葬儀費用に対してかかる消費税の内訳や種類について解説
葬儀の準備

作成日:2020年11月24日  更新日:2020年11月24日

葬儀費用に対してかかる消費税の内訳や種類について解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

葬儀費用に消費税はかかるのか」「消費税がかかるものとかからないものの内容を知りたい」と考えてはいませんか。

様々な費用がかかる葬儀ですが、その葬儀費用に対して消費税のかかるもの、非課税で税金のかからないものなど種類があります。葬儀の際に想定外の費用がかかるということを防ぐためにも、きちんと覚えておくといいでしょう。

そこでこの記事では葬儀費用の消費税について、内容を詳しく解説していきます。葬儀費用を抑える方法についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

【もくじ】
基本的には葬儀費用にも消費税はかかる
一般的な葬儀費用とその内訳を種類別に解説【195万円】
葬儀費用の中でも消費税がかからないものとは
葬儀費用を抑える方法
葬儀費用の支払いに関する注意点
「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中
まとめ

基本的には葬儀費用にも消費税はかかる

消費税は商品やサービスに対してかかる税金で、消費者が負担して事業者が納めます。そのため葬儀費用にも普段の生活と同じように、発生した費用に対しては税金がかかります。

例えば、

・お経を読んでもらう費用
・葬儀を行う際の費用
・飲食にかかる費用

など様々なものに対して消費税はかかります。中には非課税で消費税のかからないものもあるのですが、基本的には税金は発生すると覚えておきましょう。

一般的な葬儀費用とその内訳を種類別に解説【195万円】

一般的な葬儀費用とその内訳を種類別に解説します。葬儀には様々な費用がかかりますが、それを大きく分けると宗教料金葬式料金飲食料金に分けられます。

どの費用にいくらかかるのかを把握して、葬儀費用のイメージを明確にしましょう。損をしないためにも、かかる費用の種類を知っておくことが大切です。それぞれ細かく説明していきます。

1. 宗教料金

宗教料金は、葬儀の際にお寺などに支払う料金です。かかる費用は約50万円ほどだと考えておきましょう。

・お経を読んでもらう時の費用
・お坊さんの交通費
・戒名を付けてもらう費用

など、お坊さんやお寺に関係する料金は宗教料金に含まれます。この料金は宗派によっても大きく変化し、真言宗や天台宗などで変わります。

かかる費用を把握しておくために、事前に葬式を行うお寺などに確認しておくといいでしょう。

2. 葬式料金

葬式料金は、葬儀そのものにかかる料金で、一般的には葬儀社に支払います。費用は120万円ほどです。

・葬儀場の人件費
・葬儀場の会場費
・祭壇代
・棺代金

などは葬式料金に含まれ「葬儀一式」とも言われます。葬儀場の準備費用や利用料金など、葬式を行う際に必要な物の準備料金です。

3. 飲食料金

飲食料金には、葬儀の際に振る舞う食事の料金や、それに関わる人件費が含まれていて約30万円です。

日本の葬儀では、「通夜振る舞い」というものがあり、通夜を行った後に食事や料理を振る舞うことが故人の供養になるとされています。

通夜振る舞いは、お茶だけですませる方法や自分で手配をして用意する方法など様々な形式があり、それによって料金も前後します。食事の豪華さや用意する人数によっても値段は変化します。

あわせて読みたい 葬儀費用の相場や内訳を徹底解説!葬儀費用を安くする方法もご紹介 「葬儀費用は高いと聞くけど、いくらが相場なのか」という声がよく聞かれます。葬儀を手配する経験はめったにありませんから、よく分からないという方がほとんど… 続きを見る

葬儀費用の中でも消費税がかからないものとは

葬儀費用には基本的に消費税がかかりますが、中には非課税で消費税のかからないものもあります。例えば宗教活動に伴う収入は非収益事業のため非課税だと覚えておきましょう。

お布施や玉串料、戒名料などは課税対象ではなく、消費税がかかりません。

非課税のものも覚えることで葬儀にかかる消費税について整理しましょう。

1. お布施

お布施は葬儀の際に僧侶やお寺に渡すお金で、読経などの葬儀に関わること一通りをやっていただいたことに対して、感謝の気持ちを込めて金銭を渡します。

お布施の相場は3万円~5万円ほどと言われていて、地域や宗派によっても前後します。

また、お布施は葬儀以外にも法事や法要の際にも僧侶やお寺に渡すのですが、法事や法要ごとにも相場は変わりますので注意しましょう。

あわせて読みたい お布施はいくら包む?葬儀や法事で僧侶に渡すお布施の金額相場 お勤めいただいた僧侶にお布施をいくら包むとよいのか、迷うことはありませんか。お布施の金額は明確に決まっておらず、勇気を出して直接聞くと、「お気持ちで」と返答されたとの話も聞かれます… 続きを見る

2. 玉串料・香典

玉串料は、神社に用意してもらった榊の枝に対してのお金と感謝の気持ちを込めて払います。

榊の枝は、以前は儀式のために自分で用意をする必要があったのですが、現在は一般家庭で用意するのが難しくなったため、神社が用意するようになりました。

神式では玉串料と言われますが、仏式では香典と言われます。

あわせて読みたい 香典に消費税はかかるのか?課税区分と勘定科目についても解説 香典のやり取りをするときに、税金の扱いはどうなるのだろうと疑問に思ったことはありませんか。香典には複数の税金が関係しており、その区分も複雑です。包むとき、包まれたときに消費税がどのように扱われているか… 続きを見る

3. 戒名料

人が亡くなった後、極楽浄土に行き仏の弟子になったしるしとして授かるものを戒名と言い、その名前を付けてもらう際の料金が戒名料です。

戒名料の相場は2万円~100万円と大きな幅があり、付けてもらう際の料金は戒名のランクが高いほど高額になります。

宗教ごとにも特徴があり、浄土宗は「誉」日蓮宗は「日」「妙」など、それぞれ付く文字が違います。

あわせて読みたい 戒名料は2~100万円?戒名の相場とランクを選ぶ基準について詳しく解説 仏教において、亡くなったあとに付けてもらう名前のことを戒名(かいみょう)といい、浄土真宗では法名(ほうみょう)、日蓮宗では法号(ほうごう)といいます。戒名をつけて… 続きを見る

葬儀費用を抑える方法

葬儀の際には少し工夫をすることで葬儀費用を抑えられます。ご自身の負担を減らすためにも葬儀にかかる費用を抑えることが大切です。

例えば葬儀費用を抑えるには事前に申し込んでおく方法や葬儀形式の変更、見積もりの比較検討などの方法があります。

葬儀費用を抑える方法は事前に知っておくことが大切ですので、今のうちに覚えておきましょう。

1. 事前に申し込んでおく

事前に申し込むと葬儀費用が安くなる、事前割のプランがある葬儀社に申し込んでおくという方法です。

例えば、小さなお葬式では事前に申し込みをすませると、申し込んだ日から
・30日後
・1年後
・2年後

の期間が経つごとに割引額が増え、最大で7万円ほどお得になるプランがあります。(2020年11月現在)

早割(事前割)の申し込みは無料ですので、万が一の場合に葬儀のことで焦りたくない方は、お気軽にご相談ください。

参考:小さなお葬式の早割

2. 費用の抑えられる葬儀形式で行う

葬儀には様々な形式があり、それを変更することによって費用を抑える方法もあります。

小さなお葬式では、一般的な通夜と葬儀の2日で行われる葬式よりも、1日で葬儀から火葬までおこなう一日葬プランのほうが安く利用可能です。

他にも、通夜や告別式を行わずに直接火葬を行う直葬、家族や親族のみで行う家族葬も、値段を安く抑えられます。

それぞれの状況に適した葬儀形式を選ぶことができれば費用をかなり抑えられますので、選択肢として覚えておくといいでしょう。

3. 見積りを比較検討

事前に葬儀社複数から見積りを出してもらい、比較をしてよりいい条件で葬儀を行うというのもいいでしょう。

葬儀をやると決めてから葬儀の日までに用意することが多く、あわてて葬儀社を決めてしまう方がいますが、後から費用など納得がいかなくて後悔をしても手遅れになってしまいます。

事前に依頼したい葬儀社を複数選んでおいて、ある程度の費用を把握しておくと余裕をもって葬儀を行えます。

小さなお葬式でも相談を受け付けておりますので、葬儀の見積りのことなどで分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

葬儀費用の支払いに関する注意点

葬儀費用を支払う際、消費税以外にも注意するべきことがあり、万が一の時に知らないと後悔してしまう場合もあります。

葬儀費用を支払う際には、料金を支払うタイミングや故人の預貯金についてなど注意点が複数あります。

それぞれの注意点について解説していきますので、いざという時に困らないためにも、ぜひ参考にしてください。

1. 葬儀費用を支払うタイミング

葬儀費用の支払いは一般的に後払いで、支払うタイミングは1週間または10日以内です。葬儀後1~2日で葬儀社より請求書がくるので、その後支払います。

ただし葬儀費用のすべてが後払いというわけではなく、葬儀社が用意したお坊さんに支払うお布施などは一般的には当日払いです。

基本的には現金一括払いですが、それが難しい場合はクレジットカードや葬儀ローンを使った分割払いもありますので、うまく活用するといいでしょう。

あわせて読みたい 葬儀費用はローンで分割払いできるのか?ローン払いせずに葬儀を行うには? 葬儀費用はライフイベントのなかでも高額になりやすいため、ローンを組む方もいます。葬儀のためにローンが組めるのか心配な方もいるのではないでしょうか… 続きを見る

2. 故人の預貯金は基本的に使えない

故人の預貯金で葬儀費用を賄おうと思っている方もいるかもしれません。ですが基本的に亡くなった方の預貯金は使えません。

遺産の相続人に指定されている場合は使用することも可能ですが、亡くなった時点で銀行口座は凍結されてしまい、預貯金口座が使用できなくなります。

銀行が死亡したことを把握していない場合、すぐには凍結しないのですが、ご家族からの申し出や新聞の訃報欄などから銀行が情報を得ると、即座に凍結されます。

凍結の解除はできるのですが、必要な書類も多く、他の相続人との話し合いなどもあるので、時間がかかります。

もし本人同意の上で葬儀費用を故人の預貯金から支払おうと考えている場合は、故人が亡くなる前に必要な費用を口座から引き出して、別の場所に保管しておきましょう。

あわせて読みたい 死亡届を提出したら銀行口座は凍結される?提出後の流れを解説 人が亡くなると、金融機関の口座は凍結されます。口座が凍結される事実は知っていても、どのタイミングで凍結されるのか知らない方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、金融機関の口座が凍結するタイミング… 続きを見る

3. すぐに保険金が使えない場合もある

故人の死亡保険などで葬儀費用を支払おうと考えている方もいると思いますが、保険金がすぐに使えない場合もあります。

基本的にはすぐに保険金がおりるのですが、必要な書類に不備があった場合などで保険金がおりるまで時間がかかることがあります。

もしそうなった場合に、葬儀費用の支払いができないということにならないように、他の方法でも葬儀費用の準備はしておいた方がいいでしょう。

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など 、喪主を務めるのが初めてという方にも役立つ 情報が満載です。

いざというときの事前準備にぜひご活用ください。


喪主が必ず読む本

まとめ

葬儀費用にも基本的には消費税がかかります。

・お経を読んでもらう費用
・葬儀を行う際の費用
・飲食にかかる費用

など、ほとんどの費用に消費税がかかることを覚えておきましょう。ですがお布施など宗教活動に伴う収入は、非収益事業のため非課税となっておりますのであわせて知っておきましょう。

葬儀費用にかかる消費税や、その他にも葬儀のことでわからないことがありましたら、「小さなお葬式」へ気軽にご相談ください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事