値段の安い墓石を購入したい!ポイントや注意点を解説
供養

作成日:2014年09月03日  更新日:2021年12月21日

値段の安い墓石を購入したい!ポイントや注意点を解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

新しくお墓を建てるために墓石を購入することになった場合、気になるのはどのような墓石がいくらぐらいで購入できるのかではないでしょうか。高い買い物であると同時に、故人のためにしっかりとした墓石を用意したいという思いを形にするためにも、購入時のポイントを事前に把握しておくことが大切です。

この記事では、墓石の値段の決まり方、安く購入するポイント、購入時の注意点などをご紹介します。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
墓石にかかる値段の相場
墓石の値段の決まり方
墓石を安く購入するには
値段を抑えるなら「墓石を持たない」という選択肢も
墓石を安く購入する際の注意点
墓石に関するご相談も「小さなお葬式」へ
まとめ

墓石にかかる値段の相場

一般的に、墓石にかかる費用の全国平均金額は114万円ほどといわれています。これは墓石の工事代金を含んだ価格で、最も多い価格帯は80万円~120万円、ついで40万円~80万円120万円~160万円とされています。

墓石にかかる平均金額は年々減少傾向にありますが、その理由の1つにお墓の大きさやスタイルの変化が挙げられます。

都市部では墓地の区画の問題から、小さな墓石しか建てられないということも少なくありません。また、芝生墓地や納骨堂など、従来の墓石とは異なり、墓石よりも安価なお墓の種類を選択する方も増えています。

あわせて読みたい 購入前に知りたい墓石の値段とお墓を建てるのにかかる費用について詳しく解説 「故人のためにお墓を作ろう」「元気なうちにお墓を選んでおきたい」などと亡くなった後のことを考えるのは、家族の現在と未来… 続きを見る

墓石の値段の決まり方

墓石の値段相場には大きく幅があります。その差はさまざまな要素で決まるため、予算とのバランスを見ながら故人やご自身が理想とするものを選ぶとよいでしょう。

墓石の価格は、次の要素によって決まります。

石材の種類

石の種類は有名な「白御影」や「大島石」、「能勢石」、「千草石」のほか多くの種類があり、それぞれに特性や色合い、希少性などが異なり、価格が変わります。

また、同じ種類の石のなかでも等級が定められていて、等級が上がると価格も上がります。

石材の種類
白御影イメージ写真の出典:お仏壇の花匠、 大島石イメージ写真の出典:第一石材匠
能勢石イメージ写真の出典:横田石材、 千草石イメージ写真の出典:お墓の情報館

墓石の大きさ

墓石が大きくなればなるほど使う石材の質量が増えるため、墓石の価格も上がります。 石材店では、墓石の大きさを「寸」で表していることが多く、本体となる竿石のサイズは一般的に8寸前後が多いようです。

そこに、いくつかの台石が加わります。

石材の産地

石がとれる産地によって、産出量は変わりますし、大量に採掘される場所の石は安くなります。品質の問題もあり、日本国内の石は輸入品と比べると高いことが一般的です。

外国産の石材の主な輸入国には、中国・インド・スウェーデンなどがあります。

石材の加工費用

シンプルなデザインの墓であれば、加工料は安くなります。逆に、複雑なデザインにする場合は加工の手間がかかるため、その分加工料も高くなるので注意が必要です。

墓石が小さくても、加工料によって価格が上がることがあるので、購入する際は加工料も含めた金額を確認するようにしましょう。


永代供養

墓石を安く購入するには

墓石購入にかかる費用をできるだけ抑えたい、と思った場合には、どういった点に注目すればよいのでしょうか。安い値段で購入するためには墓石そのものの価格を抑えることはもちろんですが、墓地を建てる場所にかかる費用についても、よく考える必要があります。

墓地は小さな区画を選ぶ

墓石は大きいほど高くなりますが、墓地の区画が大きければそれに見合った墓を建てることになります。区画を小さくすれば墓石も小さいもので済むので、費用を抑えるなら小さな区画を選びましょう。

区画にかかる平米あたりの価格は15万円~25万円ぐらいが目安となりますが、東京など地価が高い地域では、80万以上もする墓地もあります。

公営の霊園がないか探す

墓地と一言でいっても民間霊園や寺院墓地、そして公営霊園の3つがあります。それぞれ費用が異なり、最も費用を抑えられるのは公営霊園です。

都内の公営霊園には費用が高い場所も存在しますが、全国的には安い傾向にあるので、費用を抑えたいのであれば近隣の公営霊園を調べてみるのもよいのではないでしょうか。

民間霊園、寺院墓地のなかにも安価に利用可能な場所はあるので、1つの霊園を見て決定せず、複数を比較検討することをおすすめします。

シンプルなデザインを心がける

墓石は大きさによってだけでなく、加工の手間によっても価格が変動します。デザインが複雑であれば、その分加工にも時間や手間がかかり費用がかさんでしまいますので、墓石の費用を安く抑えたいのであれば、デザインをシンプルなものにしましょう。

あわせて読みたい お墓のデザインを紹介!お墓を建てるならデザインも選ぶ時代について詳しく解説 寺院や霊園に行くとさまざまなお墓を見ることができます。現代では、デザイン性のあるお墓も多く、自分の気に入ったデザインの… 続きを見る

安くても質のいい石材を選ぶ

石材の価格は必ずしも品質に直結しているわけではなく、産地によっては品質以上に高価であることもあります。反対に、安くても質のいい石材もあるので、石材店の方に話を聞きながら石材選びをするのがおすすめです。

耐久性やメンテナンス性など求める条件を伝えたうえで、安いものがないか相談してみましょう。

完成品を購入する

家具や洋服などのアウトレット品は有名ですが、墓石にもアウトレット品は存在します。商品の入れ替えなどの都合で割引になったものや小さな傷がついてしまったものなどは、数割引きから半額程度になることもあるようです。

条件に合致しているものがあれば購入するのも、1つの方法ではないでしょうか。

定額の墓石を購入する

墓石の値段は、墓石そのものの値段に彫刻や加工をする料金、工事代などさまざまな料金が加算されていくスタイルがほとんどですが、なかにはすべてが料金に含まれた定額で販売されているものもあります。

定額の墓石は50万円・80万円・120万円といったものが主流です。通常の購入方法だと100万円はくだらないことが多い墓石ですので、安価な定額プランで気に入った墓石があれば、お得に購入することができます。

あわせて読みたい これから納骨を行う方必見!気になる法事の段取りについて詳しく解説 葬儀が終わるとすぐに考えなくてはならないこと、それが納骨です。納骨とは、火葬された遺骨を骨壺に収め、その骨壺をお墓や… 続きを見る

値段を抑えるなら「墓石を持たない」という選択肢も

お墓にかける費用を安くするなら、墓石選びの工夫をするだけでなく「墓石を持たない」という選択をするのも1つの方法です。合葬墓や樹木葬、納骨堂の利用などは費用を抑えられることはもちろん、墓石購入にはないメリットもあります。

それぞれどういった供養方法なのかを理解し、ベストな形を家族で話し合って選んではいかがでしょうか。

合葬墓

合葬墓は、1人ひとりのお墓ではなく、1つのお墓で複数の方の遺骨を供養する形式のお墓です。合同墓、合祀墓と呼ばれることもあります。

金銭的な理由で墓石を購入できない方はもちろん、墓じまいをした方が利用するなど合葬墓を利用する理由はさまざまです。合葬墓の費用相場は5万円~30万円程度ですが、個別のお墓と同様、建っている場所により費用が異なります。

一般的に、供養などが手厚い寺院墓地が最も費用が高く、最低限のお世話しかしてもらえない公営墓地は安価です。民間霊園はこの2つの間くらいの価格で供養を受けられます。

樹木葬

樹木を墓石の代わりとし、その周りに遺骨を埋葬する供養方法が樹木葬です。樹木はハナミズキや桜などの木の下に埋葬するほか、可愛らしい草花を墓石の代わりとするスタイルもあります。

樹木葬は区画契約をするタイプのものや、他の方の遺骨と一緒に埋葬するタイプのものがあり、合同の方が安価です。費用相場は区画契約が70万円前後、合同の場合は20万円~30万円ほどだといわれています。

費用を抑えたいことに加え、美しい自然のなかで故人を供養したいという方におすすめの供養方法だといえるでしょう。

納骨堂

納骨堂は、多くの骨壺を収蔵する、遺骨のマンションのようなスペースです。室内が主流で、墓石費用を抑えたい方はもちろん、手厚い供養や管理をしてもらえることから、お墓参りがなかなかできず無縁仏になってしまうことを避けるために利用する方もいます。

ロッカー式のもの・仏壇型のもの・自動搬送式のものなど形態はさまざまですが、費用相場は35万円~50万円程度です。

室内のきれいなスペースに遺骨を安置できること、1か所に多くの遺骨を収蔵できることから、都市部を中心に増えている供養スタイルだといえるでしょう。

墓石を安く購入する際の注意点

墓石の値段を安く抑えるにはさまざまな方法があります。ここまでは「墓石選びに注意をする」「墓石以外の供養方法を選択する」方法を解説しました。ここで、墓石を安く購入する際に注意しておきたい点について紹介します。

墓地によっては、墓石を指定石材店で購入しなければいけない場合があります。こうした墓地を購入すると、墓石の値段が高くなってしまう場合があるため注意が必要です。また、高所や山奥など工事が大変な場所は、墓石の費用を安く抑えてもその他の費用がかさんでしまいます。

墓石だけでなく、墓地についても事前によく調べることで、墓石の値段が高くなるのを避けることができるでしょう。

また、アウトレット品や定額の墓石以外にも、ネットショップなら比較的安価に墓石を購入できる場合があるので、利用を検討するのも1つの方法です。

墓石を購入したり墓地を借りたりする際には、複数の方法を比較・検討し、正しい知識をもって石材店と交渉をすることで不要な出費を抑えることができるといえます。

墓石に関するご相談も「小さなお葬式」へ

さまざまな葬儀プランでご遺族様、故人様の理想のお葬式を実現する「小さなお葬式」では、墓石に関するご相談、墓地探しのお手伝いもさせていただいております。

お客さまサポートダイヤルでは、専門のコールスタッフがお葬式に関する疑問はもちろん、墓地や墓石についての疑問や不安にも親身にお答えいたします。些細なことでもお気軽にご相談ください。

まとめ

先祖代々のお墓がなかったり、遠方に住んでいたりする場合、お葬式と同時に悩むのが墓石の購入や墓地選びです。墓石の値段を安く抑える方法はさまざまですが、遺族や故人の思いをできるだけ安価に形にするには、多くの石材店や墓石のプランを比較・検討することが大切でしょう。

何から調べたらよいかわからない、お近くの霊園などの情報がなかなか入手できないという場合には、小さなお葬式がお手伝いをさせていただきます。

現在、葬儀に関する無料資料請求をしていただいたお客様には、「喪主が必ず読む本」もプレゼント中です。ぜひWEBサイトよりお申し込みください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
4/5
評価数(4)
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事