安心できる石材店の選び方
供養

作成日:2014年09月08日  更新日:2020年09月01日

安心できる石材店の選び方

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

お墓を新たに建てる場合、墓石を購入する必要があります。どこで買えばいいのか、何を基準に店を選べばいいのかなど、分からないことが多いのではないでしょうか。

この記事では、良い石材店を選ぶためのポイント、墓石の費用相場、墓石の購入から納骨までの流れについてご紹介します。

【もくじ】
優良な石材店を選ぶためのポイント
墓石の費用相場
墓石の購入から納骨までの流れ

優良な石材店を選ぶためのポイント

墓石は、石材店で購入することができます。全国にはたくさんの石材店がありますが、現在はネットを活用して検索することができるので、近くにある石材店をすぐに見つけることができます。

しかし、石材店であればどこでもいいのかといえば、もちろんそういうわけではありません。そのサービスや対応、扱う商品などは店舗によっても変わります。そのため、多くの店舗のなかから優良な店舗を探すことが大切になります。

民間の墓地・霊園の場合は、「指定石材店制度」というものがあり、基本的には自由に石材店を選ぶことができません

ですが、公営の墓地・霊園であれば、どの石材店に依頼をしても構いません。ここでは、公営の墓地・霊園を利用する際に覚えておきたい、石材店を選ぶポイントをご紹介します。

あわせて読みたい 墓石の値段は?安く購入するポイントや注意点について詳しく解説 新しくお墓を建てるために墓石を購入することになったら、どのような墓石が、いくらぐらいで購入できるのか、検討がつきませんよね。高い買い物だからこそ、購入時の... 続きを見る

①きちんと話を聞いてくれるかどうか

墓石を購入する際には、どの種類の石にするのか、色は、大きさは、デザインは、というように様々なことを決めていかなければいけません。

しかし、実際に完成した墓石がイメージと違うなど、意思の疎通ができていないためにトラブルが起きることもあります。きちんと話を聞いてくれる石材店を選ぶようにしましょう。

②情報の開示がきちんと行われているかどうか

どのような商品であっても、産地や素材の情報開示は必要です。墓石でもそれは同じことで、石の産地や種類、価格、等級など、判断基準となる情報はたくさんあります。これらの情報がきちんと開示されていなければ、正しい判断ができません。

また、見積書や契約書、図面といった書類をきちんと提示してくれるかどうかも判断基準になります。

あわせて読みたい お墓と一緒に墓誌も必要?墓誌の意味と費用相場について詳しく解説 墓誌(ぼし)とは、お墓の横に建てられる石の板のようなもので、お墓に入っている方の名前や戒名、没年月日などを記録するためのものです。新しくお墓を購入... 続きを見る

③購入後の保証があるかどうか

墓石は購入すればそれで終わりというわけではなく、建立後も維持管理をしていかなければいけません。傷んでくれば修繕も必要になります。このとき、保証があれば少ない費用で修繕することができます。

きちんと保証してくれる石材店を選ぶようにしましょう。

④墓地から近いかどうか

石材店が墓地から近ければ、相談するために店舗を訪れることも容易ですし、何かあったときにすぐに対応を頼むこともできます。

できるだけ近い石材店を選ぶほうが良いでしょう。

墓石の費用相場

墓石の費用は、石の種類や大きさ、お墓を立てる場所の広さ、彫刻費用、工事費など様々な条件によって値段が大きく変動するため、相場も70~250万円と大きく幅があります。

これらはあくまでも墓石に関わる費用なので、「永代使用料」や「管理費」などの費用がかかる事を知っておきましょう。


永代供養


墓石の購入から納骨までの流れ

①墓石の購入

最適な石材店を選ぶようにしましょう。

②墓石工事の着手

墓石に関する工事は、3段階にわけて考えられます。

まず、土台やカロートを設置するための基礎工事を行います。次に自分が契約した区画を囲うため、外柵などを設置します。

最後に墓石の組み立てを行います。

③文字を彫刻する

墓石が設置されると、名前や家紋といったものを彫刻します。この彫刻は事前にサンプルをみることができるので、よく確認しておきましょう。

一般的には故人の戒名、俗名、没年月日、没年齢などを刻みます。

④開眼供養

開眼供養は、墓石に故人の魂を入れる儀式です。これを行わなければ、墓石はその意味を果たさないことになります。

開眼供養は墓石の完成日から近い忌日に行うことが多く、ご僧侶を招いて法要を行います。

⑤納骨

納骨の際は、納骨法要を行います。

納骨法要は四十九日や百か日に行われることが多いですが、その日までに墓石が完成しなかったり納骨できる状態ではなかったりした場合、一周忌あるいは三周忌に納骨を行うことが多いようです。

あわせて読みたい 納骨の時期はいつが一般的?納骨までの流れを詳しく解説 故人のお通夜やお葬式を終え、火葬を行ったあとは遺骨を骨壺へ納めておくことが一般的ですが、この骨壺をお墓に納める儀式のことを「納骨」といいます。突然の不幸で... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.3/5
評価数(4)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事