法事はいつまで続く?法事の準備方法と基礎マナーを紹介
法事・法要

作成日:2021年05月11日  更新日:2022年11月25日

法事はいつまで続く?法事の準備方法と基礎マナーを紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

法事とは、残された遺族や親族が故人の冥福を祈り供養するためのものです。四十九日や一周忌、三回忌とたくさんの種類があるため、いつまですればよいか悩む方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、法事の主な種類や必要な準備、基本的なマナーを紹介します。法事への理解を深めれば、いつまで法事をすればよいか分かるでしょう。無宗教の場合についても解説します。
また、お寺とお付き合いの無い方に向けて、お坊さん手配の便利なサービスも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

【もくじ】
いつまでやる?法事の主な種類
法事をいつまでするかは宗派や地域によって異なる
無宗教の場合、法事はどうする?
法事をするために必要な準備
知っておきたい!法事の基礎マナー
法事・法要の費用をおさえる「お坊さん手配」をかしこく活用しよう
おすすめ記事
まとめ

いつまでやる?法事の主な種類

葬儀が終わった後も法要という形で故人の冥福を祈り続け、一周忌の法要までは悲しみの中、慌ただしく過ぎていきます。その後に続く法要の種類や準備に関して、迷う方もいるでしょう。人は時間がたつと少しずつ記憶や思い出が薄くなります。年忌法要を通して故人を思い出し、供養しましょう。

忌日法要と年忌法要とは

法要の種類は主に2つです。亡くなった日から数えて100日目までに執り行うものを「忌日法要」、それ以降、区切りの年ごとに営む法要を「年忌法要」といいます。

忌日法要は、死後49日目までは7日ごとに行うのが一般的です。死後100日目の百箇日以降は「祥月命日」という故人が亡くなった月の命日に、親族を招いて年忌法要を執り行います。なお、「法事」とは法要後の会食を含む行事のことです。

初七日

故人が亡くなった日(命日)から数えて7日目の法要です。地域によっては逝去の前日から数えて7日目とする場合もあります。葬儀と同日に繰り上げ法要をする遺族も多く、遺族や親族をはじめ、親しかった友人が参列することも少なくありません。慣習通りの初七日を執り行う場合、改めて準備が必要です。

四十九日

忌日法要のひとつである四十九日は、仏教では忌服期間を終える日のことです。「忌明け」「七七日」「満中陰法要」といった呼び方もします。四十九日法要で主に執り行うのは、墓にお骨を納める「納骨」、白木位牌より本位牌へ変えて墓や仏壇に仏様の魂入れをする「開眼法要」、法要終了後の会食「お斎」です。

あわせて読みたい 四十九日とは?意味や行われる儀式について徹底解説 人が亡くなると法要が行われますが、四十九日法要の意味は皆さんご存知でしょうか?法要にはそれぞれ意味があり、形式やマナー… 続きを見る

百箇日

百箇日は親族や近親者のみで自宅で執り行うことが多く、たくさんの参列者をお呼びすることはあまりありません。また、忌明け後の法要であるため、お供え物の種類や使用できる色の幅が増えます。例えば、故人が好きだった花やお菓子、香り付きのタオルや石鹸をお供えしても構いません。華やかすぎる場合は落ち着いた仏花も添えましょう。

一周忌

故人が亡くなってから1年後の祥月命日が一周忌で、最も大事な年忌法要といわれています。祥月命日に営むのが難しければ、それより以前に日程をずらしましょう。遺族や親族と共に、親交の深かった友人や知人が参列することもあります。

法要後は会食の場を設け、故人の思い出話をするといっそうの供養となるでしょう。一周忌法要を終えると「喪明け」となります。

三回忌

三回忌は故人が亡くなってから2年後に執り行う法要です。亡くなった年を1年目と数えるため、3年目を3回忌と呼びます。規模は一周忌と同程度です。故人の祥月命日までに遺族や親族、友人と共に法要を営みます。

法要後は一周忌と同様に会食するのが一般的です。三回忌までは友人や知人も呼んで盛大に執り行いますが、それ以降は基本的に遺族と親族のみで法要を行います。

七回忌

故人が亡くなり丸6年となる年の法要を七回忌といいます。七回忌までは遺族と共に親族が集まり法要を営むのが一般的です。会食では故人の思い出話に花を咲かせ、次の法要の予定を話しましょう。

十三回忌

前回の七回忌から6年後、亡くなってから丸12年となる十三回忌ですが、段取りは今までの法要と同じです。年忌法要は回を重ねるごとに近しい親族のみで執り行うことが増える傾向があります。遺族のみで行うこともあり、派手ではない平服で参列する方がほとんどです。

十七回忌

故人の没後16年となる年の法要です。十七回忌以降は、他のご先祖様と同日に法要を済ませる場合もあります。遺族や親族の生活様式が変化しているため、法要の規模を縮小し、ごく近しい家族のみで法要を営むことが多いのが特徴です。

三十三回忌

亡くなってから32年後の年忌法要で、十七回忌と同様、家族のみで執り行うのが一般的です。近年は三十三回忌を弔い上げとし、年忌法要を終えるケースが増えています。「多くの仏教宗派は33年で極楽浄土へ行けるとされる」「故人を知る人が少なくなった」といったことが主な理由です。弔い上げの後も、折に触れて仏様に手を合わせましょう。

法事をいつまでするかは宗派や地域によって異なる

一般的には、三十三回忌で法要を終えて永代供養とし、法事を終わらせます。ただし、宗派や地域によって異なるため、自分が信仰する宗教がいつまで法事を営むのか知ることが大切です。

宗派によっては五十回忌までする場合もあり、故人を知る方がほとんどいないケースもあります。昔は百回忌や百五十回忌を営むこともありました。しかし、近年は親族の負担を考え、十七回忌や二十五回忌といった短い年数で弔い上げとすることが増えています。法事がなくても、仏様の前や墓前で手を合わせて弔うだけでも十分な供養となるでしょう。

無宗教の場合、法事はどうする?

特定の宗教や信仰を持たない方は、法事も個人の自由です。葬儀や法事を執り行う場合も特に形式はないため、故人が好きだった音楽を流す「音楽葬」やしきたりにとらわれない「自由葬」で供養する方もいます。

法事の回数や時期に決まりはなく、年忌法要をする必要もありません。とはいえ、近親者の現状報告や故人をしのぶために会食の機会を設けることは大切です。小さなお葬式では無宗教の方のための法事も承っています。必要な際はご相談ください。

あわせて読みたい 無宗教葬儀の内容や費用とその後の供養について詳しく解説 形式にとらわれない無宗教葬儀は自由度が高く、故人や親族の希望を取り入れやすいのが特徴です。あらかじめ決められた葬儀の… 続きを見る

法事をするために必要な準備

故人を心より弔い、招待客に心地よく参列してもらうには、法事の事前準備をしっかりとすることが大切です。日取りを決めたら、会食会場の予約や返礼品の準備、僧侶の手配と準備は多岐にわたります。特に大きな規模の法事であれば、直前に慌てないためにも早めに準備を進めましょう。

法事の日取りや場所を決める

まずはお寺の住職と相談し、お寺と施主の都合が合う日取りを決めます。祥月命日当日が難しければ、それより前の日付にしましょう。多くの方が参加しやすい土日祝日を選ぶのが一般的です。

会食する場所は、招待客が分かりやすい場所を選び、おおよその人数で予約を取ります。その際に法事の種類(三回忌など)と人数が前後することをあらかじめ伝えておくとよいでしょう。会場は早めに予約をしておくと安心です。

招待客に案内状を送る

親族や親交の深かった友人、知人といった招待する方たちを決め、案内状を送ります。出席の可否を返送してもらう必要があるため、余裕をもって作成し送らなければなりません。年忌法要の規模に合わせて、誰を招待するか法事ごとに考え直します。ごく近い親族だけの少人数で執り行う場合には、電話で都合を尋ねることも可能です。

あわせて読みたい 法事・法要の案内状の書き方徹底解説!法事や場面ごとの文例も紹介 法事・法要を営む際、施主として手配が必要な項目は多岐に渡ります。そのなかで案内状も施主が手配しなければならない事柄… 続きを見る

会食や返礼品を用意する

招待客の人数が定まったら、会食の手配をします。会場の予約は済んでいるため、ここで決めるのは人数と席順、メニューです。小さな子どもや高齢者、障害のある方への配慮も必要でしょう。会食会場の担当者としっかり話し合っておくことで、当日スムーズに進行できます

返礼品の金額はいただいた香典やお供え物の半分程度が目安です。会食がある場合、その金額も含めて考えます。ただし、いただいた香典によって返礼品を変えるのは現実的には難しいため、一律3,000円~5,000円程度で構いません。返礼品は、お茶やお菓子、石鹸、タオルといった消え物の他、茶器や日用品でもよいでしょう。

僧侶へのお礼を準備する

僧侶へのお礼も準備しなければなりません。最低限必要なお礼として、お布施、御車代、ご膳料があります。法事のお布施は3万円程度が目安ですが、地域や法事の種類・規模によって異なるため、迷ったときにはお院に直接伺ってみるとよいでしょう。

自宅といったお寺以外の場所で法要を営むときは御車代、僧侶が会食の出席を断った場合は御膳料をお布施とは別に渡す必要があります。

知っておきたい!法事の基礎マナー

法事に参列する際は喪服を着用します。喪服の種類には「正喪服」「準喪服」「略喪服」があり、喪服といえば準喪服を指すのが一般的です。また、香典袋に使用する墨について気になる方もいるでしょう。ここでは、法事の基礎マナーを紹介します。

喪服はいつまで着る?

喪服を着るのは、施主・遺族・参列者ともに三回忌までとするのが一般的です。ブラックフォーマルを着用し、華美なものや露出は避けます。アクセサリーは必要ありませんが、身に着ける場合には真珠を選ぶのがマナーです。

ただし、「平服でお越しください」といった案内があれば従いましょう。参列者が遺族よりも格式の高い礼服を着ることは違和感につながり、マナー違反と取られてしまいます。

七回忌以降の法事は略喪服(平服)で構いません。平服とは普段着のようなカジュアルな服装ではなく、改まった場にふさわしい服装のことです。黒や紺色、灰色といった派手ではない色のワンピースやスーツを着用します。

あわせて読みたい 法事の案内状に「平服でお越しください」とあったら|法事の服装マナーを徹底解説します 法事の案内状に「平服でお越しください」と記載があり、「どのような服装で行けば良いのだろう」と、悩んでしまった経験が… 続きを見る

香典袋に使う薄墨はいつまで?

葬儀に持参する香典袋に使うのは薄墨です。「突然の訃報で墨をする時間がない」「墨が涙で薄まった」といった悲しい気持ちを薄墨で表しています。基本的に、薄墨を使うのは通夜と葬儀のみです。葬儀と初七日を同日に営む場合、初七日も薄墨で書きます。一方、四十九日以降は前もって予定している法要です。したがって、濃墨を使います。

薄墨を使用する期間は宗派や地域で異なるため、迷った際は周りの方に尋ねてみるとよいでしょう。

法事・法要の費用をおさえる
「お坊さん手配」をかしこく活用しよう

法要・法事にはお布施以外にも読経、お車代、御膳料などさまざまな費用がかかります。合計すると、平均して10万円以上はかかるでしょう。

また、寺院や地域によっても異なるため、いくら準備しておけばよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

法事・法要にかかる費用

小さなお葬式が運営する「てらくる」では、一周忌・四十九日法要などのお坊さん手配を、全ての宗教・宗派で一律45,000円で提供しております。

お布施以外のあらゆる費用全てがプラン内に含まれているため、費用の設定で悩む必要はありません。

法事・法要の事前準備に是非ご検討ください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

おすすめ記事

小さなお葬式で特に読まれている記事を紹介します。あわせて読むことで理解が深まるでしょう。

あわせて読みたい 僧侶派遣はネットで頼める?菩提寺がない方に最適な僧侶派遣のメリットと利用方法について解説 葬式や法事を行う際、一般的には先祖代々お世話になっているお寺である菩提寺のご僧侶に来ていただきますが、そういったお寺が… 続きを見る

【関連記事】
■檀家について
檀家とは寺院の運営を支える存在!入檀や離檀にかかる費用や注意点を解説
檀家離れ(離檀)という選択|メリットデメリットとスムーズな手順

■法事法要の準備について
早めが重要!法事・法要の当日までに必要な準備とは?

■四十九日について
四十九日法要までの流れと基礎知識|意味、必要な費用、服装や香典のマナー
無宗教の葬儀や四十九日の形と無宗教葬儀のメリット・デメリット
四十九日法要ではどんな費用がかかる?お布施や納骨の相場についても解説!
四十九日を行う場所とは?日程やお布施についてもあわせて解説

■お布施について
お布施は本当に高い?お布施の意味と宗派ごとの相場もご紹介します
お布施が少ないと言われたら?「お気持ちで」の目安が知りたい!

■一周忌について
一周忌の準備はどうすればいい?一周忌の場所や基本知識、マナーを詳しく解説
一周忌を自宅で営むメリット・デメリット|自宅会場の準備も解説

■その他
忌明けとは?忌明け頃に実施される法要を詳しく解説
命日の振る舞い方って?回忌っていつ行えばいいの?

まとめ

法事は初七日から始まり、三十三回忌で弔い上げとするのが主流です。ただし、いつまで法事をするかは宗派や地域によって異なります。遺族の負担を考えて、十七回忌といった早い段階で弔い上げとする場合もあるでしょう。また、準備するものや参列者の服装も法事の種類によって変わります。

法事は故人の供養のために大切な儀式です。同時に、親族が集まり語らいの場ともなり、残された親族の心を癒すものでもあります。大切な節目である法事について疑問や悩みがある方は、小さなお葬式にご相談ください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事