精進落としのマナーや流れについて解説!注意点もあわせて紹介
参列マナー

作成日:2021年01月26日  更新日:2021年01月27日

精進落としのマナーや流れについて解説!注意点もあわせて紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

「精進落としのマナーを知りたい」「精進落としの流れや注意点を知りたい」と考えてはいませんか。
いざというときにマナーや流れ、注意点などを知っておくことで、精進落としの際にも余裕をもって行動できます。

この記事では、精進落としをする際のマナーについて、流れや注意点もあわせて解説していきます。ぜひご覧ください。

【もくじ】
精進落としとはなにか
精進落としと通夜振る舞いの違い
精進落としの流れ
精進落としの際に気をつけるマナー
精進落としに参加する側のマナー
精進落としで振る舞う料理についての注意点
まとめ

精進落としとはなにか

精進落としでは、参列者や故人の遺族、僧侶が集まって初七日法要を終えた後に食事を共にします。故人への供養や、喪主が参加者に感謝を伝えてお酌をしながらまわります。

現代では、初七日法要の後ではなく、火葬が終わったその日に行われるのが一般的になっています。

故人が亡くなってから四十九日法要を終えるまでは忌中と言われていて、以前は四十九日の法要が終わり忌中を終えた後に精進落としを行っていました。

昔は、忌中の間には故人の親族は肉や魚を避けた精進料理を食べていましたが、現在では肉や魚を避けた料理を食べる方は少ないです。

あわせて読みたい 葬儀で出す食事「精進落とし」の意味とマナー 葬儀にまつわる料理のひとつ、精進落とし(しょうじんおとし)。かつては忌明けの食事を意味していましたが、現代では目的やふるまうタイミングなどが変わってきています。葬儀に関する食事は、精進落としだけではありません。葬儀に関する食事として… 続きを見る

精進落としと通夜振る舞いの違い

精進落としと通夜振る舞いの違いは、食事をするタイミングと料理の種類です。
精進落としは火葬後や七日法要後に行いますが、通夜振る舞いはお通夜の後に行われます。

通夜振る舞いはお通夜の後で忌中のため、肉や魚を使わない精進料理が出されることもありますが、昔とは違い、通常の料理が振る舞われる場合もあります。

精進落としが行われるタイミングでは忌中ではないため、通常の料理が出されますが、鯛などのお祝いで使われる食材は控えます

精進落としの流れ

精進落としの流れについて紹介します。流れについて事前に知っておくことで、いざというときに焦らなくて済むでしょう。どれも欠かせない流れなので覚えておいてください。

流れは、始めの挨拶から始まって、献杯の挨拶、宴席をして最後は終わりの挨拶で締めます。それぞれの挨拶について所要時間の目安などもあわせて解説していきますので、ぜひご覧ください。

1. 始まりの挨拶をする

まず、始めの挨拶をします。僧侶や精進落としへの出席者が揃って着席したら挨拶を行います。挨拶をするのは、基本的には喪主です。しかし喪主以外の方が挨拶をしても問題ありません。

始めの挨拶では、葬儀準備の手伝いをしてくれた人、葬儀の参列者、僧侶などに感謝を伝えます。その他にも、精進落としではゆっくりくつろいで食事をしてくださいなどということも伝えます。

2. 献杯の挨拶をする

始めの挨拶が終わったら、献杯の挨拶に移ります。故人に敬意を表して献杯を行いましょう。

献杯は乾杯とは違い、大きな声で合図をしたり拍手をしたりということはしません。静かな声で献杯をしてください。

献杯の挨拶は、始めの挨拶をした喪主などがする場合や、別の人を指名して献杯の挨拶をしてもらうこともあります。

喪主以外の方が担当する場合は、故人との関係や簡単な自己紹介をしてから献杯をします

あわせて読みたい 乾杯ではない「献杯」の挨拶の仕方は?正しいマナーと注意点 故人へ敬意を表する目的で、葬儀や法事後に食事の席を設けることがあります。スタートする時に、「献杯(けんぱい)」と掛け声をかけることはご存じでしょうか。献杯の概要や関連したマナーや注意点を知っていれば、葬儀や法事後の食事の席で… 続きを見る

3. 宴席

献杯の挨拶が終わったら宴席に入ります。献杯が終わった後に進行役などからお召し上がりくださいと合図があり宴席が始まります。

宴席では、故人との思い出話をして故人を偲びながら食事をします。宴席の所要時間は特には決まっていませんが、一般的には1時間半程度です。

参加者の食事の進み具合などを見ながら時間を決めましょう。しかし、葬儀への参列で疲れている方などもいるかもしれないので、あまり長くなるのは避けましょう。

4. 終わりの挨拶

宴席が終わったら終わりの挨拶で精進落としを締めます。終わりの挨拶は代理人ではなく喪主や親族などの代表者が行うのが一般的です。

葬儀や精進落としに参加してくれた方達への感謝をもう一度伝えて、今後の法要の予定なども終わりの挨拶で伝えます。

「お開き」という言葉は祝宴の時に使う言葉です。そのため終わりの挨拶の際には使わないように注意しましょう。

あわせて読みたい 告別式の喪主による挨拶例文(受付/出棺/精進落とし/僧侶へ) 葬儀の際、喪主という立場で遺族代表として様々な場面で挨拶をすることになります。特に告別式は、出棺直前の大切な儀式ということもあり、失敗は避けたいものです… 続きを見る

精進落としの際に気をつけるマナー

精進落としが終わった後に知らなかったと後悔しないためにも、精進落としでのマナーを覚えておきましょう。

精進落としでは招待制にすることや、僧侶も誘うこと、来られない方へ御膳料や弁当の配慮をするなど様々なマナーがあります。それぞれについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1. 精進落としは招待制にする

精進落としは招待制にしましょう。精進落としを任意での参加にしてしまうと、葬儀の参列者は自分が精進落としに参加していいのか迷ってしまいます。

葬儀の参列者などに余計な気を遣わせないためにも、精進落としへの参加は招待制にして、参加してもらうのかをはっきりさせることが大切です。

精進落としに招待をして参加してもらい、一緒に食事をしながら故人のことを偲びましょう。

2. 精進落としには僧侶も誘う

精進落としには僧侶も誘うのがマナーです。葬儀を手伝ってくれたお礼としてきちんと声をかけましょう。

お断りされた場合には、御膳料を包んで渡します。その際に包む御膳料は5,000円程度が一般的です。

葬儀を手伝ってくれた感謝の気持ちを伝えるためにも、僧侶も誘って一緒に食事をしましょう。初七日法要四十九日法要をお願いする場合もあるので僧侶との関係も大切にしてください。

3. 精進落としに来られない方への対応

精進落としに来られない方にも配慮し対応するのもマナーのひとつです。

遠い所から葬儀に来ている場合や予定が合わない場合などでどうしても精進落としに来られない方もいます。そういった方にもお弁当を用意したり、御膳料を包んだりして配慮をしましょう。精進落としに参加できなかった方にもしっかりと対応をすることで感謝を伝えることが大切です。

精進落としに参加する側のマナー

精進落としに参加する場合のマナーについて紹介します。親族や喪主などにもマナーはありますが、参加する側にもマナーはいくつかあります。

精進落としに参加する場合、忌み言葉を使わないことや死因を尋ねないこと、欠席や退席する際には遺族に声をかけることなどのマナーがあります。それぞれ解説していきますのでぜひ参考にしてください。

1. 忌み言葉を使わない

精進落としに参加する際には、忌み言葉を使うことは控えるのがマナーです。

忌み言葉とは、弔事の際に控えるべき言葉で、「ますます」など同じ言葉を2回言う重ね言葉や「再び」などの不幸が繰り返されることを連想させる言葉です。

また、「」や「」、「迷う」などの不吉なことを連想させる言葉も使わないようにしましょう。

あわせて読みたい 葬儀に出席する際に覚えておきたい忌み言葉の言い換え 葬儀に出席するにあたり、知識として備えておきたいことの1つとして、忌み言葉の言い換えがあります。忌み言葉を言い換えることは、残されたご遺族に対する配慮であり、最低限のマナー… 続きを見る

2. 死因は尋ねない

精進落としに参加する際には死因は尋ねないようにしましょう。親族などが話している場合は別として、参加する側から死因について聞くのはやめましょう。

故人の死因が突然死などで、遺族の気持ちも整理できていない場合もあり、後から気まずい関係になってしまう場合もあります。

死因はとてもデリケートなことですので、できるだけ触れないようにしましょう。

3. 欠席や退席する際には遺族に声をかける

精進落としを欠席や退席する際には、遺族に声をかけてから目立たないように退席しましょう。欠席や退席をする理由は「遠い所から来ているため」などで大丈夫です。事前に参加できないことがわかっているのであれば、遺族に連絡するなどして伝えておくといいでしょう。

料理を人数分用意しなければならないということもあります。そのため、きちんと遺族に声をかけて伝えることがマナーです。

精進落としで振る舞う料理についての注意点

精進落としの際に振る舞う料理についての注意点について紹介します。料理の種類や、参加人数のこと、避けた方がいい料理などの注意点についてそれぞれ解説していきます。

料理のことや人数のことであとから問題にならないためにも、振る舞う料理についての注意点をあらかじめ知っておくことが大切です。ぜひ参考にしてください。

1. 料理の種類

精進落としでの料理の種類は自由で、普通の料理で大丈夫です。しかし、飲食店などで行うのではなく、葬儀会場などで行うのが一般的です。

通夜振る舞いでは忌中のため精進料理が振る舞われますが、精進落としでは忌中は終わっているため通常の料理となります。

子供が参加する場合には、子供用の料理も用意しておくと料理を食べられないということも少なくなっていいでしょう。

あわせて読みたい 精進落としで出すべき料理や相場を徹底解説! 「精進落としで出すべき料理は何なのか」「料理の相場はいくらか」「気をつけるべきマナーはあるか」とお考えではありませんか。精進落としは参列者に振る舞う料理なので、価格やメニューに苦心される方もいるのではないでしょうか… 続きを見る

2. 出席人数を把握しておく

精進落としをする前に、出席人数を把握しておきましょう。基本的に全員分料理が用意されるので、出席人数を把握しておかないと、足りなかったり多すぎたりしてしまいます。

料理が足りないと食べられない人が出てしまいますし、多すぎても料理の費用が高くなってしまいます。そういったことにならないためにも事前に出席人数を把握しておくことが大切です。

3. めでたい料理は避ける

精進落としでは、鯛などのめでたい料理は避けましょう。鯛の他にも伊勢海老など、祝いごとに使われる料理は避けましょう

精進落とし用の料理を頼む際には、こういったことにも配慮がされているので、気にしすぎることはないのですが、念のために覚えておきましょう。

基本的には何の料理を用意してもいいのですが、お祝いで使われるものだけは避けた方がいいので注意してください。

4. 故人には影膳を用意する

故人には影膳を用意します。他の参加者に振る舞う料理と同じものを、遺骨や遺影の飾られている祭壇にお供えします。影膳に関しては、葬儀社側からの指示があると思いますので、葬儀社の方と相談をして決めましょう。

精進落としの際には、故人にも影膳として他の参加者に振る舞うお膳と同じものをお供えすると覚えておきましょう。

精進落としで用意する料理に関しての注意点を守って、よりよい食事にしてください。

まとめ

精進落としでは、招待制にすることや、僧侶も誘うこと、来られない方に配慮するなど、様々なマナーがあります。これらのマナーをしっかりと守ることで後から問題になることを防ぎましょう。

精進落としに参加する際にも、忌み言葉は使わないこと、死因は尋ねないこと、欠席する場合には遺族に声をかけることなどに注意をしてください。

精進落としのことや、他にも葬儀の事で分からないことがありましたら「小さなお葬式」へ気軽にご相談ください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事