火葬式(直葬)でのお花のマナーを紹介!花入れできる花の種類とは?

火葬式(直葬)でのお花のマナーを紹介!花入れできる花の種類とは?

直葬とも呼ぶ火葬式の中でも、故人を見送る際に棺の中に入れることの多いお花について「どのようなマナーがあるのか知っておきたい」という方もいるのではないでしょうか。

式の流れなど、まずは火葬式の基本をしっかりと押さえておけば、お花のマナーについてもすんなりと理解できます。そこでこの記事では、火葬式の基本や流れをはじめ、花入れできるお花の種類や避けるべきお花、持参時の注意点などについてもまとめてご紹介します。

●お急ぎの方へ
「この記事の要点だけが知りたい」という方はこちらから!
※読者がよく読む見出しに移動します。

こんな人におすすめ

火葬式(直葬)でお花を持参してもいいのか気になる方

火葬式(直葬)のマナーについて知りたい方

副葬品で入れてもいいもの、ダメなものについて知りたい方

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント

火葬式の基本

従来のお葬式に比べて火葬のみとシンプルな方法で故人を見送る火葬式は、さまざまな理由から希望者が増えています。基本的な流れについて学んだ上で、火葬式を検討するようにしましょう。安置から納棺や出棺、火葬、骨上げまでの一連の流れが頭に入っていれば、実際に火葬式をする際もスムーズに執り行うことが可能です。

火葬式とは

納棺後そのまま火葬する流れの葬儀を「火葬式」と呼び、別名「直葬」とも言います。納棺後、一般的な葬儀であればお通夜や告別式などを執り行う一方、火葬式では火葬のみといったシンプルな方法で故人を見送るのが特徴です。

家族だけで静かに見送りたい」、「できるだけ葬儀にかかる費用を抑えたい」などの理由で、最近では火葬式を好む方が増えています。特に近所付き合いが希薄な都会では増加傾向にある他、故人の友人はすでに他界していたりと高齢化などの背景も理由のひとつです。

<関連記事>
【第1回調査】直葬にかかる費用相場(全国編)

火葬式の流れ

実際にどのような流れで火葬式を行うのか、スムーズに式を執行するためにも、一連の流れを具体的に知っておきましょう。

感染症で亡くなった場合などを除いて、死後24時間以内の火葬を禁じていることから、故人のご遺体を安置する場所へと搬送するのが最初のステップです。その後、安置場所で故人を仏衣で包んでから、お花などと一緒に納棺し出棺します。火葬を行い骨上げをすれば一通りの流れは終了です。

葬儀の花入れ儀式の基本

火葬をする際には、ご遺体の周りにお花を添える「花入れ儀式」があります。ここでは、棺の中に入れるお花の種類についてご紹介する一方、避けるべきお花もあることから注意が必要です。とはいえ、基本的に葬儀の花入れ儀式で使用するお花は葬儀社が準備してくれるため、特に要望などがない場合には葬儀社に任せると良いでしょう。

棺の中に入れるお花の種類

白い菊の花を入れるのが定番だった時代とは異なり、最近では故人が好きだったお花を選ぶ方も増えたことで、入れるお花の種類も豊富です。

どのような花を棺に入れれば良いかは、宗教によっても異なるため気を付けましょう。仏教であれば百合や菊、蘭、カーネーションなどが適しています。神道では百合や菊の花を選ぶ他、キリスト教では百合やカーネーション、小菊、スプレー菊などが良いでしょう。

避けるべきお花

最近では故人が好きだったお花を入れる方も増えたとご紹介しましたが、棺の中には入れない方が良いお花もあるため注意が必要です。例えば、トゲや毒のあるお花などは、触れたときにリスクがあるため避けましょう。

黒いお花は死を連想させる他、おめでたい印象のある赤色のお花も避けるのが賢明です。また、色が濃いお花は骨にうつる可能性があることから避けた方が良いでしょう。ただし、「故人がバラを入れてほしいと言っていた」などの場合には、葬儀社に相談してみるのがおすすめです。

お花を準備する人

基本的に、棺の中に入れるお花は葬儀社が準備してくれます。そのため、喪主自身でお花を用意する必要はありません。棺にお花を入れるときが来れば、葬儀社のスタッフが渡してくれるため、受け取って棺の中に入れていきます。

このように、原則お花を準備するのは喪主ではなく葬儀社であるため、どのようなお花を入れたいかなどの要望があればあらかじめ伝えましょう。お任せする場合には、宗教などにも合わせて適したお花を用意してくれるため安心です。

お花以外に入れる副葬品

棺の中に入れるものとして、お花は葬儀社が準備を行う一方、副葬品については喪主が用意する必要があります。故人のことを思いながら選ぶ副葬品ですが、入れて良いものと入れてはいけないものがあるため、注意が必要です。ここでは、副葬品の選定時に参考にするべき具体的なアイテムについてご紹介します。

副葬品として入れて良いもの

火葬する際、お花だけではなく副葬品も入れるのが一般的です。副葬品とは、故人が家族や友人などと共有する思い出が詰まったアイテムのことで、家族や友人が思いを込めて選びます。ただし、故人に持たせる副葬品の中には、適さないものもあるため気を付けましょう。

副葬品として棺に入れて良いものは、手紙や写真などの可燃物です。お菓子をはじめタバコや衣類、小さなぬいぐるみなどの他、成仏を願って入れる千羽鶴や御朱印帳も副葬品に適しています。

副葬品として入れてはいけないもの

可燃物であれば副葬品として入れて良いと思いがちですが、例えばお金などは燃やすと違法になることから入れてはいけません。副葬品としてNGとなるアイテムについて、その理由も知っておけば選びやすいでしょう。

まず、携帯電話やメガネ、指輪、アクセサリーなどの不燃物はNGです。また、メロンなどの大きなフルーツは水分が原因で火葬に時間がかかるため、入れるのであれば小さくカットする必要があります。その他、ライターなど爆発する危険性のあるものも入れないようにしましょう。

火葬式にお花は持っていって良い?

友人や同僚などの火葬式に参加するにあたり、「お花を持っていきたいけれど良いのだろうか」と考えている方もいるかもしれません。基本的には持参が可能なお花ですが、火葬場によっては花入れができないなどの理由で断っているところもあるため、確認が必要です。また、花入れができるのであればもぎ花、できない場合には花束を選びましょう。

基本的には持参OK

基本的に、参列者であれば火葬式にお花を持っていくことは可能です。ただし、火葬場によっては花入れができないところもあるため、事前に葬儀社もしくは喪主に確認するのが良いでしょう。

また、宗教などによって異なる葬儀形式をしっかりと考慮した上で、お花を持参する必要があります。お葬式でよく目にする菊であっても、キリスト教式の葬儀で持参すると失礼にあたり、トラブルの原因にもつながるため気を付けましょう。

持参する場合の注意点

葬儀社もしくは喪主に確認した上でお花を持参するのであれば、花入れの可否によって持参するお花を分けることが大切です。花入れができる場合には、もぎ花を持参しましょう。

可燃物であるお花は、花入れだけでなく副葬品としても一般的です。そのため、万一花入れができない場合は、花束を用意しましょう。ただし、先にもご紹介したように、葬儀に適しているかの判断や宗教などに合わせて選ぶことが大切です。

火葬式のお花以外で気になるマナー

お花以外にも香典の必要性や服装など、注意するべきマナーがいくつかあります。香典の必要性については喪主の判断によりますが、持っていく際に参考にするべき相場についても見ていきましょう。また、参列時の服装を決める際にも、しっかりとマナーをわきまえた上で失礼のないように気を付けることが大切です。

香典の必要性と相場

火葬式で香典が必要かどうかは、喪主の判断によります。「香典は不要です」との連絡を受ければ、無理に渡さないことも大切です。反対に連絡がない場合には、気持ちとして香典を用意しておくと良いでしょう。

火葬式に香典を持っていく際の相場は、故人との関係性によって異なります。両親が亡くなった場合には5万円~10万円、兄弟姉妹であれば1万円~5万円、祖父母を含む親戚では1万円~3万円、仕事関係の方は5,000円が相場です。

<関連記事>
香典の相場は?関係性や年齢による葬式・法要での香典金額の違い

参列時の服装

ごく親しい家族や友人のみが参列することの多い火葬式では、一般的に喪主や遺族は通常の葬儀形式と同様に喪服を着用します。一方、参列者であれば、お通夜や告別式などに比べると服装に関するマナーは厳しくありません。とはいえ、常識の範囲内で服装を選ぶことが大切です。

故人への哀悼の意をあらわす意味でも、派手な柄や色の洋服は避け、黒のスーツやワンピースなどを選びましょう。

<関連記事>
直葬での服装は?平服と言われたときの理想の格好やNGな格好も紹介

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

喪主を務めるのが初めてという方に役立つ情報が満載です。いざというときの事前準備にぜひご活用ください。

\こんな内容が丸わかり/
・病院から危篤の連絡がきたときの対応方法
・親族が亡くなったときにやるべきこと
・葬儀でのあいさつ文例など

喪主が必ず読む本

全員に「喪主が必ず読む本」プレゼント 無料資料請求はこちら

資料請求で葬儀が最大5万円割引

「小さなお葬式」では、お電話・WEBから資料請求をいただくことで、葬儀を割引価格で行うことができます。お客様に、安価ながらも満足できるお葬式を心を込めてお届けいたします。
小さなお葬式の家族葬小さなお葬式の家族葬
無料資料請求で割引を受ける

「小さなお葬式」で葬儀場・斎場をさがす

小さなお葬式は全国4,000ヶ所以上の葬儀場と提携しており、葬儀の規模や施設の設備などお近くの地域でご希望に応じた葬儀場をお選びいただけます。

まとめ

お通夜や告別式などを行わずに火葬を行う火葬式では、花入れができない火葬場もあるため、お花に関するマナーについてしっかりと押さえておく必要があります。

参列時にお花を持参したい場合、事前に葬儀社や喪主にお花を持っていって良いかの確認が必要です。また、花入れができない場合には花束を選ぶなど、お花に関するさまざまなマナーを押さえておきましょう。そうすることで、トラブルなどが起きることもなく、哀悼の気持ちに集中しながら故人をお見送りできます。

小さなお葬式では、火葬に必要な要素を厳選した「小さな火葬式」というプランをご用意しています。お見送りはシンプルでも棺は華やかにしたいという方には、「華やかなお葬式」も人気です。火葬式をご予定の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

お亡くなり後の手続き・直近の葬儀にお悩みの方は 0120-215-618 へお電話ください。
お急ぎの方はこちら

監修
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)

株式会社ユニクエスト社員
「小さなお葬式のコラム」の編集長。
葬儀葬式・法事法要だけでなく、終活・老後資金などFP関連の知識にも精通。
葬祭ディレクター1級の資格取得に向けて学習中。
「小さなお葬式のコラム」では、合計2000記事以上を管理。
運営会社についてはこちら

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント
小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
基礎知識・マナーを徹底的に解説 葬儀・葬式の流れ