【七回忌のお布施】相場・書き方・渡し方などマナーを完全解説

【七回忌のお布施】相場・書き方・渡し方などマナーを完全解説

更新: 公開:
法事・法要 > お布施の費用・相場

仏教において七回忌は逝去してから6年後の命日に迎えます。七回忌の法要で僧侶にお越しいただく際には「お布施」を用意するのが通例です。「七回忌で包むお布施はいくらくらいが妥当なのか」「どう用意すればよいのか」といった疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、お布施の意味や包む金額の目安を紹介します。お布施の考え方や渡し方に関するマナーが分かれば、円滑に七回忌が執り行えるでしょう。

また、お寺とお付き合いの無い方が法事の費用を抑えるのに役立つ、お坊さん手配のサービスも紹介しています。七回忌のお布施について困ったときには、ぜひ参考にしてください。

こんな人におすすめ

七回忌法要を控えている方

七回忌法要のお布施の金額にお悩みの方

法要に参加する際の準備物について知りたい方

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント小さなお葬式LINE公式アカウント
             金額の目安 どういう場合に用意するのか
御車代 1万円程度 ・お坊さんが自分の車を使用して会場まで来た場合
・お坊さんが料金を負担し、電車・バス・タクシーといった公共交通機関を利用して会場まで来た場合
御膳料 5,000円~1万円程度 ・法要後に会食の席を設けない場合
・法要後の会食にお坊さんが出席しない場合
  算用数字   大字
1万円 壱萬圓
3万円 参萬圓
5万円 伍萬圓
法事・法要にかかる費用

まとめ

お布施は本来、悟りを開くために自らが行う修行のひとつです。最近ではお寺がする宗教行為への謝礼という捉え方をされていまが、お布施本来の意味は理解しておきましょう。

お布施の金額は、寺院との関係や親族に伝わる慣習といったさまざまな要素が絡みます。したがって、具体的な金額を提示するのは困難ですが、1万円~5万円が七回忌のお布施の目安です。他にも、御車代や御膳料、お供え物、返礼品、会食の予算も頭に入れておきましょう。

お布施の金額やマナーといった七回忌法要でお困りのことがあれば、小さなお葬式がサポートします。また、法要をお願いするお寺がないときには、寺院手配サービスのご利用もご検討ください。

よくある質問

よくある質問
  • お布施の相場はどれくらいなの?

  • 葬儀にかかるお布施の相場は宗教によって変わるの?

  • お布施の内訳にはどんなものがあるの?

  • お布施の包み方は宗教によって違うの?

  • 法事を行う際にはお布施以外に何を用意すればいいの?

  • 【参列者向け】香典はいくらくらい用意すればいいの?

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line