通夜の香典返しの正しい渡し方を解説!即返しと後返しの違いとは
葬儀マナー[喪主・遺族]

作成日:2021年03月03日  更新日:2021年03月03日

通夜の香典返しの正しい渡し方を解説!即返しと後返しの違いとは

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

香典返しは、いただいた香典のお返しとして贈るお礼です。喪主は香典をいただいた方にはお礼を返すのがマナーですが、香典返しはいつ贈るのが良いのか、金額はどの程度が適切なのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、香典返しの正しい渡し方について解説します。即返しと後返しの違いが分かり、正しい対応の仕方が理解できるようになる内容です。

【もくじ】
通夜の香典返しの正しい渡し方を解説!
香典返しの即返しとは
香典返しの後返しとは
家族葬では香典返しをどうする?
まとめ

通夜の香典返しの正しい渡し方を解説!

通夜の香典返しは、喪主になったときに頭を悩ませる要因の一つでしょう。香典返しを送る際は、贈るタイミングや金額、相手に応じた対応など、さまざまなことに目を向ける必要があります。まずは、香典返しの基本的な渡し方についての知識を確認しましょう。

通夜の香典とは

通夜は、本来は故人と関係が深い方が集まって夜通し故人の霊魂を見守る儀式でした。近年では日が変わる前に終了する半通夜に形を変え、葬儀に出られない方の受け皿としての役割も持つようになっています。

弔問客が通夜に参列する際は、香典を持参するのがマナーです。香典は元々相互扶助の精神に則って食べ物やお供え物を贈る習慣でしたが、現在は現金を包む習慣になっています。

法要が滞りなく終了したことの報告を兼ねてお返しをする習慣が生まれ、これが香典返しとなりました。近年では香典返しも多様化しており、地域や家庭によって香典返し自体の有無や贈るタイミングなどに違いが見られます。

あわせて読みたい 香典とは?葬儀費用における位置づけと準備の手順や相場を解説 生前に縁が合った方の訃報を受けると、香典を持参して葬儀に参列することになります。その際に、香典袋の用意や書き方や包むべき金額など、悩まれる方も多いです… 続きを見る

香典返しの渡し方

香典返しは元来忌明けの報告を兼ねていたため、四十九日法要後に贈る後返し」が一般的でしたが、近年ではお通夜の場でお返しを渡す即返し」も多く見られるようになりました。

後返しの場合は手渡しや郵送で、即返しの場合は香典を受け取った際に受付でお返しを渡します。

お通夜当日に参列者に贈るお礼の品というと「返礼品」を連想する方もいるかもしれませんが、香典返しと返礼品は別のものです。返礼品を用意している場合でも、香典返しは別途用意する必要があります。

返礼品は香典の有無に関係なく参列者全員に渡しますが、香典返しは香典を持参した方のみに渡すものです。ふさわしい金額や品物も異なるので、混同しないようにしましょう。

あわせて読みたい 通夜返礼品とは?返礼品におすすめのアイテム8選と贈るときの作法 お通夜や葬儀で渡す返礼品といえば、香典返しを連想する方は多いかと思います。お通夜の参列者へもお礼の品を贈ることをご存じない方もいるのではないでしょうか… 続きを見る

香典返しの金額

香典返しにかける金額は、「半返し」が基本とされています。半返しとはいただいた香典の30%~50%程度を意味しており、いただいた額に応じてお返しの品を変える渡し方です。

しかし、半返しをするにはいただいた額の把握と額に応じたお返しの品を用意は欠かせません。即返しする場合は、いただいた場で額をその場で確認するのは失礼にあたることに加えて、あらかじめ額に応じた品を用意するのは現実的とは言えないでしょう。そのため、いただいた額を問わず2,000円~3,000円程度の品を一律で渡すのが一般的です。

用意していた品に見合わない高額の香典をいただいた場合は、後日改めてお返しを贈って半返しになるように調整しましょう。

後返しの場合は額を確認してお返しの品を用意できます。基本に則っていただいた額の半返しの品を贈りましょう。

あわせて読みたい 香典返しの金額相場は?送る品物は?葬儀での香典返しのマナー 葬儀や法要を執り行って参列者から香典を頂いた場合は、香典返しと呼ばれるお礼をしなければなりません。香典返しには相場や適切なタイミングなどのマナーがあるため、渡すのが難しい… 続きを見る

親族から香典を貰った場合の対応

親族の葬儀でも香典を持参するのと同様に、相手が親族でも香典返しは用意する必要があります。しかし、香典は関係が近いほど香典の額が高くなるのが一般的なため、お返しの対応に困ることもあるでしょう。

半返しの基本に従うと、5万円の香典をいただいた相手には1万5,000円~2万5,000円程度のお返しを用意しなければなりません。しかし、お礼の額としては高額過ぎると感じる方もいるでしょう。

このような場合は、半返しにこだわらずに25%程度のお返しにしてもマナー違反とは思われないでしょう。無理に高額のお返しをしようとすると先方のご好意を無下にすることにもなりかねません。

会社から香典を貰った場合の対応

会社の香典にお返しをする場合は、香典の名義によって対応が異なります。会社名義の場合はほとんどが福利厚生の一部である慶弔規定で出しているので、香典返しは不要です。

部署や数人のグループから「一同」の名義でいただいた場合は、それぞれのポケットマネーから持ち寄りで出してくれていることが多いため、お返しが必要です。

その際は、お返しの品は複数人で分けられるものを選びましょう。ことさらに高額をいただいたのでなければ、半返しにこだわらずに小分けにできる菓子折りなどで問題ありません。

会社関係の方の個人名義の場合は、個人の場合と同様に、半返しを目安にしてお返しを用意しましょう。マナーに則って対応することが大切です。

通夜と告別式両方で香典を貰った場合の対応

通夜と告別式の両方に参列する場合でも、香典を渡すのは一度にするのがマナーです。何度も香典を出すことは「不幸の重なり」を暗喩するため、避けるべきとされています。

しかし、誰もがマナーに精通しているわけではないため、同じ方から二度香典をいただくこともあるでしょう。

このようなケースでは、いただいた合計額を基準に半返しで計算するのが良いとされています。二度の香典へのお礼と相手に伝わるように「通夜と告別式にどちらもお参列いただきありがとうございました」といったお礼状を添えると良いでしょう。

香典返しを辞退する方法

会社の規則で香典返しを受け取れないこともあるでしょう。弔問客として参列して香典返しを辞退する場合は、喪主にその旨を伝える必要があります。受付で渡す際に「香典のお返しのご配慮は不要でございます」と一言添えましょう。口頭だけでは喪主に伝わらない可能性があるので、不祝儀袋の中に一筆書き添えることも大切です。

辞退する場合でも会葬御礼は受け取るのがマナーです。

あわせて読みたい 香典返しの辞退は失礼にならない?遺族を想った辞退の伝え方 日本には、古来弔事に関して様々なしきたりや慣習があります。時代と共に変化していく風習もだんだん増えてきました。その中の香典返しの辞退というテーマについて、この記事でご紹介します。これまでの慣習を考えると、香典返しを辞退することは… 続きを見る

香典返しの即返しとは

香典返しは本来四十九日法要後に行いますが、近年ではお通夜当日にお返しをする即返しも多く見られるようになりました。

即返しにはどのようなメリットがあって広まっていったのか、デメリットはないのかなど、気になることは多いでしょう。ここでは、即返しについて解説します。

即返しのメリット

即返しには、香典返しにかかる手間や時間を省けるメリットがあります。従来の方法でお返しをするには、いただいた方の名前と金額を全て把握して、住所なども控えて個別に対応しなければなりません。

即返しなら、参列者の大まかな人数を把握して同じ品を用意しておけば、個別に対応する作業を大きく軽減できます。渡し忘れる心配もなく、多くいただいた方に後日追加でお返しを贈るだけで済むのがメリットです。

即返しのデメリット

あらかじめ品物を用意しておく必要があるため、香典の額に応じて贈り分けができないのがデメリットです。高額の香典をいただいた相手には後日対応する必要があるため、完全に個別対応の手間を省けるわけではありません。

同じ品物を贈る都合上、相手の好みに合わせた品を用意することもできません。誰に贈っても受け入れられやすい無難な品を用意する必要があるでしょう。即返しの習慣がない地域では香典返しと認識されない可能性もあります。

香典返しの後返しとは

後返しは従来の一般的な渡し方のため、伝統的を大事にしている方にとっては馴染み深い方法なのではないでしょうか。後返しは「満中陰志」と呼ばれることもあり、香典のお礼と四十九日法要が滞りなく終了したことの告知を兼ねています。

後返しのメリット

後返しは香典の額を把握してから個別に対応できるため、相手に合わせて品物を用意できるのがメリットです。感謝の気持ちを伝えるために、一律の品を贈るよりも好みに合わせて選びたいという方に適していると言えるでしょう。

昔から行われてきた伝統的な渡し方なので、手間を惜しまず礼儀を重んじる姿勢が伝わりやすいことも長所です。

後返しのデメリット

即返しとは逆に、手間や時間がかかるのがデメリットです。法要と並行して準備を行うことが多いため、四十九日法要前後は忙しくなるでしょう。余裕がないと渡し損ねるリスクもあります。

遠方に住んでいる方には郵送することになりますが、発送料は自己負担です。加えて、後から贈る場合は葬式費用にならないため、相続税控除の対象に含まれません。経済的な負担が大きいこともデメリットとして挙げられます。

家族葬では香典返しをどうする?

近年ではさまざまな葬儀形式が見られるようになりました。親しい方のみで執り行う家族葬も増えています。

家族葬では通常の葬儀とは異なるマナーがあるので、香典返しの作法で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ここでは、家族葬の香典返しについて解説します。

家族葬では香典返しを辞退する

家族葬では、香典返しを辞退するのが一般的です。家族葬は遺族が負担を軽減するために選ぶことが多く、香典を辞退するケースが多く見られます。

香典を受け付けている場合でも、香典返しのやり取りを強いるのは避けた方が良いという考え方があるため、辞退するのが手堅いと言えるでしょう。

家族葬に参列する際は、家族葬を選んだ遺族の意図を察して、負担をかけないように配慮することが大切です。香典を辞退している場合は、無理に渡すことがないように注意しましょう。

会葬御礼を用意する

家族葬で喪主を務める場合は、香典を辞退していても会葬御礼は用意する必要があります。会葬御礼は葬儀へ足を運んでくれたことへのお礼なので、香典の有無とは無関係です。通常の葬儀と同様に参列者全員分を準備しましょう。

家族葬はあらかじめ参列者の数が決まっているのがメリットですが、当日に急に来られる方がいる可能性もあります。このことも想定して多めに準備しておくといざというときに慌てずに済むでしょう。

家族葬で香典返しを受け取ったら後返しをする

家族葬で香典を受け付けていない場合でも、ご厚意で香典を渡してくれる方もいるでしょう。そのようなときは、無理に断らずにありがたくいただくのがマナーです。

受け付けていないことを知らない場合もあるので一度はその旨を伝えた方が良いですが、何度も断るのは失礼になります。

香典を受け取ったら、香典返しは辞退すると伝えられていない限り香典返しは必要です。即返しの用意はないでしょうから、後日贈りましょう。

会葬御礼の選び方

会葬御礼の品はあまり高額なものを選ぶと参列者に香典返しと誤解させることや気を遣わせてしまう恐れがあるので、気持ち程度の品を選びます。500円~1,000円程度の品が一般的でしょう。

葬儀の返礼品は、後に残らない「消えもの」が基本です。お茶や菓子といった食べ物や、タオル洗剤などの消耗品が良く選ばれます。相手が好きなものを選べるカタログギフトも人気です。

あわせて読みたい 家族葬の場合の香典返しはどうしたらいい?挨拶状の書き方や必要なケースを解説 「家族葬の香典返しの挨拶状はどのように書けば良いのだろうか」「香典返しの費用や時期を知りたい」などの疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。家族葬の場合でも… 続きを見る

まとめ

通夜の香典返しの渡し方は、即返しと後返しの2種類があります。どちらも一長一短なので、何を優先するかを考慮して渡し方を選ぶことが大切です。

贈る相手によって適切な対応は変わるので、マナーを完全に把握するのが難しいと感じる方もいるでしょう。そのようなときは、あらかじめ葬儀社に香典返しの渡し方を相談して確認しておくことをおすすめします。

小さなお葬式では遺族の想いに応えた葬儀のご提案が可能です。葬儀の前から葬儀が終わるまでしっかりサポートいたします。葬儀をお考えならぜひご相談ください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事