忌引きの日数は?連絡の仕方は?忌引き休暇の取得マナー

更新: 公開:
葬儀・葬式 > 死亡後に必要な手続き

身近な親族が亡くなったら、葬儀に参列するために忌引き休暇(きびききゅうか)、慶弔休暇(けいちょうきゅうか)を取得して休みをとりますが、そのような機会はあまりないのではないでしょうか。

この記事では、忌引き休暇についてと休みの取り方・取得できる日数、マナーについてご紹介します。

こんな人におすすめ

忌引きのマナーについて知りたい方

忌引きの取得方法や日数について気になる方

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント小さなお葬式LINE公式アカウント
故人との関係性 一般的な忌引きの日数
配偶者 10日間
実父母 7日間
5日間
兄弟姉妹 3日間
祖父母 3日間
配偶者の父母 3日間
配偶者の祖父母 1日間
配偶者の兄弟姉妹 1日間
1日間

まとめ

親族など、近しい人が亡くなってしまった場合、どうしても悲しいとい気持ちが先行してしまいます。

しかし会社や学校に伝えずに無断で休んでしまうと、休んだ後に、会社や学校から無断で休んでしまったというネガティブな印象を持たれかねません。故人をしっかりと弔うためにも、会社や学校に忌引きの旨を伝えましょう。

よくある質問

よくある質問
  • 忌引きは何日間取れるの?

  • 「ご愁傷様です」と言われたらなんて返せばいい?

  • 忌引き休暇とはどんな休暇?

  • 忌引きで休むときの連絡方法は?

  • 忌引き休暇は有給になるの?

  • 忌引き休暇後の対応は?

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line