小さなお葬式のコラム

遺族マナーのコラム

遺族マナー

作成日:2019年07月10日  更新日:2019年09月13日

忌引きでアルバイトを休む際に必要なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
忌引きでアルバイトを休む際に必要なポイント

この記事は小さなお葬式が書いています

もし家族や親族に不幸があると、葬儀の準備や参列するためにアルバイトを休む必要があります。そんなとき「アルバイトは忌引きで休めるのだろうか」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。実は会社の規則によっては非正規雇用の方も忌引き休暇の取得が可能です。

この記事では忌引きとはどういうことか解説した上で、アルバイトを忌引きで休む際のポイントや気を付けるべき点をご紹介します。ぜひ最後までご覧いただき、アルバイトで忌引き休暇を取得する際の参考にしてください。

小さなお葬式

【もくじ】
アルバイトを休む前に忌引きとはなにか理解しよう
忌引きでアルバイトを休む際に確認するべきポイント
忌引きでアルバイトを休む際の連絡方法
忌引きでアルバイトを休む際に避けるべき注意点
忌引きでアルバイトを休む際は上司や同僚に相談しよう
まとめ

アルバイトを休む前に忌引きとはなにか理解しよう

忌引きとは「喪に服す」ということです。本人に出勤できる意思や能力があるにも関わらず、家族や親族の不幸によって欠勤する際は「忌引き休暇」を取得します。会社によっては「慶弔休暇」と呼ぶこともあります。

法律で定められた休暇は「法定休日」と「有給休暇」のみです。忌引き休暇を設けるかどうかは会社の判断で決められます。休暇中の賃金の扱いや、アルバイトの忌引きを認めるかどうかも会社によって異なるため、もしアルバイト先で忌引きが認められなくても違法にはならないのです。

忌引きでアルバイトを休む際に確認するべきポイント

忌引きで休んだつもりが、後になって「欠勤扱いになっていた」という事態は避けたいものです。まずは忌引き休暇が取れるか、亡くなった方との続柄で何日休めるかを把握しておきましょう。そのほかにも勤め先に葬儀があったことを証明する書類の提出が必要な場合があります。

では忌引きでアルバイトを休む際のポイントを解説します。

忌引きによる休みが可能かどうか

会社の就業規則を確認し、アルバイトに忌引き休暇が認められているか確認しましょう。正社員と非正規雇用の従業員では休暇の扱いが違うことがあります。「週〇時間以上の勤務」「月間〇日以上の勤務」といった条件を設けている会社もあります。

自身の勤務先の条件は雇用契約書を見て確認するか、上司に聞いてみましょう。もし勤務先で忌引き休暇が認められない場合は有給休暇が取得できるか確認してください。有給休暇は勤続半年以上かつ所定労働日数の8割以上出勤し、年間48日以上勤続の方は全員取得できます。

忌引きでアルバイトを休める日数

休める日数も会社が独自で決めています。基本的には本人との続柄で決められ、近しい人ほど取得日数は長くなります。配偶者10日間、父母7日間、子5日間、祖父母3日間が一般的です。3親等以上は1日のみとしていることが多いようです。

会社によっては「3親等以上は認めない」「2親等以上は〇日」としていることがあります。葬儀場が遠方のため決められた日数内で帰って来られないこともあるでしょう。そういった場合は併せて有給休暇を取得するか、勤務先に事情を話せば考慮してくれることもあります。

あわせて読みたい 忌引き休暇は有給扱いになるの?休暇の日数やルールについてご紹介します 親族などの不幸の知らせが届いた場合、まず行うのは弔事の準備や葬儀に参列するために勤め先で休日をもらう手続きです。この場合に休日をもらうのを忌引き休暇と呼びますが… 続きを見る

アルバイトを忌引きで休む際に必要な証明書類

忌引きであったことを証明する書類の提出が求められることもあります。通常の欠勤と違う扱いだったり休暇中に賃金が発生したりすると会社が手続きで必要だからです。また、あまりいないとは思いますが忌引きと言ってズル休みするのを防ぐためでもあります。

証明書類としては「会葬礼状」「死亡診断書のコピー」「火葬許可証のコピー」「葬儀会社の施行証明書」が有効です。基本的には忌引き休暇明けに提出します。事務手続きの兼ね合いで提出期限日が決まっていることがあるので、事前に確認しておきましょう。

忌引きでアルバイトを休む際の連絡方法

忌引きで休むことがわかったら、できるだけ早く上司に連絡します。連絡が取れる時間帯なら店に出向くか電話をかけて口頭で伝えましょう。深夜や営業時間帯であればメールで連絡を入れます。

引継ぎをきちんと行い、休んだことのお詫びとお礼を周囲の方に伝えましょう。しかし、メールだとどのように送ればいいか悩む方もいるのではないでしょうか。ここでは、忌引きでアルバイトを休む際の連絡方法やメールの送り方を解説します。

簡潔に伝えることが大事

口頭で長々と伝えると、上司が内容を覚えきれず伝達ミスが起こることがあります。メールでも挨拶や引継ぎ事項を長く書くと内容がわかりづらくなってしまいますから、内容は簡潔にまとめ、要点をわかりやすく話すようにしましょう。

忌引きで休むときは「誰がいつ亡くなったか」「通夜・告別式の日時」「休む日数」の3点を伝えます。また、休んでいる間に業務やシフトのことで連絡があるかもしれません。「緊急連絡先」や葬儀の準備で電話に出られない可能性があれば「代理人の連絡先」も伝えておきましょう。

できる限り早めに休むことを伝える

伝え方としては、口頭で直接言うのが望ましいです。難しい場合はすぐにメールで連絡を入れ、翌日の朝に再度連絡して内容を伝えます。不幸はいつ起こるかわかりませんので、深夜や休日に知らせが届くこともあります。

あなたから忌引きの連絡を受けた上司は、すぐに出勤体制の見直しや業務の引継ぎを行います。早く連絡をした方が周囲の方もシフト変更に対応しやすいでしょう。

あわせて読みたい 忌引き休暇の連絡はメールでも問題ない?マナーや例文をご紹介 身内が亡くなった場合は仕事や学校を休んで葬儀に出席することになります。しかし、人の死は予期せぬタイミングで訪れるものなので… 続きを見る

メールを送る前に正しい文章かどうかチェックする

忌引きのメールを作成したら、送信前に文章をチェックしましょう。送信先やアドレスを間違えていないか、変換ミスはないか確認します。件名は一目見たときに「忌引きで休むこと」がわかるようにしましょう。

上司と親しくても忌引きメールでは絵文字・顔文字を使わないようにしてください。また、携帯の機種によっては数字が文字化けすることがあります。葬儀の日程や休む日数がわからなくなるので機種依存文字を使用していないか確認しましょう。

休んだ後にお礼の一言を入れる

忌引き明けに出勤したときは、まず上司に「急に休んで迷惑を掛けたこと」「快く休ませてくれたこと」に対してお詫びとお礼を言いましょう。そのあと同僚や部下にもお礼の挨拶をします。今後の人間関係を良好に保つためにも、礼儀正しい対応が大切です。

休んでいる間に誰から香典を頂いたか確認し、もしアルバイト先から頂いていたら香典返しを渡します。そのほかにも供花や弔電を頂いていれば菓子折りを持参しましょう。菓子折りは個包装されているものがおすすめです。

あわせて読みたい 香典返しの金額相場は?送る品物は?葬儀での香典返しのマナーについて詳しく解説 葬儀を行った際にいただいた香典に対して、遺族は香典返し(こうでんがえし)というお返しをします。この記事では、香典返しを送る時期、金額相場と送る品物の例、香典返しに添える… 続きを見る

引継ぎをスムーズに行う

休んでいる間に業務が滞らないよう、忌引きで休む前に上司と同僚に引継ぎを行います。口頭で伝えた際は漏れがあるかもしれないので、後でもう一度メールを送っておいた方がいいでしょう。

上司への忌引き連絡と同様に、同僚にも「緊急連絡先」を伝えておきます。そうしておけば、上司が不在でも連絡が取れるためです。また、周囲の方はわからないことがあっても気を遣って連絡してこないことも考えられます。休む期間が長い場合は、自分から連絡して何か問題が起きていないか確認することも大切です。

忌引きでアルバイトを休む際に避けるべき注意点

大切な方が亡くなったと聞くと心中穏やかでなくなり、冷静な判断が難しいこともあるでしょう。しかし、誤った対応をしてしまうと周囲の方に迷惑が掛かるだけでなく、今後の勤務に影響を及ぼしかねません。嘘をついたり無断で休んだりするのはやめましょう。また、忙しい時間帯で電話をするのは避けたいところです。

次に、忌引きでアルバイトを休む際の注意点を解説します。

無断欠勤

「怒られるかもしれない」「休ませてもらえないかもしれない」と連絡をせず無断で休むことは避けましょう。先ほどもお伝えしたように、会社で忌引きが認められていれば「欠勤」ではなく「休暇」として休めます。また、忌引き休暇の制度がなくても葬儀に出席したことを理由にアルバイトを解雇されることはありません。

無断欠勤をするとアルバイト先に迷惑が掛かるだけでなく、事件や事故に遭ったのではないかと心配を掛けてしまいます。

忌引きと嘘をつく

嘘をつくとばれる可能性があります。忌引き連絡をした時点では自己申告だけなのでわからないと考える方もいるでしょう。しかし、会社によっては忌引き明け後に証明書の提出を求められます

嘘をついて休んだことがわかると信用を失うだけでなく、労働者に重大な過失があったとして懲戒解雇の恐れもあります。例えば「祖母が亡くなった」と嘘をついても、後になって誰かが祖母を目撃することだって考えられます。休みたい場合は忌引きと嘘をつかず、正直に話す方が今後のためといえるでしょう。

忙しい時間帯に忌引きの電話をする

忌引きの連絡はできるだけ早くするのが懸命です。しかし、忙しい時間帯に電話しないように注意しましょう。飲食店はランチタイムやディナータイム、駅前のコンビニは早朝のラッシュタイムといったようにそれぞれピークタイムがあります。

忙しい時間に連絡するならまずメールで用件を送り、時間を見計らって後で電話を掛けます。メールの最後に「後ほど(もしくは○時頃)改めてお電話します」と入れておくと良いでしょう。勤務中の方への気遣いを忘れないようにしてください。

忌引きでアルバイトを休む際は上司や同僚に相談しよう

忌引きでアルバイトを休むとなると、シフト変更が必要です。自己判断で決めず、上司や同僚と連携を取るようにしましょう。迷惑を掛けないように、あなたが同僚に代理出勤を依頼していたとします。しかし同時に上司も他の方に依頼している可能性があります。

自分で代理の方を探すべきかどうか上司の指示を仰ぎましょう。変わってくれる方が見つかればその時点で再度上司に連絡します。報告・連絡・相談をしっかり行うことが大切です。

まとめ

忌引きで休む前にアルバイト先にきちんと連絡し、スムーズに引継ぎをしておくことで落ち着いて葬儀に参列できます。休んだ後はフォローしてくれた周囲の方へお礼の言葉を忘れないようにしましょう。仕事をしていれば、忌引きで欠勤することは誰にでも起こり得ます。いざというときに慌てないよう休む時の対応を理解しておきましょう。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引