満中陰志について解説|お礼状や贈り物、マナー
法事・法要

作成日:2021年12月24日  更新日:2022年04月22日

満中陰志について解説|お礼状や贈り物、マナー

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

「満中陰志」という言葉は、どのように読むかよく分からない上になかなか聞き慣れないため、知らないという方も多いのではないでしょうか。実は多くの人に深い馴染みのある言葉と同じ意味を持っています。

葬儀や通夜に出席した際にほとんどの方は香典を出すのが一般的です。一方で、香典を受け取った遺族側は、参列者に対して「香典返し」というお返しの品を贈ります。この「香典返し」のことを、主に西日本や関西など一部の地域では「満中陰志」と呼んでいます。

この記事では、満中陰志という言葉の意味について深堀りするとともに、送る時期や金額の目安について解説します。また、満中陰志に添えるお礼状についても、書式や例文を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

お寺とお付き合いの無い方に向けて、お坊さん手配の便利なサービスもおこなっています。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

【もくじ】
満中陰志の意味
満中陰志を贈る時期はいつがよい?
満中陰志の贈り物や金額の目安は?
満中陰志に添えるお礼状
満中陰志のお礼はするべきか
まとめ

満中陰志の意味

満中陰志とは、一般的にいう香典返しのことで、「まんちゅういんし」と読みます。主に西日本や関西で使用されています。そのため、関東やその他の地域ではなじみがなく、初めて耳にすると戸惑う方も多いかもしれません。

満中陰志は通夜や葬儀に出席していただいたことに関するお礼と、何事もなく四十九日の法要が完了したことを伝えるために贈るものです。ここでは、「満中陰」と「志」という2つの言葉に分けて、それぞれがどのような意味があるのかを解説します。

満中陰の意味

「満中陰」の「中陰」とは仏教で死後49日間のことを言います。この49日間は亡くなった方だけでなく、遺族にとっても大事な期間です。初七日から始まって、7日ごとに亡くなった方の審判が行われ、最終的に次の人生がどこに向かうのか決まるからです。

「満中陰」とは中陰が満ちるということ、つまり49日間が終わるということを表しています。四十九日の忌明けが終わり、無事に亡くなった方が成仏できたことを指しているのです。

志の意味

葬儀や通夜にて香典返しをいただいた際に、のしに「志」と書かれているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この志とは、「気持ち」という意味で、心ばかりのお礼」ということを表しています。

そのため、満中陰志は「四十九日が無事に終わりましたので、心ばかりのお礼を贈ります」という思いで返礼するものを指します。

あわせて読みたい 満中陰志とは何?粗供養や志との違い/贈るときのマナーについて詳しく解説 満中陰志とは、四十九日法要後の香典返しのことです。西日本の一部地域を中心に使われている言葉のため、聞き慣れない方も… 続きを見る

満中陰志を贈る時期はいつがよい?

満中陰志は香典返しと同じものですが、贈る時期も同じなのでしょうか。香典返しとは、通夜や葬儀の際に参列し、香典をいただいた方に返礼をします。基本的に四十九日を迎えた忌明けに贈りますが、近年では「当日返し」が一般的です。

葬儀や通夜に出席したことのある方のほとんどは、香典返しを当日にいただくという経験をしているのではないでしょうか。しかし、満中陰志は当日返しができません。

その理由は、満中陰という単語が示す通り、四十九日を過ぎてからでないと、その意味を成さないからです。そのため、当日返しをする場合は「満中陰志」ではなく、「志」と書くことで、どの場合でも対応し返礼できます。のしにどのように書くかはその点について考慮する必要があるため、注意しましょう。満中陰志を贈る場合は、できれば四十九日を迎えてから約1カ月の間に済ませるようにすることが大切です。

満中陰志の贈り物や金額の目安は?

香典返しと同様に、満中陰志はいただいた香典の金額の2分の1程度のものを用意します。しかし、当日返しをした場合は、いただいた金額の半分に満たない可能性があります。ここでは、満中陰志の金額や、当日返しをした場合の贈り物について解説します。

どんな贈り物がよい?

満中陰志で贈るものは形に残るものではなく、消費してなくなるものがよいとされています。それは、「祝い事でないものは残すべきではない」といった考え方や、「悲しみを消すため」といった意味があるためです。

消費してなくなるものといえば、食べ物・飲み物・日用品などがあります。

【食べ物】 クッキー、せんべい、海苔、うどん など
【飲み物】 お茶、コーヒー、紅茶 など
【日用品】 洗剤、石鹸、タオル など

タオルはすぐには消費できませんが、悲しみを拭い去るという意味から贈り物に適しているとされています。満中陰志の贈り物はたくさんあるため、金額や好みを考慮して喜ばれるものを選ぶようにしましょう。

満中陰志の金額は約2分の1

満中陰志の金額の目安は、香典返しと同様に、いただいた金額の2分の1が一般的とされています。しかし、あまりにも香典が高額なときは3分の1ほどでもよいため、いただいた香典の金額をよく確認してから金額を決定しましょう。

当日返しをした場合はどうする?

当日返しをした場合、いただいた香典の金額に見合わない返礼となる場合があります。例えば、当日返しに2,000円のものを用意していたとします。しかし、いただいた香典が15,000円であった場合、相手が返礼に対し物足りなさを感じることがあるかもしれません。

その際は、四十九日を終えてから差額分を満中陰志として贈ることもできるため、当日返しで金額が見合わなかったとしても慌てる必要はありません。

あわせて読みたい 香典返しをするときに知っておきたい、高額な香典をもらったときの対処法について解説 家族が亡くなると、弔問に訪れてくれるのは親族だけではありません。故人と仲がよかった方や、仕事で付き合いのあった方などが… 続きを見る

満中陰志に添えるお礼状

満中陰志を贈る際に、お礼状や挨拶状はつけたほうがよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。また、お礼状を書くときの注意点は何か、お礼状は手紙がよいのかはがきがよいのかなど、考えることは山積みです。いざ、お礼状を書くときに失敗しないように、お礼状の例を紹介しながら、書き方について解説します。

お礼状に書くべきこと

お礼状は、ある程度書式が決まっているため、最初に確認しておくとよいでしょう。お礼状の内容の流れは以下の通りです。

1. 頭語(謹啓)
2. 葬儀・通夜への参列、香典に対するお礼
3. 満中陰法要が無事に終わったことの報告
4. 喪主が直接挨拶できずに略儀で済ませることへのお詫び
5. 結語(敬具)
6. 日付
7. 喪主の名前
8. 香典返しの品物を贈ったことのご連絡

頭語と結語は必ず入れなければならないというわけではありませんが、両方入れるか、あるいはそもそも入れないかを選択してください。頭語と結語のどちらかだけを入れるのはふさわしくないため、注意が必要です。

お礼状を書く際の注意点

お礼状は基本的な流れのほかにも、書くときの注意点がいくつかあるため確認しましょう。以下に間違いやすい点を挙げました。これだけは押さえておいてほしいポイントについて解説します。

・季節の挨拶を入れない
・文章中に句読点を入れない
・「ますます」などといった重ね言葉を使わない
・濃墨で書く

このように、お礼状を書く際にはきまりがあるため、普段の文章とは違うということを覚えておいた上で失礼のないように書きましょう。

あわせて読みたい 葬式のお礼状を書く相手やマナーは?文例も含めて解説 お葬式を終えたあとにはお礼状を送る場合がありますが、「お礼状を送る意味を知りたい」「誰にお礼状を送ればよいのか… 続きを見る

お礼状の例

お礼状の流れは分かっても、具体的にどのような文面で書けばよいか分からないと悩む方もいるでしょう。お礼状の例を紹介するので、参考にしてみてください。

謹 啓

御尊家御一同様には愈々御清祥であることとお慶び申し上げます
さて過日 亡母 △△ の葬儀に際しましては
ご多忙の中ご厚志を賜り厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして この程 満中陰志の法要を滞りなく相営みました
供養のしるしに心ばかりの品をお届けいたしました
略儀ながら書中をもちまして御挨拶を申し上げます

敬 具

令和○年○月○日

東京都八王子市○○○
東 京太郎

お礼状は封筒?はがき?

お礼状は、封筒でもはがきでもどちらでも構いません。ただし、封筒で出す場合は、手紙1枚に書いて一重封筒に入れます。二重封筒に入れると、「二重」に不幸が重なるという意味で捉えられることがあるため気をつけましょう。

また、最近でははがきに印刷して出す方も増えており、手間もかからないためおすすめです。お礼状を出す際は、差出人との関係やその時の状況、お礼状を出す人数などを考慮し、自分たちに合ったやり方で出すようにしましょう。

満中陰志にお礼はするべきか

ここからは満中陰志を受け取る立場の方に向けて解説します。満中陰志を受け取ったらお礼は必要なのでしょうか。香典のお返しをいただいたのだから、一言お礼を言いたいという方もいるかもしれません。その場合、相手の方にお礼を言ってもよいのか、また、なんと言えばよいのか悩むことでしょう。

ここでは、満中陰志を受け取ったらお礼は必要なのか、そしてお礼を書くにあたって避けた方がよい表現について解説します。

お礼は不要

満中陰志を受け取っても、お礼をする必要はありません。なぜなら満中陰志自体が、香典に対してのお礼だからです。お礼にお礼を重ねることは失礼にあたるとされているため、「わざわざ満中陰志を贈っていただいたので、お礼を言いたい」と思っても、我慢することがマナーです。

避けたほうがよい表現

どうしてもお礼を言いたいという場合は、次回会ったときに「無事に届きました」といった報告のみに留めるのがベストです。手紙やはがきで伝える際は「お気遣いいただき恐縮です」といった風に書き、「ありがとう」と感謝の意を述べることは避けましょう

とはいえ、遺族の状況や気持ちを考えると、さすがにお礼を言うべきではないという場合もあるため、できれば満中陰志に関するお礼は言わないように徹するのが賢明でしょう。

まとめ

満中陰志は、関西や西日本では一般的な呼び方で、香典返しのことを指します。呼び方は異なりますが、意味やそこにある思いは同じで、感謝の心を込めたものであることに変わりはありません。金額は目安として、いただいた香典の半額程度が基本です。

贈り物は消費するものがよいという点は香典返しと同じですが、いざ贈るとなると分からないことも多く戸惑うこともあるでしょう。満中陰志のことはもちろん、それ以外でも聞きたいことやお困りのことがございましたら、ぜひ小さなお葬式へご相談ください。生前故人がお世話になった方々に返礼したいという気持ちをきちんとお届けするべく、心を込めてお手伝いいたします。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事