四十九日法要までの流れと基礎知識|意味、必要な費用、服装や香典のマナー

四十九日法要までの流れと基礎知識|意味、必要な費用、服装や香典のマナー

葬儀が一段落すると、あっという間に「四十九日法要」が訪れます。四十九日法要は「忌明け」の重要な行事なので、時間がない中でもしっかりと準備を進めて法要の流れを理解しておくことが大切です。

この記事では、四十九日法要までの準備や当日の流れ、法要に必要な費用の目安などを紹介します

また、お寺とお付き合いの無い方が法事の費用を抑えるのに役立つ、お坊さん手配のサービスも紹介しています。ぜひ、四十九日法要の準備をする際の参考にしてください。葬儀~葬儀終了後の流れについては別のページで詳しくまとめています。こちらも参考にしてみてください。

こんな人におすすめ

四十九日法要について知りたい方

四十九日法要に必要な準備を知りたい方

四十九日法要にかかる費用を知りたい方

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

四十九日法要を行う意味と重要性

四十九日法要という仏事があることは知っていても、それを行う意味を理解している方は少ないかもしれません。まずは、四十九日の数え方や過ごし方、四十九日法要を執り行う理由について解説します。

四十九日とは

四十九日は「七七日(しちしちにち・なななのか)」とも呼ばれ、故人が極楽浄土に行けるか否かの判決が下される日のことです。死後7日ごとに生前の行いに対する審判を受けて、49日目に最終の判決が下ります。

故人の次の世がきまる日とされているため、遺族にとっても大切な日だといえるでしょう。また、四十九日をもって、喪に服す期間を終えて「忌明け」となることからも、四十九日は重要な日とされています。

四十九日の数え方と過ごし方

四十九日の数え方は、命日を1日目として計算するのが一般的です。そのため、命日から48日目が四十九日になります。たとえば、2023年1月1日が命日の場合は、2023年2月18日が四十九日です。

四十九日を迎えるまでの期間を「忌中(きちゅう)」といいます。忌中の間は、常に故人を偲ぶ気持ちを持って過ごします。毎日お線香をお供えしたり、祭壇の前にいる時間を持ったりするとよいでしょう。

四十九日までは以下の祝い事を控えるべきとされています。

・正月祝い
・年賀状のやりとり
・初詣
・結婚式への参加
・祭りへの参加

年賀状をすでに発送してしまった場合や結婚式が迫っていて中止できない場合を除き、これらの行事は避けて過ごしましょう。

四十九日法要を行う意味や重要性

四十九日法要は、遺族にとって一つの区切りとなる大切な法要です。遺族は四十九日法要を行い、故人がより良い来世に生まれ変われるように冥福を祈ります。

昨今は、四十九日までの7日ごとの法要を省略するケースも増えています。また、四十九日法要は、故人の命日を1日目として48日目に執り行うのが一般的です。しかし、該当日が平日の場合は休日にずらして行われることもあります。

法要の日程を変更する場合は、先送りにせず前倒しで行います

四十九日法要にかかる費用の目安

四十九日法要は法要の中でも特に重要な儀式とされているため、規模が大きくなることも珍しくありません。

ここからは、僧侶に渡すお布施や会場使用料、会食費など、四十九日法要にかかる費用を細かく分けて解説します。

会場使用料

自宅以外で法要を行う場合は、会場使用料が必要です。場所によって費用が大きく変動する点に注意が必要です。

お寺で行う場合は、あらかじめ会場使用料について確認しておきましょう。お布施に会場使用料が含まれている場合や、別途使用料が必要な場合など寺院によってさまざまです。

ホテルや霊園などで法要を行う場合の会場使用料は、参加者の人数や会場のグレードによって異なります。ホテルによっては会場費が無料だったり、食事代に含まれたりするケースも少なくありません。

僧侶に渡すお布施

僧侶に読経をしてもらう場合は、お布施を渡します。お布施の金額にきまりはありませんが、四十九日などの各種法要は、葬儀費用の10分の1程度が目安といわれています。3万円~5万円程度が一般的な目安です。

お布施の目安はお寺や宗派、地域やお寺との付き合いの深さによって変わるので、事前に確認しておくと安心です。

会食費用

会食費の目安は1人あたり3,000円~1万円程度です。自宅を会場にする場合は、お弁当やオードブルなどを振る舞うこともあります。

会食費用はお店や料理のグレードによって大幅に上下するため、人数や予算に応じて適切な価格を設定しましょう。会食を行わない場合は、香典返しと一緒に持ち帰り用のお弁当を用意することもあります。

香典返し

四十九日法要に参列する際は、香典を持参します。施主は法要当日に香典に対するお返しができるように香典返しを用意します。

香典返しは「半返し」といって、いただいた金額の半分程度の品を用意するのがマナーです。香典の目安は5,000円~1万円程度とされているため、香典返しは2,000円~3,000円を予算として、招待した人数よりも少し多めに用意します。

高額の香典をいただいた場合は、当日の香典返しとは別に後日お礼の品物を送るようにしましょう。

四十九日法要の準備は早めに始めよう

葬儀から四十九日法要までは1ヶ月半ほどありますが、直前になって焦らないように早めに準備に取りかかりましょう。ここからは、四十九日法要に必要な準備について解説します。

法要の日取りのきめ方

四十九日法要は、四十九日当日に行うのが理想的ですが、親戚などに集まってもらうことを考えると、平日の開催はが難しいこともあるでしょう。その際は、直前の土日や祝日などに日程を調整しても問題ありません。遺族間で話し合ってきめましょう。

葬儀では「友引を避ける」など六曜も重視されますが、四十九日法要に関しては気にする必要はありません。ただし、四十九日よりも後に法要を行うと、故人が来世に行くことを躊躇してしまうといわれているため、日程は前倒しにするのが基本です。

また、四十九日の法要が3ヶ月にまたがることは「三月掛け(みつきがけ)」と呼ばれ、「始終苦労が身につく」という語呂合わせから縁起が悪いといわれています。その場合も、法要を前倒しにするとよいでしょう。

会場・僧侶・会食の手配

四十九日法要を行う際、喪主は会場・僧侶・会食の手配をする必要があります。それぞれの手配方法は以下のとおりです。

会場

会場は、菩提寺など付き合いのあるお寺が選ばれることが多いですが、自宅や葬儀場などでも実施可能です。

自宅以外で法要を行う場合は、葬儀が終わったらすぐに会場の手配をします。会場側や僧侶、参列者の都合を考えると、遅くとも法要の1ヶ月前までにきめておきましょう。

僧侶

会場の手配をおこなうのと同時に、僧侶に四十九日法要の依頼をする必要があります。僧侶の予定も合わなければ、四十九日法要をおこなうことはできないため、できる限り早く依頼をするとよいでしょう。

お寺とお付き合いのある方
菩提寺(ぼだいじ)とは、先祖代々のお墓のあるお寺のことです。菩提寺がある場合には、菩提寺に連絡をして、読経の依頼を行いましょう。

お寺とお付き合いが無い方
菩提寺が無い場合には、知人縁故からお寺を紹介してもらう方法や、葬儀の際にお世話になったお寺に相談する方法があります。
その他最近では、インターネット上でお坊さん手配サービスを利用される方も増えています。
自宅はもちろん、手配したお坊さんのお寺での法要も行えるので、菩提寺がない方には便利です。
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」
お寺の都合によっては希望日に添えない場合もあるため、1ヵ月~2週間前を目安に寺院手配の予約をすることをお勧めします。
すでにお墓の準備が整っている場合は、四十九日法要と同じ日に納骨式をおこなうために、こちらも一緒に依頼しておくとよいでしょう。

会食

四十九日法要後の会食手配も忘れないようにしましょう。自宅で四十九日法要を行う場合は、仕出し料理を手配するのがおすすめです。

お寺や葬儀場で法要を行う場合は、近くにある料亭などを利用するのが一般的です。予約の際に法要であることを伝えると、それに合った料理を出してもらえます。

参列者の決定と連絡

四十九日法要の日程や会場がきまったら、参列者に案内状を書いて連絡します。招待する参列者の範囲にこだわりがない場合は、親族全員を招くのが賢明です。

故人の遺志で「家族のみで」など希望があれば従いますが、そうでない場合は親交のある親族全員を招いたほうが、トラブルになるリスクを軽減できます。

四十九日法要の案内状を送る際は、「縦書きにする」「句読点を使わない」など書き方のマナーを守りましょう。句読点の代わりに空白スペースを用いて案内状を作成します。

案内状には、以下の内容を簡潔に記載します。

・季節の時候と挨拶
・法要の案内
・法要へ参列して欲しい旨
・法要の日時と場所
・会食の有無
・返信の方法と返信期限
・施主の氏名と連絡先

本位牌への変更

四十九日法要は、仮の位牌である白木位牌から本位牌に変わるタイミングでもあります。本位牌は依頼から完成までに1~2週間ほどかかるため、仏具店などに相談してできるだけ早めに手配をしましょう。

香典返しの準備

いただいた香典に対するお礼として、香典返しを準備します。香典返しの金額の目安は、いただいた香典の半分から3分の1程度です。

夫婦や家族は連名で香典を持参しますが、香典返しは一つの香典につき一つ渡します。また、法要に参列できなかった方が、郵送で香典やお供えを送ってくれることもあります。香典返しは、予想される参列者の数よりも多めに準備しておくと安心です。

納骨をする場合は納骨の準備も

納骨とは、火葬した遺骨を入れた骨壷をお墓や納骨堂などに納めることです。納骨は、四十九日法要と同日に実施されることも多くあります。

四十九日法要の際に納骨も行いたい場合は、事前にその旨をお寺や葬儀社に伝えておきましょう。「埋葬許可証」がないと納骨ができないので、しっかりと保管して当日持参するのを忘れないようにしましょう。

四十九日法要当日の流れ

四十九日法要に出席したことがない方は、どのような流れで法要が行われるのか気になるかもしれません。当日に慌てることがないように、四十九日法要の流れを確認しましょう。

開式の挨拶

四十九日法要は、施主の挨拶から始まります。僧侶が入場して仏壇の前に着席したら、まずは施主が簡単に開式の挨拶を行います。

読経と焼香

施主の挨拶が終わると、僧侶による読経と焼香が行われます。焼香は施主から始まり、次に故人の親族、そして故人の友人・知人の順番で行われます。

焼香の手順は、右手の親指・人指し指・中指の3本で抹香をつまみ額にあて、指をこすりながら香炉の中に落とします。これらの動作を1回~3回繰り返し行います。回数を含めた作法については宗派ごとにきまりがあるので、事前に確認しておくと安心です。

僧侶による法話

読経と焼香の後には、僧侶の法話があります。話の内容は僧侶により異なりますが、仏教に関する教えをわかりやすく解説してくれます。参列者は静かに耳を傾けましょう。

位牌の閉眼供養・開眼供養

閉眼供養は「故人の魂が宿っていた物からその魂を抜く法要」、開眼供養は「新しい物に故人の魂を宿らせる法要」です。仏教では、葬儀の時点では白木の仮位牌に故人の魂が宿るとされています。

四十九日法要では、仮位牌から魂を抜く「閉眼供養」と黒い漆塗りの本位牌に魂を移す「開眼供養」も欠かせない儀式のひとつだといえるでしょう。

納骨・墓参り

すでにお墓が用意されている場合は、開眼供養・閉眼供養の後に納骨・お墓参りを行います。納骨を予定しているのであれば、四十九日法要の会場をお寺にするとそのままお墓に向かえるので、移動時間を短縮できるでしょう。

四十九日法要に関するマナーやポイント

四十九日法要を滞りなく実施するには、当日の流れやマナーを把握しておくことが大切です。ここからは、服装やお布施、当日の持ち物など四十九日法要のさまざまなマナーについて解説します。

香典返しのマナー

香典返しは忌が明けた後に贈ります。「弔事を無事に終えた」という報告の意味があるので、事前にいただいている方にも法要後にお返しをしましょう。

「不祝儀を残さない」という考え方から、お返しの品物には「消えもの」と呼ばれる消耗品を選びます。お菓子やお茶、コーヒーや調味料のほか、タオルや石けん、洗剤などの日用品も香典返しとしてよく選ばれます。食べ物をお返しにする場合は、日持ちのよいものを選びましょう。

香典返しには、水引のみが印字された掛け紙をかけます。右上に「のし」のあるのし紙は、慶事に使われるため香典返しでは使用しません。

香典返しの水引は黒白、もしくは双銀の結び切りが一般的です。表書きは「」を用いることが多いですが、「粗供養」や「満中陰志」と書く場合もあります。

服装のマナー

四十九日法要の服装は、施主・遺族・参列者で異なります。施主は正喪服、それ以外の遺族は正喪服、もしくは準喪服を着て、参列者よりも軽装にならないようにしましょう。

参列者は男性がスーツ、女性がワンピースやスーツ、アンサンブルなどの「略式喪服」を着用しましょう。男性、女性ともに落ち着いた色を選びます。男性の場合は、ワイシャツは白、靴下と靴は黒で統一します。

お布施のマナー

僧侶に読経をしてもらったお礼として渡すお布施は、「葬儀のお布施額の10%~20%ほど」が目安です。一般的な葬儀のお布施は30万円~50万円程度なので、四十九日法要のお布施は3万円~10万円程度が目安になるでしょう。納骨を行う場合は、その分のお布施も上乗せします。

お布施はあくまでも「お礼の気持ち」なので、金額に明確なきまりはありません。適切な金額がわからない場合は、お寺や地域のしきたりに詳しい方に確認しておくと安心です。

また、お布施とは別に「お車代」や「御膳料」が必要な場合もあります。目安はそれぞれ5,000円~1万円ほどですので、状況に応じて準備しておきましょう。

挨拶のマナー

施主は法要の始めや終わり、会食の前後に挨拶をします。遺族の感謝の気持ちを簡潔に伝える内容にしましょう。

開式の際は、参列者に対するお礼や読経をお願いする僧侶への感謝の気持ちを伝えます。閉式の際は、納骨式や会食など今後の予定についての案内を忘れないようにしましょう。

会食の献杯の前には、施主が献杯をする方の名前や故人との関係について紹介します。会食後の締めの挨拶でも再度感謝を伝えます。その際は、故人への想いを語ってもよいでしょう。

当日の持ち物の確認も忘れずに

四十九日法要では、読経や閉眼・開眼供養、納骨などさまざまなことを行います。忘れ物があると法要がスムーズに進まず、周囲から「マナーがなっていない」と思われる可能性があります。当日の持ち物を確認して、前日までにすべてそろえておきましょう。

【当日の持ち物】
・数珠
・白木位牌と本位牌
・お布施
・遺影
・遺骨
・香典返し
・納骨に必要な書類
・お供え用の花 など

法事・法要の費用をおさえる「お坊さん手配」をかしこく活用しよう

法要・法事にはお布施以外にも読経、お車代、御膳料などさまざまな費用がかかります。合計すると、平均して10万円以上はかかるでしょう。

また、寺院や地域によっても異なるため、いくら準備しておけばよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

法事・法要にかかる費用

小さなお葬式が運営する「てらくる」では、一周忌・四十九日法要などのお坊さん手配を、全ての宗教・宗派で45,000円~で提供しております。
お布施以外のあらゆる費用全てがプラン内に含まれているため、費用の設定で悩む必要はありません。
法事・法要の事前準備に是非ご検討ください。
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など 、喪主を務めるのが初めてという方にも役立つ 情報が満載です。

いざというときの事前準備にぜひご活用ください。

喪主が必ず読む本

全員に「喪主が必ず読む本」プレゼント 無料資料請求はこちら

「小さなお葬式」で葬儀場・斎場をさがす

小さなお葬式は全国4,000ヶ所以上の葬儀場と提携しており、葬儀の規模や施設の設備などお近くの地域でご希望に応じた葬儀場をお選びいただけます。

まとめ

四十九日は、故人が極楽浄土へ行けるかどうかの審判が下る重要な日です。遺族にとっても「忌明け」のタイミングであり、四十九日法要が一つの区切りになります。四十九日の数え方は、命日を1日目として計算するのが一般的です。そのため、命日から48日目が四十九日になります。

四十九日法要のお布施は、3万円~5万円程度が一般的な目安です。葬儀費用の10分の1程度が目安とされているので、覚えておくと安心です。

小さなお葬式では、葬儀や法事に関する疑問についてお答えします。四十九日法要について疑問をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。専門知識を持ったスタッフがお客様のお悩みに寄り添いながらアドバイスいたします。

監修
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)

株式会社ユニクエスト社員
「小さなお葬式のコラム」の編集長。
葬儀葬式・法事法要だけでなく、終活・老後資金などFP関連の知識にも精通。
葬祭ディレクター1級の資格取得に向けて学習中。
葬儀業界最大級の、合計2000記事以上を管理。
運営会社についてはこちら

よくある質問

よくある質問
  • 四十九日とは?

  • 四十九日法要を行うのはいつ?

  • 四十九日法要は誰まで呼ぶべきなの?

  • 四十九日法要までに準備することは?

  • 四十九日法要のお布施の相場は?

  • 四十九日法要の香典における金額相場は?

  • 四十九日法要の香典袋の書き方は?

  • 四十九日法要に参列する際の服装マナーは?

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント
小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line