葬儀費用5,000円割引 事前準備に便利な詳しい資料やエンディングノートをお届けします。資料請求はこちら 無料

日本一選ばれている葬儀ブランド

小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2019.02.08  更新日:2019.04.18

お葬式にはいくらかかる? 費用の平均と内訳を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式にはいくらかかる? 費用の平均と内訳を解説

この記事は小さなお葬式が書いています

お葬式を執り行う際には、費用がいくらかかるのかが気になるものです。お葬式にかかる費用は、お葬式の内容によって異なります。

この記事では、一般葬と家族葬、直葬でそれぞれかかる費用の平均および内訳、お葬式の費用は香典でまかなうことができるのかについて解説します。

【もくじ】
一般的なお葬式の平均費用と内訳
家族葬の平均費用と内訳
直葬の平均費用と内訳
お葬式の費用は香典でまかなえる?

一般的なお葬式の平均費用と内訳

最初に、一般的なお葬式の平均費用とその内訳を見てみましょう。

一般的なお葬式の平均費用

一般的なお葬式の平均費用は、日本消費者協会による2017年の調査によれば「約195万円」となっています。「一般的なお葬式」とは、遺族・親族および故人に縁がある方々が広く参列するもので、お通夜には50名~150名ほどの参列者、告別式には10名~20名ほどの参列者が集まる規模となります。

一般的なお葬式の費用の内訳

日本消費者協会による2017年の調査では、お葬式費用の内訳は、葬儀一式費用が61%、通夜からの飲食接待費が15%、寺院への費用は24%となっています。この割合を当てはめると、一般的なお葬式の平均費用の内訳は、下の表のようになるでしょう。

費用の内訳 割合 金額
葬儀一式費用 61% 119万円
通夜からの飲食接待費 15% 29万円
寺院への費用 24% 47万円
合計 100% 195万円
あわせて読みたい 葬儀・葬式の流れとマナーについて詳しく解説 葬儀はどのような流れで進み、何をしなければならないのでしょうか。 一般的に、葬儀は下記のような流れで進行していきます。実際にその時になれば... 続きを見る

家族葬の平均費用と内訳

次に、「家族葬」の平均費用とその内訳を見てみましょう。

家族葬の平均費用

家族葬の平均費用は、2017年に行われたエンディングデータバンクの調査によれば、「約115万円」です。(※2017年エンディングデータバンク調べ 1都3県の家族葬の平均費用)

「家族葬」とは、家族およびごく親しい人のみで行われる葬儀のことで、参列者は10名~30名ほどの規模のものです。

家族葬の費用の内訳

家族葬の費用の内訳は、上の割合に当てはめた場合には次のようになります。

費用の内訳 割合 金額
葬儀一式費用 61% 70万円
通夜からの飲食接待費 15% 17万円
寺院への費用 24% 28万円
合計 100% 115万円

直葬の平均費用と内訳

次に、「直葬(ちょくそう)」の平均費用と内訳がいくらになるかを見てみましょう。

直葬の平均費用は、2014年におけるエンディングデータバンクの調査によれば、「約33万円」です。「直葬」とは、通夜や告別式を行わず、短時間の簡素な儀礼火葬のみを5~10名程度で行うものです。

直葬においては一般に、飲食接待は行われません。したがって、この「33万円」は葬儀一式のみの費用であることになります。

お葬式の費用は香典でまかなえる?

これまで見てきたことにより、一般葬と家族葬・直葬でかかる平均費用は、次の通りであることがわかりました。

葬儀の形式 参列者数 平均費用
一般葬 50~150名 195万円
家族葬 10~30名 115万円
直葬 5~10名 33万円

ところで、お葬式では参列者がお香典を持参するのが一般的です。このお香典の収入により、お葬式の費用はまかなうことができるのでしょうか?

お香典の総額はいくらになるか

お葬式でお香典が総額でいくら集まるかは、一概にはいうことができません。一人ひとりが持参するお香典の額は、地域によっても異なるといわれています。また、親族は一般の参列者と比較してお香典をたくさん出すことが多いため、親族が多く集まるお葬式ではお香典もたくさん集まるということができるでしょう。

ただし、ざっくりと平均した場合、お香典の一人あたりの平均額は「7,000円」といわれています。これを正しいとして、一般葬・家族葬および直葬でのお香典の総額を計算すると、次のようになります。

葬儀の形式 参列者数 平均費用 香典の総額
一般葬 50~150名 195万円 35万円~105万円
家族葬 10~30名 115万円 7万円~21万円
直葬 5~10名 33万円 3.5万円~7万円

結論:お香典で葬儀費用をまかなうのは難しい

お香典の総額を計算した時点で、葬儀の平均費用には及ばないことがわかるでしょう。さらに、お香典は一般に「半返し」をするために、お香典の総額の半額が、返礼品の費用となります。したがって、

「お香典で葬儀費用をまかなうのは難しい」といえるでしょう。

葬儀を行うことになった場合、費用の大半は自分達で工面する必要があるのです。葬儀費用の自己負担額を減らすには、希望する葬儀内容一式にかかる費用を抑えることが大切です。

「小さなお葬式」では、葬儀に必要な物品・サービスを揃えたセットプランをご用意致しております。
全国対応・安心価格で高品質の葬儀を執り行っていただけますので、葬儀をご検討されている方は下記のページをご覧ください。
小さなお葬式

4.5/5
評価数(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓