喪中でもお参りに行っていい?喪中と忌中の違いも解説!
葬儀後

作成日:2020年10月22日  更新日:2020年10月22日

喪中でもお参りに行っていい?喪中と忌中の違いも解説!

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

喪中に避けた方が良い、やってはいけないと言われることがいくつかあります。神社へのお参り、参拝もそのひとつです。マナーとしても有名なので、行ったら罰が当たるのではないかと不安を抱く方もいらっしゃると思います。

しかし、家庭の考えにより神社へのお参りを定期的におこなっている方、神社で行われるお祭りや行事に参加したいと思っている方も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、喪中でもお参り、参拝に行けるのかを詳しくご紹介いたします。喪中、忌中の違いやほかに控えた方が良いことなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【もくじ】
喪中にお参りはできるが忌中であれば控える
喪中期間の初詣
喪中・忌中の期間に控えるべきこと
まとめ

喪中にお参りはできるが忌中であれば控える

近しい人が亡くなったあと、神社に行くのは好ましく思われない、避けるべきという考えをお持ちの方は少なくないでしょう。喪中もこの考えに該当すると思う方は多いでしょう。しかし、実際はそのようなことはなく、喪中のお参りは差し支えありません。

神社のお参りを避けるべきであると言われているのは、忌中の方です。なぜ喪中の参拝は許されているのか、この項目では喪中と忌中の違いを含めて解説します。

参拝だけでなく、お札やお守りを買いに行くことも駄目なのかという疑問も回答していきますのでぜひご確認ください。

喪中にお参りができる理由

まず、近しい人が亡くなったあとに参拝をしてはいけないと言われる理由は、神道で死が【穢れ(けがれ)】と捉えられているからです。しかし、喪中は死のけがれとは関係はありません

関係がないと言われる理由は、喪中が示す「期間の意味」にあります。喪中とは、故人の死を悼み、残された人たちが悲しみを昇華する期間です。決められた日数がないと言われていますが、一般的には約1年間が喪中と認識されています。

悲しみを昇華して立ち直り、日常生活に戻るための期間と捉えられているため、死のけがれとは関係ないと考えられています。実際、喪中でも参拝を歓迎する神社も少なくはありません。

しかし、この考えは人によって違ってきます。喪中の方の参拝をお断りする神社も存在するので、実際にお参りに行きたい場合は事前に確認をとるのがおすすめです。「忌中」になると期間や意味がまた変わるので、お参りの可否も喪中とは違ってきます。

忌中とは?

決まった期間がない喪中に対し、忌中は期間が決まっています。以前は故人との関係で日数が変わるとされていました。今は関係性で考えず、「四十九日」を過ぎるまでが忌中であるという認識が一般的です。

悲しみを昇華する期間である喪中とは違い、忌中は「故人を偲ぶ」ことに専念する期間になります。喪中と比較するとまだけがれが残っていると判断されるため、神社へのお参りはタブーです。家庭にある神棚へのお参りも、この期間は基本避けます。

忌中であっても神社に行きたい、また事情があって行かなければならないことも時にはあるかもしれません。やむを得ず神社にお参りに行くことになった場合は、お祓いを受けることで参拝できる神社もあるようです。

忌中を過ぎれば神社や神棚へのお参りは差し支えないと考えられていますが、前述したとおり地域や神社によって異なるケースがあることも覚えておきましょう。

あわせて読みたい 四十九日法要までの流れと基礎知識 葬儀が一段落すると、あっという間に訪れる「四十九日法要」。四十九日法要までの流れや基礎知識を頭に入れておくだけで、四十九日法要の準備がスムーズにできます。そこで本記事では四十九日法要までの流れを基礎知識と… 続きを見る

ご祈祷はできる?

結論を述べると、神社によっては喪中でもご祈祷を受けることはできます。考え方はお参りと同じで、四十九日を過ぎていない忌中の方は受けない、立ち入らないのが賢明です。

しかし、ご祈祷に関しても地域や神社によっては考え方が異なる場合があります。喪中の方もけがれが残っているとみなし、境内に入ることをお断りする神社やお祓いをした上でならご祈祷を受けても良いとする神社もあるようです。

そのため、ご祈祷についても事前に地域の考え方を確認し、神社の社務所に直接問い合わせてみましょう。

お札やお守りは買っていい?

神社に訪れる機会は、参拝やご祈祷だけではありません。お札が欲しい、また受験や健康を願うお守りを買いに行きたいと思う方もいるでしょう。参拝だけならともかく、喪中の期間であれば、お札やお守りの購入は悩むかと思います。

お札やお守りに関しても、神社の考え方次第という形になります。喪中の参拝をよしとしている神社であれば、買いにいくことも差し支えはないでしょう。喪中の方の立ち入りを断っている神社の場合は、残念ながら入ることができない以上諦めるほかありません。

こちらも事前に確認が必要になります。忌中の方は参拝同様、境内に立ち入ることをよしとされていません。四十九日が過ぎてから改めて買いに行くようにしましょう。

お札の返納はできる?

神社でお札を買いにいく機会がある方は、返納しに行く機会もあることでしょう。お札の返納についても、考え方は同じです。喪中の方の立ち入りを認めているところであれば、返納はできます。しかし、立ち入りが認められていない場所であれば機会を改める必要があるでしょう。

「喪中だけどどうしてもお札の返納をしたい、しかし立ち入りが認められていない……」という場合には、故人と直接関わりのない方に代理で返納してもらうのも手です。この方法は、お札やお守りを買いたいときにも有効です。やむを得ない場合は頼んでみると良いでしょう。

喪中のお参りは地域や家族の考えで違う

忌中は神社に行くこと自体がよしとされていませんが、喪中は神社のお参り、参拝をしても良いと考えられます。しかし、結果としては実際にお参りに行く神社の考え方次第になるでしょう。

神社のなかには、喪中でも死のけがれが残っていると考える所もあります。そのため、喪中のお参りの可否は絶対とは言えません。地域の考え方もあれば、家族によっても考えが違ってくることもあるでしょう。

心配な方は、喪中を過ぎてから行った方が安心できるかもしれません。不安はあるけど参拝に行きたい、諸事情で神社に行く機会があるという方は、事前に神社の社務所に連絡して問い合わせるのが確実です。参考にしてみてください。

喪中期間の初詣

喪中でやってはいけないことのなかには【祝いごと】が第一に挙げられます。このことから「新年の初詣に行けない……」と悩む方少なくありません。実際に、喪中のときは行かなかったという方もいるでしょう。

しかし、初詣は年明けを実感できるイベントです。行きたいと思う方も多いかと思います。この項目では、喪中期間の初詣について解説します。神社とお寺での違いや、お参りするときの注意点も説明するのでご参考ください。

神社へのお参り

通常のお参りと同じ考え方で、悲しみを昇華するための喪中はけがれと関係ありません。新年の初詣も行って良いということになります。初詣で参拝することも、おみくじを引いたりお守りを買ったりすることも差し支えはありません。

通常のお参り同様、忌中の方は死のけがれが残っている状態と考えられているので、神社には立ち入らないのが賢明です。

また、鳥居の下をくぐらなければお参りしても良いという話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。しかし、この考えは正しいものではないので要注意です。マナー違反となってしまうので、必ず鳥居をくぐって境内に入りましょう

お寺へのお参り

近くの神社が喪中の方の立ち入りを認めておらず、初詣に行くことができないという方もなかにはいるかもしれません。また、忌中だけど新年のお参りは行きたい、初詣に行かないと年が明けた感じがしないと考える方も少なくないでしょう。

その場合、お寺であればお参りに行くことができます。仏教は神道と異なり、死をけがれとは考えてはいません。また、お寺では初詣を「故人やご先祖様に新年の挨拶をする機会」と捉えています。

このことから、お寺へのお参りは忌中、喪中でも避けるべきこととされていません。むしろ歓迎されるものと言えるでしょう。初詣は神社に行くものと考える方も少なくありませんが、お寺もお正月は初詣で多くの人が訪れます。

神社とは異なり、お寺での初詣はまずご先祖様のお墓にご挨拶に行くのが一般的です。神社でのお参りとは少し流れが違いますが、初詣に行って年が明けたことを実感したい方はぜひお寺にお参りしてみてください。

お参りの際の注意点

喪中は初詣に行くことができますし、忌中もお寺での参拝なら何の支障もありません。しかし、注意点はいくつかあります。喪中は、参拝自体は差し支えないものの「お祝いごとは避ける」と考えが一般的です。

そのため、お参りの際に晴れ着を着るのは避けた方が良いでしょう。極力派手にならないよう配慮した上で、参拝に行くのがポイントです。

また、初詣は神社もお寺も多くの参拝客で賑わいます。友人や知人と会うこともあるでしょう。会う人のなかには、喪中期間に初詣に行くことを好ましく思わない方もいるかもしれません。そのため、初詣に行くタイミングは三が日を過ぎたあとが賢明です。

地域や人によって考え方が違うということもあり、喪中の初詣では配慮が必要になってくるでしょう。お寺でのお参りであっても、極力にぎやかな場所は避けて静かにお参りをするのがベストです。

喪中・忌中の期間に控えるべきこと

喪中で制限されることは案外少ないと思う方も多いでしょう。実際、喪中は意外と普段通りに過ごすことができます。しかし、喪中でやっていけないことはいくつかあるので注意は必要です。

最低限のマナーを守らないと、周囲に不快感を与えてしまうこともあるでしょう。この項目では、喪中・忌中の期間に控えるべきことをご紹介します。マナーとも言えることなので、ぜひ参考にしてみてください。

年賀状や賀詞の挨拶

喪中・忌中のマナーとしてまず挙げられるのが、お正月のお祝いごとです。主に注意すべきなのは、年賀状や賀詞の挨拶です。

まず、年賀状に関しては送らないのがマナーです。喪中期間なら、12月中にはお世話になっている人たちに喪中はがきを送りましょう。喪中はがきは年賀欠礼状とも言い、新年の挨拶を控えることを知らせるためのものです。

次に賀詞の挨拶ですが、賀詞の挨拶とは「あけましておめでとう」といった祝いの言葉が該当します。喪中期間は、自ら新年の挨拶を言うことはタブーです。しかし、他者から挨拶を受ける分には問題ありません。

賀詞の挨拶を受けたら「今年もよろしくお願いします」といった挨拶を返すのが望ましいです。

あわせて読みたい 喪中とは?喪中はがきの書き方や年賀状を受け取った時の対処法 ご家族が亡くなった場合には、喪中はがきや受け取った年賀状への対応が必要になりますが、どのように対処すればよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。喪中はがきが必要なタイミングは限られているため… 続きを見る

正月飾り

お正月は毎年、鏡餅や門松を飾っているというご家庭も少なくありません。しかし、喪中のときに正月飾りを飾るのはマナーとして問題です。これもお祝いごとは控えるべきという理由からきています。

また、喪中はお祝いごとにならないよう正月料理を食べてはいけないという考えもあります。おせちにはせず、豪華にならないよう工夫するご家庭も多いでしょう。料理は家庭内で頂くものということもあり、それぞれのご家庭によって考えも違います。

しかし正月飾りは、玄関や門前など他者が見える位置に飾ることが多いものです。家の中であっても、急な来客があって見られる可能性があります。

喪中なのに正月飾りがあることをほかの方が知ったとき、マナーがなってないと思われるかもしれません。そうならないために、正月の過ごし方には注意が必要です。

お年玉

お正月には毎年、我が子や親戚の子供たちにお年玉を渡すという方が多いでしょう。しかし、実はお年玉もお祝いに該当します。そのため、喪中のときにお年玉を渡すことはあまり良くないことと思う方もいるでしょう。

しかし、多くの子供たちはお正月にもらえるお年玉を楽しみにしています。最近では「子供が可哀そうだから普通に渡している」という方も少なくはありません。そのため、今ではお年玉とは呼ばずに「お小遣い」と名目を変えて渡すことも多いようです。

渡したいときは、お年玉袋や点袋(ぽち袋)に入れることを避けて、お小遣いや文房具代などの名目に変えて渡すと良いでしょう。また、渡すときに「おめでとう」の言葉をかけないようお気を付けください。

慶事などのお祝いごと

結婚式などの慶事も、極力控えるのがベストと言えるでしょう。お祝いごとに該当するものは避ける必要があります。しかし、結婚式は事前準備に時間がかかるものです。すでに準備が整っており、中止にできないことあります。

日程を変更しにくい結婚式やその他行事は、忌中を過ぎていれば予定通りに開くという方も多いようです。結婚式を開く側の場合は、両家で話し合って決めると良いでしょう。

招かれる側の場合は、喪中期間ということを伝えた上で欠席するのがマナーです。どうしてご出席したい場合は、主催者に相談すると良いでしょう。喪中であっても来てほしいと言われ、出席するケースもあるでしょう。

まとめ

喪中と忌中は期間の違いもあれば、意味も違ってきます。神社へのお参りの可否も、意味の違いによって判断することができるでしょう。しかし、地域や家族、神社によって考え方が違うため、断定できないのが現状です。

神社側が問題ないと言っても、喪中のお参りは周りからマナー違反、好ましくないと思われる場合があります。周囲に不快感を与えないためにも、最低限の配慮は必要になってくるでしょう。 喪中のマナーで疑問に思うことがありましたら、ぜひ小さなお葬式へご相談ください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事