葬儀費用5,000円割引 事前準備に便利な詳しい資料やエンディングノートをお届けします。資料請求はこちら 無料

日本一選ばれている葬儀ブランド

小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2015.01.13  更新日:2018.12.28

供花の送り方|費用相場や手配方法、宗教ごとの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

供花の送り方|費用相場や手配方法、宗教ごとの種類

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀に参列する際、弔意を示すために花を送ります。この花は供花(きょうか)と呼ばれ、遠方で参列できない時や、香典を辞退された葬儀で香典の代わりに送ることもあります。この記事では、供花の費用相場、手配方法、宗教ごとの最適な供花の種類などをご紹介します。

【もくじ】
供花とは?弔意を示すために送る花
供花の費用相場は7,500~15,000円程度
供花の手配は葬儀社・花屋・ネットで
供花を送る際の注意点
宗教ごとの最適な供花の種類

供花とは?弔意を示すために送る花

参考動画:供花(きょうか)について【小さなお葬式 公式】 動画が見られない方はこちら

供花は、故人の死をとむらう心を示すために送ります。死者の霊を慰めると同時に、会場を飾る意味合いもあります。葬儀に参列する親族のほか、遠方で参列できなかった親族や、親族以外で故人と親しかった方も送ることができます。必ず用意する必要はありませんが、弔意をより表すという意味では有効です。

供花の費用相場は7,500~15,000円程度

供花の費用は7,500~15,000円程度が相場です。これは一基(いっき)の価格であり、2つ分の一対(いっつい)の場合はこの倍になります。籠やアレンジメントは比較的安価で、スタンドは高価になります。用いる花や季節などによっても価格が大きく変わります。

供花のイメージ

また、葬儀に参列する際に、供花代として「お花代」を包むことがあります。詳しくは、お花代についての記事がありますので、参考にご覧ください。

供花の手配は葬儀社・花屋・ネットで

供花を手配するには、葬儀社・花屋・ネットの、3つの方法があります。最も確実な方法は、葬儀社へ依頼することです。時間に余裕がなくても手配でき、会場内の雰囲気にも合わせてもらえます。
また、葬儀社によっては他店で購入した供花は利用できないとしていることもあります。

葬儀社へ依頼する場合、まずは葬儀会場に連絡を取って日程と喪家の名前を伝え、担当葬儀社名を教えてもらいます。その後葬儀社へ連絡して、日程と喪家の名前を伝え、供花を注文します。

ご自身で花を選びたいという方は、花屋またはネットから手配すると良いでしょう。その際は、次の点に注意して依頼します。

①担当葬儀社に、他で手配した供花でも問題ないかを確認しておく。同時に、統一感を出すためにどういった花の種類が良いかも聞いておく。
②届くまでの時間に、余裕があるかを確認しておく。1日前であれば問題ない。通夜に間に合わせるなら、遅くとも当日の午前中までに依頼する。

ネットでの手配を検討されているのであれば、こちらのサービスを参考にしてみてください。

参考:お花配達.com

供花を送る際の注意点

■当日に間に合うように手配する
供花は通夜の開始に間に合うように送ります。間に合わない場合、通夜の日に届けば葬儀で飾ることはできます。

■季節によって取り扱う花や相場が変わる
生花の場合、季節によって扱う品種が変わります。そのため、写真で掲載されている花が用意できないこともありますし、流通の状況によっては価格相場が変わることもあります。

宗教ごとの最適な供花の種類

仏教

仏教の供花例
イメージ写真の出典:ビジネスフラワー

仏教では、百合や菊、デンファレ、カーネーションなどの花がよく利用されます。やや高価になれば、胡蝶蘭を用いることもあります。いずれも派手な色ではなく、白など落ち着いた色合いのものを選びます。基本は生花ですが、近年はプリザーブドフラワーなど造花を使うこともあります。

フラワーアレンジや籠アレンジが一般的で、どちらもそれほどスペースを取らないため、どのような会場でも利用しやすいです。スペースを広く取れる場合は、フラワースタンドを送ることもあります。フラワースタンドは二基一対、フラワーアレンジや籠アレンジは一基というのが一般的でしたが、近年はスペースの関係からどの場合でも一基だけ送ることが多いです。

神道

神道の供花例
イメージ写真の出典:花秘書

神道での葬儀である神葬祭では、仏教の場合と同様に菊や百合などが用いられます。なかでも白い菊の花はよく利用されます。送り方は仏教の場合と同じで構いません。本来神道では榊が送られていましたが、現在は喪主である祭主が榊を供え、他の人は花を供えるという形式になっているようです。

キリスト教

キリスト教の供花例
イメージ写真の出典:BunBun!Bee

キリスト教では、百合やカーネーション、小菊やスプレー菊などが用いられます。キリスト教では生花が基本となります。また、名札は付けません。

基本的に籠アレンジで、教会ではなく故人の自宅に送ります。また、キリスト教には特徴的なアレンジメントとして、クロスとハートがあります。クロスは肉親や友人などが送るもので、十字架型のアレンジメントです。ハートは親族や親しい間柄の友人が送るもので、永遠の愛を表すハート型のアレンジメントです。これらは日本では馴染みがなく、店舗によっては取り扱っていないこともあります。

供花はネットでも手配可能

ネットで供花の手配をご検討されている方は、全国で即日お花を配達できるサービスもありますので、下記のページを参考にご覧ください。

参考:お花配達.com

4.6/5
評価数(10)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓