葬儀・法要での供物の正しい送り方
葬儀マナー[参列者]

作成日:2014年08月25日  更新日:2021年07月12日

葬儀・法要での供物の正しい送り方

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

葬儀・法要の際には、故人や仏様への感謝の気持ちを表すために供物(くもつ)を送ります。 この供物は、宗教や地域によっても変わってきます。

故人の宗教に合わせて最適な供物を送るためには、宗教ごとの規律や考え方に合った品物選びなど、送る際のマナーを把握しておく事が大切です。

この記事では、葬儀・法要で送る供物について、送る際のマナーや、宗教別の相応しい品物、費用相場、注意点などをご紹介します。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
供物は感謝と弔意の気持ちを表すために送る
宗教別の相応しい供物
供物の相場は5,000~15,000円程度
供物を送る際の3つの注意点
相手に配慮した行動を

供物は感謝と弔意の気持ちを表すために送る

供物は通夜・告別式などの葬儀や、四十九日や年忌法要などで、故人や仏様への感謝と遺族への弔意の気持ちを表すために送るものです。そのため、供物は誰が送るのかというと、基本的には故人と親しかった方、親族や近親者、あるいは故人が所属していた会社や学校などの団体関係者が送ります。

それ以外の方が送ってはいけないということはありませんが、近年は葬儀の小規模化・簡素化もあって、供物が送られること自体が少なくなってきているようです。

あわせて読みたい 通夜・葬儀で送る香典金額の相場はいくら?香典の入れ方のマナーについて詳しく解説 社会に出ると、これまで以上に人とのつながりが増え、葬儀に参列する機会も増えます。通夜や葬儀で香典を送ることになったときに慌てることなく準備できるよう... 続きを見る

香典と供物・供花、どちらを送るべき?

葬儀や法事に参列する場合、香典と供物・供花のどちらかを送るべきか、両方を送るのか迷う方も多いと思いますが、基本的に香典と供物・供花は同じ意味になるため、香典を送る場合は供物・供花は必要ないとされています。

ただし、社員一同や学友一同など、大人数で供物・供花を送る場合は、個別に香典も用意するとよいでしょう。

供物・供花を辞退する旨の案内があった場合は?

訃報連絡や法事の案内状に、「供物・供花はご辞退申し上げます」「お供物などのご配慮はなさいませぬよう」など、供物を遠慮する旨の案内があることもあります。

この場合は、施主の意向をくみ、供物も供花も用意する必要はありません。

宗教別の相応しい供物

供物に何を送るかですが、これは故人の宗教によって異なります。宗教ごとに最適な供物と、送ってはいけない供物を把握しておきましょう。

宗教ごとの代表的な供物

宗教 代表的な供物
仏教 線香、ろうそく、果物、菓子、缶詰、五穀、故人が好きだったもの
神道 果物、菓子、魚などの海産物、酒、五穀、故人が好きだったもの
キリスト教 なし

キリスト教は祭壇に供物を飾るという習慣がなく、供花として生花を送ります。また、地域によっては送るものが決まっている場合もあるため、分からない場合は、地域の葬儀社や喪家に近い遺族に相談するとよいでしょう。

あわせて読みたい 供花の送り方について詳しく解説 儀に参列する際、弔意を示すために花を送ります。この花は供花(きょうか)と呼ばれ、遠方で参列できない時や、香典を辞退された葬儀で香典の代わり... 続きを見る

供物として送ってはいけないもの

仏教と神道では、宗教ごとの戒律や考え方が異なるため、それぞれ供物として相応しくないとされているものがあります。

仏教では不殺生戒の戒律から肉や魚などの生ものが、神道では仏教の供養方法である線香、ろうそく、抹香などは、神前に供えるものとして相応しくないとされています。

供物の相場は5,000~15,000円程度

供物は、線香や菓子などの小さいものであれば個人で用意することもできますが、会場で飾ったときの統一感などから、葬儀を執り行う葬儀社に依頼して用意してもらうことが多いようです。

およその相場は5,000円~15,000円程度で、盛籠(もりかご)にして送られます。


イメージ写真の出典:ジェイエイアップル株式会社 フルーツ盛籠 20,000円

しかし、香典を送った上で10,000円もする供物も送ったのでは、かえって負担になるのではないか、と考える方もいるでしょう。その場合は、数千円程度の供物を用意して、直接持参するという方法でもよいでしょう。

供物を送る際の3つの注意点

供物を送るときには、以下の3点に気をつけましょう。

1 事前に喪家や世話役に確認と了承を得る

送られた供物は式場内に飾られるため、盛籠など大きな供物を送る場合は、式場の配置に困ることあります。また式場の規模や、故人の意向として供物を遠慮される場合もあるため、事前に供物を送りたい旨を喪家側に伝えるようにしましょう。

2 式の開始までに届くよう手配する

供物は、葬儀であれば通夜~告別式を通して、法事であれば式中に飾るものであるため、式の開始に間に合うように送ります。

準備のことを考えると、葬儀の場合は通夜当日の午前中、法事の場合は開始1時間前までには届くように手配しましょう。

あわせて読みたい 四十九日法要までの流れと基礎知識について詳しく解説 葬儀が一段落すると、あっという間に訪れる「四十九日法要」。四十九日法要までの流れや基礎知識を頭に入れておくだけで、四十九日法要の準備がスムーズに... 続きを見る

3 のし紙の水引と表書き

供物を送る場合、包装紙やのしの紙の表書きを弔事用にし、水引は5本の結び切りのものを使用します。東日本の場合は黒白5本の結びきり、西日本の場合は黄白5本の結びきりのものを選びましょう。

表書きは仏式では「御供物」「御供」「御霊前」などとし、神式では「御玉串料」となります。「御霊前」は相手の信仰宗派が分からない場合に有効です。

仏式と神式の表書き例

相手に配慮した行動を

葬儀・法要で供物を送る際は、故人の宗教に合わせた品物選びや、送るタイミングなどのマナーを押さえておきましょう。事前に遺族の確認と了承を得て、生前の感謝やお悔やみの気持ちがしっかりと伝わるようにしましょう。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
4.7/5
評価数(20)
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事