小さなお葬式のコラム

法事・法要のコラム

法事・法要

作成日:2019年05月15日  更新日:2019年05月16日

四十九日法要での香典の金額はいくら?書き方やマナーも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
四十九日法要での香典の金額はいくら?書き方やマナーも解説

この記事は小さなお葬式が書いています

四十九日の法要において気になるのが香典の金額。香典は必要なのか、必要な場合の金額の目安、香典袋の書き方などについてまとめました。

マナー違反とならないよう、正しい方法で失礼のないように香典を出す方法をお伝えします。それに加えて、法要のマナーについても解説しているので、四十九日法要を控えている方はぜひ参考にしてみてください。

【もくじ】
四十九日法要香典の金額
四十九日法要を欠席する場合の香典はいくら包むべきか
四十九日法要の香典返しについて
四十九日法要の香典袋書き方
四十九日法要のお布施の金額相場
四十九日法要のマナーについて
まとめ

四十九日法要香典の金額

四十九日法要に参加する際は、いくら香典を包めば良いのでしょうか。香典は、施主が法事のために用意した物の費用に対して渡すものです。香典の相場は、続柄や年齢によって変わります。自分がいくら用意するべきなのか事前におさえておきましょう。

祖父・祖母(孫の立場の場合)

孫から見て、祖父・祖母への香典は3,000円~30,000円が基準です。額の幅が広いですが、各年代で適当な金額が変わります。20歳~29歳の方なら3,000円~10,000円、30歳以上の方なら5,000円~30,000円を目安に決めてみてください。

両親(子供の場合)

子どもから見て両親に対する香典の相場は10,000円~100,000円です。両親の場合は続き柄が近いため高く設定されています。20歳~29歳の方であれば10,000円~50,000円、30歳~39歳の方であれば20,000円~50,000円、40歳以上の方であれば50,000円~100,000円が目安です。

兄弟、姉妹

兄弟や姉妹の香典は10,000円~50,000円程度が目安です。20歳~39歳の方であれば10,000円~30,000円、40歳以上の方なら10,000円~50,000円の範囲で渡します。

叔父、叔母

叔父、叔母の香典は5,000円~30,000円が基準です。20歳~29歳の方なら5,000円~10,000円、30歳~39歳の方であれば5,000円~20,000円、40歳以上の方の場合は10,000円~30,000円を目安に金額を決めます。

友人、知人

友人や知人の場合は、3,000円~10,000円が相場です。20歳~29歳の方であれば3,000円~5,000円、30歳以上の方なら5,000円~10,000円を目安に香典の金額を決めます。もしも金額を決めかねる場合は、他の参列者に相談して考えてみるのもおすすめです。他の参列者と金額が大きく異なる可能性もありますので、心配であれば相談してみた方が良いでしょう。

隣近所

隣近所の方であれば、その人との仲が深いか薄いかで金額が変わります。特に親しい仲の方とあまり親交のない方とでは適切な金額が変わるため、相場の金額はあくまで参考程度に見てください。香典は2,000円~10,000円が相場です。20歳~39歳の方は2,000円~5,000円、40歳以上の方は5,000円~10,000円が基準となります。

その人との仲の深さに関しては、何かで計ることができません。上記は参考として、隣近所の方など周りの人に香典の金額を相談してみましょう。

上司

親族以外の法要の参列者は多くはありません。ここでは、案内が来るほど親しい間柄の上司への香典の相場を解説します。香典の金額は1,000円~10,000円を基準としてください。20歳~39歳の方なら1,000円~5,000円、40歳以上の方は3,000円~10,000円を目安に用意しましょう。

同僚

法要の案内が来る間柄だった同僚の香典は、1,000円~5,000円が基準です。ただし、50歳以上の方で、故人と特に親交が深かった場合は10,000円程度包むこともあります。心配な方は、他の参列者の方にも香典の金額を相談して決めてみると安心できます。

あわせて読みたい 四十九日法要までの流れと基礎知識について詳しく解説 葬儀が一段落すると、あっという間に訪れる「四十九日法要」。四十九日法要までの流れや基礎知識を頭に入れておくだけで、四十九日法要の.. 続きを見る

四十九日法要を欠席する場合の香典はいくら包むべきか

四十九日は出席することが礼儀となります。仏教において四十九日は、亡くなった方が極楽浄土に生まれ変われるかどうかの裁きが下る重要な日だからです。故人に少しでもより良い裁きが下るように遺族や友人、同僚で法要を行うものなのです。そのため、できる限り予定を調整し参加すべきとされています。

しかし、予定の調整ができずにやむを得ず欠席することがあるかもしれません。その場合は香典を現金書留で送るか、参列する方に託すのがマナーです。香典の金額は5,000円と、会食に出席しない分相場よりも低くなっています。ただし、地域により異なることもありますので、事前に相場を調べておくと安心です。

四十九日法要の香典返しについて

香典返しはお通夜や葬儀、その後四十九日までの忌中にいただく香典に対するお礼です。葬儀の時と同じように、いただいた香典に応じて返礼するものを用意します。カタログギフトや引き出物を用意することが一般的です。

用意する物に関して特に決まりはありません。香典返しの品は慣例や慣習に従って選んでおくと安心です。

香典返しを渡すタイミングは、当日返しとしてその場で渡すか、1週間以内を目安に送付するかのどちらかです。それ以上遅くなると失礼に当たる可能性があります。送付の場合は事前に手続きを済ませておくと、スムーズに送ることができます。あとで慌てないためにも、葬儀を行った際にあわせて手続きを進めておくことをおすすめします。

あわせて読みたい 法事にお供え物は持参するべき?最適な品物とマナーについて詳しく解説 法事に出席する際、お供え物は必要かどうか、また用意するなら何が良いのかと悩みませんか?法事は親族が集まる機会ですから、マナーをおさえて... 続きを見る

四十九日法要の香典袋書き方

香典袋の正しい書き方をご紹介します。香典は施主の出費を助ける役割や、供養の気持ちを表現する役割があります。故人に供える大切なものなので、失礼のないよう正しく記載しましょう。表書き、裏書き、水引、墨の色について、それぞれ解説していきます。

表書き

表書きは宗派によって記載内容が変わります。ここでは仏式、キリスト式、神式、分からない時のケースをご紹介していきます。

仏式の場合、「御霊前」「御香料」「御香典」の3種類から選んで記載します。キリスト式の場合はカトリックとプロテスタントで異なります。カトリックなら「御ミサ料」、プロテスタントは「忌慰料」と書きます。神式の場合も記載方法は3種類あり、「御玉串料」「御神前」「御榊料」の中から選びます。

どの宗教なのか分からない時は、「御霊前」と書いておけば間違いありません。どの宗教でも使用できる表書きです。ただし、浄土真宗の場合はこちらの言葉はNGになるので注意してください。宗派を確認してから参列すると、マナー違反になることもなく安心です。

裏書き

裏書は個人、代理、会社、連名で名前の書き方が違います。それぞれの場合の書き方と注意点をご紹介していきます。

個人の場合は自分の名前をフルネームで書きます。夫の代理として妻が参列する時は、夫の名前の左下に小さい文字で「内」と書きます。

4名以上で会社として出す場合は、「△△株式会社 〇〇一同」と記載して、別の紙にそれぞれの名前と金額を記載して一緒に入れておきます。3名以下の連名で出す時は、地位の高い人から順番に右から書くのが一般的です。

水引について

香典の水引は一般的には黒白や双銀となります。ただし、地域によって何を用いるか異なることも多いです。関西では黄白を用いることもありますし、一方、四十九日前は黒白や双銀、四十九日以降は黄白の水引を用いる地域もあります。一概にこれを使用するとは決まっていないため、自分の地域の慣習を確認して選ぶことが大切です。

また、宗派によってどの水引を使用するのか、そもそも使用しないのかといったことが決まっている場合もあります。例えば、キリスト式では香典は白い封筒に入れて水引はかけません。水引に関しても宗派を確認しておいた方が安心です。

墨の色について

墨の色は濃墨を選んでください。どの宗派であったとしても濃い墨を使用しておけば問題ありません。葬儀の時のように薄墨は使いませんので注意してください。

葬儀で薄墨が使用されるのは、「悲しみで涙がにじんだ」「墨を磨る心の余裕がなかった」ことを表すためです。一方、四十九日法要の場合は事前に予定がわかっており、墨の準備も十分できることから通常の濃さの墨を使用することになります。

四十九日法要のお布施の金額相場

四十九日法要のお布施の金額相場はおよそ30,000円~50,000円です。その他にお車代や御膳料も用意しておく必要がありますが、多くても合計で100,000円程度だと考えておきましょう。

ただし、お布施には決まった金額が無いため、実際にはお寺ごとで金額が異なります。そのお寺とのお付き合いの程度によっても金額が上下しますし、どの宗派なのかによっても金額が変わります。

相場がわからない場合は、法要の予約を入れる時に金額を相談してみると良いでしょう。お寺によってはお布施の金額を定めていることもあります。

あわせて読みたい 僧侶派遣はネットで頼める?菩提寺がない方に最適な僧侶派遣のメリットと利用方法について詳しく解説 葬式や法事を行う際、一般的には先祖代々お世話になっているお寺である菩提寺のご僧侶に来ていただきますが、そういったお寺がないという方は... 続きを見る

四十九日法要のマナーについて

四十九日の法要のマナーを確認しましょう。特に香典に包むお札は新札かどうか、どのような服装を着用したら良いのかといったことに関しては、注意しないとマナー違反になる可能性があります。具体的なマナーについて解説していくので参考にしてください。

お札は新札でもよいか

香典に包むお札は新札でも大丈夫です。ただし、葬儀やお通夜では新札の使用はタブーとなっています。その理由としては、不幸を予期して用意していたように感じられてしまうためです。

新札しか用意できない場合は、一度折ってから折り目をつけることでマナー違反を避けられます。しかし、お札があまりにも汚れていたりシワシワだったりすると失礼になりますので、お札の状態にも気を配りましょう。

服装

四十九日の法要の服装は遺族と参列者で異なります。遺族の方は、参列者よりも軽い服装にならなにように注意が必要です。基本的には正式な喪服を着用します。男性も女性も正礼装がマナーとなりますが、地域によって多少異なることもあるため事前に確認しておくと良いでしょう。

参列者の男性は白いシャツに黒の鞄と靴を着用します。女性はワンピースやスーツなどの喪服を着用します。案内状に服装に関する記載がある場合は、そちらを参考にしてください。ただし「平服でお越しください」と案内があった場合でも、カジュアルすぎる服装は避け四十九日法要にふさわしい装いを意識しましょう。

あわせて読みたい 四十九日法要での正しい服装について詳しく解説 四十九日法要での正しい服装と、冬場の服装についてご紹介します。四十九日法要は、法要の区切りの中の一つです。初七日を始めとして.. 続きを見る

まとめ

四十九日法要では香典が必要です。その金額や書き方についてご紹介してきました。香典の金額の目安は続柄や年代、親交の深さによって変わります。いくらにするか迷う場合は他の参列者に相談してみると安心です。

香典袋に氏名などを記載する際、墨の色は濃墨を使用します。表書きや裏書きの書き方、また水引には宗派や地域で異なるため、本記事でご紹介した内容を参考に地域の慣習も確認しておきましょう。

四十九日法要の香典には注意すべき点がいくつもあり、気を付けないとマナー違反として失礼に当たってしまいます。適切な金額を用意して、正しく整った状態でお渡しできるよう準備しておくことが大切です。

あわせて読みたい 年回忌法要と法事の流れについて詳しく解説 人が亡くなった後は通夜や告別式、火葬と忙しい日々が続きますが、四十九日法要を行って終わりではありません。通常は、故人の命日を.. 続きを見る

法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

5/5
評価数(3)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引