家族葬の香典は孫も出すべき?判断基準と相場や抑えておきたい注意点を解説!
葬儀マナー[喪主・遺族]

作成日:2020年12月23日  更新日:2022年09月05日

家族葬の香典は孫も出すべき?判断基準と相場や抑えておきたい注意点を解説!

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

「家族葬の香典は孫でも出すべきなのだろうか」「出す場合はいくらが妥当か」「知っておいた方がいいマナーはあるのか」このような疑問をお持ちではないでしょうか。

訃報は突然訪れます。慣れない葬儀では分からないことも多いでしょう。特に孫の香典はどうするのが正解か、はっきりとご存知ない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、家族葬における孫からの香典に関して徹底的に解説しました。この記事を読むことで、家族葬での孫からの香典に関するあらゆる疑問が解消されるようになっております。ぜひ最後までご覧ください。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
そもそも家族葬で香典の用意は必要か
家族葬の香典は孫も用意するべき?
家族葬で孫が出す香典の相場は?
香典を出す際に知っておくべきマナー
香典の郵送は問題ない?注意点やマナーを解説!
まとめ

そもそも家族葬で香典の用意は必要か

家族葬では香典を辞退されるケースも珍しくありません。香典辞退の場合は、必ず事前に何らかの方法ではっきりとその旨を伝えられるので、確認しておきましょう。

特に香典辞退の連絡がない場合は、一般葬と同じように用意していくのが無難です。判断がつかない場合には葬儀会社に連絡するのがよいでしょう。

家族葬は家族や親族、少数の親しい友人を招いて行う小規模の葬儀です。そのため、葬儀費用も一般葬に比べれば少なくなりますが、入ってくるお金も少なくなります。

このことから、ご遺族の経済的負担を軽くする意味でも、親族の香典は通常の一般葬での相場よりも多く入れる場合があります。

― 特集 ―

特集記事 家族信託なら「ファミトラ」

家族葬の香典は孫も用意するべき?

家族葬では、遺族の辞退の意向がはっきりと示されていない限りは、香典の用意が必要です。では、香典は孫も用意するべきなのでしょうか。

こちらについては、実はいくつかのケースによって出すべきかそうでないかが別れます。一口に孫といえども、年齢や置かれた状況は様々です。

ここからは、孫が香典を出すべきか否かについて、ケース別に紹介していきます。お金が関わることなので、判断に困る部分ですが、大切なことですからしっかりと確認しておきましょう。

1. 祖父母と同居の場合

孫が香典を出す必要があるかどうかで、まずポイントになるのは「祖父母と同居していたか」という点です。

もし亡くなった祖父母と同居していたのであれば、香典を用意する必要はありません。同居家族は葬儀を催す側の立場であり、香典を出す側ではないからです。

しかし、同居であったとしても、結婚している孫夫婦は香典を出す必要が出てくるので注意しましょう。夫婦で出す場合、香典の表書きは夫名義で出すことが一般的です。

2. 未成年で扶養されている場合

孫が未成年で親に扶養されている場合は、香典の用意は親が行い、本人が用意する必要はありません。

冠婚葬祭においては、祝儀や香典は基本的には世帯単位で考えられます。「未成年かつ扶養されていること」や「香典が世帯単位で考えられる」ことからも、世帯主が負担するのがもっとも適切です。

ただし、家族葬の後に会食がある場合は孫も一緒に参加することになりますから、その分も含めて少し多めに入れておくのがよいでしょう。

3. 未成年で働いている場合

孫が未成年であっても、働いている場合はどうでしょうか。
この点に関しては「未成年でも働いており、経済的に自立しているのであれば、香典を用意するべきである」という考えもあります。

反対に、「経済的に自立していたとしても、未成年であれば香典は用意しなくともよい」という考えもあります。

ここに関しては、親族の慣習や考え方が大きく関わりますから、どうすべきか迷う場合には親に相談するとよいでしょう。

― 特集 ―

特集記事 家族信託なら「ファミトラ」

家族葬で孫が出す香典の相場は?

家族葬で孫が出す香典の相場は、孫の年齢によって変わります。
以下の表にまとめていますので、ご覧ください。

年代 金額
20代 1万円~3万円
30代 1万円~3万円
40代 3万円~5万円

上記は孫が香典として出す、一般的な相場となります。他にも何人か孫がいる場合は、孫同士で確認し、金額を揃えておくと良いでしょう。

結婚している場合には、自分自身に加えて、配偶者や子どもの分も必要になりますので、上記の金額に最低でもプラスで1万円は多く入れておきましょう。

多く入れる場合の金額ですが、一般的に避けるべきとされている「4」は適切ではありません。なので「4万円」という金額は避けましょう

上記の相場は一般的とされている一例です。地域や親族によっては包むべき金額も様々ですので、不安な場合は事前に確認しておくのが確実でしょう。

あわせて読みたい 香典の金額で偶数額や偶数枚数はタブー?気をつけたい金額のマナーや書き方 お葬式に参列する際はさまざまなマナーがあります。特に香典は哀悼の意を込めて遺族に渡すものです。香典にもマナーがあるのだろうかと頭を悩ませている方も… 続きを見る

香典を出す際に知っておくべきマナー

「故人の遺族を経済的に助ける」意味合いを持つ香典ですが、押さえておくべきいくつかのマナーや注意点があります。

お金が関わることですから、曖昧な部分を残すと後々お付き合いしていく親族同士の関係性を悪くしかねません。

「知らなかった」で親族の心象を損ねてしまわないように、ここからは家族葬での香典を出す際に知っておくべきマナーについて解説していきます。

1. 新札を包まない

お金の包み方に関するマナーは、ご祝儀と混同しやすいものです。20代や30代の方は結婚式に出席する機会の方が多いでしょうから、特に気をつけておきたいポイントです。

香典に入れるお札は、ご祝儀と違い「新札は使用しない」ことがマナーとされています。新札を使ってしまうと「前もって不幸を予測して用意していた」という意味にも捉えることができるからです。

最近では昔に比べてATMなどでも新札の取り扱いが増えました。そのため、あまり気にしない遺族もいらっしゃいますが、場合によっては相手に不快感を与えてしまいますから、新札は避けるのが無難です。どうしても新札しか用意できない場合は、折り目をつけて対応しましょう。

あわせて読みたい 香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法 通夜や葬儀・告別式に参列するときには、故人の霊前に供える金銭として香典(こうでん)を持参します。いざというときに、香典はどのように包めばいいのかと迷うのではないでしょうか。この記事では、香典を用意する際… 続きを見る

2. 「4」と「9」のつく数字を避ける

数字の中には、これは使うべきではないと避けられている「忌み数」という考え方があります。忌み数とは、「不吉である」「縁起が悪い」などの理由で避けられている数字であり、ある種の特別な意味を持つ数字です。

世界各国で様々な忌み数が存在し、宗教的な理由に基づくものや、数字の発音が別の不吉な言葉と似ていることなどが理由として挙げられることが一般的です。

日本においても古来より避けられてきた数字が存在します。日本で避けるべきは「4」と「9」です。「4」は「死」を連想させるので、葬儀の場には相応しくありません。また「9」も「苦しみ」を連想させるため避けるべき数字です。

香典においては「4万円」「9万円」は避けるのが適切です。

3. のし袋・袱紗(ふくさ)の選び方

袱紗(ふくさ)とは、お札やのし袋を包むためのもので、昨今では様々なデザインのものがあります。お祝いごとでない場合は、のし袋を必ず袱紗に入れて葬儀に参加しましょう。

袱紗には様々の色のものがありますが、弔事では寒色のものを使用するのが相応しいとされています。ちなみに、紫は「慶事」と「弔事」のどちらでも使用できます。1枚用意しておくならば、紫が使い勝手もよくておすすめです。

のし袋については、蓮の絵が描かれたものがありますが、こちらは仏式の葬儀の時にのみ用いられるものなので注意しましょう。

あわせて読みたい 香典を包む袱紗(ふくさ)は用途で選ぶ|色や種類の違いとは? 袱紗を購入したいけれどどのようなものを選んだら良いのか分からない、何を基準に選ぶべきか、悩んだことはないでしょうか。冠婚葬祭で使われる金封袋を「袱紗(ふくさ)」と… 続きを見る

4. 香典の表書きについて

香典の表書きは宗教・宗派によって異なります。
一般的に書かれることが多いのは「御霊前」ですが、宗教や宗派によって適切な表記は異なります。以下に各宗教・宗派ごとの適切な表記をまとめましたので、ご覧ください。

宗教・宗派 適切な表記 注意点
仏式 ・御霊前
・御仏前
香典袋は黒白または銀色一色の水引の物を選ぶこと
浄土真宗 ・御仏前 「霊」という考え方がないため、「御霊前」は不適切
神式(神道) ・御榊料
・御玉串料
・神饌料
神に捧げるもので、仏ではないので、「御仏前」とは書けない
キリスト教
(カトリック)
・御花料
・御ミサ料
・キリスト教では香をたかないため、「御香典」とは書かない
・仏にならないので「御仏前」は不適切
キリスト教
(プロテスタント)
・御花料
・献花料
・忌慰料
「御霊前」は偶像崇拝にあたるため不適切

宗教によっては、タブーとされている事柄もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

あわせて読みたい 家族葬での香典マナー!表書きは御霊前で良い? 香典はマナーを守って渡すことが大切です。しかし、一般葬とは異なる部分もある家族葬の場合は「香典を渡しても大丈夫だろうか」「表書きは御霊前でよいのだろうか」と思う方もいるのではないでしょうか。家族葬でも訃報や案内状の記載の違いがわかると… 続きを見る

5. 香典の渡し方

受付で渡す際には、お悔やみの言葉を添えて渡します。「このたびはご愁傷さまでございます」などの言葉が一般的です。

場に相応しい、落ち着いたトーンでの挨拶を心がけましょう。明るい声は葬儀の場には不適切です。

香典を渡す際には、袱紗から取り出し、受付役の方が香典の表書きを読める向きでお渡しするのがマナーです。袱紗の上に添えて香典を渡すようにすると、より丁寧です。

もし香典辞退の旨が上手く伝わっておらず、受付にて香典を断られた場合は無理にお渡ししないようにするのがよいでしょう。

また、受付が設けられていない場合は御霊前にお供えするか、遺族に直接お渡しします。


参考動画:香典の渡し方・マナー【小さなお葬式 公式】
動画が見られない場合はこちら

香典の郵送は問題ない?注意点やマナーを解説!

訃報は突然届くことがほとんどです。どうしても参列できない場合であっても、香典を出すことが望ましいですが、香典は郵送してもよいものなのでしょうか。

結論を言うと、香典は郵送しても問題ありません。ただし、押さえておくべきポイントがいくつかあります。ここからは、香典の郵送に関しての注意点やマナーをご紹介していきます。

1. 香典を郵送する際の送り方

香典を送る場合は、宅急便は利用できません。香典は必ず郵便局を使って郵送するようになります。

現金が入ったものを送る場合は、現金書留用の封筒で送る必要があります。香典を郵送する場合はまず現金を不祝儀袋に入れ、その後に現金書留用の封筒に入れましょう

また、記入の際には現金書留用の封筒、不祝儀袋共に氏名や住所を省略せずに記入しなければいけない点に注意しましょう。

2. 香典を郵送するタイミング

急な訃報でどうしても日程の都合がつかず、参列できないことがわかったら、できる限り早く香典を郵送しましょう。

葬儀の日程までに数日間の余裕がある場合には、葬儀を行う会場に香典を送ることも可能です。喪主の名前を書いておくか「気付」とします。ただし、葬儀場によっては対応していない場合もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

葬儀までの日数が少なく、当日までに郵送できそうにない場合には、葬儀の2~3日後を目安に喪主の自宅に送るとよいでしょう。

3. 手紙を添える

やむを得ない事情があって葬儀に参列できず、香典を郵送することは問題ありません。
その際には手紙を同封すると、丁寧でより好印象です。ご遺族に対するお悔やみの言葉と参列できないお詫びの気持ちを文章に綴りましょう。

手紙に使用する便箋は、できる限りシンプルなものが好ましいです。例えば、白色の縦書き無地のものなどがよいでしょう。

あわせて読みたい 香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて 訃報は突然にやってきます。特に、関係の深い親戚などでない場合、通夜や葬儀・告別式の連絡を急に受けることも少なくありません。どうしても参列できないときにも香典を届けるのが礼儀ですが、香典は郵送しても良いのでしょうか?… 続きを見る

まとめ

家族葬での香典は、遺族が明確に辞退の意思を示さない限りは、用意しておくのがよいでしょう。孫の香典は判断が悩ましい部分ではありますが、ポイントは以下の3点です。

・祖父母と同居であったか
・未成年か
・経済的に自立しているか

事前にしっかりと確認しておきましょう。

小さなお葬式では、葬儀に関する様々なご相談を受け付けております。24時間365日、専門スタッフが対応致します。どんな些細なことでも結構ですので、まずはお気軽にご相談ください。

― 特集 ―

特集記事 家族信託なら「ファミトラ」

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
5/5
評価数(2)
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事