葬式で送りたいメッセージや守りたいマナーについて解説!
葬儀マナー[参列者]

作成日:2021年11月05日  更新日:2021年11月09日

葬式で送りたいメッセージや守りたいマナーについて解説!

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

身内や親族、親しかった人に不幸が起きることは、とても苦しく悲しいことでしょう。その際、葬式に参列する方がほとんどですが、中にはやむをえない事情で葬式に参列不可能な方もいるかもしれません。しかし、葬式に参列できなくても、故人へ何かメッセージを送りたいと考える方もいるかと思います。

また、「メッセージを送りたいが方法がわからない」「葬式に相応しいメッセージや言葉遣いとは何か」とさまざまな疑問や不安が出てくる方も少なくありません。心残りがないように故人を見送りたいと思う気持ちは、誰しも同じかもしれません。

この記事では、葬式で故人へ送るメッセージや、守るべき言葉のマナーなどについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
葬式でメッセージを送る方法・弔電とは
葬式でメッセージを送る際に気をつけたいこと
葬式で守るべきマナーについて
まとめ

葬式でメッセージを送る方法・弔電とは

故人との最後の時間になるのが葬式です。葬式では思い残すことや後悔がないように、心からお別れをしたいと考える方が多くいます。そのとき、故人へのメッセージを形に残るものにして送る方もたくさんいます。

そのひとつの方法に弔電がありますが、あまり聞き慣れない言葉なので知らない方も多いでしょう。ここでは、弔電についてや、故人にメッセージを届ける方法について解説していきます。

弔電とは

葬式に参列したいが、やむをえない事情のため参列できず、故人や遺族へ向けて電報という形で送るメッセージを弔電と呼びます。現在は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、弔電を利用する方もいるかと思います。

電報でメッセージを送ると聞くと、メールやSNSのように感じますが、明確な違いがあります。それは「形に残る」ことです。弔電では、メッセージを台紙に書き記して送ります。それだけではなく、お花やお線香などを付けて送ることも可能です。

棺桶の中に手紙を入れる

弔電を送ることだけが、故人へメッセージを届ける方法ではありません。故人と葬式での最後の別れの際に、棺の中に、故人とゆかりのあるものや故人が好きだったものを入れることがあるでしょう。棺桶の中に入れるものを副葬品と呼びますが、副葬品のひとつに手紙を選ぶ人も少なくありません。

棺桶にメッセージを直接記入する

棺桶の種類によっては、メッセージや絵を記入できるものもあります。棺桶に直接メッセージを残すことで、故人がお別れしても寂しい思いをしなくて済むと考える人が多く見られます。こだわった葬式にしたい方は、ぜひ検討してみてください。

お悔やみの手紙

お悔やみの手紙は、弔電と混同して覚えられがちです。お悔やみの手紙とは、葬式に参列できない際に、故人に対する言葉を綴った手紙のことです。言葉の意味としては弔電とさほど変わりはありません。

弔電とお悔やみの手紙のそれぞれの違い

言葉の意味にさほど変わりがなくても、いくつか異なる点はあります。1つは、香典を送れるか送れないかの違いです。一般的に、香典は現金で贈ることがほとんどです。お悔やみの手紙は現金書留として香典を郵送することが可能ですが、弔電は電報のサービスなので香典を同時に送ることは不可能な場合が多いでしょう。

もう1つの違いは、送るべき時間についてです。一般的に、葬式では弔電を読み上げる「弔電披露」があります。葬式の進行途中に行われることなので、多くの弔電は葬式やお通夜の前に送られることが多いです。対して、お悔やみの手紙は葬式で読まれることはほとんどないので、葬式が行われる時間はあまり意識しなくてよいでしょう。

しかし、手紙も弔電も、亡くなった知らせを受けてからなるべく早く送るのが基本です。弔電を送る場合は、葬式で読まれることを考慮して、葬式の日程をしっかりと調べておきましょう。

あわせて読みたい 香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて詳しく解説 訃報は突然にやってきます。特に、関係の深い親戚などでない場合、通夜や葬儀・告別式の連絡を急に受けることも… 続きを見る

葬式でメッセージを送る際に気をつけたいこと

葬式でメッセージを送る方法はたくさんあります。しかし、手紙や弔電では何でも自由に書いていいわけではありません。葬式で送る手紙と弔電には、使ってはならない言葉もあります。言葉遣いを間違えマナーに反してしまうと、葬式を執り行っている喪主や故人が嫌な思いをするかもしれません。

ここからは、弔電や手紙を送る際にそれぞれで気をつけるべきことを解説します。喪主や故人に失礼がないよう、理解しておきましょう。

弔電を送る際に気をつけること

弔電には送る際に気をつけておくべきことがあります。弔電は葬式で読まれることもあるので、特に注意しておくことが必要です。気をつけるべきことを下記にまとめています。

宛名と宛先に気をつける
弔電に宛名を記入する際には、葬式を執り行っている喪主の名前を書くようにしましょう。宛先は、故人が以前住んでいた住所ではなく、葬式会場へ送るようにします。
敬称の確認
弔電では、敬称にも注意が必要でしょう。敬称とは、相手を敬った呼び名のことです。弔電で敬称を使用する際には、少し独特な表現が使われます。また、故人と喪主の関係性により敬称は異なってくるので、調べておきましょう。
連名で送ることも可能
弔電は連名にして送ることが可能です。個人で弔電を送るよりも、連名にして何人かが一緒になって送った方がよい場合もあります。しかし、夫婦で送る際には連名にしてはいけない、連名の人数によって記入の仕方が異なってくるといった注意点があるので、把握しておきましょう。
あわせて読みたい 弔電の送り方は?葬儀の際に送るお悔やみ電報の料金・文例やマナーについて詳しく解説 弔電(ちょうでん)は、お葬式に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝えるために送る、葬儀の電報です。弔電とお悔やみの… 続きを見る

お悔やみの手紙を送る際に気をつけること

弔電を送る際に気をつけることと同様に、敬称や宛名、宛先には気をつけて記入した方がよいとされています。

また、便箋や同封するものの色は派手な色合いのものは避け、なるべくシンプルな色のものを用意しましょう。便箋は1枚に収めて書くようにし、2重ではなく1重の封筒を使用します。

棺桶に手紙を入れる際に気をつけること

副葬品として棺桶の中に手紙を入れる際には、周囲の人や遺族に確認を取ってから入れるようにしましょう。確認を取る際には、故人との関係性を可能な限り正確に伝えることをおすすめします。故人との関係性が分かれば、周囲の人と喪主も安心するでしょう。

メッセージの内容について

手紙や弔電に記入するメッセージの内容は、長くても短くても構いません。自身が、故人を心から思った言葉がなによりの供養です。

また、どんな理由で葬式へ参列できないのかも記入しておきましょう。文章の最後は、遺族に対しての励ましの言葉で締めるのが基本です。

弔電の場合は葬式の会場で読み上げられ、多くの人が聞くこともあるので、故人のプライベートに深く触れるような内容はなるべく避けるようにしましょう。

縁起の悪い言葉

手紙や弔電に記入するメッセージには、喪主や故人に対してふさわしくない言葉や、縁起の悪い言葉があります。それを「忌み言葉」と呼ぶことが多いです。忌み言葉とは、重ね言葉や死に関した直接的な表現のことを指します。

重ね言葉の例としては、「重ね重ね」「次々」「いよいよ」といったものが挙げられるでしょう。死に関した直接的な表現とは、「死亡した」「生きていた」「存命だった」といったものがあります。

ほかにも、死を思い浮かべてしまうような言葉はなるべく控えましょう。「追伸」や「追いかける」といった表現は、「故人の後を追う」と思われるかもしれません。また、数字を使用する時も、4や9といった死を想像してしまう数字は避けるようにします。

葬式で守るべきマナーについて

葬式は、頻繁に経験する行事ではないので、言葉遣いについて曖昧にしか理解していない方も多いかもしれません。葬式で遺族や親族に対して声をかける際には、気をつけなければいけないことがあります。また、香典についても注意が必要です。ここでは、葬式での言葉遣いや香典のマナーについて詳しく解説します。

葬式で遺族や親族に伝える言葉について

葬式では、遺族や親族の方に言葉をかけることもあります。その際、注意しておくべきことが3点あります。

1つ目は、忌み言葉を使用しないことです。重なる言葉の表現や死を連想させてしまう表現は避けましょう。

2つ目は、伝える言葉は短くし、故人と遺族の心情を考えた言葉をかけることです。また、どんな理由で亡くなったかによってかける言葉も異なってくるので事前に理解しておきましょう。

3つ目は、宗教によって使用する言葉が違ってくることです。故人の宗教や葬式の形式によってふさわしい言葉があります。通常、故人や遺族の宗教に合わせた言葉を使用することが多いでしょう。宗教についても事前に確認しておくことをおすすめします。

弔電や香典を辞退された場合

家族葬のような、遺族や親族だけで葬式を執り行う葬式の形式では、弔電や香典を辞退する方も少なくありません。その際には、喪主や遺族の意志を尊重して弔電や香典を送ることは控えましょう。どうしても何かを送りたい方は、後日仏壇にお供え物を送ることが可能な場合もあるので、遺族や親族の方に許諾を得ましょう。

あわせて読みたい 「香典は辞退します」を参列者が迷わないようにしっかり伝える方法 葬儀では参列者から遺族に香典を渡されるのが一般的ですが、最近では故人の遺志や参列者の負担を減らすといった理由から、香典の辞退を考えるご遺族が増えています… 続きを見る

葬式に参列しなくても香典は送るべきか

葬式に参列しない場合、基本的に香典は送らなくても構いません。しかし、香典を送る行為は故人に弔意を表す行為の1つなので、故人や喪主と自身の関係性を配慮した上で判断した方がよいでしょう。

まとめ

葬式へ送るメッセージは、故人に対しての思いを綴ったものです。多少、形式や言葉遣いに決まり事があっても、伝えたい思いを忘れないようにしましょう。

故人へメッセージを送る方法はたくさんあります。自身の思いを伝えることができる最善の方法を選択することが大切です。たとえ葬式に参列できなくても、弔電のように故人へメッセージを残せる方法はあります。

また、葬式にはたくさんのマナーや気をつけなければいけないことがあるため、困惑する方も多くいるでしょう。葬式の際のメッセージや香典などのマナーついてご不明点やお悩みがある際には、ぜひ小さなお葬式にご相談ください。葬式関連の専門的知識と豊富な経験を持ったスタッフが心を込めてアドバイスいたします。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事