葬儀の準備

作成日:2016年04月27日  更新日:2020年01月23日

初めての葬儀依頼で失敗しない!喪主として知っておきたい葬儀社の選び方

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
初めての葬儀依頼で失敗しない!喪主として知っておきたい葬儀社の選び方

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀に参列したことがあっても、葬儀を依頼する「喪主」の立場を経験したことがある方は少ないのではないでしょうか。

両親が高齢」「身近に心配な人がいる」という方に向けて、初めて葬儀を依頼する際に役立つ、喪主として知っておきたい葬儀社の選び方をご紹介します。

【もくじ】
葬儀社を選ぶ前に決めておきたいこと
最適な葬儀社を選ぶ方法とは?
葬儀依頼で失敗しないためのチェックポイント

葬儀社を選ぶ前に決めておきたいこと

大切な方が亡くなったら、慌ててしまって正しい判断ができないことが多いです。もし、身近にご心配な方がいらっしゃるのであれば、事前に下記の4点を決めておきましょう。

1:希望する葬儀の内容

葬儀内容を決めるには、

・参列者の人数
・予算
・宗教儀式やしきたりを行うかどうか


を事前に把握しておきましょう。

あわせて読みたい 葬儀費用を安くするための必須知識について詳しく解説 「葬儀費用は高いと聞くけど、いくらが相場なのか」という声がよく聞かれます。葬儀を手配する経験はめったにありませんから、よく分からないという方が... 続きを見る

2:葬儀を行う場所

葬儀社の葬儀斎場だけでなく、自宅で葬儀を行うこともできます。また、首都圏であれば、火葬場が併設されている民間斎場を利用可能です。故人の住民票の所在地によって火葬料金が変わってきますので、確認しておきましょう。

あわせて読みたい 葬儀場の種類と選び方について詳しく解説 葬儀を行う際は、葬儀場についても知っておきましょう。この記事では、葬儀場の種類・特徴や選び方、事前に確認しておきたい事についてお伝え... 続きを見る

3:訃報を誰に知らせるか

亡くなったことを誰に知らせるのかを、予め決めておきましょう。連絡は、素早く確実に伝えることができる電話が最適です。

上記のことが定まったら、次は依頼する葬儀社を選びましょう。

あわせて読みたい 訃報の連絡方法と伝える内容について詳しく解説 身内が逝去・亡くなった場合、訃報(ふほう)連絡はどのようにすればよいのでしょうか。亡くなった直後に逝去の一報を伝える際は、相手のことを考え... 続きを見る

最適な葬儀社を選ぶ方法とは?

葬儀社を選定するには、インターネットを活用すると便利です。ネット検索を利用することで、

①すぐに資料を取り寄せることができ、金額や内容の確認ができます。

②ネット上で、サービス内容や価格の競争が繰り返されているため、品質も価格も洗練されている葬儀社を見つけることができます。

③全国対応している葬儀社であれば、どの地域でも葬儀を行うことができます。その為、高齢の両親と離れて暮らしている場合でも、万が一の時はすぐに対応してもらえます。


以上のことから、ネットで提供されている葬儀プランは、葬儀の知識や経験が少ない方にも選びやすくなっていると言えます。

「小さなお葬式」は、低価格でも安心のセットプランをご用意しております。他社にご依頼済みの方も、一度「小さなお葬式」にご相談ください。小さなお葬式


葬儀社選びで失敗しないためのチェックポイント

葬儀というのは内容や価格が分かりにくく、費用が高額になりがちです。そのため、事前に見積もりを取り寄せておくことで安心できます。ネットを利用すれば、見積もりの依頼を早く・簡単にできます。ここでは、見積もりのチェックポイントを2点お伝えします。

ポイント1:葬儀に必要な物品やサービスが含まれているか

葬儀費用の見積もりが届いたら、まず見ておきたい点があります。

・火葬場利用料金
・ご遺体の搬送料金
・ドライアイス(安置料金)


この3点が見積もりに含まれていない場合、実際に葬儀を行った際に上乗せで請求されることになります。見積もりに必要なものが含まれているかをチェックしましょう。

あわせて読みたい 高額な追加費用を請求されない葬儀見積もりの取り方について詳しく解説 もし、急に葬儀をすることになったら…どれぐらいの費用を用意すればよいのでしょうか?いざというときに慌てないよう、事前に費用を把握しておきたい... 続きを見る

ポイント2:「オプション品」は本当に必要か

葬儀にも、追加オプションとして選択できる物品・サービスがあります。主なオプションをいくつかご紹介します。

湯灌
(ゆかん)
ご遺体を浴槽できれいにする儀式を行います。
エンバーミング ご遺体を長期保存できるような処理を施します。
祭壇 祭壇の大きさ、お花の量、彫刻や装飾などの作りを変更できます。
その他 棺、骨壺、霊柩車などを、複数の種類やランクから選ぶこともできます。

オプションは必ずしも葬儀に必要なものではありません。もちろん希望があれば問題ありませんが、その時になって冷静に決められない可能性があります。前もって親族と相談しておきましょう。

事前のお見積もりで葬儀に備えておきませんか?

初めての葬儀で、葬儀社選びに不安があるのであれば、事前に資料を取り寄せ、分からないことは問い合わせて解決しておくことをおすすめします。また、数社から見積もりをもらい比較検討しておくのもよいでしょう。

あわせて読みたい 終活とは。より良い人生を送るための終活の始め方について詳しく解説 最近よく耳にする、終活(しゅうかつ)という言葉。終活とは、ご自身の人生の最期に向けて、前向きな気持ちで準備を行う活動のことで... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.6/5
評価数(8)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引