お通夜・告別式のどちらに香典を持参する?お通夜に参列するときの香典マナー|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

日本一選ばれている葬儀ブランド

小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2018.10.31  更新日:2018.10.31

お通夜・告別式のどちらに香典を持参する?お通夜に参列するときの香典マナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜・告別式のどちらに香典を持参する?お通夜に参列するときの香典マナー

この記事は小さなお葬式が書いています

お通夜にも告別式(葬儀)にも参列する場合は、どのタイミングで香典を持参するべきなのか、受付での振る舞いはどうすればいいのか迷うのではないでしょうか。この記事では、お通夜に参列するときの香典マナーについてご紹介します。

【もくじ】
香典はお通夜または告別式(葬儀)のいずれかに持参
香典の金額相場
お通夜での香典の渡し方
お通夜にも告別式にも参列できない場合は

香典はお通夜または告別式(葬儀)のいずれかに持参

親しい間柄で、亡くなった連絡を受けてすぐに弔問(ちょうもん)する場合には、不幸を前もって予期して準備していたような印象を先方に与えてしまうため、香典は持参しません。

お通夜のみに参列する場合は、香典を持参します。家族葬のお通夜に参列する場合も、「香典を辞退する」という案内が特になければ、香典を用意して行きましょう。

お通夜と告別式の両方に参列する場合、香典をお通夜のときに出しているなら、告別式(葬儀)では記帳のみを行いましょう。二度渡してしまうと、「不幸が重なる」という意味で失礼になりますのでお通夜で渡します。

香典の金額相場

香典の金額は、一般的に亡くなった方との血のつながりが濃いほど高額になります。例えば、親なら1万~5万円、兄弟姉妹・祖父母なら1万~3万円、職場関係や友人・知人なら5,000円程度が相場になります。
また、年齢や立場によってもふさわしい金額は変わってきます。迷う場合は、自分と同じ立場の人と相談したり、以前に相手から香典をいただいたことがあればその金額を参考にしたりするといいでしょう。

受け取った香典に対して遺族は香典返しをしますが、最近はお通夜や葬儀の当日に香典返しをするよう用意されていることも増えています。後日であれば、受け取った香典の半額程度の香典返しが相場といわれていますが、即日返しで用意されている場合の品物の価格は2,000~3,000円であることが多いので、3,000円以下の香典では、遺族の負担が大きくなってしまう場合もあります。そのことを考慮すると、お通夜に持参する香典は5,000円以上にすると負担をかけません。

香典の金額相場については、下記の記事を参考にしてください。

参考:葬式での香典の金額相場は?関係性や年齢による香典金額の違い

お通夜での香典の渡し方

お通夜で受付が設けられている場合は、受付時に香典を渡します。受付がなかった場合には、遺族または世話役の方に手渡しをするか、祭壇に供えます。

受付ではお悔やみの言葉を述べてから、持参した香典を手渡します。お悔やみの言葉は「このたびはご愁傷様です」「大変お気の毒でございました」など、簡潔に述べます。

香典を出すときは、“ふくさ”から不祝儀袋を取り出し、“ふくさ”を手早く畳んでその上に不祝儀袋を乗せ、表書きを相手から見て正面になるように向けて、両手で差し出します。その後、芳名帳に記帳をし、最後に再び一礼しましょう。

家族や上司などの代理人としてお通夜に参列する場合は、受付で誰の代理で来たのかを伝えた上で、香典を渡すようにします。記帳する際には、来られなかった本人の名前を書き、その下や横に小さく「代」(妻の場合は「内」)と書き、そこに代理人の名前を添えましょう。

お通夜にも告別式にも参列できない場合は

やむをえない事情があったり、遠方だったりして、お通夜にも葬儀・告別式にも参列できない場合は、香典を郵送することもできます。香典を郵送する際は、香典を不祝儀袋に入れ、それを現金書留の封筒に入れて送ります。封筒の中にはお悔やみの言葉を記したお詫びの手紙を同封するようにしましょう。

香典の郵送の仕方については、下記の記事を参考にしてください。

参考:香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて

4/5
評価数(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓