直葬での服装は?平服と言われたときの理想の格好やNGな格好も紹介
参列マナー

作成日:2019年12月18日  更新日:2020年10月27日

直葬での服装は?平服と言われたときの理想の格好やNGな格好も紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

直葬とは「火葬式」とも呼ばれており、お通夜や告別式などの儀式を省略して家族や親戚、ごくごく親しい友人の数名のみで集まり火葬だけを行う葬儀です。一般的な告別式とは形式が違うので、参列するときの服装について悩んでしまうという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、直葬に参列するときのふさわしい服装や平服で参列する場合の理想的な格好、NGな格好の具体例についてご紹介します。この記事を読めばマナー違反を避け、直葬に参列できるでしょう。

【もくじ】
直葬のときの服装は?
直葬のときのNGな服装
直葬に参列するときに知っておくべきこと
直葬だけで葬儀をしなくてもいいの?
よくある質問
まとめ

直葬のときの服装は?

直葬でも一般的なお葬式と同じように喪服を着るのが基本です。喪服の種類は本喪服・準喪服・略喪服の3つです。案内状に記載がなければ準喪服で参加するのが望ましいでしょう。この部分では、直葬に参列するときの服装を男性・女性それぞれについて紹介します。直葬での服装選びの参考にしてください。

直葬に参列する男性の服装

男性は準喪服の基本であるブラックスーツを着用します。スーツのタイプはシングル・ダブルのいずれでも問題ありません。素材としては光沢がなく、漆黒に近い黒がおすすめです。ワイシャツはホワイト、ネクタイはブラックのものを選びます。靴下・靴もブラックです。

ゴールドのネクタイピンや金属製の腕時計、金具付きの靴など、光沢が際立つものは避けるのが無難でしょう。また、結婚指輪以外の装飾品は外しておくことで、場にふさわしい礼儀を示すことができます。

直葬に参列する女性の服装

女性の場合も、準喪服あるいは略喪服のワンピース・スーツ・パンツスーツ・アンサンブルを着用できます。色は基本ブラックです。スーツを着用する場合、インナーにはホワイトシャツもしくはプレーンなデザインのブラウスを着ます。素材は光沢を抑えたもので透けないもの、デザインは華美にならないものを選びましょう。

スカート丈は通常よりもやや長めのものが無難です。ストッキングや靴、カバンの色も基本的にブラックで統一します。

平服と言われた場合は略喪服で良い

直葬の案内状に「故人の意向に沿って、平服でお越しください」と書かれている場合、基本的には本喪服や準喪服ではなく、略喪服で参列するのがマナーです。

男性の略喪服はブラック・グレー・紺のダークスーツです。女性の場合はブラック・グレー・紺のワンピース、アンサンブル、スーツ、パンツスーツが略喪服に含まれます。「平服でお越しください」と書かれていても、カジュアルな服装でお越しくださいという意味ではありません。

直葬のときのNGな服装

直葬に参列するときには、故人や遺族への礼儀、火葬場が公共施設であることなどを考えると、ふさわしくない服装で参列するのは避けたいものです。ここからは、直葬に参列するときのNGな服装、アクセサリーや持ち物の具体例をいくつか紹介します。マナー違反を避け、故人や遺族に敬意を払うための参考にしてください。

派手な服装はふさわしくない

派手な服装は避けるのがおすすめです。男性はブラック・グレー・紺系のダークスーツを選択できます。デザインも無地かシンプルな柄を選びましょう。ネクタイ・靴下・靴も黒で統一します。スーツにスニーカーを合わせるビジカジスタイルも浸透しつつありますが、こうした公の場では避けましょう。

女性もブラック・グレー・紺系のワンピース、スーツ、パンツスーツ、アンサンブルを着用できます。黒色のストッキングに黒・グレー系のパンプスを合わせます。光沢がある素材、露出が高いものは避け、無地もしくはシンプルなデザインの洋服を選びましょう。髪が長い女性は黒の髪飾りやヘアバンドなどできちんと整えておくのがマナーです。

アクセサリーは付けない

平服で参加するときも、通常の葬儀と同じように結婚指輪以外のアクセサリーを付けていくのはマナー違反です。

女性の場合はパール・黒珊瑚・黒曜石などの黒もしくは白系のアクセサリーであれば着用できます。2連のネックレスは「不幸が重なる」とされているのでNGです。

またパーツの大きな真珠のネックレスなどは派手で目立つのでふさわしい大きさのものを選びましょう。バッグを携帯する場合は、黒で光沢のない布・革製(爬虫類系の皮はNG)のバックがおすすめです。

直葬に参列するときに知っておくべきこと

一般的な告別式では参列者として香典を持参し、招待されれば告別式の後の食事会に参加するのがマナーです。ここからは、直葬の場合に香典を持参する必要はあるのか、食事会に参加する必要があるのかという疑問に対する解答を紹介します。直葬に参列したときに恥をかかないためにも、こうした情報をぜひ知っておいてください。

香典は喪主の判断に委ねられている

香典の受け取りは喪主の判断に委ねられています。案内状を通じて事前に「香典は不要です」と連絡されていた場合は、無理して渡す必要はありません。「香典が不要」と事前に連絡する理由としては、喪主や遺族が香典返しの品を送る手間を省くというものがあります。

香典に関して事前に連絡がない場合は、気持ちとして香典をあらかじめ準備しておきましょう。記帳机や受付をあえて置かない場合もあるので、直接遺族にお悔やみの言葉と共に渡す、または祭壇にお供えすることになります。

あわせて読みたい 直葬の香典はどうする?金額の相場や渡し方など気を付けるべきマナーをチェックを詳しく解説 葬儀に参列する際には、香典をお渡しすることが一般的ですが、「直葬の場合に、香典の扱いはどうすればいいのか」と... 続きを見る

一般的に直葬は食事の場がない

お通夜の後の通夜振る舞い、葬儀後の精進落としなど、一般的なお葬式では食事の場が用意されます。しかし、直葬では基本的にそうした機会はありません。

火葬場が会場となるので、家や会場の付近で食事を終えてから参列できるでしょう。喪主や遺族の意向で、直葬が終了した後で食事を準備されることもあります。その場合、自宅もしくは会場付近での外食が一般的であり、多くは簡易的なものであることを理解しておきましょう。

直葬だけで葬儀をしなくてもいいの?

直葬はお通夜や告別式を行わず、ご遺体を1日安置してから火葬場に送ります。そのため、故人や遺族などの意向があれば、直葬でも通常行われるような宗教的な儀式ができるのか確認しなければなりません。また、簡略化された式にすることを、親族や友人に理解してもらうことも必要です。次にこうした点について簡単に説明します。

葬儀は故人の意思や状況に合わせるのがよい

埋葬や火葬に関しては、法律で必ず行うよう決められた行為です。しかし、葬儀は法律で定められているものではありません。そのため故人の意思や経済的な理由で直葬にしたとしても、その意思決定を尊重できます。

直葬は簡略化されたものとはいえ、宗教儀式の実施も可能です。会場が火葬場なので短い時間ですが、僧侶などを読んでの読経・お祈りもできるでしょう。故人に死装束を着せる、参列者の数珠の持参なども問題ありません。直葬でもきちんと故人の死を悼むことができます。

あわせて読みたい 直葬を行う前に知っておきたいことを詳しく解説 「直葬」とは、通夜式や告別式などの儀式を省き、ごく親しい方数名で火葬のみを行う葬儀のことを指します。呼び方は違いますが「火葬式」も同じで... 続きを見る

直葬を決めるときには周囲の理解を得ることも大事

一般的なお通夜や告別式とはスタイルが違うので、親族や友人の理解を得ることも大切です。親族のなかに葬儀に関する慣習やしきたりを重んじる方がいるならば、故人の意思など事情により直葬にすることをきちんと伝えたほうがよいでしょう。

また、親族や友人のなかには、参列できなかったことを残念に思う方もいるでしょう。後日落ち着いてから改めて弔問の機会を作るのがおすすめです。

また、菩提寺や懇意にしているお寺があれば、事前に直葬への了解を得ましょう。一般的な宗教行事を排除した直葬を無断で執り行なうことで、お寺とのトラブルが生じ、納骨ができなくなるなどの問題が起きるのを防げます。

あわせて読みたい 直葬で納骨が断られる可能性がある!断られたときの対処法について詳しく解説 時代の変化にともない、葬儀の方法も多様性を増しています。ごく親しい方数名で、火葬のみを執り行う「直葬」もそのひとつです。しかし、まだ一般的な葬儀方法とはいえないため… 続きを見る

よくある質問

Q:直葬の場合ご遺体はどこに安置しているの?

A:法律により、死後24時間以内の火葬はできません。そのため亡くなられた後、ご遺体を少なくとも1日は自宅などに安置します。安置方法が分からない、自宅に場所がないという場合は葬儀社に相談すれば、葬儀社の霊安室を利用できるでしょう。

▶ 参考:安置とは|場所や方法・費用・注意点など


Q:直葬の大まかな流れは?

A:直葬の主な流れは以下のとおりです。

・ご臨終の後に葬儀社への連絡
・ご遺体のお迎え
・安置
・葬儀社との打ち合わせ
・納棺
・お別れの儀式
・火葬
・お骨上げ
・散会


Q:直葬はどれくらいの期間が必要?

A:通常のお葬式では、ご臨終された日からお通夜、告別式まで少なくとも3日かかるのが一般的です。直葬はお通夜と告別式を省略しているので、ご臨終の日から24時間経過した次の日に火葬となり、最短2日ですべてが行えます。必要な日数が少ないことも、ご遺族や参列者の負担を軽くできる理由のひとつです。


Q:直葬だと忌引休暇の日数は変わるの?

A:直葬は最短2日で執り行えますが、それに合わせて忌引休暇も2日にしなければならないというルールはありません。どれくらいの期間を忌引休暇として申請するかは、故人との関係性に基づいて決めるものだからです。

忌引休暇として申請できる日数を社内規定で定めている企業もあるので、どれくらいの日数を申請できるのか事前に確認が必要でしょう。


Q:直葬で初七日法要はしないの?

A:初七日法要とは故人が亡くなってから7日目に行われる法要です。直葬ではたいていの場合、親族や友人が再び集まり法要を行うということはありません。

一般的なお葬式でも、7日後に親族や友人が再び集まるのが難しい、など理由で、葬儀の当日に初七日法要をあわせて行う「繰り上げ初七日法要」という方法が取られることがあります。もし遺族の意向などがあれば、直葬の後に、日を改めて初七日法要を行うこともあるでしょう。


Q:直葬で香典を出す場合の相場は?

A:直葬での香典の相場は以下のとおりです。

・故人が祖父母の場合:1万円~3万円
・両親の場合:5万円~10万円
・兄弟姉妹の場合:1万円~5万円
・親族の場合:1万円~3万円
・仕事関係の人の場合:3,000~5,000円

香典の表書きは通常の葬儀と同じように「御霊前」「御香典」と記すのが一般的です。水引は黒白もしくは黒一色のものを使用します。

▶ 参考:通夜・葬儀で送る香典金額の相場はいくら?香典の入れ方のマナーも解説


Q:直葬の費用相場はどれくらい?

A:費用は東京だと10万円~20万円、大阪で15万円ほどとなっています。直葬はいろいろな儀式を省いているため、その分安く済むのが魅力です。通常の葬儀だと100万円~200万円はかかるので、費用を大きく抑えられます。地域によって費用は変わりますので、直葬を予定している方は、事前に葬儀社に確認をしましょう。

あわせて読みたい 直葬の費用相場と安くする方法を詳しく解説 最近では、核家族化や経済的な問題、価値観の多様化などにより、火葬式、直葬(ちょくそう)と呼ばれるシンプルなスタイルの葬儀を選択する... 続きを見る

まとめ

直葬に参列するときには通常の葬儀と同じように一定のマナーがあります。平服で参列する場合でもふさわしい服装にすることで、故人や遺族への感謝や哀悼の意を示せるでしょう。

喪主や親族として直葬を取り仕切る場合、親族や友人、懇意にしているお寺へ事情を説明して理解を得ることも大切になります。

小さなお葬式」では、直葬を含め累計24万件以上のお葬式をお手伝いしてきました。(2020年3月時点 自社調べ)直葬、一般葬を問わずお葬式に関するご相談があれば、いつでお気軽にご連絡ください。


関連記事
直葬にお布施は必要?金額の相場や渡す際のマナーを紹介します
直葬を行う前に知っておきたいこと
「直葬」とはどんな葬儀形式?費用の相場や注意点とは?
火葬式(直葬)の費用相場と安くする方法
戒名は付けるべき?直葬で戒名を付ける方法や必要シーンを紹介
直葬の香典はどうする?金額の相場や渡し方など気を付けるべきマナーをチェック
直葬でのマナーまとめ!服装・香典・直葬を行うときの注意点とは?
直葬で納骨が断られる可能性がある!断られたときの対処法は?
直葬と密葬の違いは?それぞれの葬儀に決める理由や流れとは
直葬(火葬式)の割合は?直葬が選ばれている理由

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事