、音を消せるアプリを入れておくと便利です。

読経中に音を立てては僧侶や遺族の方に迷惑がかかります。それ以外でも静粛な場面での音は参列者の方も不快に感じさせるかもしれません。音は消しておくことを忘れないようにしましょう。

フラッシュは焚かない

葬儀場でのフラッシュは、基本的に禁止です。お焼香のときや出棺のときなど厳かな様子の中でフラッシュが突然光ると驚かせてしまうだけでなく、穏やかな旅立ちの妨げになってしまいます。またフラッシュが葬儀中に何度も光ると、遺族も参列者も葬儀に集中できなくなってしまうかもしれません。

葬儀場は厳粛な場所です。場の雰囲気を壊す、進行を邪魔する行為はマナー違反にあたります。撮影前にはフラッシュの設定を確認してオフモードになっているかをしっかり確認しましょう。

故人の姿の撮影は特に注意する

遺族から葬儀の様子の撮影をお願いされている場合を除き、故人の姿をカメラに収めるのは避けたほうがよいでしょう。旧知の間柄で故人も姿を残してほしいだろうと判断しても、遺族の気持ちがなによりも最優先です。

最後の別れの思い出としたい場合など、どうしても故人を撮影したい場合は、その理由を遺族に事前に伝えて了承をとることがマナーです。了承が得られたときも、周りに十分配慮しましょう。撮影するタイミングや枚数などを考えて、ほかの遺族や参列者に不快感を与える行為は慎まなければいけません。

読経やお焼香の邪魔にならないようにする

葬儀の様子をカメラで撮影する際、読経の途中やお焼香の時間に撮影して進行を妨げることがあってはいけません。読経中を撮影したくてもそれぞれが故人を供養している重要な時間ですので、写真を撮ること自体がマナー違反ととらえられてしまうでしょう。

また参列者のお焼香の時間も、撮影者の姿が参列者の視界に入ると故人を偲ぶ気持ちに集中できないなど、大切な時間を邪魔することにつながってしまいます。

読経やお焼香の時間は、葬儀において極めて静粛な時間です。そのことを充分理解した上で、配慮しながら撮影しなければなりません。事前に葬儀社のスタッフに確認して、どのタイミングでどの場所からの撮影ならかまわないかを聞いておくのもよいでしょう。

祭壇に背を向けない

葬儀の礼儀として、祭壇に背を向けてはいけません。これは故人に背を向けることが失礼にあたるというものです。それは写真撮影のときも同じですから、撮影に夢中になって祭壇に背中を向けないよう気をつけましょう。

仮に撮影したい向きや場所があっても、マナーやルールは守らなくてはいけません。撮影するときの立ち位置のことは常に意識しておきましょう。

撮影した写真をSNSに投稿しない

SNSが幅広い層に浸透したことで、自分が気になったことをすぐに発信する方も少なくないでしょう。それが葬儀場の風景であってもSNS上にアップしてしまうマナー違反者がいるかもしれません。

しかし葬儀の様子などをSNSにアップするのは厳禁です。たとえ故人と親しい間柄であっても、配慮が欠けている人物と思われても仕方がありません。SNSへの投稿がもとで、トラブルに発展する可能性も考えられます。そのため遺族の許可なく写真に収めることももちろんですが、許可を得て撮った写真でもSNSに投稿してはいけません。

葬儀の写真を残したいならプロに依頼がおすすめ

写真撮影は身内や知り合いに頼むと気軽ですが、プロのカメラマンであれば葬儀のきれいな写真を残せるでしょう。

迷惑をかけるかな、と考えながら知り合いにお願いするよりは、カメラマンに依頼するほうがスムーズです。その上、どういう写真を残したいかといったイメージを伝えやすい面もあります。ここでは、プロのカメラマンに頼んだほうがよいメリットを4つ解説します。

納得のいく写真ができる

プロに頼んだときのメリットは、なんといっても写真の出来栄えです。特に葬儀場は照明を控えめにしているところも多くあり、かつフラッシュ撮影も控えなければならないので思っている以上に撮影が難しいといえるでしょう。きちんと撮影したつもりでも、出来上がった写真を見ると暗かったり、ぶれていたりしてがっかりすることになりかねません。

しかしプロに頼めば、クオリティーは保証されます。大切な故人との最後になった思い出の場面を満足のいく形で残すためには、プロに頼んでおくほうが安心です。

プロに依頼すれば葬儀に集中できる

本来参列者である親族や知り合いに写真撮影を頼むと、その方は写真を撮ることに意識が向いて、葬儀に集中できなくなるでしょう。故人との最後になる別れの場で撮影のことばかりでは、故人を偲ぶこともままなりません。

特に遺族は故人との別れに集中したいでしょう。また僧侶や参列者など、気を回さなくてはいけないことがたくさんあるため、人に任せられることは任せておいたほうが負担を減らせます。

スタッフとして認識してもらえる

参列者がカメラで撮影しているのを見て不愉快に感じる遺族や親族でも、撮影を担当しているのがプロのカメラマンとわかれば理解を示してくれる場合もあります。カメラマンはそれとわかる目印をつけていることがほとんどのため、誰が見ても許可を受けて撮影しているのだとわかるでしょう。周りに対する配慮の面でも、プロへの依頼が安心です。

また、オーダーにこたえる配慮ができるのもプロならではでしょう。自分たちにとって不快な行動をしないとわかるところも利点です。

葬儀の進行を妨げない

葬儀に慣れているカメラマンは、適切なタイミングで適切な場所から撮影します。葬儀は読経の間やお焼香のときなど、僧侶や参列者に配慮が必要な場面ばかりです。そのような状況でもプロのカメラマンであれば、葬儀の進行状況に応じて撮影してくれるので葬儀の進行を妨げません。

周りに迷惑をかけるなどして失敗が許されない大切な場ゆえ、全員が葬儀を通して故人としっかり向き合えるようにするためにも、プロのカメラマンに頼んでおくのがよいでしょう。

あわせて読みたい 葬儀で守るべき基本のマナーとは?服装やお焼香のやり方、供物や供花について詳しく解説 葬儀には、守らなければならないマナーが数多くあります。頻繁に参列するものではないため、すべてのマナーを覚えておくことは難しいかもしれません。しかしお通夜や葬儀は、連絡を受けてから… 続きを見る

まとめ

葬儀中の写真撮影はマナーやエチケットを守れば問題のない行動です。故人との別れをきちんと納得のいく形で残すためにも、写真撮影はプロのカメラマンに頼んだほうが安心できるでしょう。

小さなお葬式」では写真撮影はもちろん、参列した全員が故人との別れをきちんと向き合える葬儀を行っています。写真撮影を頼まれた際のマナーで悩んでいるときは、一度小さなお葬式へご相談ください。相談窓口はフリーコールで24時間365日いつでも対応いたします。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引