法事・法要

作成日:2020年02月14日  更新日:2020年02月14日

一周忌の法事はどんな服装で行けばいい?男女・子ども別におすすめの服装を紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
一周忌の法事はどんな服装で行けばいい?男女・子ども別におすすめの服装を紹介

この記事は小さなお葬式が書いています

一周忌は故人の逝去から1年の節目となる重要な法事です。僧侶を招いて読経してもらい、供養を行います。多くの人が集まる大事な法要なので、恥をかくことがないようにしっかりとした服装で臨みたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、一周忌の服装のマナーについてご紹介します。男女・年齢・立場別にふさわしい服装と、服装を選ぶ上での注意点を把握することができるでしょう。

【もくじ】
【一周忌法事の服装】親族の男性の場合
【一周忌法事の服装】親族の女性の場合
【一周忌法事の服装】子ども・赤ちゃんの場合
一周忌法事!「平服」と指定されたらどうすればいいの?
よくある質問
まとめ

【一周忌法事の服装】親族の男性の場合

法事の場でのふさわしい服装は、どのような立場で参列するかによって異なります。親族として参加する場合は一般の弔問客よりもマナーに気を配り、失礼な振る舞いをしないように注意しましょう。こちらでは、一周忌の法事に親族として参加する男性の服装を解説します。

喪服着用が基本

男性が法事に参加するときは、原則として喪服を着用します。喪服とは葬儀などの弔事の際に着る礼服の1種で、男性は濃い黒のスーツが基本です。ジャケット・パンツともに黒で統一しましょう。

喪服にもいくつか種類があります。正喪服・準喪服・略喪服の3種類に大別されており、最も格式が高いのが正喪服です。故人と関係性が深い親族として参列する場合は、なるべく準喪服以上で行くのが望ましいでしょう。最低限として黒のスーツを着用するのがマナーです。

無地の白シャツ

喪服を着るときはインナーにも注意しましょう。喪服に合わせるシャツは、無地の白シャツがマナーです。グレーやベージュといった地味な色であっても、法事の場などではふさわしくありません。

無地の白シャツであっても、光沢のある素材やしわ加工などが入ったデザイン性の高いものは避けます。法事は故人に哀悼の意を表すための場なので、目立つ個性的な服装にならないよう配慮が必要です。装飾性のないシンプルな白の無地シャツ一択と覚えておきましょう。

黒のネクタイ

喪服に合わせるネクタイは黒が原則です。ネクタイもデザイン性が高いものは控え、模様や刺繍が入っていないシンプルな黒一色のものを合わせます。法事の場ではネクタイピンは極力使用しないことにも注意が必要です。

ほかにもカフスボタンといった小物や、アクセサリーも結婚指輪以外は着用しません。男性は鞄も極力持たないようにして、どうしても必要な場合は黒の地味なデザインのセカンドバックにとどめましょう。

あわせて読みたい 法事の服装が気になる男性へ!全身のコーディネートから服装の選び方まで詳しく解説 法事のときは何を着ていけばよいかと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。法事にも、初七日や四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と多くの種類があり、それぞれに適した服装があり… 続きを見る

【一周忌法事の服装】親族の女性の場合

女性の場合も、法事の場では相応のドレスコードが求められます。必要になったときに慌てずにすむように、あらかじめ喪服の基本的なマナーを学んでおくことは大切です。親族の女性が一周忌法事に参加するときにふさわしい服装を確認しましょう。

礼服着用が基本

女性が法事に参加するときは、ブラックフォーマルと呼ばれるスカートスーツを着るのが一般的です。女性の礼服はアンサンブルやワンピース、ツーピースの形状が多く見られます。ノースリーブの礼服もありますが、肌の露出が多いものは好ましくありません。この場合は、袖のあるジャケットやブラウスと組み合わせます。

同様の理由で襟元が開いているデザインも、避けたほうがよいスタイルです。スカートは膝上のものはカジュアルな印象を与えるので、膝下やふくらはぎ程度の長さを選びましょう。

メイクやアクセサリーには注意

法事は厳粛な場であり、目立つメイクやアクセサリーはふさわしくありません。メイクは素肌を隠す程度を心がけ、濃い色の化粧品を使うことは避けましょう。派手なメイクがよくないからといって、ノーメイクで参列するのも無作法といえます。一見してメイクをしているのか、判断がつかない程度を目安にするとよいでしょう。

アクセサリーは華美なものは避けて、身につけるものは2種類程度にとどめます。金属や宝石がついた光り物は避けて、真珠製のネックレスやイヤリングを選びましょう。指輪は結婚指輪以外は身につけないのが基本です。

妊娠中・授乳中専用の礼服もある

妊娠中の方や、授乳中の赤ちゃんがいる方のための礼服もあります。多くの場合は胸部に授乳口がついたゆったりしたワンピース型になっており、無理なく着用できるデザインです。

妊娠中・授乳中の礼服は着る機会が限られているため、購入に悩む方もいるかもしれません。そのような方は、レンタルを利用するのもよいでしょう。妊婦向けのヒールレスなパンプスなどもセットでレンタルができます。インターネット店舗を利用する場合は、一周忌当日までに到着するよう、手配するのを忘れないようにしましょう。

あわせて読みたい 法事の種類と女性の服装について詳しく解説 弔事のひとつである「法事」では、お葬式と同じように服装に気を付ける必要があります。しかしなかには、「法事に出席する予定だけど適切な服が分からない」と悩んでいる方もいるのでは… 続きを見る

【一周忌法事の服装】子ども・赤ちゃんの場合

子どもや赤ちゃんは大人ほど厳しくマナーが問われることは稀ですが、最低限のマナーは存在します。子どもは年々大きくなるため服をそろえるのが大変ということもあり、何を着せればよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。法事に適した子どもの服装をご紹介します。

学生は制服が一般的

子どもが通っている学校や幼稚園に制服がある場合は、制服で参列して問題ありません。学校の制服は正装の一種なので、フォーマルな場でも着用できます。

ただし制服に明るい色のネクタイやリボンがついている場合は、取り外しましょう。制服の下に着るシャツが見える場合は白、靴下は黒で合わせます。ラフな着こなしは避けて、スカートの長さを調節することも大切です。

赤ちゃんは黒・グレーを基調に

赤ちゃんは原色などのビビットな色合いのものは避けて、なるべく黒やグレーといった落ち着いた色を選びます。しかし、赤ちゃん用の黒いフォーマルな服を探すのは大変な面もあり、あまり派手な服装でなければ問題ないとされていることがほとんどです。

フリルなどの装飾がついている服は避けて、周囲と合わせられるようにできるかぎり無地のおとなしいデザインの服を選ぶことを心がけましょう。

一周忌法事!「平服」と指定されたらどうすればいいの?

法事に招かれた際、案内状に「平服でお越しください」と書かれていることもあるでしょう。「平服」と聞くと普段着を想像する方もいるかもしれませんが、改まった場での「平服」は「略装」を意味しています。

ラフな格好で行くとマナー違反になることもあるため、注意が必要です。略装とはどのような格好を指すのか、男女、子どものケース別にご紹介します。

【男性の平服】黒・ダークグレー・濃紺などのスーツ

男性の平服は、喪服ほどフォーマルでないスーツを指します。僧侶もいる厳粛な場であるため、法事に着て行く際は平服であっても華美な服装は好ましくありません。黒やダークグレー、濃紺といった地味な色合いのスーツを選びましょう。

平服を指定されているにも関わらず正装で行くと、施主よりも格の高い服装になることがあります。先方に恥をかかせることもあるので気をつけましょう。

【男性の平服】ネクタイ・ベルトなどは黒

平服で参列する場合も、男性のネクタイやベルトといった小物類は黒で統一するのがマナーです。ネクタイはビジネスネクタイではなく、喪服と同様の黒い無地のものを選びましょう。ベルトと靴も黒で統一するのが一般的です。

腕時計をつけるのであれば、派手なデザインは控えましょう。故人を悼む場であることを意識した選択が大切です。

【女性の平服】黒・ダークグレー・濃紺などのスーツやワンピース

女性の平服は、黒やダークグレー、濃紺のワンピースといった控えめな服装を指します。ほかにはスーツやアンサンブル、パンツスタイルでも問題ありません。平服の場合はインナーのシャツは白でもよいとされています。

露出が多い服装やデザイン性の高い華美な服装は、平服でもよくありません。アクセサリーも喪服のときと同様に、シンプルで控えめなものにとどめましょう。

【女性の平服】スカートや袖の長さに注意

肌の露出を避けるために、袖やスカートの長さには気を配りましょう。夏場でも半袖は避けて、五分袖から七分袖がふさわしいといわれています。上に袖のあるものを羽織る場合は、半袖やノースリーブでも問題ありません。スカートも丈が短すぎるものは避けて、黒のストッキングを着用するのが基本です。

【子どもの平服】黒・ダークグレー・濃紺でシンプルなもの

子どもの平服はきっちりとしすぎず、かつ法事というシーンで失礼にならない範囲の服装が求めまれます。男の子の場合は黒のズボンに白色のシャツ、女の子はシンプルなワンピースなどが好ましい服装です。夏場であれば通気性のよい素材のポロシャツなどもよいでしょう。

【子どもの平服】スカートや袖の長さに注意

子どもの平服も、スカートや袖の長さに気を配りましょう。子どもは成長につれて体が大きくなるのでサイズの調節は大変かもしれませんが、袖が余ったぶかぶかの服は好ましくありません。スカートも長すぎず短すぎず、適切な丈を選びましょう。靴や靴下の色も合わせる必要があります。

あわせて読みたい 法事・法要に出席する際の正しい服装マナーについて詳しく解説 法事に出席する際のふさわしい服装についてご紹介します。服装以外にも、法事に出席する際のマナーもお伝えしますので… 続きを見る

よくある質問

Q:一周忌には誰が参加する?

A:一般的には家族や親族だけではなく、友人や知人、近隣住民などが参加します。最近では葬儀や法要は縮小傾向にあるため、親しい身内だけの小規模で行う方もいるでしょう。少人数で行う際は、家族だけで行う場合もあります。呼ばなければならない人がいるといった決まりはないため、法事の規模に合った範囲の人が参加して問題ありません。

▶ 参考:一周忌とは|意味とお供えやお布施、お香典などのマナー


Q:知人として出席する場合も礼服を着る?

A:友人や知人として法事に参加する場合は、親戚として参加するよりも服装の格を落とすのが一般的です。知人として出席する場合は、黒い略礼服で問題ありません。

案内状に記載されている会場を確認して、会場の雰囲気を目安に服装を選ぶのもよいでしょう。施主の自宅で行う場合は略礼服、しっかりとした会場で行う場合はそれに合わせるのも基準のひとつです。


Q:一周忌に持っていってもいい鞄は?

A:男性の場合、基本的に鞄は持たないほうがよいとされています。香典やハンカチ程度のものは礼服のポケットに入れて持ち歩くのが基本です。どうしても荷物がかさばる場合は、光沢のない布素材を用いた黒のセカンドバッグを持っていきましょう。女性は黒のハンドバッグが基本で、派手なデザインのものは不適切です。


Q:男性の靴は何がベスト?

A:男性の靴は黒の革靴が基本です。法事の場に革を用いたものを身につけるのはふさわしくないという考え方もありますが、礼服にスニーカーを合わせるのも不釣り合いなため、靴について言及されることはないでしょう。カジュアルな靴は好ましくないので、マジックテープで留めるような靴は避けて紐で結ぶタイプのものを選びます。


Q:女性の靴は何がベスト?

A:法事で女性が履く靴は、布または革素材のものを選びましょう。ヒールの高さは3センチメートル前後が適切です。つま先の形状はラウンドトウやアーモンドトウ、スクエアトウなどの丸みがある形が適しています。先がとがったポインテッドトウや、つま先が出ているオープントウは控えましょう。

▶ 参考:葬儀で女性が履くのはどんな靴?パンプス選びの注意点とマナーまとめ


Q:ストッキングは黒なら何でもいい?

A:ストッキングは黒であれば何でもよいというわけではありません。黒であっても柄や刺繍が入ったものは避けましょう。網タイツやレギンスも不適切です。濃すぎるストッキングも好ましくないので、履いたときに多少肌が透ける30デニール以下を基準にしましょう。


まとめ

この記事では、一周忌の法事に適した服装について解説しました。法事に参列する際は、黒い喪服を着用するのが基本です。男性はシャツの色やネクタイ、靴下の色にも配慮しましょう。女性も黒のアンサンブルやワンピースを基調とし、華美なデザインや肌の露出が多いものは避けるといった配慮が必要です。

小さなお葬式小さなお葬式では、ほかにも法事や葬儀に関する役立つコラムを掲載しています。法事・葬儀の準備に関するご相談も受け付けているので、法要のことでお困りの際は小さなお葬式をご利用ください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引