お通夜や告別式に行けない場合の失礼のない対応
参列マナー

作成日:2015年02月25日  更新日:2020年09月25日

お通夜や告別式に行けない場合の失礼のない対応

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

親しい方のお通夜・告別式にはできる限り参列したいものですが、都合がつかずに参列できないこともあります。やむを得ない事情であれば、参列できなかったからといってお咎めを受けることはありません。

しかし、周囲の声とは別に、自分自身に悔やむ思いもあるでしょう。このような場合、どうすれば「失礼にならない」かつ「弔意を伝える」ことができるのでしょうか。

この記事では、お通夜や告別式に参列できない場合の対応や、その場合の弔意の伝え方などをご紹介します。

【もくじ】
お通夜・告別式の欠席の伝え方
参列できない場合の弔意の伝え方
葬儀に行けない際の注意点・マナー

お通夜・告別式の欠席の伝え方

お通夜や告別式を欠席しなければならない時、「失礼になってしまわないだろうか…」など、相手の反応に対して不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。失礼にならないよう伝えるためには、マナーや伝え方のポイントを押さえておくことが大切です。ここでは、欠席する旨の伝え方や心掛けるべき点についてご紹介します。

欠席の伝え方とマナー

参列できない場合は、当然欠席の返事を出すのがマナーです。訃報を聞いた時、すでに参列できない日程だとわかっている場合は、欠席の返事をする必要があります。

その際に添える欠席理由は、事細かく理由を伝えるのではなく、「やむを得ない事情があって」「どうしても都合がつかず」といった言葉を添えましょう。なぜなら、長々理由を伝えた場合、内容によっては遺族の方に失礼となってしまう可能性があるためです。

やむを得ない場合はメールで伝えることも

お通夜や告別式に参列できない場合には、できるだけ早く欠席の返事を出しましょう。この時、やむを得ない場合にはメールで伝えることも選択肢として挙がるかもしれません。

早い連絡手段として考えれば、メールもひとつの方法です。ただし、メールでの返事は略式であるという自覚を忘れないように気を付けましょう。いくら親しい間柄であっても、略式で連絡しているという自覚を持った上で、丁寧な言葉遣いを心掛けながら伝えることが大切です。

参列できない場合の弔意の伝え方

たとえ欠席する場合であっても、「弔意を伝えたい」と思う方は多いでしょう。その際、弔意を伝える手段をご紹介します。

弔電を打つ

弔電とは、電報によってお悔やみの言葉を送るもののことです。NTTをはじめ、さまざまな会社で取り扱っています。会社によって弔電の文字数やデザインなどが変わる他、申し込みの方法も電話やインターネットなどいくつかあるため、条件に合ったものを選びましょう。なお、弔電を送る際に知っておくべきマナーの記事がありますので参考にしてください。

あわせて読みたい 弔電の送り方は?葬儀の際に送るお悔やみ電報の料金・文例やマナーについて詳しく解説 弔電(ちょうでん)は、お葬式に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝えるために送る、葬儀の電報です。弔電とお悔やみの電報は同じ意味で、どちら... 続きを見る

香典を渡す

香典を渡す場合、現金書留を利用した郵送や他の参列者に預けておくといった方法があります。香典の金額は、故人が親族であれば1万円~10万円程度、知人・友人であれば3,000円~1万円程度が相場です。ただし、故人との関係性によって香典の金額は変わってきます。

あわせて読みたい 香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて詳しく解説 訃報は突然にやってきます。特に、関係の深い親戚などでない場合、通夜や葬儀・告別式の連絡を急に受けることも少なくありません。どうしても参列... 続きを見る

供物・供花を送る

供物は、故人の信仰していた宗教によって送るものが変わるため、注意が必要です。仏教では、線香抹香ロウソク果物菓子五穀などを利用します。

供花の場合も宗教による違いがあり、仏教では百合や菊、カーネーションなどを送るのが一般的です。供物も供花もご自身で用意することはもちろん、葬儀社に依頼すれば用意してもらえます。

供花イメージ

また、ネットで供花の配達を依頼できるサービスもありますので、参考にご覧ください。

参考:お花配達.com

お悔やみ状

香典・供物・供花とともに、お悔やみ状も一緒に送るのがおすすめです。お悔やみ状を香典などに同封することで、弔意がより深く伝わるでしょう。お悔やみ状には、頭語や時候のあいさつなどは書かず、遺族を気遣う言葉を含ませるのがポイントです。

お悔やみ状イメージ

後日弔問に伺う

ご自身で故人に別れを伝えたいという場合は、後日弔問に伺います。その場合、先方の都合を確認してから伺うようにしましょう。葬儀後は遺族にとって忙しい時期でもあり、無遠慮に押しかけると迷惑になってしまいます。そのため、事前に連絡を入れて都合の良い日を聞きましょう。

弔問の時には香典を渡すこともあります。もし事前に香典を渡していたとしても、花や線香など、少額の供物を持参すると丁寧です。

あわせて読みたい 弔問のマナーを詳しく解説 弔問(ちょうもん)とは、訃報を聞いて遺族宅を訪ね、お悔やみの言葉を述べることを言います。弔問の際は遺族に配慮し、失礼とならないようにする... 続きを見る

葬儀に行けない際の注意点・マナー

お通夜や告別式といった葬儀に参列できない場合、弔電や供物・供花を送ることでお悔やみの気持ちを伝えましょう。ただし、弔電や供物・供花を送る際にもマナーに注意しなければ、遺族に不快な思いをさせることもあるため注意が必要です。ここでは、参列できない場合のマナーや注意点についてご紹介します。

弔電を打つ際は忌み言葉に注意

電報によってお悔みの言葉を伝える弔電ですが、せっかく送っても忌み言葉を使用していると失礼な印象を与えてしまうこともあるため気を付けましょう。

忌み言葉には「苦しむ」など不幸を連想させる言葉をはじめ、「」や「」といった不吉な数字などがあります。その他、「」や「ご生存中」など生死に関する言葉も避けましょう。また「ますます」や「重ね重ね」などといった重ね言葉も使わないことが大切です。

あわせて読みたい 葬儀に出席する際に覚えておきたい忌み言葉の言い換え 葬儀に出席するにあたり、知識として備えておきたいことの1つとして、忌み言葉の言い換えがあります。忌み言葉を言い換えることは、残されたご遺族に対する配慮であり、最低限のマナー… 続きを見る

供物・供花を送る際のマナー

お通夜や告別式に行けない場合、供物や供花を送るのもお悔みを伝える方法のひとつです。ただし、供物や供花を送る際には、宗教ごとにお供えするお花の種類が異なるため気を付けましょう。例えば、仏教や神道では白や黄色のお花が良い一方、キリスト教の場合は白い花に限ります。

また、お線香や果物、お菓子などをお供えすることの多い仏教に比べて、キリスト教や神道の場合にはお線香をたかないのが一般的です。宗教ごとのマナーを守るためにも、葬儀会場や葬儀を担当する葬儀社に問い合わせをした上で手配しましょう。

葬儀に参列できない場合でも遺族に配慮を

さまざまな事情があるため、やむを得ない理由であればお通夜や告別式などの葬儀に参列できないこと自体は大きな問題ではありません。ただし、どのような事情であれ遺族への配慮を忘れてしまうと、問題が発生するリスクが高まるため注意が必要です。

故人を見送る気持ちや遺族への配慮があれば、弔電や供物・供花を送るといったさまざまな方法でお悔みの気持ちを伝えるでしょう。後日、弔問に訪れる方法などもあるため、しっかりとマナーを守って遺族への配慮を大切にすることが重要です。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.7/5
評価数(18)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事