浄土真宗の法事は何回忌まで?年忌法要の流れを紹介
法事・法要

作成日:2021年06月07日  更新日:2022年05月06日

浄土真宗の法事は何回忌まで?年忌法要の流れを紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

浄土真宗とは阿弥陀如来を信仰する仏教宗派のひとつです。臨終後はすぐに極楽浄土へ迎えられると考えられており、法事は故人の冥福を祈る場ではなく、故人をしのんで仏法に接するために営まれます。

他の宗派と異なる点がある浄土真宗では、法事を何回忌まで執り行うのか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、浄土真宗の法事について詳しく解説します。何回忌まで営むのかという疑問をはじめ、参列者の作法や遺族の準備が分かれば、安心して法事が執り行えるでしょう。
お寺とお付き合いの無い方に向けて、お坊さん手配の便利なサービスも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

【もくじ】
浄土真宗の年忌法要について
浄土真宗の法事は何回忌まで?
【浄土真宗の法事】施主や遺族の準備
浄土真宗の葬儀や法事における参列者の作法
法事・法要の費用をおさえる「お坊さん手配」をかしこく活用しよう
まとめ

浄土真宗の年忌法要について

年忌法要は故人の祥月命日に執り行う法要です。祥月命日とは、命日と同じ月・同じ日を指します。例えば、亡くなった日が1月1日であれば毎年1月1日が祥月命日です。ここでは、浄土真宗の年忌法要について解説します。

年忌法要は命日に営むのが正式

法要は命日当日に営むのが正式な作法です。ただし、どうしてもできない事情がある場合もあるでしょう。

命日が平日だと仕事をしている方や学校に通っている方は休みを取らなくてはなりません。特に、参列する親族が遠方に住んでいる場合、全員が集まるのは難しいでしょう。

したがって、集まりやすい週末に営むのが一般的です。日取りを調整する際は、命日よりも前に移動しましょう。

年忌法要の種類

主な年忌法要や時期を表にまとめました。浄土真宗も他の宗派と変わらないため、参考にしてみてください。

年忌法要 時期 内容
一周忌 亡くなってから1年後 遺族、親族、友人、知人が参列。
僧侶による読経の後、一同で焼香・お斎をする。
三回忌 亡くなってから2年後
3回目の命日
遺族、親族、友人、知人が。
僧侶による読経の後、一同で焼香・お斎をする。
七回忌 亡くなってから6年後
7回目の命日
遺族、親族が参列。
僧侶による読経の後、一同で焼香・お斎をする。
一般的に、七回忌から法要の規模を縮小。
十三回忌 亡くなってから12年後
13回目の命日
遺族だけで供養するのが一般的。
十七回忌 亡くなってから16年後
17回目の命日
遺族だけで供養するのが一般的。
省略する場合もある。
二十三回忌 亡くなってから22年後
23回目の命日
遺族だけで供養するのが一般的。
省略する場合もある。
二十七回忌 亡くなってから26年後
27回目の命日
遺族だけで供養するのが一般的。
省略する場合もある。
三十三回忌 亡くなってから32年後
33回目の命日
遺族だけで供養するのが一般的。
仏教では、死者は全て33年目には無罪となり極楽浄土に行くといわれているため、弔い上げとするケースが多い。

法要によって規模が異なる

法要の規模は時間の経過とともに変化し、比較的大きな規模で執り行うのは、初七日、四十九日、一周忌、三回忌です。

現在では一周忌以降は家族と近しい親族のみの場合も多く、規模を縮小する傾向があります。特に七回忌以降は家族以外が参列するケースはまれです。

あわせて読みたい 十三回忌の次は何回忌の法要?年忌法要の種類や弔い上げの時期を徹底解説 十三回忌は13年目の命日に行う年忌法要です。法要を無事終えた後に、ふと「十三回忌の次は何回忌だろう?」と疑問に思う… 続きを見る

浄土真宗の法事は何回忌まで?

年忌法要にはさまざまな種類がありますが、規模は徐々に縮小するのが一般的です。浄土真宗の法事はいつまで続ければよいのか、悩んでいる方もいるでしょう。

ここでは、浄土真宗の法事は何回忌まで営むのかという疑問について解説します。なお、法事とは法要後の会食を含む呼び方です。

浄土真宗における弔い上げ

弔い上げとは故人に対する個別の法要を終了することで、弔い上げ以降は他のご先祖様と一緒に供養します。弔い上げの時期ははっきりと決まっていません。三十三回忌や五十回忌を弔い上げとするのが一般的で、浄土真宗でも三十三回忌を弔い上げとする場合がほとんどです。

ただし、必ず三十三回忌を弔い上げとしなければならないわけではありません。弔い上げの時期は地域の慣習やお寺の意向に大きく左右され、弔い上げ自体が浄土真宗にはないとする考え方もあります。弔い上げのタイミングは、お寺と相談して決めるのがベターです。

弔い上げを早くしたいときは?

核家族化が進んだ昨今、家やお墓を引き継ぐ方がいないというケースも多いでしょう。また、高齢化という問題もあります。

多くの方が弔い上げとする三十三回忌は、故人が亡くなってから32年後です。故人を知る方がほとんどいない場合もあり、三十三回忌や五十回忌より前に弔い上げを済ませたいという方が増えています。

そのような事情がある方は、菩提寺に連絡して前倒しで弔い上げをするとよいでしょう。具体的には、十三回忌や二十三回忌で弔い上げとするケースがあります。

あわせて読みたい 法事はいつまで続く?法事の準備方法と基礎マナーを紹介 法事とは、残された遺族や親族が故人の冥福を祈り供養するためのものです。四十九日や一周忌、三回忌とたくさんの種類がある… 続きを見る

【浄土真宗の法事】施主や遺族の準備

浄土真宗の法事も他の宗派と同じように準備をしなければなりません。同じ浄土真宗でも地域やお寺によって異なる場合があるため、事前に周りの方やお寺に相談すると安心です。ここでは、施主や遺族がする浄土真宗の法事の準備について解説します。

スケジュールの調整

まずは法事の日取りを決めます。参列する遺族や親戚の予定を把握してから、お寺へ連絡しましょう。遺族の予定と当日お勤めをしてもらう僧侶の予定をすり合わせて、スケジュールを調整します。

お寺とお付き合いのある方

菩提寺(ぼだいじ)とは、先祖代々のお墓のあるお寺のことです。菩提寺がある場合には、菩提寺に連絡をして、読経の依頼を行いましょう。

お寺とお付き合いが無い方

菩提寺が無い場合には、知人縁故からお寺を紹介してもらう方法や、葬儀の際にお世話になったお寺に相談する方法があります。
その他最近では、インターネット上でお坊さん手配サービスを利用される方も増えています。
自宅はもちろん、手配したお坊さんのお寺での法要も行えるので、菩提寺がない方には便利です。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

お寺の都合によっては希望日に添えない場合もあるため、1ヵ月~2週間前を目安に寺院手配の予約をすることをお勧めします。

法事をお寺で執り行う場合、必要なものは全てお寺で用意してもらえますが、自宅の場合は御本尊や掛け軸、ろうそくを用意して仏壇の飾り付けをしなければなりません。初めての法事で必要なものが分からないときは、あらかじめお寺に確認するとよいでしょう。

案内はがきの送付

招待する方に法事の日程や会場を明記した案内はがきを送ります。招待するのが身内だけでお寺の場所を知っている場合には、電話やメールによる連絡でも構いません。

また、浄土真宗では「冥福」や「供養」といった言葉を使わないようにしましょう。一般的な言葉ですが、浄土真宗の教えには背いてしまいます。

あわせて読みたい 法事・法要の案内状の書き方徹底解説!法事や場面ごとの文例も紹介 法事・法要を営む際、施主として手配が必要な項目は多岐に渡ります。そのなかで案内状も施主が手配しなければならない事柄のひとつ… 続きを見る

お斎の会場を予約

法要後の会食「お斎」の会場が自宅ではなくお店の場合、事前に予約しておくと安心です。参加する人数が多いと想定されるときは、会場までの移動手段がない方のために送迎してくれるお店を選ぶとよいでしょう。

料理は和食が一般的ですが、お祝い事を連想させる伊勢エビや尾頭付きの鯛は避けるのが無難です。お酒を振る舞っても構いません。

お供え物を用意する

お供え物として餅や落雁を用意します。お供えする台にも宗派ごとの決まりがあるものの、左右に同数ずつ供えるのは他の宗派も同じです。配置に関してはあまり気にしなくてもよいでしょう。自宅での法事では、線香や花、経本も必要です。

返礼品

参列者が来る場合、香典のお礼としてお渡しする返礼品の準備が欠かせません。お菓子の詰め合わせを参列者の分だけ用意しても構いませんし、カタログギフトを後で手配しても問題ないでしょう。故人が生前好んでいたものを渡すのもおすすめです。

浄土真宗の葬儀や法事における参列者の作法

浄土真宗には「臨終即往生」という考え方があり、それぞれの法要で追善供養をする習慣はありません。浄土真宗でも年忌法要を執り行いますが、作法が異なる点があるため注意しましょう。ここでは、浄土真宗における参列者の作法について解説します。

浄土真宗の通夜と葬儀

浄土真宗の通夜では、「仏説阿弥陀経」または「正信偈」を僧侶が読経します。参列した方は僧侶に合わせて合掌や礼拝をするとよいでしょう。また、他の宗派では線香を一晩中絶やさないという慣習がありますが、浄土真宗ではありません。

浄土真宗では、故人は亡くなってすぐに成仏するという考えです。したがって、葬儀では故人の冥福を祈る「引導」や「授戒」の儀式がありません。同様の考えから、納棺の際に故人に死装束を着せて旅支度をすることもなく、葬儀の後は出棺、火葬、収骨と滞りなく進めます。葬儀後に清めの塩をまくこともありません。

あわせて読みたい 浄土真宗・天台宗・浄土宗のお経の特徴について詳しく解説 仏教の中には複数の宗派があり、宗派によってお経に特徴が見られます。この記事では、浄土真宗・天台宗・浄土宗のお経の特徴に… 続きを見る

浄土真宗の香典

浄土真宗も他の宗派と同じく、お渡しする香典の金額は決まっていません。故人との関係性によって金額は異なり、近しい方のほうがたくさんお渡しする傾向があります。

浄土真宗には霊魂という概念がありません。他の宗派の場合、通夜や葬儀の香典の表書きは「御霊前」と記載するのが一般的ですが、浄土真宗では「御仏前」と書きます。相手の宗派が分からなければ、「御香典」と書くのが無難です。

浄土真宗の数珠の持ち方

念仏を唱える際に数取りの必要がない浄土真宗の数珠は、蓮如結びの房が特徴です。また、「浄土真宗本願寺派」と「真宗大谷派」の2つの宗派があり、それぞれ数珠の持ち方が異なります。

浄土真宗本願寺派では、数珠は二重にして合掌した手に掛け、房は下に垂らすのが作法です。一方、真宗大谷派では二重にした数珠を両手に掛け、房は上から左側に垂らします。故人がどちらの宗派か分からないときは、事前に施主や遺族に確認するとよいでしょう。

浄土真宗の焼香や線香

浄土真宗では焼香をつまんだ後に額に押しいただかず、そのまま香炉にくべるのが他の宗派と異なる点です。

回数は浄土真宗本願寺派では1回、真宗大谷派では2回と定められています。「焼香は3回」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際は宗派によって異なるため注意しましょう。

また、線香は立てて供えるのではなく「寝線香」が作法です。1本の線香を2つから3つに折って、横に寝かせて供えます。

あわせて読みたい 【動画で解説】もう迷わない焼香のやり方・マナー 葬儀の際に行う「焼香」は、普段実践する機会が少ないもののひとつでもあります。周囲の人に教わることもないため、正しい方法が分からず不安に感じることもあるのでは… 続きを見る

法事・法要の費用をおさえる
「お坊さん手配」をかしこく活用しよう

法要・法事にはお布施以外にも読経、お車代、御膳料などさまざまな費用がかかります。合計すると、平均して10万円以上はかかるでしょう。

また、寺院や地域によっても異なるため、いくら準備しておけばよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

法事・法要にかかる費用

小さなお葬式が運営する「てらくる」では、一周忌・四十九日法要などのお坊さん手配を、全ての宗教・宗派で一律45,000円で提供しております。

お布施以外のあらゆる費用全てがプラン内に含まれているため、費用の設定で悩む必要はありません。

法事・法要の事前準備に是非ご検討ください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

まとめ

浄土真宗の法事は何回忌までというはっきりとした決まりはありません。三十三回忌を弔い上げとするケースが一般的ですが、遺族の事情を考えてさらに早くしたいという方は、お寺と相談しながら決めるとよいでしょう。

また、浄土真宗には他の宗派とは異なる点があるため、法事に参列する方はマナーや作法を事前に確認すると安心です。

浄土真宗だけでなく他の宗派の葬儀や法事に関する疑問や困ったことがある方は、「小さなお葬式」にご相談ください。24時間365日、専門スタッフがお答えします。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
3.8/5
評価数(4)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事