小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2015年04月09日  更新日:2019年09月17日

安置とは|場所や方法・費用・注意点など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安置とは|場所や方法・費用・注意点など

この記事は小さなお葬式が書いています

by:Travelling_Artist

亡くなってから24時間はご遺体を火葬してはいけないという法律があり、ご遺体は最低1日間安置する必要があります。

そのため、葬儀の内容を決めていく際に、安置方法を決める必要があります。その時になって希望にあった安置方法が選べるよう、ご遺体を安置する場所と方法、安置にかかる費用、注意点、安置後の流れをご紹介します。

小さなお葬式

【もくじ】
ご遺体を安置する場所と方法
安置にかかる費用
安置の注意点
安置後の流れ

ご遺体を安置する場所と方法

安置は、次の3つから選ぶ事になります。

・自宅安置
・斎場・葬儀社の安置室
・民間の遺体保管所

まずは安置場所と安置方法の違いについてご説明します。

自宅安置

自宅で安置する場合には布団を敷き、その上にご遺体を寝かせ、ドライアイスなどで冷やします。これは、腐敗を防いでご遺体の状態を維持するためです。

自宅内に安置できるスペースがあれば、自宅は亡くなった方にとっても遺族にとっても慣れ親しんだ場所であるため、落ち着いて最後の別れができるという意味でも良い方法だといえます。

斎場・葬儀社の専用安置室

斎場や葬儀社にも、ご遺体を安置する施設があります。病院からご遺体を搬送する時点で、利用する斎場や葬儀社が決まっていれば利用することができます。斎場や葬儀社の安置室であれば、通夜や葬儀の際にご遺体をほとんど移動させる必要がなく、負担は少なくなります

民間の遺体保管所

民間の遺体保管所は、火葬前の一時的な預かりであるため、通常は1~2日程度の利用となります。24時間営業の場合が多く、遺族がいつでも面会することができます。とはいえ、自宅や斎場・葬儀社の安置室のように、亡くなった方に付き添うことはできません。

また、冷蔵設備が整っているかどうかは保管所によって異なり、ない場合は自宅の場合と同じくドライアイスでの対応となります。スタッフが管理を行いますが、環境的には自宅とあまり変わらないため、長期間の保存には適していません。

あわせて読みたい 葬儀費用を安くするための必須知識を詳しく解説 「葬儀費用は高いと聞くけど、いくらが相場なのか」という声がよく聞かれます。葬儀を手配する経験はめったにありませんから、よく分からないという... 続きを見る

安置にかかる費用

安置場所によって費用が異なり、次の項目を考慮する必要があります。

●ご遺体搬送料
●安置施設利用料
●遺体保存に関する費用(ドライアイスなど)
●付き添い費用

安置場所ごとの費用について、表にまとめました。

自宅 斎場・葬儀社安置室 民間の遺体保管所
遺体搬送料 20,000円程度/10㎞ 20,000円程度/10㎞ 20,000円程度/10㎞
安置施設利用料 なし 5,000~30,000円程度 10,000円程度
遺体保存にかかる費用
(ドライアイスなど)
5,000~30,000円程度 5,000~30,000円程度 7,000円程度
付き添い費用 なし 50,000円程度 5,000~30,000円程度

上記はあくまでも参考金額で、依頼する葬儀社によって金額は異なりますので、確認が必要です。

「小さなお葬式」は、セットプラン料金の中に、ご遺体搬送料金、安置施設使用料金、遺体保存費用、付き添い費用(告別式前夜)を含んでおります。詳しくは、小さなお葬式の「家族葬プラン」を参考にご覧ください。

小さなお葬式の家族葬

安置の注意点

安置方法によって注意点は異なります。

自宅安置の注意点

気をつけなければいけないのは、ご自身でしっかり管理できるのかということです。自宅でご遺体を安置する場合はドライアイスを使用して保冷しますが、きちんと保冷ができていないと、腐敗が進んでしまいます

また、十分なスペースがあるかどうかという点も注意が必要です。高層階でエレベーターを使用しなければいけない場合には、棺が入る大きさかを確認しておき、共用部が狭い場合にも身動きがとれる十分な広さがあるかを確認しておきましょう。

斎場・葬儀社の安置室利用の注意点

付き添いができるように宿泊施設を備えている施設もありますが、全ての安置室で設備が整っているわけではありません。安置室で安置をした後は、通夜・葬儀の当日まで対面できない場合もあります。また、希望者全員が付き添いをできない場合もあり、費用もかかりますので、事前に確認が必要です。

民間の保管所利用の注意点

遺体保管所はご遺体を一時的に安置しておく場所として作られたもので、冷蔵設備が整っていない施設も多くあります。ドライアイスのみでの保冷の場合は3日程度が目安であるため、これを超えるとご遺体の腐敗・損傷が進んでしまいます。あくまでも一時的な保管に適していることを覚えておきましょう。

安置後の流れ

お別れは突然やってくるものなので、余裕がない状態で決めてしまうと後悔につながることもあります。余裕のある時に、安置後の葬儀についても周囲と相談して決めておくのが良いでしょう。

安置を行った後の流れや、葬儀のマナーについて詳しくまとめた記事がありますので、参考にしてください。

あわせて読みたい 葬儀・葬式の流れとマナーについて詳しく解説 葬儀はどのような流れで進み、何をしなければならないのでしょうか。一般的に、葬儀は下記のような流れで進行していきます。実際にその時になれば... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.5/5
評価数(17)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引