お供え物選びにもマナーがある!礼を尽くしてお供えを用意する方法、渡し方を紹介
法事・法要

作成日:2021年05月07日  更新日:2022年04月22日

お供え物選びにもマナーがある!礼を尽くしてお供えを用意する方法、渡し方を紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

法要に参列する際、用意しておかなければならないのがお供え物です。中には「何を持って行ったらよいか分からない」「どのタイミングで渡すか分からない」という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、お供え物におすすめ品や避けたい品、渡し方のマナーを解説します。記事を読むことで、何を用意すればよいか分かるでしょう。宅配便でお供え物を送る際のマナーについても触れています。故人への弔意と遺族への思いやりを大切に、お供え物を用意しましょう。

お寺とお付き合いの無い方に向けて、お坊さん手配の便利なサービスもおこなっています。ぜひ参考にしてください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

【もくじ】
お供え物は2パターン
お供え物の相場はいくら?どこで買う?
【カテゴリ別】お供え物のおすすめポイントとNGポイント
【お供え物のマナー】包装はどうする?
お供えは「物」でなくてもよいのか?
【お供え物のマナー】渡すタイミングと渡し方
【お供え物のマナー】宅配便などで送るときは?
まとめ

お供え物は2パターン

お供え物とは、さまざまな宗教儀礼において、信仰対象に捧げる品物のことです。大きく分けると「遺族が毎日供える物」と「法事などの参列者が用意する物」の2つに分けられます。ここでは、それぞれのお供え物の内容や注意点について確認しましょう。

遺族が毎日供える物

遺族は日ごろ、故人や先祖に対してお供え物をします。仏式では「五供」といって、香(線香・抹香)・生花・ろうそく・水・仏飯を供えるのが一般的です。水と仏飯は毎日新しくして、生花は枯れたら取り換えます。

神道では、仏壇に当たるものが祖霊舎です。朝起きて手と口を清めたら、「神饌」と言われる米・塩・水を供えましょう。毎月1日と15日や家族の誕生日など特別な日には、酒・尾頭付きの魚・果物なども供えます。

一方、「人は亡くなると神の国に召される」とされているのがキリスト教です。仏壇に代わるようなものがないため、特にお供え物は必要ありません。部屋に故人の写真を飾り、その前に故人が好んでいた食べ物などを飾る場合もあります。

弔事の参列者が用意するお供え物

もう一種のお供え物は、弔事の際に遺族以外が喪主や施主を通して故人に供えてもらうために用意するものです。お菓子・果物などが一般的ですが、お酒や花など故人が好きだったものを用意しても構いません。

お供え物の内容は、故人が信仰していた宗教・宗派によっても変わってきます。宗教によってはタブーとされている物もあるため注意が必要です。キリスト教にはお供えという概念がないため、供花を用意するのが一般的です。

また、地域によってはお供え物が決まっている場合もあります。不安な場合は、用意する際に地域の葬儀社などに問い合わせるとよいでしょう。

あわせて読みたい 葬儀・法要での供物の正しい送り方について詳しく解説 葬儀・法要の際には、故人や仏様への感謝の気持ちを表すために供物(くもつ)を送ります。 この供物は、宗教や地域によっても… 続きを見る

お供え物の相場はいくら?どこで買う?

お供えを物品で用意する場合、相場は3,000円~5,000円です。関係性などによっては1万円近くかけることもあります。

血縁的に近しい関係である場合や、用意する人の年齢が高い場合には、金額も上がる傾向です。一般的には高くても8,000円程度に抑えると考えておくとよいでしょう。

物品ではなく現金で代える「御供物料」を用意する場合は、もう少し相場が上がります。故人との関係性や年齢によってもばらつきがありますが、5,000円~3万円が相場です。

お供え物を買う際は、ギフト全般を扱っている百貨店やギフトショップなどで調達するのがおすすめです。包装もふさわしいものがそろっています。

弔事のお供えに詳しい葬儀社にアドバイスを求めてもよいでしょう。ギフトを専門的に取り扱っている店であれば内容についても相談しやすく安心です。

【カテゴリ別】お供え物のおすすめポイントとNGポイント

お供え物に厳密な決まりはありません。故人が好きだったものをお供えするのもよいでしょう。ただし、肉や魚など「殺生」を連想させるもの、「五辛」に当たるものはタブーとされています。遺族が不快に感じる場合があるため、避けるのが賢明です。

この記事ではお供え物におすすめの品をカテゴリ別に紹介します。各品のNGポイントも確認しましょう。

定番中の定番「お菓子」

お供え物の定番といえばお菓子ではないでしょうか。お菓子を選ぶ際は、なるべく日持ちするものを選びましょう。まんじゅう・ようかん・もなかなどの和菓子、マドレーヌ・クッキーなどの洋菓子、ゼリーやカステラなどもおすすめです。

個包装になっていると、お供えした後に参列者に振り分けやすいというメリットがあります。賞味期限が極端に短いものや要冷蔵のもの、飴などの溶けるものは避けるのが無難です。

あわせて読みたい 法事のお菓子を選ぶポイントは?おすすめの和菓子・洋菓子と贈る時のマナーについて詳しく解説 法事に招かれてお菓子を持参し、仏様や故人にお供えをすることはよく見られる光景です。しかし、「お菓子を持参する際… 続きを見る

お盆やお彼岸の定番「果物」

仏壇前が華やかになる果物も、お供え物の定番です。季節の果物やその土地の名産品などを用意すると喜ばれます。果物の場合、盛籠(もりかご)などの形でお供えするケースも多いでしょう。

盛籠に入れる果物は、スイカやメロン、リンゴなど丸い形のものがよいといわれています。また、故人が好きだった果物を使うのもよいでしょう。

基本的に、果物にタブーはありません。ただし、保管・管理にかかる手間を考えて、傷みやすいものや要冷蔵のものは避けましょう。

種類には配慮を「お花」

お供えの花のことを「供花」と言います。故人への弔意を示すもののため、四十九日を過ぎてからの供花は生前故人が好きだった花を選ぶのがよいでしょう。ただし、香りが強すぎる花、とげのある花、鉢植えの花はタブーです。

供花は、基本的には仏壇の中に飾りますが、収まりきらない場合は仏壇の脇に飾ります。切り花の場合、花瓶が別途必要になるでしょう。遺族の手間を考えると、籠(かご)花やアレンジメントのほうが無難です。

また、長期保存が可能で管理の手間もかからない、プリザーブドフラワーをお供えするのもよいでしょう。

日持ちする「海苔」

日持ちする上に常温保存ができることから、海苔もおすすめです。嫌いな人が少なく、個包装になっているものが多いので、参列者に配る点からも最適でしょう。

また、神道のお供え物には、お菓子や果物のほか、海産物が選ばれるのが一般的です。海産物の中でも、海苔は扱いやすいもののひとつでしょう。

幅広い宗教宗派で受け入れられる「お酒」

故人がお酒を好きだった場合、お酒をお供えするのもおすすめです。その場合は、ビール・日本酒・焼酎など常温保存ができるものを選びましょう。仏教だけでなく、神道におけるお供え物としてもお酒は最適品です。

ただし、故人や遺族が飲酒しない場合はあまりおすすめできません。また、仏壇の前にお酒が山積みになるものよくないでしょう。遺族の迷惑にならないよう配慮することが大切です。

仏教では重宝がられる「線香・ろうそく」

故人が仏教を信仰していた場合、線香・ろうそくはお供え物におすすめです。線香・ろうそくは、仏教における「五供」のひとつになっています。

お線香を供することは、煙を通して故人と会話することとも言われており、故人に弔意を示すものとして最適です。

線香とひと言で言っても、香りや煙の量、長さ、量などさまざまなものがあります。ろうそくでも季節の花などがあしらわれた美しいものも増えてきました。季節や用途に合わせたものを選ぶと、喜ばれるでしょう。

あわせて読みたい お線香を香典の代わりとして送りたい|送り方や注意点について詳しく解説 香典を包むかわりに線香を送ろうと考えたとき、どんな送り方が一番適しているのか困ってしまうことはないでしょうか。お線香… 続きを見る

【お供え物のマナー】包装はどうする?

お供え物には、包装紙や掛け紙など包装のマナーがあります。いくら故人と親しい間柄であっても、包装紙や掛け紙なしでお供え物を用意するのは避けましょう。ここでは、お供え物の包装について詳しく解説します。表書きや名前の書き方なども正しく知っておきましょう。

包装紙は弔事用で

お供え物は弔事用の包装紙で包みましょう。ギフトショップや百貨店などでは、弔事用の包装紙が用意されています。お供え物である旨を伝え、弔事用包装紙で包んでもらいましょう。

弔辞用の包装紙とは、明るすぎない落ち着いた色、地味な色の包装紙です。灰色・銀色・白色・紫色などがよく用いられます。柄は、無地または落ち着いた柄である場合が多いでしょう。

掛け紙の選び方と表書き

お供え物に掛ける掛け紙は、黒白または黄白・双銀の水引が入ったものを使用します。水引が印刷されている、結び切りのものを選びましょう。

水引の色については、地域やお供え物を用意するタイミングによっても異なります。心配な場合は、地域の葬儀社やギフトショップで確認しましょう。

表書きは、水引の上に「御供」と書きます。お葬式の場合は薄墨で、お盆やお彼岸の場合は墨で書きましょう。

掛け紙の名前の書き方

掛け紙の水引の下中央には、送り主の名前をフルネームで書きます。故人と夫婦で親しかった場合は連名で書きましょう。夫の名前を中央に、妻の名前をその左側に名前だけ書きます。

3人以上の連名の場合は、目上の方を一番右に書き、順番に左側に名前を連ねましょう。4人以上になる場合は、代表者の名前だけを書き、その左側に〇〇一同などと書きます。この場合、別紙に全員のフルネームを記載し、同封するのがマナーです。

「外のし」か「内のし」か

掛け紙の掛け方には、包装紙の外側に掛け紙を掛ける「外のし」と、包装紙の中に掛け紙を掛ける「内のし」があります。

法事などに参列せず、お供え物を宅配便などで送る場合には「内のし」にするのが一般的です。内のしなら、配送中に掛け紙が破損する心配もありません。一方、法事などに参列してお供え物を渡す場合は「外のし」がおすすめです。仏壇の前にたくさんのお供え物が並んだ場合にも、誰が贈ったものかひと目で分かります。遺族が確認・管理する上でも、外のしのほうが親切でしょう。

あわせて読みたい 葬儀で使うのし袋は弔事用を選ぶ!覚えておきたい各種マナーについて詳しく解説 故人や遺族の宗教・宗派、意向が関係しているので、香典用ののし袋を選ぶときには気を使う必要があります。しかし、のし袋の選… 続きを見る

お供えは「物」でなくてもよいのか?

地域によっては、お供えを物ではなく現金で用意する地域もあります。また、近年では従来の慣習が薄れつつあり、「必ずしも物である必要はない」という考えも広がってきました。ただし、お供えの基本は、物品です。地域や慣習によっては、現金が失礼になることもあるため、注意しましょう

お供え物の代わりに用意する現金のことを「御供物料(おくもつりょう)」と言います。四十九日より後の法事やお盆、お彼岸の際に現金で用意する場合、袋の表書きには「御仏前」と書きましょう。

【お供え物のマナー】渡すタイミングと渡し方

法事などで遺族宅を訪問した際、入り口で施主と挨拶を交わすでしょう。その際に「本日はご連絡をいただきありがとうございます。こちらを御仏前にお供えください」と言って、お供え物を渡します。施主以外の人に渡す、勝手に仏壇に供えるといった行為はタブーです。

お菓子や果物、お酒などは紙袋に入れて持って行くことが多いでしょう。この場合、紙袋から出して、お供え物だけを施主に渡すのがマナーです。

使い終わった紙袋は自分で持ち帰りましょう。より丁寧なのが、紙袋ではなく、風呂敷で包んで持参する方法です。この場合も、手渡す際には風呂敷から出して、お供え物だけを渡しましょう。

【お供え物のマナー】宅配便などで送るときは?

お盆やお彼岸に帰省できず、お供え物を宅配便で送る人も増えています。直接手渡せない分、故人への弔意を示すこと、遺族を気遣うことが大切です。

ここでは、お供え物を宅配便で送る際のマナーについて解説します。遺族の立場に立ち、なるべく相手に迷惑がかからないよう配慮しましょう。

出向けないときは送ってもOK

お供え物を送ることには、何の問題もありません。諸事情があって直接出向けない場合は、宅配便を活用しましょう。

ただし、送るタイミングには注意が必要です。例えば、お盆の真っただ中に荷物が届くのは避けましょう。忙しい遺族を気遣って、お盆の2~3日前に届くように発送するのがベストです。

手紙を添える

お供え物を宅急便で送るにしても、品物だけを送るのはあまりにも無骨です。一緒に手紙も添えましょう。ただし、お供え物と手紙は同便で送れない可能性があります。手紙が先に届く、あるいはお供え物が先に届くかもしれないことを想定して書きましょう。以下に手紙の例文を紹介します。

このたびは亡御〇様の初盆供養のご案内をいただき ありがとうございます
やむを得ない事情により 今回出席することができません 誠に申し訳ございません
別便にて お菓子をお送りさせていただきました
仏前にお供えくださいませ
お忙しいかとは存じますが どうぞご自愛ください

送ることを先方に伝える

お供え物を送る際は、事前にその旨を先方に伝えておくほうが親切です。あらかじめ電話やメールで連絡を取りましょう。

宅急便の場合、到着日時の指定ができます。先方の都合に合わせて指定すれば、「不在時に届いて再配達を依頼する」といった手間も省けるでしょう。お供え物はサプライズプレゼントではありません。相手になるべく迷惑がかからないよう、思いやりある行動を心がけましょう。

まとめ

お供え物には、お菓子・果物・花などがおすすめです。金額的には3,000円~5,000円程度が相場ですが、故人との関係性や送り主の年齢によっても変わるでしょう。

包装には、弔事用包装紙と掛け紙を使います。直接渡せない場合は宅配便で送っても構いませんが、先方の負担にならないようにしましょう。

お供え物の決まりやマナーは、地域や宗教によっても異なります。心配な方は、小さなお葬式にお問い合わせください。葬式・法事・香典返しまで弔事のあらゆることについてご相談可能です。全国各地の葬儀社とのネットワークで、地域に根づいた情報を提供します。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事