小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2015年02月25日  更新日:2019年06月12日

お通夜や告別式に行けない場合の失礼のない対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お通夜や告別式に行けない場合の失礼のない対応

この記事は小さなお葬式が書いています

親しい方のお通夜・告別式にはできる限り参列したいものですが、都合がつかずに参列できないこともあります。やむを得ない事情であれば、参列できなかったからといって咎められることもありません。

しかし、周囲の声とは別に、自分自身に悔やむ思いもあるでしょう。このような場合、どうすれば「失礼にならない」かつ「弔意を表す」ことが出来るのでしょうか。

この記事では、お通夜や告別式に参列できない場合の対応や、その場合の弔意の伝え方などをご紹介します。

【もくじ】
お通夜・告別式の欠席の伝え方
参列できない場合の弔意の伝え方

お通夜・告別式の欠席の伝え方

参列できない場合は、当然欠席の返事を出すのがマナーです。訃報を聞いた時、すでに参列できない日程だとわかっている場合は、欠席の返事をするといいでしょう。

その際に添える欠席理由は、事細かく理由を伝える事はせず、「やむを得ない事情があって」「どうしても都合がつかず」といった言葉を添えましょう。長々理由を伝える事で、内容によっては遺族の方に失礼となってしまう可能性があるからです。

参列できない場合の弔意の伝え方

欠席する場合であっても、弔意を伝えたいと思う場合は多いでしょう。その際、弔意を伝える手段をご紹介します。

弔電を打つ

弔電は、電報によってお悔やみの言葉を送るというもので、NTTを始めとした様々な会社で取り扱っています。会社によって弔電の文字数やデザインなどが変わるほか、申し込みの方法も電話やインターネットなどいくつかあるため、条件に合ったものを選びましょう。弔電を送る際に知っておくべきマナーの記事がありますので参考にしてください。

あわせて読みたい 弔電の送り方は?葬儀の際に送るお悔やみ電報の料金・文例やマナーについて詳しく解説 弔電(ちょうでん)は、お葬式に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝えるために送る、葬儀の電報です。弔電とお悔やみの電報は同じ意味で、どちら... 続きを見る

香典を渡す

香典を贈る場合、現金書留を利用した郵送や、他の参列者にあずけておくという方法があります。香典の金額は、故人が親族であれば1万円~10万円程度、知人・友人であれば3千円~1万円程度とされていますが、故人との関係性によっても変わります。

あわせて読みたい 香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて詳しく解説 訃報は突然にやってきます。特に、関係の深い親戚などでない場合、通夜や葬儀・告別式の連絡を急に受けることも少なくありません。どうしても参列... 続きを見る

供物・供花をおくる

供物は、故人の信仰していた宗教によって送るものが変わります。仏教では、線香、抹香、ロウソク、果物、菓子、五穀などが利用されます。

供花の場合も宗教による違いがあり、仏教では百合や菊、カーネーションなどをおくることが多くあります。供物も供花もご自身で用意することはできますが、葬儀社に依頼して用意してもらうこともできます。

供花イメージ

また、ネットで供花の配達を依頼できるサービスもありますので、参考にご覧ください。

参考:お花配達.com

お悔やみ状

香典・供物・供花と共に、お悔やみ状も一緒に送ると良いでしょう。お悔やみ状を香典などに同封することで、より深く弔意を伝えることができます。お悔やみ状には頭語や時候の挨拶などを書かず、遺族を気遣う言葉を含ませるようにしましょう。

お悔やみ状イメージ

後日弔問に伺う

ご自身で故人にお別れを伝えたいという場合は、後日弔問に伺います。その場合には、先方の都合を必ず確認してから伺うようにしましょう。葬儀後は遺族にとって忙しい時期でもあり、無遠慮に押しかけると迷惑になってしまいます。事前に連絡を入れて都合のいい日を聞いておきましょう。

この弔問の時に香典を渡すこともあります。もし事前に香典を渡していたとしても、花や線香など、少額の供物を持参すると丁寧です。

あわせて読みたい 弔問のマナーを詳しく解説 弔問(ちょうもん)とは、訃報を聞いて遺族宅を訪ね、お悔やみの言葉を述べることを言います。弔問の際は遺族に配慮し、失礼とならないようにする... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.7/5
評価数(14)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引