参列マナー

作成日:2020年07月31日  更新日:2020年07月31日

通夜で時計を付けても問題ない?マナーを守った時計やアクセサリーの選び方

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
通夜で時計を付けても問題ない?マナーを守った時計やアクセサリーの選び方

通夜ではさまざまなマナーがあるため、身だしなみにも気を遣います。普段何気なく身に付けている時計も例外ではありません。通夜に参列するときに、時計を付けてマナー違反にならないか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、通夜で身に付ける時計についてご紹介します。どのような時計であれば通夜に身に付けても良いのか知っておけば、急に参列しなければならなくなったときも安心です。あわせて、男女別のアクセサリーの身に付け方も確認しましょう。

【もくじ】
通夜では時計を付けていても問題ない?
通夜で付ける時計の選び方
通夜で時計を付ける際の注意点
【男性向け】時計以外のアクセサリーに関する注意点
【女性向け】時計以外のアクセサリーに関する注意点
まとめ

通夜では時計を付けていても問題ない?

通夜も含め、弔事には故人と関わりの深い人が数多く参列するのが一般的です。そのため、他の参列者が不快な思いをしないように、身に付けるものの正しいマナーを知っておく必要があります。「通夜で時計を付けるのはマナー違反なのか」と気にする人もいるでしょう。参列する人の中には時計をアクセサリー扱いする人もいるかもしれません。

結論からいうと、時計は付けて問題ありません。ただし、デザインやサイズによっては通夜そのものに相応しくないため場違いになります。どのような時計であれば通夜に付けても良いのか、この機会に確認しましょう。

通夜で付ける時計の選び方

時計選びは慎重になることが大切です。通夜は大切な人を失った悲しみでいっぱいの人も参列者の中にはいる場所だと考えましょう。通夜に相応しくないデザインの時計を身に付けるのは、失礼にあたることがあります。どのような時計であれば通夜で付けて良いのか、選び方を見ていきましょう。

シンプルなデザインを選ぶ

通夜で付ける時計は、シンプルなことが第一条件となります。見るからにキラキラしていたり、必要以上にゴツゴツしていたりする時計を選ぶのは避けましょう。目立つデザインはおしゃれ度が高くなるため、良く思わない人も中にはいます。シンプルなデザインであれば、充実した機能を搭載している時計であっても問題ありません。

時計のサイズに注意する

「どれくらいのサイズの時計なら良いのか」と疑問を持つ人もいるでしょう。通夜に付ける時計は文字盤が大きいものを選ぶと、見た目からして派手な印象を相手に持たせてしまいます。文字盤が大きいサイズは避け、スタンダードなサイズのものを選びましょう。

ゴールドの時計は避ける

通夜は故人との別れを惜しむ場のため、ゴールドの時計は相応しくありません。煌びやかなイメージを与えるゴールドは、光沢感があるものが多く会場の雰囲気を崩してしまうでしょう。到着時間など時間を確認するためにどうしても付けたい場合は、通夜の会場に着いたと同時に鞄に入れます。

シルバーの時計であれば身に付けて問題ありません。ほとんどの時計にシルバーが使用されているため、落ち着いた色味であれば通夜に付けてよいでしょう。

ベルトは金属製か黒の革製を選ぶ

時計に使用されているベルトの素材も、確認する必要があります。通夜に付けて良いのは金属製黒の革製のベルトの時計です。革製のベルトは、黒以外のものは「殺生をイメージさせる」ため避けましょう。また、輝きが目立つステンレススチール製のベルトも、通夜では避けたほうが良い素材です。

文字盤の色は白か黒

通夜に付ける時計の文字盤の色にも注意しましょう。男性は黒色のスーツに白のシャツという服装で通夜に参列するのがマナーです。違和感を持たせないためにも、男性は白の文字盤の時計を選びましょう。女性はシャツの色に細かいマナーはありませんが、喪服をきていることを考えて黒の文字盤の時計を選ぶのが最適です。

通夜で時計を付ける際の注意点

通夜に参列するときに、時計はマストアイテムではありません。そのため、お通夜に付けられる時計を持っていない場合は付けない選択肢もあります。ここからは、通夜に参列するときに注意したい時計にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

携帯電話を時計代わりに使うのはマナー違反

「通夜に付けられる時計を持っていないから」「時計を持っているけど付けるのが面倒だから」などといった理由で、携帯電話を時計代わりに使う人が最近は増えてきました。スマホを含めた携帯電話の電源は、通夜に参列している間は切りましょう。もしくはマナーモードにします。

時間が簡単に確認できる携帯電話ですが、通夜で使用すると周りの人まで気が散ってしまい不快に感じます。携帯電話は、時計代わりとして使用するのは良くないことを頭に入れておきましょう。通夜は、故人に哀悼の気持ちを表す場です。自然と時間が過ぎるのを待つのがマナーでしょう。

クロノグラフは着用しない

機能性が高い腕時計であるクロノグラフは、通夜に付ける時計として相応しくありません。クロノグラフとは計測機能が付いた時計を指します。クロノグラフでない時計に比べるとケースに厚みがあり、ゴツゴツとした見た目が特徴です。おしゃれアイテムとして付ける要素が強いため通夜には向きません。

遠目から見てもインパクトがあるクロノグラフは、通夜の雰囲気を乱してしまう可能性もあります。通夜というフォーマルな場では、着用しないのがマナーだといえるでしょう。

適切な時計がない場合は付けないのがベスト

「通夜に付けられる時計を持っていない」という人は、時計を付けずに通夜に参列するのもひとつの手です。時計は通夜のマストアイテムではありません。

しかし、通夜は定められた時間に始まるので会場に到着するまでは必要になるでしょう。そのような場合は、会場に着いたらすぐに外します。他にも、腕に付けずにシンプルなデザインの時計を鞄に付けるのもおすすめです。

【男性向け】時計以外のアクセサリーに関する注意点

時計にマナーがあるのであれば、時計以外のアクセサリーが気になる人もいるでしょう。通夜は午前中よりも午後からすることが多く、勤務先から直接会場へ向かう場合も考えられます。ここからは、通夜に参列するときに男性は時計以外のアクセサリーでどのような点に注意する必要があるのかを見ていきましょう。

結婚指輪以外の指輪は付けない

通夜に参列するときに付けて良いのは、時計結婚指輪の2つだけです。それ以外のものは、基本的に相応しくありません。普段から結婚指輪をしている人は、「通夜に参列するから」と急いで外す必要はないと覚えておきましょう。時計は、通夜開始時間や会場への到着時間を確認するときに必要なため、付けて良いことになっています。

喪服の時は装飾品を避ける

男性が通夜に参列するときには、装飾品は身に付けません。ピアスやネックレスなど装飾品の代表ともいえるアイテムは、おしゃれ用品です。通夜で個人をアピールする必要性はないでしょう。また、光による反射など他の参列者に迷惑をかけてしまう可能性もあるため、余計な装飾品を見つけて参列しないのが適切な行動です。

ネクタイは黒、ネクタイピンは付けない

通夜に参列するときはネクタイ選びにも注意します。身に付けるのは光沢感がない無地の黒色のネクタイが良いでしょう。ここで気を付けたいのが、ネクタイピンです。いつものクセで、自然と付けてしまう人もいるかもしれません。ネクタイピンは光物に該当します。喪服を着るときは付けないよう心掛けましょう。

あわせて読みたい お通夜にふさわしい髪型とは?服装やメイクなど葬儀の身だしなみを解説! 急な訃報を受けてお通夜やお葬式に参列する際は、故人やご遺族に失礼のないよう、正しい装いで別れを惜しみたいものです。とはいえ、葬儀に参列する機会は頻繁にあることではないので… 続きを見る

【女性向け】時計以外のアクセサリーに関する注意点

通夜に参列する女性で、ピアスやイヤリングを付けている人を見かけたことがある人もいるかもしれません。アクセサリーを付けていくべきなのか、迷う人もいるのではないでしょうか。ここからは、通夜に参列するときに女性は時計以外のアクセサリーでどのような点に注意する必要があるのか見ていきましょう。

結婚指輪はOK、婚約指輪は避けた方が良い

通夜に参列するときは、男性と同様に結婚指輪を付けて問題ありません。ゴールドリングであったり、ダイヤが付いていたりして気になる場合は外すかダイヤの部分を回して見えないようにすると良いでしょう。婚約指輪は外したほうが良いとされています。

ピアス・イヤリングは付けてもいい?

通夜に参列するときには、女性の場合はどちらも身に付けて問題ありません。胸元にパールのネックレスをしていることもあるでしょう。通夜での女性のネックレスはドレスコードとして認められています

ピアスやイヤリングを付ける場合は、ネックレスに合わせてパールがおすすめです。パールには「涙の象徴」としても知られていますので、通夜に身に付けるアクセサリーに向いているでしょう。普段からピアス・イヤリングを付けていない人は、無理して付ける必要はありません。

バッグは光沢のない黒の布製を選ぶ

見た目からも派手で、光沢のあるバッグを通夜に使用するのは避けます。通夜では、フォーマルな印象を与える黒でシンプルなデザインが向いているでしょう。リボンやチェーンなど装飾品が付いていない布製を選ぶようにします。革製の素材は殺生をイメージすることにつながるため避けるのがマナーです。

あわせて読みたい 葬儀で女性が履くのはどんな靴?パンプス選びの注意点とマナーについて詳しく解説 一般的に葬儀ではフォーマルな服装が求められます。「足元を見る」という言葉があるように、靴は服以上に全体の印象を左右させるアイテムです。もちろん高級な靴を履いていれば良い… 続きを見る

まとめ

通夜で時計を見つけてもマナー違反にはなりません。ただし、殺生を感じる素材やおしゃれを意識した派手さがあるものは不適切です。スマホを含めた携帯電話を時計代わりにすることも失礼にあたります。条件に合う時計がなければ、身に付けないという選択肢があることを覚えておきましょう。

小さなお葬式ではお役立ちコラムも充実しています。通夜や葬儀など、いざというときに役立つ知識を含めたコラムも豊富です。「こんなときどうしたらいいの」という疑問も、小さなお葬式であれば電話で解決することもできます。24時間365日受付しているコールセンターもあるため、まずはご相談ください。

あわせて読みたい お通夜とは|基礎知識と遺族側・参列者側が知っておくべきマナーについて詳しく解説 お通夜と葬儀・告別式はどちらも「お葬式」の一部ですが、それぞれに意味があり、やるべきことも違います。この記事では、お通夜についてと、遺族側・参列者側が... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事